写真ギャラリー
Zeiss
Leica
USSR
Germany
Japan
カテゴリーアーカイブ

2019年01月16日

<071>Mamiya SEKOR 150mm f4 + SONY A7R



Mamiya 645用 SEKOR 150mm f4の作例を撮ってみました。
100mm~150mmくらいのレンズが、性能の割に安い事に気付きいろいろと買ってしまった中の一つです。
基本的にMamiyaの中判カメラを使う人というと、プロかそれに近いレベルの人が多いと思われるため、低性能なレンズはあまり無いと思いますが、この150mmも、ものすごく性能が安定していて撮りやすいレンズでした。
フォーカスが合わせやすいので撮影していての疲れはほとんどなく、逆光での色のりやシャープネスもかなりしっかりしています。
かといって、色の階調自体はなかり滑らかなので、絵が硬い感じは全くないと思います。
さらに、今、Mamiyaのレンズを買いたい人はあまりいないので、オークションでの値段はかなり割安です。
キヤノンFDの高性能モデルと、ヤシカコンタックス時代のZeissを足して2で割ったイメージのレンズが(中判用なので明るくはありませんが、、、)、キヤノンFDのミドルクラスレベルの価格で買えるという、かなりコスパが良いと思います。

【送料無料】 KIPON マウントアダプター M645-EOS【ボディ側:キヤノンEF/レンズ側:マミヤ645】[KIPONMAMIYA645EOS]

価格:19,000円
(2019/1/16 23:36時点)
感想(0件)




まずは、最近多めですが御徒町周辺。

悪そうなネコちゃんを発見したので激写。
開放(f4)で撮影
_DSC2966.jpg

立体式駐車場に結構さびさびのワイヤーがつるさがってました。何の機能なのかは不明。
f5.6で撮影
_DSC2988.jpg

こっちは駐車禁止!
開放(f4)で撮影
_DSC2994.jpg

こんな昭和的グッズもこのあたりにはたくさんあります。
f8で撮影
_DSC2992.jpg






そしてやはり世田谷生まれ(?)のレンズで世田谷を撮ってみました。

空き地の鉄条網でボケの具合を確認。長いこと空き地のままなんでしょうか?
開放(f4)で撮影
_DSC3012.jpg

木の戸にへばりついたツルもパリパリです。
f8で撮影
_DSC3028.jpg

世田谷線界隈に来るとかなりの頻度で撮っているお気に入りポイント。
開放(f4)で撮影
_DSC3005.jpg

色のり、シャープネス共に良好だと思います。
ここの踏切も最近よく撮りますが、ここも雰囲気好きです。
f8で撮影
_DSC3051.jpg

保線用のレール、冷えきった感じがよく写りこんでいると思います。
f5.6で撮影
_DSC3074.jpg

西陽を葉に透過してみました。
開放(f4)で撮影
_DSC3030.jpg

陽が落ちた世田谷線はちょっと切ないですね。
高井戸のカーブからf8で撮影。
_DSC3162.jpg


posted by lenschecker at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2019年01月13日

<070>Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm f3.5 vol.2 + SONY A7R



ここのところ100mm〜150mmくらいが多かったので、Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm f3.5を再度引っ張り出してみた。
ちなみに、前回のBiometar 120mm f2.8と同じところも撮っているので比べてみてください。
http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/69/0

高品質 M42マウント-⇒Sony NEXα Eマウントアダプター、アルミニウム合金、高銅合金

価格:1,900円
(2018/7/1 22:44時点)
感想(0件)



