写真ギャラリー
Zeiss
Leica
USSR
Germany
Japan
カテゴリーアーカイブ
Zeiss(42)
ソ連(6)
Japan(21)
ドイツ(7)
LEICA(2)

2018年05月04日

<013> Carl Zeiss Makro-Sonnar T* 100mm F2.8 (for CONTAX N System) + SONY A7R



今回は、オールドレンズではありませんが、既に消えていったシステムのレンズという意味で、CONTAX N System 用 Carl Zeiss Makro-Sonnar T* 100mm F2.8 の作例を紹介します。
私がフィルムで撮っていた時代に、CONTAX 645 + Apo Makro-Planar 120mm f4というレンズが好きだったのですが、デジタルがメインになってからは、もう使うことはないだろうと売却してしまいました。
しかし、このマウントアダプター天国の時代になって、CONTAX 645やN Systemのレンズがデジタルでも使いやすくなったということで、あの時代のレンズがどうしても欲しくなりヤフオクで購入。
レンズ自体は約4万円、Nマウント→SONY EFマウントのアダプター(KIPON CONTAX-S/E AF マウントアダプター)も約4万円で、合計8万円。
ちなみにこのアダプターは電子接点付きで、開放でフォーカシングをして、ボディ側で設定した絞り値で撮影できるという(一応AFも使える)、すぐれものアダプターなのです。
実は今回、残念ながら私の設定ミスで、APSサイズにクロップされていて、150mm・15MPで撮影されてしまったので、100mm36MPでの作例は、後日撮影します。

で、マクロレンズといえば、花とか、ブツ撮りとか、フード(料理)とかがよく使われる用途かと思いますが、私が写真の専門学校で受けた講義で、いわゆる”Beauty”という、美容系の雑誌や、化粧品のポスター等の撮影でもよくマクロレンズが使われるとのことでしたので、このレンズの作例は”Beauty風”で行きます。
ちなみに仕事では”Beauty”というジャンルはやったことがないので、ライティング等素人がやった”Beauty風”です。(技術的に細かいところはつつかないでください。)

モデルさんは、森下友理さんという方で、以前は役者もされていたとのことなので、
こんな雰囲気にというリクエストに対して、なかなか絶妙に演じてくれました。
とてもステキな方でしたので、個人的には次回以降もお願いできたらと思っています。
https://twitter.com/Yuuri_Morishita





まずはf5.6の作例から。

A_DSC1403.jpg

A_DSC1421.JPG


続いてf5.0。

A_DSC1373.jpg

A_DSC1375.jpg

A_DSC1463.JPG


次にf3.5。

A_DSC1544.JPG

A_DSC1590.JPG

A_DSC1596.JPG

A_DSC1575.JPG

最後に開放(f2.8)。
A_DSC1659.jpg

A_DSC1661.JPG

今回は寄りの写真ばかりなので、絞り値よりもフォーカスのポイントとの距離のほうがボケ具合への影響が大きかったですね。
よく見ると、ちょっとだけ色収差が出るときがありましたが、シャープネス・階調等、高い次元でバランスの良いレンズだと思われます。
Zeissのこの時代は、性能・品質の面はほぼ今のレベルになっていながら、昔ながらの”味”もしっかり残っている、私にとっては一番美味しい時代です。

<PR>

【送料無料】 KIPON KIPON CONTAX-S/E AF マウントアダプター[CN1SEAF]

価格:39,960円
(2018/5/4 23:45時点)
感想(0件)




posted by lenschecker at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7619980

この記事へのトラックバック