写真ギャラリー
Zeiss
Leica
USSR
Germany
Japan
カテゴリーアーカイブ

2019年06月11日

<081> Carl Zeiss Apo Makro Planar T* 120mm F4 (for CONTAX 645) + SONY A7R vol.2



CONTAX 645用 Apo Makro Planar 120mm、2回目の作例紹介です。

今回は、逆光ぎみのライティングをトライしました。白布の後ろ(ポールの上からライトをのぞかせて)から強めに1灯、正面から軽く1灯です。

モデルをしてくれたのは、ウェディング系のモデルが得意なAsakiさん。
https://instagram.com/cheri_cheri0515?igshid=h98p3z9iauwj
表情やポージングは、やっぱりその道のプロといった感じでした。

【送料無料】 KIPON KIPON CONTAX-S/E AF マウントアダプター[CN1SEAF]

価格:39,960円
(2018/5/4 23:45時点)
感想(0件)



絞りはすべて開放(f4)で撮影しています。

ウェディングドレスでの撮影はかなり大がかりになりそうだったので、イブニングドレスで。

前回より少々厳しい条件でしたが、このくらいなら安心して撮れますね。
21Apr2019_3.jpg

21Apr2019_2.jpg

21Apr2019_1.jpg

後半はベールをつけていただきました。
階調や白の飛び方ともに軟らかく、かつ細部も十分なシャープネスを保っていると思います。
21Apr2019_5.jpg

21Apr2019_7.jpg

21Apr2019_4.jpg

21Apr2019_6.jpg

今回も、バリバリに解像するわけではないが必要十分なシャープネスと、豊かな階調を実感しましたが、さらにハイライトの飛び方がなかなかきれいだなあと感じました。





posted by lenschecker at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2019年05月05日

<080>Olympus OM F.Zuiko Auto-S 50mm f1.8 + Olympus E-PL2



80回目となりましたので、今回は少しお試し的な企画として、メルカリで購入した3,200円のOlympus E-PL2に安レンズを付けて、どのくらいのレベルまでいけるかというチャレンジをしてみたいと思います。

まず今回は、 F.Zuiko Auto-S 50mm f1.8を付けて、ファッション雑誌っぽい写真をスタジオで撮影。我が家の主力機、SONYα7R+CONTAX 645用 Apo Makro Planar 120mmと比べてどんなものか、見てみたいと思います。

モデルをしてくれたのは、以前も撮らせていただいた牛尾真由華さん。
https://www.instagram.com/ushiomayuka/


スタジオは、白バック(左右からバック飛ばし)に、メインのライティングはビューティーディッシュ(いわゆるオパライト)1灯の、合計3灯という、まあ、まずはベタな感じで。

まずは、E-PL2 + ZUIKO 50mm。

Z_4272060.jpg


Z_4272082-Edit.jpg

Z_4272087.jpg

Z_4272070.jpg


.

K&F Concept オリンパスOMマウント - ソニーEマウントアダプター OM-NEX

価格:2,520円
(2019/3/17 23:33時点)
感想(1件)




そしてこちらが、α7R + Apo Makro Planar 120mm。

A_DSC6509.jpg

A_DSC6470.jpg

A_DSC6472.jpg

A_DSC6481.jpg

【送料無料】 KIPON KIPON CONTAX-S/E AF マウントアダプター[CN1SEAF]

価格:39,960円
(2018/5/4 23:45時点)
感想(0件)



個人的には、正直なところこの雰囲気の写真でしたら、E-PL2 + ZUIKO 50mmでも全く問題ないと思いました。
α7R + Apo Makro Planar 120mmのほうが、色の階調は滑らかで、無理やりシャープにしてる感が無く自然ですが、この先レタッチをして仕上げていったらE-PL2 + ZUIKO 50mmのようになるのではないかと思いました。
なので、逆にE-PL2 + ZUIKO 50mmでもっと柔らかめな写真を撮ろうと思うと難しいかもしれませんが、今後、ライティング等を変えてみて試してみようと思います。



2019年04月19日

<079> Carl Zeiss Apo Makro Planar T* 120mm F4 (for CONTAX 645) + SONY A7R



CONTAX 645用 Apo Makro Planar 120mmの作例紹介です。

モデルをしてくれたのは、モスクワ出身のまりなさんという方。
私はもともと、レンズを含む、ロシアや旧ソ連の文化に興味がありましたが、今回たまたまロシア出身の方を撮らせていただくことができました。
以前、ロシアを観光したとき、ロシアの方は写真を撮るという文化が深くしみついているイメージがありました。旅先の記念写真や、ウェディングフォトブックなど。そのせいかどうかわかりわせんが、まりなさんも表情や目線の作り方のレベルが高く、ここに紹介したもの以外にも良い写真がたくさん撮れました。
(ライトやカメラの設定のバリエーションが少なかったので、全部はアップしてません。)

今回のレンズ、以前CONTAX645システムを使っていたときに愛用していたものを再購入、今後うちのエースになるであろうと思われるのですが、デビュー戦でこんなにハイレベルな方を撮れて、レンズも満足していると思います。

ライティングは、ビューティーディッシュ、いわゆるオパライト1灯です。レフで起こしてるものもあります。
基本的に今回もビューティー風。
絞りは開放(f4)又はf4.5。

このレンズを使った感想としては、いわゆるシャープネスやコントラストを上げたようなキレ感はあまりなく、階調重視の味付けで、コツコツと真面目に解像力を上げていった感じだと思いました。
なので正直、現代のレンズと比べてキレは少なく見えますが、十分なレベルだと思います。
その分、ナチュラルな色表現や、(今回はほとんどしてませんが)raw現像でいろいろ設定変えても破綻しない色の情報量はかなり高いレベルだと感じます。
特に今回のまりなさんのような、きれいな髪や透き通った目を表現するのにはかなり向いていると感じます。
ちなみに、レンズの取り付けは、CONTAX NシステムをSONYに変換するアダプターに、CONTAX純正645-N変換アダプターの、2段使いです。
CONTAX 645からSONY に直接変換するアダプターや、Canon EF用等もあるようです。

【送料無料】 KIPON KIPON CONTAX-S/E AF マウントアダプター[CN1SEAF]

価格:39,960円
(2018/5/4 23:45時点)
感想(0件)



KIPON マウントアダプター CONTAX645-EOS AF [レンズ側:コンタックス645 ボディ側:キヤノンEF] 《納期未定》

価格:61,776円
(2019/4/19 09:57時点)
感想(0件)




LRM_EXPORT_112129979710493_20190419_124955494.jpeg

LRM_EXPORT_111344362898633_20190419_123544539.jpeg

LRM_EXPORT_112767050952062_20190419_130044186.jpeg

LRM_EXPORT_114110840943524_20190419_132818421.jpeg

LRM_EXPORT_114323197530991_20190419_133150780.jpeg

LRM_EXPORT_113404477204048_20190419_131632060.jpeg

LRM_EXPORT_114666042088231_20190419_133859096.jpeg





posted by lenschecker at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2019年04月06日

<078> PENTAX SUPER TAKUMAR 55mm F1.8 + SONY A7R



PENTAX SUPER TAKUMAR 55mm F1.8の作例です。

このレンズは、以前作例を紹介したCanon FL 50mm f1.8と同様、酸化トリウムを使っているアトムレンズです。

<Canon FL 50mm f1.8の作例>
http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/60/0

FL50mmのときは、とにかくシャープで安定した写りだという印象でしたが、このSUPER TAKUMAR 55mmは少し絞ると同じようにシャープで安定した写りになるものの、開放ではややユルめな印象でした。
ただ、EL50mmと比べ色乗りがこってりしているように感じます。




前半は世田谷線沿線と吉祥寺周辺で撮りました。

シャープネスと色乗りは十分だと思います。
f4で撮影
_DSC5513_4.jpg


こういった写真をとってもあまり味がなく写ってしまう。
f8で撮影
_DSC5517_28.jpg


世田谷線をバックに菜の花、開放のボケ具合はどうでしょう?
_DSC5535.jpg


公園にこんなシュールなやつがいらっしゃいました。
f2で撮影
_DSC5519_2.jpg

定番になってしまいましたが、宮の坂駅前の古い車両です。
開放(f1.8)で撮影
_DSC5555.jpg


こちらは吉祥寺界隈、桜が散り始めました。
開放(f1.8)で撮影
_DSC5597.jpg

こちらも吉祥寺、結構アンダーに撮ったのですが、なかなか味が出ない。
f5.6で撮影
_DSC5593_56.jpg

こちらは三鷹駅界隈、ビニールを干してますが、どういった用途なんでしょうか?
こういう謎っぽいのは結構好きです。こういった夕方の冷たい感じは結構味が出るかも。
f5.6で撮影
_DSC5644_8.jpg

K&F Concept M42マウント - ソニーEマウントアダプター M42-NEX

価格:2,340円
(2018/12/11 00:07時点)
感想(4件)



後半は新宿西口。

古いアパートの階段です。もう少しおどろおどろしい感じになってほしかった。
f5.6で撮影
_DSC5638_56.jpg


アトムレンズ、近未来的な印象ですが、有機的なものもしっとり写りますね。
(あたりまえか・・・)
開放(f1.8)で撮影
_DSC5622.jpg

キラキラの金属はかなり近未来的な感じに写りますね。
この辺はFL50mmと似た印象。
f4で撮影
_DSC5626_4.jpg

スチロールの板が挟まってますね。バタバタしないようにするためのスペーサーでしょうか?
開放(f1.8)で撮影
_DSC5621.jpg

元美容室ですね。これももう少ししっとり撮りたかったです。
f4で撮影
_DSC5641_4.jpg

このレンズも放射性物質なのでキケンです。
f5.6で撮影。
_DSC5635_56.jpg

遠景のみの写真ですが、あえて開放で撮ってみました。
周辺光量の落ちでしょうか、こういうのは結構かっこよく写ります。
_DSC5611.jpg


古いレンズのわりに味やしっとり感が出しにくい印象でした。
ただ、シャープで安定していて、良い具合に色が乗ってくれるので、
基本的に扱いやすいレンズだと思いました。




posted by lenschecker at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2019年03月17日

<077>Olympus OM F.Zuiko Auto-S 50mm f1.8 + SONY A7R



Olympus OMシステム用 F.Zuiko Auto-S 50mm f1.8の作例です。

友人に何人かOlympus信者がいて、かなりの勢いでOlympus を勧めてくるので(現行のマイクロフォーサーズシステムを)、ギャグでこのレンズを買って私もOlympusユーザーになりました。
医療機器で有名なOlympusなので、いままで正直、味とか雰囲気とかはまったく期待してませんでした。
逆に性能は安定してるんだろうなぁと予想してました。
ですが、試し撮りをしてみると、その印象は全く逆で、性能ははっきり言って?な感じ。
特にちょっと光の条件が厳しいと開放付近でかなりゆるゆるな感じになってしまうのですが、周辺光量は落ちて、ハイライトはふわふわになってといった感じが、ノスタルジックと言うか旅情を誘うというか、とにかく良い雰囲気づくりができてると思います。

K&F Concept オリンパスOMマウント - ソニーEマウントアダプター OM-NEX

価格:2,520円
(2019/3/17 23:33時点)
感想(1件)




今回は、標準レンズということでしたが、羽田空港周辺を中心に撮ってみました。
飛行機の写真もアップしています。

まずは、川崎の浮島町公園で羽田空港から離陸する飛行機を撮影。
同じような絵で、絞りを変えてとりました。

まずは開放(f1.8)で撮影、
正直、高性能レンズとはかけ離れた存在ですが、どうでしょうこの味。
まるでこの飛行機の乗客のほとんどが、会社を辞めて最終目的地未定、帰国予定日未定の旅に出るところな雰囲気に感じます。
_DSC4887.jpg


次はf5.6。
ある程度まったりした雰囲気を残しながら、性能も安定してきました。
プーケットとかにリゾートしに行く人たちを乗せてる感じでしょうか?
_DSC4873_56.jpg


最後にf16。
これを見ると、医療機器メーカーのレンズって感じしますね。
出張の人を乗せてる感じ。
_DSC4903_16.jpg

ということで、このレンズは開放付近で撮るのがいい味だと感じ、ここから先は開放付近中心で撮影しています。

開放(f1.8)で撮影
さあ、良い旅を。
_DSC4913.jpg

羽田空港へ移動する途中、首都高横羽線。
開放(f1.8)で撮影
制限速度60キロって感じのユルさです。
_DSC4921.jpg


開放(f1.8)で撮影
ゆったりとしてますが、切ない雰囲気ですね。
_DSC4925.jpg


開放(f1.8)で撮影
ほぼ順光なんですが、白いものが入るとユルくなります。
_DSC4929.jpg


開放(f1.8)で撮影
完全に日陰だと開放でも安定します。
_DSC4933.jpg


開放(f1.8)で撮影
国際線ターミナルから。
東方航空の飛行機ですが、奥に小さく見える離陸したばかりの飛行機は、おなじスカイチームのエールフランス。
_DSC4972.jpg

国内線第一ターミナルに移動、ビール飲みながら撮影。ドラマチックな雲は東南アジアかどこか、旅先的な雰囲気。
開放(f1.8)で撮影
_DSC5030.jpg


f2.8で撮影
遠景撮影の際は、雰囲気的には開放とほぼ同じくらい。
安定性考えると、このくらいがベストバランスかもです。
_DSC5122_28.jpg

私も出張ではない旅に出たくなりました。





posted by lenschecker at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2019年03月09日

<076> Carl Zeiss Pantar 30mm f4 (for Contaflex) + SONY A7R Vol.3



Contaflex用Carl Zeiss Pantar 30mm f4の3回目、前回は上海でしたが、今回はタイです。

Pantar 30mm@上海
http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/11/0

今回も出張の空き時間に撮ったものですが、前回は夜景が多かったため、今回は昼間の写真をメインにしています。

今までのこのレンズの印象としては、シャープですっきりとした写りで、あまり欠点のないイメージでした。
しかしながら、強い日差しにレンズを向けるとかなり派手なオバケが出てきました。
ただ、オバケも出しようによっては東南アジアの強い日差しの感覚を表現するのに良いのではないかと思います。
色もちゃんと乗るので、南国旅には向いているレンズかと思います。





まずはバンコク。
路地を走るトゥクトゥクとバイクです。
こういった写真を撮るのにはかなりシャープで安定してますね。
LRM_EXPORT_113699132769629_20190309_172226981.jpeg

運河です。
ボートは観光用というよりは市民の足として使われる事が多いようです。
LRM_EXPORT_113941908712300_20190309_172629757.jpeg

_DSC4814.jpg

相変わらず渋滞が多い。
_DSC4818.jpg

ピンクのタクシー、かわいいですね。
_DSC4821.jpg

かなり大きな木の下の屋台。
こういった明るいところと暗いところがミックスしている写真はやや写りがユルくなってしまう。
_DSC4762.jpg

テナント募集中
_DSC4749.jpg

タイ名物、ぐしゃぐしゃ電線。
どこに何があるのかわかるのでしょうか?
ちなみに、オバケでてますね。
_DSC4768.jpg

陽が傾いてきて、みんな少しお腹がすいてきたのでしょうか。屋台でおやつを食べてます。
_DSC4839.jpg





バンコクから少し離れて、チョンブリ県周辺です。
国道の脇にある小さな商店(ほとんど屋台)でつまみを調達。
_DSC4708.jpg

海を見ながらビールでした。
_DSC4739.jpg

エンジン付きパラグライダーがたくさん飛んでいました。
このようなシチュエーションでもオバケが出ます。
_DSC4720.jpg




posted by lenschecker at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2019年02月23日

<075> Carl Zeiss Sonnar T* CF250mm F5.6 + CONVERTER 2XE (for HASSELBLAD) + SONYA7R Vol.3



HASSELBLAD用 Carl Zeiss Sonnar CF250mm F5.6 + CONVERTER 2XE の3回目は、撮り鉄。
絞りは全てf16です。
このレンズの得意な表現である、なるべくドラマチックな絵面になるよう撮ってみました。(ドラマチックに見えるかどうかわかりませんが…)





まずは吉祥寺駅のホームから、日の出の時間帯の中央線。
LRM_EXPORT_313938745481262_20190223_210553218.jpeg

お茶の水の聖橋まできたら、陽は上りきってました。残念ながら、タイミング悪くて各駅停車のとクロスは撮れませんでした。
LRM_EXPORT_313938586341158_20190223_210553059.jpeg

しばらくすると空は曇ってしまい、密蔵院の撮影地に着いたときにはかなり重い感じになってしまいました。
LRM_EXPORT_313938950971887_20190223_210553424.jpeg

LRM_EXPORT_313938962203137_20190223_210553435.jpeg

このあと別の用事があったので、撮影は終了のつもりでしたが、用事が済んだ頃、朝新幹線を撮影した密蔵院の所にレンズフードを置き忘れてしまっていたことに気付き、急いで戻ったところ、奇跡的にフードはそのままその場合に置かれていてました。ホッとして線路をみてみたら、見事な光線になっている事に気付き、撮影再開。
LRM_EXPORT_313939174019803_20190223_210553647.jpeg

LRM_EXPORT_313938709342720_20190223_210553182.jpeg


LRM_EXPORT_316874824069876_20190223_215610888.jpeg

LRM_EXPORT_314513004328049_20190223_211649069.jpeg
帰らなければならない時間になってしまい、これが最後のカットでした。

マウントアダプター ハッセルブラッドレンズ → ソニー Eボディ 【送料無料】

価格:8,980円
(2018/5/20 21:14時点)
感想(0件)




おまけ
別の日に、小山駅のホームから、もう珍しくなってしまったこまちカラーのE3を記録しておきました。
LRM_EXPORT_313938761522408_20190223_210553234.jpeg



posted by lenschecker at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2019年02月01日

<074> PENTAX SMC TAKUMAR 300mm F4 + SONY A7R




PENTAX SMC TAKUMAR 300mm F4の作例です。
以前、ケンコーのテレコン+CONTAX Mutarと組み合わせて1200mmの作例をアップしましたが、単体としては初めてです。
http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/61/0

このレンズは、特に明るいわけではありませんが、300mmにしては暗くはないうえ、マウントは汎用性があるM42。また、オークション等で5000~10000円位で購入できるので、オールドレンズで撮り鉄をしたい人(そんな人は少ないと思いますが・・・)には向いていると思います。

写りは、正直、以前紹介したHassel用Sonnar250mmと比べるとドラマチック感にかけますが、シャープネス、階調ともに十分なレベルだと思います。
http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/16/0





今回はすべてf8で撮影しています。

まずは、赤羽の北とぴあ17階から。
流し撮りをしながらギラの位置を合わせるのは難しいですね。
もう少し前側にほしかった。
_DSC3595.jpg

ここからだと、電車がNゲージのようですね。
_DSC3501.jpg

次は鶴見から。
上りの貨物を狙ってみました。
もう少し焦点距離が長い方がよいですね。
_DSC3262.jpg

長玉の定番、ガトゥーン。
_DSC3284.jpg


K&F Concept M42マウント - ソニーEマウントアダプター M42-NEX

価格:2,340円
(2018/12/11 00:07時点)
感想(4件)



東京駅のでの新幹線撮影のはちょうど良さそう。
_DSC3299.jpg

_DSC3357.jpg

_DSC3365.jpg


最後に西武池袋線の所沢のカーブに行ってみました。
池袋方面に行く電車、長い編成は300mmでほぼぴったりですね。
どちらかと言うと逆光ですが、シャドウはそこそこ粘ってます。
_DSC3667.jpg

もうすぐ引退と言われているレッドアロー。
特急の編成を撮るにはもう少し長い焦点距離がいいですね。
_DSC3759.jpg

所沢方面は、順光になります。編成写真は厳しそうです。
_DSC3698.jpg




posted by lenschecker at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2019年01月30日

<073> Carl Zeiss Makro-Sonnar T* 100mm F2.8 (for CONTAX N System) + SONY A7R Vol.3



Carl Zeiss Makro-Sonnar T* 100mm F2.8、3回目の作例。

今回モデルをしていただいたのは、牛尾真由華さん。
https://www.instagram.com/ushiomayuka/

インスタで知り合ったモデルさんで、明るい表情からしっとりした表情までオールマイティにできる方でした。
今後も撮らせていただきたいと思います。

【送料無料】 KIPON KIPON CONTAX-S/E AF マウントアダプター[CN1SEAF]

価格:39,960円
(2018/5/4 23:45時点)
感想(0件)



モデル側から見て右前に、透過アンブレラ+カポックでバウンス、左後の上のほうから髪の毛を狙ってアンブレラ。
バック飛ばしにアンブレラ1灯(カメラから向かって左側から)というライティングで撮影しました。
このような、硬いと柔らかいの間くらいのライティングでも、しっとりとした柔らかい階調表現とキリッとしたシャープネスを両立でき、高性能ですごく使いやすいレンズだと思いました。

マウントアダプターがやや高いですが、このレベルのレンズがオークション等で約4万円で買えるというのはかなりお得だと思います。
AFはほとんど使い物になりませんが、それ以外はほぼ純正レンズのように使えるというお得感です。


f5.6で撮影
_DSC4060.jpg

f5.6で撮影
_DSC4049.jpg

f5.6で撮影
_DSC4053.jpg

f8で撮影
_DSC4043.jpg

f5.0で撮影
_DSC4108.jpg

f5.0で撮影
_DSC4093.jpg

f8で撮影
_DSC4017.jpg

f8で撮影
_DSC4035.jpg

f4.5で撮影
_DSC4148.jpg





次に左後上からのライトをやめ、それをカメラ向かって右側からのバック飛ばしにして、他のレンズとの比較を試みました。
結果としてはハレ切りがあまかったので、比較用作例としては不十分になってしまい、残念ながら比較記事はアップできませんでした。(レンズによってはハレーションが出まくってしまい、何を見てるのかわからなくなってしまった。)
なお、このレンズはそのへんがテキトーでもそこそこ写ってしまうので、性能的にはかなり高いレベルだと感じました。

f8で撮影
_DSC3858.jpg

f8で撮影
_DSC3873.jpg

f8で撮影
_DSC3866.jpg




posted by lenschecker at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2019年01月24日

<072>Tominon 75mm f4.5 (for Polaroid) + SONY A7R Vol.2



ポラロイドのカメラについていた富岡工学製Tominon 75mm f4.5(L39ヘリコイドなしに魔改造仕様)に、L39-M42リングと、M42ヘリコイドの組み合わせでの撮影、2回目です。

前回の印象としては、すごくニュートラルな写りと感じましたが、今回もその印象は変わらずでした。

<71>Mamiya Sekor 150mmの作例の撮影の際、このレンズも持っていたので、同じ箇所を撮ったものがいくつかあります。





まずは御徒町界隈。

色のりも程よく、クセのない写りだと思います。
f11で撮影
_DSC2973.jpg

こちらは逆光気味ですが、しっかりと写ってます。
f22で撮影
_DSC2981.jpg




その後、いつもの世田谷線沿線へ。

空き地の鉄条網を寄りの開放(f4.5)で撮影、ボケの具合はいかがでしょう?
LRM_EXPORT_189800441700725_20190124_093837661.jpeg

木の戸についたツルもパリパリです。
f8で撮影
_DSC3017.jpg

このスイッチは常連ですね。
開放(f4.5)で撮影
_DSC3008.jpg

こちらも開放(f4.5)で撮影。
_DSC3099.jpg

かなり寒いですが、きれいな花は咲いています。
開放(f4.5)で撮影
_DSC3135.jpg

なぜか切ない夕方の世田谷線。
f8で撮影
LRM_EXPORT_189286918978929_20190124_093004139.jpeg

高井戸駅から夕焼けを撮ってこの日は終了。
f8で撮影
LRM_EXPORT_189090239013334_20190124_092647458.jpeg

【送料無料】 ボーグ M42ヘリコイドS 7840

価格:12,290円
(2018/7/7 23:07時点)
感想(0件)




マウントアダプター M42マウントレンズ → ソニー Eボディ [マクロヘリコイド機能付き]【送料無料】 再入荷

価格:5,980円
(2018/7/7 23:06時点)
感想(0件)




ライカ L マウント L39 M39 → M42 スクリュー 変換 ステップ リング ボディ アダプター 並行輸入品

価格:421円
(2018/7/7 23:20時点)
感想(0件)


posted by lenschecker at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan