写真ギャラリー
Zeiss
Leica
USSR
Germany
Japan
カテゴリーアーカイブ
Zeiss(40)
ソ連(6)
Japan(19)
ドイツ(7)
LEICA(2)

2018年12月11日

<065> Isco-Göttingen Iscotar 50mm F2.8 + SONY A7R



Schneiderの低価格ブランドであるIsco-Göttingenの Iscotar 50mm F2.8をメルカリで購入したので試し撮りしてみました。
同社Westanar 150mm f/4.5とセットで約8000円と格安でしたが、状態はどちらも結構ボロボロ。
(150mmのほうは後日紹介します。)

以前紹介したSchneider Jsco 7.5cm F4.5に近い印象で、万能なレンズではありませんが、階調や色のりなどの雰囲気を表現に関しては良かったと思います。
Schneider Jsco 7.5cm F4.5 http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/21/0

ただ、逆光にはかなり弱く、逆光でテキトーに撮ると安っぽくなってしまいます。

K&F Concept M42マウント - ソニーEマウントアダプター M42-NEX

価格:2,340円
(2018/12/11 00:07時点)
感想(4件)



まずは上野、鶯谷、根津界隈を散歩しながら作例を撮ってみました。

このように、あまり高画質を必要としない絵でしたら、逆光でも良い雰囲気になると思います。
f5.6で撮影
_DSC1885_56.jpg

順光では渋めな画作りですね。
f8で撮影
_DSC1818_8.jpg

ちなみに、何も考えないで逆光で撮ると、こんなに昭和っぽくなります。
これは被写体的があまり昭和ではないので、かっこ悪いですね。
f5.6で撮影
_DSC1838_56.jpg

昭和な風景にはなかなか良いかもです。
f8で撮影
_DSC1839_8.jpg

線路もけっこうしっとりしたイメージになります。
f8で撮影
_DSC1879_8.jpg

寂しい風景はとことん寂しくなってしまいますねぇ。
f5.6で撮影
_DSC1842_56.jpg

f8で撮影
_DSC1884_8.jpg

こういった感じの色はなぜかドイツの古いレンズの特徴的な印象です。
そしてなぜか昭和感の表現に向いてますね。
f8で撮影
_DSC1856_8.jpg

これは一見現代のレンズっぽい写りですが、色の深みのようなところは古いドイツレンズらしさが出ていると思います。
f8で撮影
_DSC1887_8.jpg

ボケはちょっと流れる感じです、悪くはないですが。
ただ、画面の中心からちょっと外れるとシャープネスが落ちる印象です。
開放(f2.8)で撮影
_DSC1853_28.jpg

スナックのエアコン室外機の上の鉢植えが何故か美しい。
f8で撮影
_DSC1920_8.jpg

ガードしたの古ぼけた建物に光が差し込んでいます。
これも開放(f2.8)で撮っていますが、こちらもボケは流れてますね。
_DSC1916_28.jpg

逆光もアンダーで撮れば良い雰囲気になりますね。
f8で撮影
_DSC1925_8.jpg

こういう写真は苦手みたいです。
まったくもってシャープ感ないですね。
f8で撮影
_DSC1928_8.jpg

最後に品川駅の海側に移動して、イジワル条件で撮影をしてみました。
こういう条件での写真はテーマととり方によってだと思いますが、万能には決まりません。
アンダーの粘り強さは悪くなさそう。
f4で撮影
_DSC1999_4.jpg


いろいろと撮ってみましたが、このレンズは使い方や被写体、もう少し言うと撮影者の気持ち次第でかなりいいろいろな表情を見せてくれるレンズだと思いました。



posted by lenschecker at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8377127

この記事へのトラックバック