写真ギャラリー
Zeiss
Leica
USSR
Germany
Japan
カテゴリーアーカイブ
Zeiss(40)
ソ連(6)
Japan(19)
ドイツ(7)
LEICA(2)

2018年09月30日

<044> Carl Zeiss Sonnar 85mm F2.8 (for Rollei SL35) + SONY A7R



Rollei SL35用Carl Zeiss Sonnar 85mm F2.8の作例です。
基本的な設計はYashica CONTAX 用と共通なようです。
85mmということでポートレートを撮ってみました。

モデルをしていただいたのは、さくら まりさん。
Sonnarというレンズの味を考えてこの衣装を選ばせていただきました。
しかしながら本人はこういった雰囲気の衣装での撮影は殆どなかったとのことで、はじめはやや不安そうでしたが、実際撮影が始まってみると、モデルさんの良いところと衣装とをうまくマッチングさせたポーズと表情を演じてくれて、わたし的には撮っていてとても充実感がありました。

なお、このレンズ、性能自体は、オールドレンズ感が全くと言っていいほどないくらい開放からシャープで、他のゾナーによくある超渋い感じはなく、こういったスタジオポートレートにはかなり適したレンズだと思いました。
欲を言えば、もう少し寄れたら嬉しかったです。
いわゆるビューティー広告風を撮るには最短距離がやや長過ぎるかも。




K&F Concept ローライQBMマウント - ソニーEマウントアダプター QBM-NEX

価格:2,520円
(2018/7/28 21:19時点)
感想(0件)




撮影は開放(f2.8)またはf4。
何パターンかライティングしてみました。
なお、前にも書きましたが、ライティングは素人なので、あまり細かいところには突っ込まないでいおてください。

まずは、アンブレラ1灯をモデルさんからみて右斜め前約1mくらいのところに置きました。
ライト的には、程よく硬く、程よく柔らかくですが、フォーカスしたエリアはかなりのシャープネスです。
ただ、エッジが立っているような感じではないので、硬すぎるイメージはないと思います。
S85__DSC8013.JPG
S85__DSC7991.JPG


次は、上記のライトをモデルさんのすぐ前まで持ってきました。
絵としてはコントラストは上がりますが、レンズのハイライト側の階調表現が良いためか、固くならないです。
S85__DSC8078.JPG
S85__DSC8070.JPG


最後はモデルさんの両サイドよりやや後ろから、白のバックに向けてアンブレラを左右2灯ずつ縦に並べ、逆光状態にし、カメラの後ろに白カポックをおいて、アンブレラ、バック、カポックと跳ね返った光をモデルさんの正面のライティングにしているといったセットです。
こういったライティングですと、被写体が過剰にふわふわになりがちですが、このレンズはシャープネスとコントラストを十分にキープでしてると思います。
S85__DSC8360.JPG
S85__DSC8318.JPG
S85__DSC8430.JPG

Zeissの85mmでポートレートというと、Planar85mm f1.4が圧倒的に有名で、このSonnarはYashica CONTAX用も含めひねくれ者もしくは悪役レンズなイメージだったかもしれませんが、少なくともスタジオポートレート用としてはかなりバランスが良く、じつはこちらのほうが向いているのではないかと思うくらいでした。
やはり悪役ゾナー、心はすごくいいやつなんですね。



posted by lenschecker at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8148376

この記事へのトラックバック