写真ギャラリー
Zeiss
Leica
USSR
Germany
Japan
カテゴリーアーカイブ

2018年07月01日

<024>Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm f3.5 + SONY A7R



旧ソ連のキルギスタンという国の首都ビシュケクの中古カメラ屋で¥3,000くらいで購入、絞り羽が動かないというジャンク状態で購入し、帰国後分解して組みなおしたら、羽も直ってました。
東側ZeissのSonnarなので、戸籍上(?)Sonnarの正統な王位継承者って事でしょうか。
まあ、戸籍の存在感に負けず実力も安定して、シャープネス、色のり、色の階調ともにほぼ文句がないレベルでした。

まずは定番の世田谷線。
立体感の表現はかなり高いレベルだと思います。また古い車両の空気感の表現も良いですね
f5.6
_DSC3382.JPG

f5.6
_DSC3405.JPG

f5.6
_DSC3404.JPG

続いて、世田谷八幡宮。
龍の渋く力強い質感がよく出ています。
f5.6
_DSC3361.JPG

木の柔らかくしっとりとした雰囲気も得意ですね。
f5.6
_DSC3376.JPG

にゃんにゃんたちです。何度会ってもかわいい。
f5.6
_DSC3435.JPG

f5.6
_DSC3431.JPG

噴水の爽やかさもうまく表現できますね。
f8
_DSC3487.JPG

明治神宮です。
なんか、木のが生きてますね。
ほんとは良いやつなんだけど悪役Sonnar、ニクいですね。
f5.6
_DSC3534.JPG

f4
_DSC3546.JPG

f4
_DSC3553.JPG

このレンズ、¥3,000はお得でした。

<PR>

高品質 M42マウント-⇒Sony NEXα Eマウントアダプター、アルミニウム合金、高銅合金

価格:1,900円
(2018/7/1 22:44時点)
感想(0件)




マウントアダプター M42マウントレンズ → ソニー Eボディ [マクロヘリコイド機能付き]【送料無料】 再入荷

価格:5,980円
(2018/7/1 22:44時点)
感想(0件)




電子マウントアダプター M42マウントレンズ → キヤノン EFボディ [絞りピン押し込み対応] [フォーカスエイド対応]【送料無料】 再入荷

価格:3,780円
(2018/7/1 22:45時点)
感想(2件)




posted by lenschecker at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2018年06月10日

<019> Carl Zeiss Sonnar T* 100mm F3.5 (for Yashica Contax) + SONY A7R



Yashica Contaxマウント用、Sonnar T* 100mm F3.5の作例です。
このレンズは、Yashica Contax時代にはあまり目立たない存在だった気がします。
同じ100mmにPlanarとMakro-Planarがあり、どちらも優等生レンズのイメージが強かったらしく、あえて安定のSonnarを買う人は少なかったのではないかと思われます。
このレンズは友人が所有していたものを借りての撮影です。

写りはやはり安定のSonnar。
しっかりシャープで、色に関しては結構しっかりのるので、
前半の宗谷やコンテナターミナル(台場)の写真のような、色がしっかり塗られたものの雰囲気は抜群に良い。
また、少しアンダー気味で撮るとそこそこ渋く写るので(前回のT用38mmほどではありませんが・・・)、クラシカルなものの撮影にも向いていると思われます。

特に記載のないものはf5.6かf8で撮影しています。





船の科学館にいる南極観測船宗谷
_DSC2741.JPG

ここから、EVER GREEN のコンテナターミナル
_DSC2774.JPG

_DSC2760.JPG

_DSC2762.JPG

_DSC2752.JPG

_DSC2763.JPG

_DSC2757.JPG

太陽の光が反射するテレコムセンター
_DSC2794.JPG

公園の噴水にあった滝、こちらはf3.5(開放)
水のツヤ感も良いですね。
_DSC2783_35.JPG

_DSC2785_35.JPG


ここからは小金井公園。
C57の運転席。こちらはf3.5(開放)。
_DSC2814_35.JPG

雨に打たれたベンチ。きっと愛をささやく歌もないでしょう。
_DSC3087.JPG

そしてここからは、小金井公園内にある江戸東京たてもの園。
ここには古い建物が内装も含め保存されているので、レンズの試し撮りにはもってこいの場所でした。
中にカフェ等もあるので(ドイツビール有)、次回は1日ゆっくりしたいです。

