写真ギャラリー
Zeiss
Leica
USSR
Germany
Japan
カテゴリーアーカイブ

2018年07月14日

<026> Ernst Leitz GmbH Wetzlar Hektor 13.5cm f4.5+ SONY A7R



Ernst Leitz GmbH Wetzlarの Hektor 13.5cm f4.5、ヤフオクで約¥7,000でした。
Leica Lマウントです。

ついに禁断のライカに手を出してしまった。
ただ、このHektor13.5cmというのは、結構な数が製造されたようで、ライカの他のレンズは最低でも¥50,000くらい、数十万円のものもたくさんあるなか、かなりの格安レンズ。
ライカのくせにこんなに安いなんて、きっとこのレンズだけショボいにちがいないと思ってましたが、私の予想は全く外れて、スーパーコスパレンズでした。

実は私、少し前までライカには全く興味がなく、手を出そうと思ったことは一度もありませんでした。
しかし、昨年買ったHUAWEIのスマホカメラの性能がものすごく良く、そこにLEICAって書いてあったので、ライカってすごいんじゃないか?と思ってちょっと興味が湧いたというのがスタートでした。
また、以前紹介した和製ズミクロンことRIKENON 50mm f2が素晴らしかったことも後押しして、とりあえず一番安いライカということで買ってみました。

写りはというと、しっかりした色のり、なめらかな階調、高いシャープネスに加え、ファインダーからフォーカスの合致がわかりやすく、今のところ欠点が見つかりません。
ほんとに80年以上前の設計?
また、なぜか被写体というか、その場所というか、空気感の表現が非常に絶妙。
AIか魔法でも仕込まれているかのようです。
このレンズを使ってみて、RIKENON 50mm f2が和製ズミクロンと言われるのがなんとなくわかった気がします。

SHOTEN マウントアダプター L39-SE (S) シルバー(ライカL39マウントレンズ → ソニーEマウント変換

価格:9,000円
(2018/4/1 22:53時点)
感想(0件)





まずは西新宿の、古いアパートが立ち並ぶエリア。
もうすぐ取り壊される家やアパートを記録しておきました。
この3枚は開放(f4.5)です。
_DSC3722_45.JPG

_DSC3723_45.JPG

_DSC3721_45.JPG

続いて、西口の高層ビルたち。
バッチリシャープです。オーバーもアンダーもネバリます。
f8で撮影
_DSC3732_8.JPG

f5.6で撮影
_DSC3727_56.JPG

f8で撮影
_DSC3730_8.JPG

ここからは井の頭公園。
和紫陽花、日の丸構図でごめんなさい。でもあえてです。
発色も、階調も、シャープネスもバッチリですね。
しっとりとした空気をうまく表現しています。
f4.5で撮影。
_DSC3765_45.JPG


夏の夕日、なぜか切ないですね。
f5.6で撮影
_DSC3734_56.JPG

f8で撮影
_DSC3741_8.JPG

蝉の脱け殻、ここから飛び立っていったようです。
開放(f4.5)で撮影
_DSC3760_45.JPG

夕刻の踏切、今日も電車はたくさんの人のドラマを運んでいます。って感じの空気が出てると思います。
開放(f4.5)で撮影。
_DSC3772_45.JPG

これが本当に80年以上前の設計なの?ってくらいバランスの良いレンズで、¥7,000はかなりお得でした。
普段、ヤフオクや中古カメラ店では、¥10,000〜15,000くらいが一般的なようです。



マウントアダプター ライカ L・L39・M39レンズ → マイクロフォーサーズ ボディ【送料無料】

価格:3,780円
(2018/7/15 00:00時点)
感想(2件)




KIPONマウントアダプター L39-EOS M【ボディ側:キヤノンEOS M/レンズ側:ライカL】

価格:3,740円
(2018/7/15 00:01時点)
感想(0件)




【このカテゴリーの最新記事】
posted by lenschecker at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | LEICA
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7893353

この記事へのトラックバック