写真ギャラリー
Zeiss
Leica
USSR
Germany
Japan
カテゴリーアーカイブ
Zeiss(42)
ソ連(6)
Japan(21)
ドイツ(7)
LEICA(2)

2018年03月17日

<003> Industar-61 53mm f2.8 + SONY A7R



前回のHELIOS-44Mと同じ時にウクライナのリヴィウという街のフリーマーケットで約¥3,000で買った、ソ連製FED3についていたL39マウントのIndustar-61 53mm f2.8です。
EOSマウントにオールドレンズを付けるのが流行っていた(?)頃は、L39マウントのレンズはフランジバックが短すぎて使えませんでしたが、今はSONYのEマウントがあるのでこのレンズがデジタルで使えるようになりました。
フィルムで撮っていたときは、少し黄色に傾いてクラシカルな写りをするレンズなイメージでしたが、デジタルで撮ってみると、確かにクラシカルで、開放付近ではユルいですが、フィルムで撮ったときほどクラシカルなイメージはないです。
ボケ、色ともに意外と自然です。
おそらく主にクラシカルなイメージをかもし出していたのは、レンズよりもフィルムだったのかも。

前半は鴨居で撮ったもので、後半は新宿です。

_DSC0134.JPG


_DSC0139.JPG


_DSC0153.JPG


_DSC0141.JPG


以上鴨居です。
このときはどんよりと切ない天気だったので、ソ連感満載になってしまいました。
ここでの撮影はF4又はf5.6で撮っています。



_DSC0178.JPG


_DSC0209.JPG


_DSC0177.JPG


以上、新宿です。
ここでの撮影はf2.8又はf4で撮っています。



SHOTEN マウントアダプター L39-SE (S) シルバー(ライカL39マウントレンズ → ソニーEマウント変換

価格:9,000円
(2018/3/17 21:44時点)
感想(0件)





posted by lenschecker at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ソ連
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7446311

この記事へのトラックバック