丸ポスト、こちらはf3.5(開放)。
長い間働いてきました、お疲れ様です。
_DSC3069_35.JPG

昔のオシャレな家のコンロです。
オシャレです。
_DSC2901.JPG

タバコ屋さん、昭和ですね。
_DSC3032.JPG

ドイツ人が建てた家の照明。
この建物がカフェになっていて、私はここでドイツビールを飲みました。
_DSC2976.JPG
*次回、別のレンズで小金井公園内と江戸東京たてもの園の写真をもう少し紹介します。


シャープネスも色のりも高いレベルだと思います。
空気感の表現もさすがZEISSのSonnar。
私的には、以前紹介したRIKENON 50mm f2といっしょに持ち歩きたいレンズです。


<PR>

K&F Concept マウントアダプター ヤシカ コンタックス CY レンズ - ソニー α NEX Eマウント 一眼レフ カメラ KF-CYE contax yashica SONY

価格:2,520円
(2018/6/10 22:56時点)
感想(0件)




電子マウントアダプター コンタックス・ヤシカ C/Yレンズ → キヤノン EFボディ [フォーカスエイド対応]【送料無料】

価格:3,980円
(2018/6/10 22:57時点)
感想(2件)








posted by lenschecker at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2018年06月03日

<018> Carl Zeiss Sonnar T* 38mm F2.8 (for CONTAX T) + SONY A7R Vol.2

タイに出張だったので、前回の続きを撮りました。
一枚目の狛犬(?)のみf2.8で、それ以外はf8又はf11です。
やはり基本的に渋いです。





まずはバンコクの写真

_DSC2645.JPG

_DSC2700.JPG

_DSC2691.JPG

_DSC2686.JPG

_DSC2690.JPG

_DSC2675.JPG

_DSC2668.JPG

_DSC2647.JPG

_DSC2656.JPG

_DSC2662.JPG

_DSC2659.JPG

_DSC2738.JPG

_DSC2734.JPG

_DSC2693.JPG

_DSC2703.JPG

_DSC2715.JPG

_DSC2723.JPG


次は、バンコクから2時間ほど離れたとあるリゾート。
あまりメジャーなところではないようです。

_DSC2610.JPG

_DSC2628.JPG


_DSC2578.JPG

_DSC2582.JPG

_DSC2583.JPG

_DSC2591.JPG

雨季の東南アジア独特の空気感を伝えるのはすごく良いレンズだと思いました。
深夜特急っぽい雰囲気とか最高に良さそう。

ただ、南国の爽やかな雰囲気や、きらびやかな寺院の撮影にはあまり向いていないかな?

それにしても、このレンズを持っていると、あたかもレンズ側から、渋いものばかり撮れと言われてるような気分になるのが不思議です。





posted by lenschecker at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2018年05月27日

<017> Carl Zeiss Sonnar T* 38mm F2.8 (for CONTAX T) + SONY A7R

CONTAXのコンパクトカメラ、T用Sonnar38mmの、レンズだけ取り外されたものをボディキャップに接着剤でくっつけた魔改造レンズをヤフオクでゲット、¥6,000でした。
以前、CONTAX T3という、CONTAX Tの後継機を使っていましたが、そのレンズが気に入ってたので、この魔改造レンズを見つけたときは嬉しかったです。
実際、レンズの設計は異なるようで、基本性能は圧倒的にT3の方が良いとのことですが、Tも相変わらず人気のあるカメラで、しかも、マニュアルフォーカスなので、このような魔改造ができてしまったのです。

レンズが届いて試し撮りをしてみると、結構豪快にケラレが発生。
マウント(ボディキャップ)のケラレてそうな部分を削ったのですが、あともう少しというところでケラレが消えません。
ケラレてそうな部分にパーマセルを貼ってケラレが大きくなるかどうかを確認しながら、ケラレの原因を探していくと、どうやら、ボディキャップではなくレンズユニットそのもののようでした。
レンズユニット全バラシして、あやしい部分を削って再組み立てとかすればケラレがなくなるかもしれませんが、そこまでやる根性はなく、しかも、原因がレンズユニットってことは、これがまさにレンズの設計ってことになるので、あえてそのままにしました。

写りの方は、コントラストは強く、色も濃くのる感じで、とにかく渋いです。
多分、超高級写ルンですってのがあったらこんなイメージになるかな。

とりあえず近所で撮ってみました。
被写体が地味なのもありますが、とにかく渋め。

f8で撮影、水の質感はよく出てます。
シャープネスもまずまずですが。渋い・・・
_DSC2412_8.JPG



f8で撮影、コンクリートも剥がれたペンキもいい質感ですが、渋い・・・
_DSC2426_8.JPG


f5.6で撮影、森のなかで酸素濃度高そうな雰囲気が充分でてますが、渋い・・・
_DSC2436_56.JPG



f5.6で撮影、コンクリートやアスファルトのパサパサ感もよく出てますが、渋い・・・
_DSC2451_56.JPG


f8で撮影、関係者以外立ち入り禁止の雰囲気がたっぷり出てますが、渋い・・・
_DSC2453_8.JPG


f5.6で撮影、新緑の葉脈を逆行で狙って爽やかにしようと思いましたが、それでも渋い・・・
_DSC2422_56.JPG


f5.6で撮影、少し明るいところに来ましたが、渋い・・・
_DSC2402_56.JPG

何という渋さでしょう。
なので、頑張って派手な色のものを探しに行きました。

f4で撮影、根津神社です。
赤がこってりのって素敵ですね。相変わらず渋いですが・・・
_DSC2470_4.JPG



f4で撮影、こちらも根津神社。
これが渋くなっちゃうのはしょうがないですね。
_DSC2491_4.JPG



f8で撮影、夕刻の下北沢駅より。
_DSC2564_8.JPG

基本的にはよく写るレンズですが、とにかく雰囲気が渋くなるので、意外と被写体を選ぶ気がします。
なかなか被写体探しが大変だったので、近い内にもう一回作例アップしたいです。

おまけ。
猫ちゃんお昼寝中だったので、もう少し寄りたかったのですが、
残念ながらここが最短。
もう少し寄れると猫も撮れるんですが・・・
_DSC2510_56.JPG






posted by lenschecker at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2018年05月20日

<016> Carl Zeiss Sonnar T* CF250mm F5.6 (for HASSELBLAD) + SONY A7R

HASSELBLAD用望遠レンズとしては結構定番のレンズで、製造本数が多かったせいか、特別仕様のスーパーアクロマート以外はオークション等で3.5~5万円くらいで買えるお手頃レンズ。
35mmフォーマットで使用すると結構な望遠なので、今回は撮り鉄をしてみました。

昼間の井の頭線です。
1枚目のように、スポットライトを当てたような絵面は、ドラマチックに写って良いかと思います。
2枚目、3枚目のような、一般的な鉄写真は特にこのレンズで撮る必要はないかもです。

f8で撮影
_DSC1795_250_8.JPG

f11で撮影
_DSC1739_250_11.JPG

f11で撮影
_DSC1758_250_11.JPG


しかしながら夕方から夜にかけての写真をドラマチックに撮る用途には向いているように思えます。
色乗りがよいのに階調もしっかりしていて、シャドウもなかなか潰れないので、レタッチしても荒れません。
ただ、少しだけ色収差があります。

夕刻の下北沢駅より、f5.6で撮影
_DSC2151_s250_56.JPG

東京駅を出るE5系はやぶさをf11で撮影
_DSC2198_s250_11.JPG

夕刻の西武多摩川線をf16で撮影
_DSC2013_250_16.JPG


吉祥寺駅を通過するE257系の回送列車をf5.6で撮影
_DSC2100_s250_56.JPG

基本的な写りに関してはかなり優秀なのですが、やはりマウントアダプターでつかうと機能的な制限が多く、もちろんAFも手ぶれ補正もついていないので、撮影にはかなり根性が必要。
ちゃんと三脚を立てて、何回か試し撮りができるといった条件で、ほんとに何かのストーリーがあってドラマチックな絵を撮りたかったらかなりコストパフォーマンスのよいレンズだと思いますが、珍しい車両を記録するためだけにとるのなら、CANONとかNIKONのボディ+レンズで撮るのが良いかも。

おまけ
調布飛行場の横の公園から。
やろうと思えばこんなのも撮れます。
_DSC1951_250_56.JPG

<PR>

マウントアダプター ハッセルブラッドレンズ → ソニー Eボディ 【送料無料】

価格:8,980円
(2018/5/20 21:14時点)
感想(0件)



K&F Concept マウントアダプター ハッセルブラッド V レンズ - キャノン EOS EF マウント 一眼レフ カメラ KF-HBEF Hasselblad Canon

価格:4,050円
(2018/5/20 21:13時点)
感想(0件)



マウントアダプター KIPON T&S HASSELBLAD-SA ハッセルブラッドVレンズ - シグマSAマウントカメラ アオリ(ティルト&シフト)機構搭載

価格:37,800円
(2018/5/20 21:13時点)
感想(0件)




posted by lenschecker at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2018年05月11日

<014> Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 (for CONTAX G System) + SONY A7R

CONTAX のAF レンジファインダーのGシステム用Sonnar 90mm f2.8です。
10年くらい前に購入し、M42マウントに改造してEOSシステムで使ってましたが、
しばらく眠っていたので起こしてきました。

Gシステムのレンズはかなり性能が良いと思われるのですが、カメラがあまり良くなかったのか広角系以外は不人気で比較的安く手に入ります。
特にこの90mmは、Gシステムで使うとフォーカス外しまくってボケボケ率が高かったようで、ダメレンズだというイメージが強いようですが、
アダプターでデジタルカメラにつけてマニュアルでちゃんとフォーカスしてあげれば、かなり性能を発揮してくれます。
解像力は現代のレンズと比べても充分、立体感(色の階調)は抜群に良いと思います。
ただ、ちょっとだけ色収差があるけど、目立つときはレタッチで十分消せるれべるかな。

ちなみに今回の撮影では改造したレンズを使っていますが、今はGシステムからSONY Eマウントに変換するアダプターも売っているので、無改造で使えます。


F5.6にて撮影。
_DSC1143_56.JPG

_DSC1144_56.JPG

_DSC1290_56.JPG

_DSC1288_56.JPG

_DSC0825_56.JPG

_DSC1241.JPG

_DSC1239.JPG

_DSC1243.JPG

_DSC1235_56.JPG

_DSC1286_56.JPG



開放(f2.8)

_DSC1271.JPG

_DSC1276.JPG

_DSC1263.JPG

_DSC0860.JPG

_DSC0819.JPG

_DSC0816.JPG

_DSC0806.JPG


開放(f2.8)で夜の景色
_DSC1893.JPG

_DSC1927.JPG
この写真はちょっと色収差が目立つかな。でもまあ、このくらいなら簡単にレタッチで消せますね。

おまけ
定番のスクランブル交差点(f16)
_DSC1850.JPG


<PR>

高品質 CONTAX G マウント -⇒ Sony NEX Eマウントアダプター 、アルミニウム合金、高銅合金

価格:4,500円
(2018/5/11 23:47時点)
感想(0件)




高品質 CONTAX G マウント -→ キャノン EOS Mマウントアダプター 【1回のお買い上げ金額が合計5,000円以上で送料無料】

価格:4,580円
(2018/5/11 23:48時点)
感想(1件)







posted by lenschecker at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2018年05月04日

<013> Carl Zeiss Makro-Sonnar T* 100mm F2.8 (for CONTAX N System) + SONY A7R



今回は、オールドレンズではありませんが、既に消えていったシステムのレンズという意味で、CONTAX N System 用 Carl Zeiss Makro-Sonnar T* 100mm F2.8 の作例を紹介します。
私がフィルムで撮っていた時代に、CONTAX 645 + Apo Makro-Planar 120mm f4というレンズが好きだったのですが、デジタルがメインになってからは、もう使うことはないだろうと売却してしまいました。
しかし、このマウントアダプター天国の時代になって、CONTAX 645やN Systemのレンズがデジタルでも使いやすくなったということで、あの時代のレンズがどうしても欲しくなりヤフオクで購入。
レンズ自体は約4万円、Nマウント→SONY EFマウントのアダプター(KIPON CONTAX-S/E AF マウントアダプター)も約4万円で、合計8万円。
ちなみにこのアダプターは電子接点付きで、開放でフォーカシングをして、ボディ側で設定した絞り値で撮影できるという(一応AFも使える)、すぐれものアダプターなのです。
実は今回、残念ながら私の設定ミスで、APSサイズにクロップされていて、150mm・15MPで撮影されてしまったので、100mm36MPでの作例は、後日撮影します。

で、マクロレンズといえば、花とか、ブツ撮りとか、フード(料理)とかがよく使われる用途かと思いますが、私が写真の専門学校で受けた講義で、いわゆる”Beauty”という、美容系の雑誌や、化粧品のポスター等の撮影でもよくマクロレンズが使われるとのことでしたので、このレンズの作例は”Beauty風”で行きます。
ちなみに仕事では”Beauty”というジャンルはやったことがないので、ライティング等素人がやった”Beauty風”です。(技術的に細かいところはつつかないでください。)

モデルさんは、森下友理さんという方で、以前は役者もされていたとのことなので、
こんな雰囲気にというリクエストに対して、なかなか絶妙に演じてくれました。
とてもステキな方でしたので、個人的には次回以降もお願いできたらと思っています。
https://twitter.com/Yuuri_Morishita





まずはf5.6の作例から。

A_DSC1403.jpg

A_DSC1421.JPG


続いてf5.0。

A_DSC1373.jpg

A_DSC1375.jpg

A_DSC1463.JPG


次にf3.5。

A_DSC1544.JPG

A_DSC1590.JPG

A_DSC1596.JPG

A_DSC1575.JPG

最後に開放(f2.8)。
A_DSC1659.jpg

A_DSC1661.JPG

今回は寄りの写真ばかりなので、絞り値よりもフォーカスのポイントとの距離のほうがボケ具合への影響が大きかったですね。
よく見ると、ちょっとだけ色収差が出るときがありましたが、シャープネス・階調等、高い次元でバランスの良いレンズだと思われます。
Zeissのこの時代は、性能・品質の面はほぼ今のレベルになっていながら、昔ながらの”味”もしっかり残っている、私にとっては一番美味しい時代です。

<PR>

【送料無料】 KIPON KIPON CONTAX-S/E AF マウントアダプター[CN1SEAF]

価格:39,960円
(2018/5/4 23:45時点)
感想(0件)




posted by lenschecker at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2018年04月29日

<011> Carl Zeiss Pantar 30mm f4 (for Contaflex) + SONY A7R Vol.2




仕事の出張で寧波に行ったので、帰りにちょこっとだけ上海に寄って撮影してきました。
前回のこのレンズの印象がくっきり透き通った描写と感じたので、主に外灘エリアを撮ってきました。
滞在時間の関係で、主に夜景です。

今回はすべてf8かf11で撮っています。
(ビール飲んだ後なんで、どれがf8でどれがf11なのかは覚えてません。ごめんなさい。)




まずは外灘側夜景。
_DSC0916.JPG


_DSC0929.JPG

_DSC1095.JPG

_DSC1086.JPG

_DSC1026.JPG

_DSC1028.JPG

_DSC0993.JPG

次に定番の、外灘側から撮った浦東。かなり霞んでますね。
ここで夜景を撮った人は数え切れないほどいるだろうけど、Pantar 30mmで撮った人はそんなに多くないでしょう。
_DSC1020.JPG


次の日の朝、ホテルより。
_DSC1098.JPG

その後ちょっと散歩しながら、
_DSC1101.JPG

_DSC1102.JPG

今回は出張ということで、基本、撮影は手持ちなので、
いわゆる”本気の写真”というわけには行きませんでしたが、
こういった、街並み写真やビルの写真を撮るにはなかなか良いレンズですね。

おまけ
上海girlです。たぶん。
_DSC1066.JPG





posted by lenschecker at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2018年04月12日

<007> Carl Zeiss Pantar 30mm f4 (for Contaflex) + SONY A7R



前回に引き続き、レンズ一体型一眼レフ、ContaflexのPantar45mmの前玉のみを交換するシーリーズ。
今回は広角の30mm f4です。
70mmとはちょっと違い、どちらかというと45mmに近い写りのように感じます。
すべて井の頭公園にて撮影。


まずはf8で撮影。
このあたりは現代のレンズと比較しても全く問題ないレベルだと思います。

《新品》 SONY(ソニー) α7ボディ ILCE-7 【下取交換なら¥10,000-引き】[ ミラーレス一眼カメラ | デジタル一眼カメラ | デジタルカメラ ]【KK9N0D18P】

価格:96,020円
(2018/7/28 22:47時点)
感想(4件)




_DSC0525_2.jpg


_DSC0477.JPG


_DSC0482.JPG


_DSC0492.JPG



次に開放+近接で撮影。
70mmのようなフワフワ感はありません。

_DSC0490.JPG



唯一、絞って逆光だと盛大なゴーストが。

_DSC0503.JPG


おまけ。
春の井の頭公園の風物詩(?)
_DSC0500_a.jpg
posted by lenschecker at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2018年04月07日

<006> Carl Zeiss Pantar 70mm f4 (for Contaflex) + SONY A7R



Carl Zeiss Pantar 70mm f4 は、以前紹介したレンズ一体型一眼レフ、ContaflexのPantar45mmの前玉のみを交換して70mmになるといった、今考えるとへんちくりんなシステムのレンズですが、昔は時々あったようです。
メルカリで約3,500円だったのでポチってしまいました。

遠景の写りは45mmに似た感じです。

《新品》 SONY(ソニー) α7ボディ ILCE-7 【下取交換なら¥10,000-引き】[ ミラーレス一眼カメラ | デジタル一眼カメラ | デジタルカメラ ]【KK9N0D18P】

価格:96,020円
(2018/7/28 22:47時点)
感想(4件)




_DSC0376.JPG
(f8で撮影)

_DSC0393.JPG
(f8で撮影)

_DSC0420.JPG
(f8で撮影)



寄りの写真は、少しあまめ。
特に開放付近は、フォーカスはきっちりしていますが、フワフワした感じの写りです。
絞ればキリッとしてくる。

_DSC0430.JPG
(f5.6で撮影)

_DSC0434.JPG
(f4で撮影)

_DSC0384.JPG
(f5.6で撮影)

_DSC0411.JPG
(f4で撮影)


エクステンションチューブを使ってマクロ撮影も試してみました。
意外と悪くないかも。
_DSC0417.JPG
(f5.6で撮影)


フワフワ度合いのチェック。
_DSC0407.JPG
(f4で撮影)

等倍表示です。
Trial_2_f56_100.jpg



f4、f5.6、f8のフワフワ度合いの比較です。

<f4>
F4.JPG

等倍表示です。
Trial_f4_100.jpg



<f5.6>
F56.JPG

等倍表示です。
Trial_f56_100.jpg



<f8>
F8.JPG

等倍表示です。
Trial_f8_100.jpg


キリッとしてくるのはf8くらいからでしょうか?
f5.6くらいまではかなりフワフワです。

posted by lenschecker at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss