写真ギャラリー
Zeiss
Leica
USSR
Germany
Japan
カテゴリーアーカイブ

2019年03月17日

<077>Olympus OM F.Zuiko Auto-S 50mm f1.8 + SONY A7R



Olympus OMシステム用 F.Zuiko Auto-S 50mm f1.8の作例です。

友人に何人かOlympus信者がいて、かなりの勢いでOlympus を勧めてくるので(現行のマイクロフォーサーズシステムを)、ギャグでこのレンズを買って私もOlympusユーザーになりました。
医療機器で有名なOlympusなので、いままで正直、味とか雰囲気とかはまったく期待してませんでした。
逆に性能は安定してるんだろうなぁと予想してました。
ですが、試し撮りをしてみると、その印象は全く逆で、性能ははっきり言って?な感じ。
特にちょっと光の条件が厳しいと開放付近でかなりゆるゆるな感じになってしまうのですが、周辺光量は落ちて、ハイライトはふわふわになってといった感じが、ノスタルジックと言うか旅情を誘うというか、とにかく良い雰囲気づくりができてると思います。

K&F Concept オリンパスOMマウント - ソニーEマウントアダプター OM-NEX

価格:2,520円
(2019/3/17 23:33時点)
感想(1件)




今回は、標準レンズということでしたが、羽田空港周辺を中心に撮ってみました。
飛行機の写真もアップしています。

まずは、川崎の浮島町公園で羽田空港から離陸する飛行機を撮影。
同じような絵で、絞りを変えてとりました。

まずは開放(f1.8)で撮影、
正直、高性能レンズとはかけ離れた存在ですが、どうでしょうこの味。
まるでこの飛行機の乗客のほとんどが、会社を辞めて最終目的地未定、帰国予定日未定の旅に出るところな雰囲気に感じます。
_DSC4887.jpg


次はf5.6。
ある程度まったりした雰囲気を残しながら、性能も安定してきました。
プーケットとかにリゾートしに行く人たちを乗せてる感じでしょうか?
_DSC4873_56.jpg


最後にf16。
これを見ると、医療機器メーカーのレンズって感じしますね。
出張の人を乗せてる感じ。
_DSC4903_16.jpg

ということで、このレンズは開放付近で撮るのがいい味だと感じ、ここから先は開放付近中心で撮影しています。

開放(f1.8)で撮影
さあ、良い旅を。
_DSC4913.jpg

羽田空港へ移動する途中、首都高横羽線。
開放(f1.8)で撮影
制限速度60キロって感じのユルさです。
_DSC4921.jpg


開放(f1.8)で撮影
ゆったりとしてますが、切ない雰囲気ですね。
_DSC4925.jpg


開放(f1.8)で撮影
ほぼ順光なんですが、白いものが入るとユルくなります。
_DSC4929.jpg


開放(f1.8)で撮影
完全に日陰だと開放でも安定します。
_DSC4933.jpg


開放(f1.8)で撮影
国際線ターミナルから。
東方航空の飛行機ですが、奥に小さく見える離陸したばかりの飛行機は、おなじスカイチームのエールフランス。
_DSC4972.jpg

国内線第一ターミナルに移動、ビール飲みながら撮影。ドラマチックな雲は東南アジアかどこか、旅先的な雰囲気。
開放(f1.8)で撮影
_DSC5030.jpg


f2.8で撮影
遠景撮影の際は、雰囲気的には開放とほぼ同じくらい。
安定性考えると、このくらいがベストバランスかもです。
_DSC5122_28.jpg

私も出張ではない旅に出たくなりました。





posted by lenschecker at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8646563

この記事へのトラックバック