まずは御茶ノ水から御徒町界隈まで。

聖橋からの定番カット、5.6で撮影。
_DSC2710.jpg

_DSC2699.jpg

屋外のエスカレーターをf5.6で。
こちらはお化けみたいなのは出てないですね。
_DSC2748.jpg

中央線の高架の古い煉瓦づくりの部分。
こちらでも絞りを変えて撮ってみました。
まずはf8。
_DSC2761_8.jpg

こちらははf3.5です。
_DSC2762_35.jpg

秋葉原駅手前の鉄橋。
f8で撮影。
_DSC2792.jpg

古いビルの窓の撮ってみました。
f8で撮影
_DSC2818.jpg

マスキング用のビニールシートをf8で撮影。
Biometar 120mmとくらべふわふわ感はあるような気がしますが、
ツヤっぽさはBiometar 120mmのほうがあるかも。
_DSC2823.jpg

鉄の扉の質感も比べてみてください。
どちらが好みですか_
正面からf11で撮影。
_DSC2867.jpg

斜めから開放(f3.5)で撮影。
_DSC2872.jpg

路地も同じくf11で撮影。
どちらのほうが昭和でしょうか?
_DSC2875.jpg

マウントアダプター M42マウントレンズ → ソニー Eボディ [マクロヘリコイド機能付き]【送料無料】 再入荷

価格:5,980円
(2018/7/1 22:44時点)
感想(0件)



世田谷線沿線でも何枚かBiometar120mmと同じところを撮っております。

こちらでも、隠れても無駄な法務局さんをf4で撮影
_DSC2897.jpg

昭和感たっぷりのクルクルをf5.6で撮影。
_DSC2936.jpg

これも開放(f3.5)で撮ってます。
ボケ具合はどちらがお好きですか?
_DSC2905.jpg

別の日に千葉の動物園で撮ったネズミの仲間です。
なかなかかわいいでしょ?
f4で撮影。
_DSC2612.jpg


posted by lenschecker at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2018年12月29日

<068> Schneider-Kreuznach Tele-Xenar 135mm F3.5 + SONY A7R



Exaktaマウント用Schneider-Kreuznach Tele-Xenar 135mm F3.5の紹介です。
以前、廉価版ブランドISCOのレンズをいくつか紹介しましたが、今回は本家のSchneider-Kreuznachです。
このSchneider-Kreuznachは35版用のレンズが意外と少なく、少し憧れのブランドでした。

色乗りはよいのですが、全体的に癖がなく(クセナーという名前ですが・・・)かなりスッキリで、シャープネス、逆光への耐性等、優等生的なレンズだと思いました。
ただ、ピントの山は掴みづらいと感じました。
ちなみにこのExaktaマウントは構造がやや複雑で、この個体も絞りの調子が良くなく、開放にならない時がありました。

K&F Concept レンズマウントアダプター KF-EXAE (エキザクタマウントレンズ → ソニーEマウント変換)

価格:3,870円
(2018/12/29 02:20時点)
感想(0件)




御茶ノ水駅近くの湯島聖堂、雨上がりでした。
閉まる直前でしたので、中が見えなくて残念。
f4で撮影
_DSC2395-4.jpg



どんよりとした日の井の頭線を撮り鉄。
f4で撮影
_DSC2364.jpg

同じ日に井の頭公園。ボートがややシュールです。
f4で撮影
_DSC2336.jpg

ボケの具合はいかがでしょう?
開放(f3.5)で撮影
_DSC2343.jpg

日を改めて世田谷線沿線。
寒そうです。
f5.6で撮影
_DSC2527.jpg

f4で撮影
_DSC2529.jpg

f5.6で撮影
_DSC2536.jpg

f4で撮影
_DSC2540.jpg

f4で撮影
_DSC2551.jpg

超逆光も撮ってみました。特に派手な破綻はしていません。
f8で撮影
_DSC2557.jpg

夜のビルもスッキリ撮れてなかなか良いと思います。
f8で撮影
_DSC2578.jpg

前回、Isco-Göttingen Westanar 150mmで撮ったこまちと似た構図で撮影ができました。
どっちが好きですか?
http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/67/0
f8で撮影
_DSC2497.jpg





posted by lenschecker at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ

2018年12月21日

<067> Isco-Göttingen Westanar 150mm F4.5 + SONY A7R



Schneiderの低価格ブランドであるIsco-GöttingenのWestanar 150mm F4.5 を、以前紹介したIscotar 50mm F2.8とセットで購入。

ちなみにIscotar 50mm の作例はこちら
http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/65/0

今回は150mmの方の作例を紹介します。
スペック自体はかなり平凡で逆光には弱いですが、色の情報はかなりちゃんととらえているので、レタッチに対する耐性はかなり高そう。

K&F Concept M42マウント - ソニーEマウントアダプター M42-NEX

価格:2,340円
(2018/12/11 00:07時点)
感想(4件)



まずは秋の根津界隈を散歩してみました。

根津神社です。ちょっと逆光だとこんな感じになってしまいますが、破綻の仕方は悪くないですね。
開放(f4.5)で撮影
_DSC1823.jpg

逆光でなければくっきりそして色の深みも十分です。
f8で撮影
_DSC1867.jpg

帰りに永福町でちょっと撮り鉄。
シャープネスやシャドウの粘りも悪くなさそう。
f8で撮影。
_DSC2097.jpg

永福町駅に上から北側を見渡せるテラスを発見、夕焼けがきれいだったので撮ってみました。
ちょっと切ないですね。
f8で撮影。
_DSC2122.jpg


日を改めて。
この日はピアノの発表会の撮影の仕事でした。
会場のピアノはオーストリアのベーゼンドルファー製。
小さな会場では結構定番ですね。
開放(f4.5)で撮影
_DSC2207.jpg

開放(f4.5)で撮影
_DSC2202.jpg

撮影の仕事が終わると陽はほとんど落ちてしまって、かなり寒くなっていました。
壁にへばりついかツルも寒そうですね。
f8で撮影。
_DSC2241.jpg

またまた別の日、出張先でこっそり撮り鉄。
このサイトのほとんどの写真は、Photoshop Camera Rawで現像していて、ホワイトバランス、色被り、露光量以外はあまりいじらないようにしていますが、この2枚はガッツリやってます。
どちらもf8で撮影。
_DSC2318-2.jpg

_DSC2307.jpg

逆光で破綻する以外は特に問題点はないレンズだと思います。
しかも破綻の仕方が結構美しい。
若干眠たい感じのときもありますが、色の情報をしっかり素子に伝えているので、撮って出しはそこそこにしておいて、Photoshopでビシッと仕上げる用途としては有能なレンズだと思います。



posted by lenschecker at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ

2018年12月17日

<066> Carl Zeiss Distagon T* 28mm F2.8 (for Yashica Contax) + SONY A7R Vol.3



友人から借りているCarl Zeiss Distagon 28mm F2.8、そろそろ返さないとならないと思い、このレンズの安定したシャープネスと色の階調表現の良さを表現するために、都市の機能を満足させようとした形状が見た目も美しくなった的なものを集めてみました。
撮影はすべてf8です。





K&F Concept マウントアダプター ヤシカ コンタックス CY レンズ - ソニー α NEX Eマウント 一眼レフ カメラ KF-CYE contax yashica SONY

価格:2,520円
(2018/6/10 22:56時点)
感想(0件)




定番ですがレインボーブリッジとそこに接続する道路。
_DSC1246.jpg

_DSC1249.jpg

_DSC1255.jpg

_DSC1372.jpg

レインボーブリッジの上から。
_DSC1340.jpg

これは品川駅の近くにあるビルの中。
_DSC1962_4.jpg


天王洲アイル付近、ビルとビルがかなり接近しています。
_DSC1986.jpg

生コン屋でしょうか?
_DSC2026.jpg

イジワル条件で実験。
_DSC2008.jpg

やっぱり最後は撮り鉄で。
_DSC2070.jpg








posted by lenschecker at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2018年12月11日

<065> Isco-Göttingen Iscotar 50mm F2.8 + SONY A7R



Schneiderの低価格ブランドであるIsco-Göttingenの Iscotar 50mm F2.8をメルカリで購入したので試し撮りしてみました。
同社Westanar 150mm f/4.5とセットで約8000円と格安でしたが、状態はどちらも結構ボロボロ。
(150mmのほうは後日紹介します。)

以前紹介したSchneider Jsco 7.5cm F4.5に近い印象で、万能なレンズではありませんが、階調や色のりなどの雰囲気を表現に関しては良かったと思います。
Schneider Jsco 7.5cm F4.5 http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/21/0

ただ、逆光にはかなり弱く、逆光でテキトーに撮ると安っぽくなってしまいます。

K&F Concept M42マウント - ソニーEマウントアダプター M42-NEX

価格:2,340円
(2018/12/11 00:07時点)
感想(4件)



まずは上野、鶯谷、根津界隈を散歩しながら作例を撮ってみました。

このように、あまり高画質を必要としない絵でしたら、逆光でも良い雰囲気になると思います。
f5.6で撮影
_DSC1885_56.jpg

順光では渋めな画作りですね。
f8で撮影
_DSC1818_8.jpg

ちなみに、何も考えないで逆光で撮ると、こんなに昭和っぽくなります。
これは被写体的があまり昭和ではないので、かっこ悪いですね。
f5.6で撮影
_DSC1838_56.jpg

昭和な風景にはなかなか良いかもです。
f8で撮影
_DSC1839_8.jpg

線路もけっこうしっとりしたイメージになります。
f8で撮影
_DSC1879_8.jpg

寂しい風景はとことん寂しくなってしまいますねぇ。
f5.6で撮影
_DSC1842_56.jpg

f8で撮影
_DSC1884_8.jpg

こういった感じの色はなぜかドイツの古いレンズの特徴的な印象です。
そしてなぜか昭和感の表現に向いてますね。
f8で撮影
_DSC1856_8.jpg

これは一見現代のレンズっぽい写りですが、色の深みのようなところは古いドイツレンズらしさが出ていると思います。
f8で撮影
_DSC1887_8.jpg

ボケはちょっと流れる感じです、悪くはないですが。
ただ、画面の中心からちょっと外れるとシャープネスが落ちる印象です。
開放(f2.8)で撮影
_DSC1853_28.jpg

スナックのエアコン室外機の上の鉢植えが何故か美しい。
f8で撮影
_DSC1920_8.jpg

ガードしたの古ぼけた建物に光が差し込んでいます。
これも開放(f2.8)で撮っていますが、こちらもボケは流れてますね。
_DSC1916_28.jpg

逆光もアンダーで撮れば良い雰囲気になりますね。
f8で撮影
_DSC1925_8.jpg

こういう写真は苦手みたいです。
まったくもってシャープ感ないですね。
f8で撮影
_DSC1928_8.jpg

最後に品川駅の海側に移動して、イジワル条件で撮影をしてみました。
こういう条件での写真はテーマととり方によってだと思いますが、万能には決まりません。
アンダーの粘り強さは悪くなさそう。
f4で撮影
_DSC1999_4.jpg


いろいろと撮ってみましたが、このレンズは使い方や被写体、もう少し言うと撮影者の気持ち次第でかなりいいろいろな表情を見せてくれるレンズだと思いました。



posted by lenschecker at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ

2018年12月04日

<064> Canon FL 135mm f3.5 + SONY A7R



このCanon FL 135mm f3.5は、オークションで1000円で落札した格安レンズ。
なぜか135mmは全体的に安くて、ものによってはライカでも10000円以内で買えてしまう。
前に紹介したHektor 13.5cmも約7000円とライカのなかでは群を抜く安さ。
http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/39/0
http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/26/0

なぜか人気が無いです。
逆に言えば、性能の割りに安いレンズがたくさんあるということですね。
よくポートレート用として85mm前後が好まれますが、このあたりは性能の割りに価格が高いということを考えると、135mmでもだいたい同じように撮れるので、135mm前後の超高性能レンズを買ってしまうというのも良い選択肢かと思います。

で、このFL135mm f3.5も、ハイスペック版兄弟レンズのf2.5(こちらも10000円以内で買えるらしい)に対する廉価版なので、残念ながら1000円になってしまいますが、少しフリンジが出やすいということ以外は、現代の中価格レンズと比較してとくにネガティブな部分はみつかりませんでした。しかも、フリンジといってもCamera Rawで修正できるレベルのもので(フィルム時代はなんとかならない現象なんですね)、シャープネス、階調等はそこそこなレベルではないかと思います。
少なくとも、1000円は安すぎる!

私のなかで、Photoshopで少しレタッチすれば現代のレンズレベルになる格安レンズは良いレンズだと思うので、このレンズはかなり優秀です。

K&F Concept マウントアダプター キャノン FD レンズ - ソニー α NEX Eマウント 一眼レフ カメラ 絞りリング KF-FDE canon sony

価格:2,383円
(2018/4/14 19:42時点)
感想(3件)




品川駅から海のある方向に歩いていたらカモメ軍団発見!
開放(f3.5)で撮影
_DSC1166.jpg

逆光からなるべく寄りで、
開放(f3.5)で撮影
_DSC1156.jpg

回り込んで順光側から、
こちらも開放(f3.5)で撮影
_DSC1067.jpg

葉っぱに太陽の光を透過してみました。
f5.6で撮影
_DSC1694.jpg

こちらは世田谷区にある小さな公園の紅葉。
すごくセンスの良い植え方でした。
開放(f3.5)で撮影
_DSC1733.jpg

逆光の踏切です。
なぜかここだけ光が当たってました。
f5.6で撮影
_DSC1678.jpg

どこかの家の塀に絡みついたツルです。
開放(f3.5)で撮影
_DSC1737.jpg

そして、そのお隣の家
こちらも開放(f3.5)で撮影
_DSC1739.jpg

ほとんど入居してないアパートの柱
開放(f3.5)で撮影
_DSC1742.jpg

空室になったあとポストをほっぽらかしておくと大変なことになりますね。
開放(f3.5)で撮影
_DSC1740.JPG

こんな感じで、ちゃんと塞いでおきましょう。
f4で撮影
_DSC1704.jpg

前も撮りましたが、世田谷線沿いに咲いたきれいな花、バックに電車をぼかしてみました。ボケの具合はどうでしょう?
開放(f3.5)で撮影
_DSC1766.jpg

この日の空は少し切ない感じでした。
f8で撮影
_DSC1779.jpg

でも最終的にはきれいな色になりました。
f5.6で撮影
_DSC1809.jpg

帰ろうとしたら電車が来たので〆に1枚。
f5.6で撮影
_DSC1813.jpg



posted by lenschecker at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2018年11月28日

<063> Carl Zeiss Pantar 45mm f2.8 (for Contaflex) + SONY A7R Vol.2



Contaflex用Carl Zeiss Pantar 45mm f2.8、2回目です。
Contaflexというカメラから取り外したレンズをSONYのEマウントに改造したものをe-bayで買いました。
何度か持ち歩いたのですが、なかなか2回目を書く機会がありませんでした。
ちなみにレンズって、1度使っただけの印象と、別の条件(例えば、天気や季節、被写体や撮影者のメンタル状態など)で何度か使って感じる印象とが結構ちがうときがあるので、できるだけ何回か記事をつくるようにしています。

しかしながらこのレンズは、初めてシャッターを切った時から、おっ、こいつはかなりの優等生だと感じました。その印象は今回撮った後も変わりませんでした。
もう70〜80年くらい前の設計だと思うのですが、色のり、階調、シャープネス、逆光での耐性等、高次元での性能バランスという意味では私が持っているレンズのなかでトップクラスかもしれません。




今回は、何回か特に目的もなく散歩をしながら撮ったものの中からいくつか紹介します、

割りとよく見る感じの写真かと思いますが、レンズの基本的な特徴がわかりやすいかと思い、あえて撮りました。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209465528567517_20181127_214443088.jpeg

味のある倉庫ですね。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209464464014913_20181127_214442023.jpeg

すごく細い路地を発見、どこにつづくのか?
f8で撮影
LRM_EXPORT_209465471999288_20181127_214443031.jpeg

住宅街に自転車とほかにもいろいろ埋もれてます。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209464684584704_20181127_214442244.jpeg

これもとある住宅街にて。
昔はこんなオーディオセットがどこのうちにもありましたね。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209464759718038_20181127_214442319.jpeg

これは自転車屋さん、廃タイヤでしょうか?まだ溝はあるようですが。
このレンズのいちばん寄りでf8で撮影
LRM_EXPORT_209464701082621_20181127_214442260.jpeg

井の頭公園のボートです。
晩秋の平日の夕方はあまり利用者がいないですね。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209465296145121_20181127_214442856.jpeg

壁の向こうは工事現場。
これもいちばん寄りでf5.6で撮影。
LRM_EXPORT_209465312453454_20181127_214442872.jpeg

多摩川の橋の上から、ちょっと逆光で。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209465051168558_20181127_214442610.jpeg

これも多摩川の河川敷。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209465167235225_20181127_214442727.jpeg

かわいい水玉模様に見えますが、この部分の保護フィルムが剥がされていだけです。
意図的にやってるのかな?
f5.6で撮影
LRM_EXPORT_209464450796163_20181127_214442009.jpeg

昭和っぽい床屋、今日はお休みですね。
f8で撮影
LRM_EXPORT_271251059234131_20181128_224237192.jpeg

古い商店の窓枠、防犯目的かな?
f5.6で撮影
LRM_EXPORT_209465234821163_20181127_214442794.jpeg

住宅街に一軒だけかなり古い家を発展。
誰もいなそうでしたが、空き家ではなさそう。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209465426508142_20181127_214442986.jpeg

暗くなってしまったので、開放で遊びました。
壁にくっついたツルをアンダーで撮影。
さすがにこの条件だと光量差でますねぇ。
開放(f2.8)で撮影
LRM_EXPORT_209464469292517_20181127_214442029.jpeg

以前撮った昭和のおばけ団地を別の角度から。
開放(f2.8)で撮影
LRM_EXPORT_209464914486267_20181127_214442474.jpeg



posted by lenschecker at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2018年11月26日

<062>Jupiter-8M 50mm f2 (for Kiev Contax) + SONY A7R Vol.3



ソ連ウクライナのアーセナルというメーカーで作られたJupiter-8M 50mm f2、本サイトでは3回目の紹介ですが、これを持って代々木公園で行われていたソ連フェスティバル(本当はロシアフェスティバル)に行った帰りに撮りました。
残念ながら、ソ連フェスティバルでの写真はありませんが、世田谷線沿線や井の頭公園周辺等を撮影しました。
やはりゾナーの末裔、安定した性能と立体感・空気感の表現力だと思います。





ちなみに、このレンズの前の回では上海を撮ってます。
http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/22/0

その前は江戸東京たてもの園ですが、この回でレンズのアダプター自作方法をざっくりと紹介してます。
http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/20/0
自作は結構簡単にできますが、不安な方はちゃんとしたのを買ってください。

CRF-S/E I KIPON KIPON マウントアダプター CRF-S/E I (ボディ側:ソニーE/レンズ側:コンタックスC・ニコンS 内爪) [CRFSEIKIPON]【返品種別A】

価格:35,600円
(2018/6/11 00:01時点)
感想(0件)




代々木公園を出て、代々木八幡駅から小田急線に乗りました。代々木八幡駅は現在工事中でした。
f8で撮影
_DSC1499_8.jpg

いつも私は豪徳寺駅から三軒茶屋方面に歩く事がおおいのですが、この日は下高井戸方面に歩いてみました。
踏切の手前にある渋いクリーニング屋さん。
f8で撮影
_DSC1510_8_2.jpg

電柱に巻き付いたツル、もう葉が枯れてますね。
開放(f2)で撮影
_DSC1525_2.jpg

ふんわりした雰囲気で撮りたかったので、こちらも開放(f2)で撮影。
_DSC1533_2.jpg

こちらのツルはかわいいですね。
開放(f2)で撮影
_DSC1529_2.jpg

古いエアコンプレッサーとタンクですね。現役っぽかったです。
開放(f2)で撮影
_DSC1515_2.jpg

ギラッてるように見えますが、実は白い大きなアパートが写り込んでいます。
アパートが夕日に照らされていたのでこのように見えるようです。
開放(f2)で撮影
_DSC1532_2.jpg

勾配標識、開放でアンダーだと周辺光量が落ちますが、これも演出かな?
開放(f2)で撮影
_DSC1577_2.jpg

世田谷線沿線にはこのようにきれいなな花をよく見かけます。
誰かが植えてくれているのですね、きっと。
開放(f2)で撮影
_DSC1565_2.jpg

保線用のレールでしょうか?何か書いてあります。
開放(f2)で撮影
_DSC1522_2.jpg

なぜか工事現場にこんなにかわいいフォルクスワーゲンを発見。
開放(f2)で撮影
_DSC1563_2.jpg

ほとんど陽が落ちてしまったあとの井の頭公園のベンチです。
オールドレンズにしては開放f値がそこそこ明るいので、暗い場所でもなんとか撮れます。
開放(f2)で撮影
_DSC1593_2.jpg



posted by lenschecker at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ソ連

2018年11月24日

<061> PENTAX SMC TAKUMAR 300mm F4 + Kenko auto tele plus x2 + Mutar T* T (2× for Yashica CONTAX) + SONY A7R



PENTAX SMC TAKUMAR 300mm F4 を購入したのですが、いきなりテレコン2つ載せで試し撮りです。
1200mmはなかなか扱いが大変でしたが、うまく決まると病みつきになります。
ただ、テレコンがどちらも非純正なせいか、周辺光量落ちがあります。
このレベルの超望遠が使えるジャンルといえばやはり飛行機かなと思い、羽田空港へ。
(PENTAX SMC TAKUMAR 300mm F4単体は後日紹介します。)
絞りはすべて開放(f16)です。





まずは、第二ターミナルの展望デッキへ。
が、しかし、雨が結構降ってて、飛行機撮影素人かつオールドレンズには結構過酷な撮影でした。
クオリティがかなり低いですが一応アップします。

エンジンの出力を上げたところです。水しぶきが飛んでますね。
_DSC9997.jpg

流し撮りしましたが、あまかった。
_DSC0083.jpg

エアチャイナとはなぜかいつも相性が良い。
_DSC9979.jpg

1200mmだと、駐機している機体のエンジン単体とかも結構な迫力で撮れます。
_DSC0044.jpg




日を改めて、今度は京浜島つばさ公園。

なぜだろう、エアチャイナは気に入った構図で撮れる。
_DSC0564.jpg

この日のお目当て、ルフトハンザのBoeing747-8
_DSC0785.jpg

_DSC0791.jpg

_DSC0793.jpg

まだお昼寝中のカンタスのジャンボは747-400ですね。
_DSC0714.jpg

A滑走路に直陸する機体がこのくらいで撮れます。
_DSC0680.jpg

メンテナンス中でしょうか?ANAのBoeing787。
空の色が良くなりましたが、もう帰らなきゃならない時間。
_DSC0742.jpg


おまけ
まあ、わざわざ1200mmで撮らなくてもって写真ですが、ネコちゃんです。
りりしいでしょ。
_DSC0365.jpg




posted by lenschecker at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan