写真ギャラリー
Zeiss
Leica
USSR
Germany
Japan
カテゴリーアーカイブ
Zeiss(40)
ソ連(6)
Japan(19)
ドイツ(7)
LEICA(2)

2018年12月04日

<064> Canon FL 135mm f3.5 + SONY A7R



このCanon FL 135mm f3.5は、オークションで1000円で落札した格安レンズ。
なぜか135mmは全体的に安くて、ものによってはライカでも10000円以内で買えてしまう。
前に紹介したHektor 13.5cmも約7000円とライカのなかでは群を抜く安さ。
http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/39/0
http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/26/0

なぜか人気が無いです。
逆に言えば、性能の割りに安いレンズがたくさんあるということですね。
よくポートレート用として85mm前後が好まれますが、このあたりは性能の割りに価格が高いということを考えると、135mmでもだいたい同じように撮れるので、135mm前後の超高性能レンズを買ってしまうというのも良い選択肢かと思います。

で、このFL135mm f3.5も、ハイスペック版兄弟レンズのf2.5(こちらも10000円以内で買えるらしい)に対する廉価版なので、残念ながら1000円になってしまいますが、少しフリンジが出やすいということ以外は、現代の中価格レンズと比較してとくにネガティブな部分はみつかりませんでした。しかも、フリンジといってもCamera Rawで修正できるレベルのもので(フィルム時代はなんとかならない現象なんですね)、シャープネス、階調等はそこそこなレベルではないかと思います。
少なくとも、1000円は安すぎる!

私のなかで、Photoshopで少しレタッチすれば現代のレンズレベルになる格安レンズは良いレンズだと思うので、このレンズはかなり優秀です。

K&F Concept マウントアダプター キャノン FD レンズ - ソニー α NEX Eマウント 一眼レフ カメラ 絞りリング KF-FDE canon sony

価格:2,383円
(2018/4/14 19:42時点)
感想(3件)




品川駅から海のある方向に歩いていたらカモメ軍団発見!
開放(f3.5)で撮影
_DSC1166.jpg

逆光からなるべく寄りで、
開放(f3.5)で撮影
_DSC1156.jpg

回り込んで順光側から、
こちらも開放(f3.5)で撮影
_DSC1067.jpg

葉っぱに太陽の光を透過してみました。
f5.6で撮影
_DSC1694.jpg

こちらは世田谷区にある小さな公園の紅葉。
すごくセンスの良い植え方でした。
開放(f3.5)で撮影
_DSC1733.jpg

逆光の踏切です。
なぜかここだけ光が当たってました。
f5.6で撮影
_DSC1678.jpg

どこかの家の塀に絡みついたツルです。
開放(f3.5)で撮影
_DSC1737.jpg

そして、そのお隣の家
こちらも開放(f3.5)で撮影
_DSC1739.jpg

ほとんど入居してないアパートの柱
開放(f3.5)で撮影
_DSC1742.jpg

空室になったあとポストをほっぽらかしておくと大変なことになりますね。
開放(f3.5)で撮影
_DSC1740.JPG

こんな感じで、ちゃんと塞いでおきましょう。
f4で撮影
_DSC1704.jpg

前も撮りましたが、世田谷線沿いに咲いたきれいな花、バックに電車をぼかしてみました。ボケの具合はどうでしょう?
開放(f3.5)で撮影
_DSC1766.jpg

この日の空は少し切ない感じでした。
f8で撮影
_DSC1779.jpg

でも最終的にはきれいな色になりました。
f5.6で撮影
_DSC1809.jpg

帰ろうとしたら電車が来たので〆に1枚。
f5.6で撮影
_DSC1813.jpg



posted by lenschecker at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2018年11月28日

<063> Carl Zeiss Pantar 45mm f2.8 (for Contaflex) + SONY A7R Vol.2



Contaflex用Carl Zeiss Pantar 45mm f2.8、2回目です。
Contaflexというカメラから取り外したレンズをSONYのEマウントに改造したものをe-bayで買いました。
何度か持ち歩いたのですが、なかなか2回目を書く機会がありませんでした。
ちなみにレンズって、1度使っただけの印象と、別の条件(例えば、天気や季節、被写体や撮影者のメンタル状態など)で何度か使って感じる印象とが結構ちがうときがあるので、できるだけ何回か記事をつくるようにしています。

しかしながらこのレンズは、初めてシャッターを切った時から、おっ、こいつはかなりの優等生だと感じました。その印象は今回撮った後も変わりませんでした。
もう70〜80年くらい前の設計だと思うのですが、色のり、階調、シャープネス、逆光での耐性等、高次元での性能バランスという意味では私が持っているレンズのなかでトップクラスかもしれません。




今回は、何回か特に目的もなく散歩をしながら撮ったものの中からいくつか紹介します、

割りとよく見る感じの写真かと思いますが、レンズの基本的な特徴がわかりやすいかと思い、あえて撮りました。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209465528567517_20181127_214443088.jpeg

味のある倉庫ですね。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209464464014913_20181127_214442023.jpeg

すごく細い路地を発見、どこにつづくのか?
f8で撮影
LRM_EXPORT_209465471999288_20181127_214443031.jpeg

住宅街に自転車とほかにもいろいろ埋もれてます。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209464684584704_20181127_214442244.jpeg

これもとある住宅街にて。
昔はこんなオーディオセットがどこのうちにもありましたね。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209464759718038_20181127_214442319.jpeg

これは自転車屋さん、廃タイヤでしょうか?まだ溝はあるようですが。
このレンズのいちばん寄りでf8で撮影
LRM_EXPORT_209464701082621_20181127_214442260.jpeg

井の頭公園のボートです。
晩秋の平日の夕方はあまり利用者がいないですね。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209465296145121_20181127_214442856.jpeg

壁の向こうは工事現場。
これもいちばん寄りでf5.6で撮影。
LRM_EXPORT_209465312453454_20181127_214442872.jpeg

多摩川の橋の上から、ちょっと逆光で。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209465051168558_20181127_214442610.jpeg

これも多摩川の河川敷。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209465167235225_20181127_214442727.jpeg

かわいい水玉模様に見えますが、この部分の保護フィルムが剥がされていだけです。
意図的にやってるのかな?
f5.6で撮影
LRM_EXPORT_209464450796163_20181127_214442009.jpeg

昭和っぽい床屋、今日はお休みですね。
f8で撮影
LRM_EXPORT_271251059234131_20181128_224237192.jpeg

古い商店の窓枠、防犯目的かな?
f5.6で撮影
LRM_EXPORT_209465234821163_20181127_214442794.jpeg

住宅街に一軒だけかなり古い家を発展。
誰もいなそうでしたが、空き家ではなさそう。
f8で撮影
LRM_EXPORT_209465426508142_20181127_214442986.jpeg

暗くなってしまったので、開放で遊びました。
壁にくっついたツルをアンダーで撮影。
さすがにこの条件だと光量差でますねぇ。
開放(f2.8)で撮影
LRM_EXPORT_209464469292517_20181127_214442029.jpeg

以前撮った昭和のおばけ団地を別の角度から。
開放(f2.8)で撮影
LRM_EXPORT_209464914486267_20181127_214442474.jpeg



posted by lenschecker at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2018年11月26日

<062>Jupiter-8M 50mm f2 (for Kiev Contax) + SONY A7R Vol.3



ソ連ウクライナのアーセナルというメーカーで作られたJupiter-8M 50mm f2、本サイトでは3回目の紹介ですが、これを持って代々木公園で行われていたソ連フェスティバル(本当はロシアフェスティバル)に行った帰りに撮りました。
残念ながら、ソ連フェスティバルでの写真はありませんが、世田谷線沿線や井の頭公園周辺等を撮影しました。
やはりゾナーの末裔、安定した性能と立体感・空気感の表現力だと思います。





ちなみに、このレンズの前の回では上海を撮ってます。
http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/22/0

その前は江戸東京たてもの園ですが、この回でレンズのアダプター自作方法をざっくりと紹介してます。
http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/20/0
自作は結構簡単にできますが、不安な方はちゃんとしたのを買ってください。

CRF-S/E I KIPON KIPON マウントアダプター CRF-S/E I (ボディ側:ソニーE/レンズ側:コンタックスC・ニコンS 内爪) [CRFSEIKIPON]【返品種別A】

価格:35,600円
(2018/6/11 00:01時点)
感想(0件)




代々木公園を出て、代々木八幡駅から小田急線に乗りました。代々木八幡駅は現在工事中でした。
f8で撮影
_DSC1499_8.jpg

いつも私は豪徳寺駅から三軒茶屋方面に歩く事がおおいのですが、この日は下高井戸方面に歩いてみました。
踏切の手前にある渋いクリーニング屋さん。
f8で撮影
_DSC1510_8_2.jpg

電柱に巻き付いたツル、もう葉が枯れてますね。
開放(f2)で撮影
_DSC1525_2.jpg

ふんわりした雰囲気で撮りたかったので、こちらも開放(f2)で撮影。
_DSC1533_2.jpg

こちらのツルはかわいいですね。
開放(f2)で撮影
_DSC1529_2.jpg

古いエアコンプレッサーとタンクですね。現役っぽかったです。
開放(f2)で撮影
_DSC1515_2.jpg

ギラッてるように見えますが、実は白い大きなアパートが写り込んでいます。
アパートが夕日に照らされていたのでこのように見えるようです。
開放(f2)で撮影
_DSC1532_2.jpg

勾配標識、開放でアンダーだと周辺光量が落ちますが、これも演出かな?
開放(f2)で撮影
_DSC1577_2.jpg

世田谷線沿線にはこのようにきれいなな花をよく見かけます。
誰かが植えてくれているのですね、きっと。
開放(f2)で撮影
_DSC1565_2.jpg

保線用のレールでしょうか?何か書いてあります。
開放(f2)で撮影
_DSC1522_2.jpg

なぜか工事現場にこんなにかわいいフォルクスワーゲンを発見。
開放(f2)で撮影
_DSC1563_2.jpg

ほとんど陽が落ちてしまったあとの井の頭公園のベンチです。
オールドレンズにしては開放f値がそこそこ明るいので、暗い場所でもなんとか撮れます。
開放(f2)で撮影
_DSC1593_2.jpg



posted by lenschecker at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ソ連

2018年11月24日

<061> PENTAX SMC TAKUMAR 300mm F4 + Kenko auto tele plus x2 + Mutar T* T (2× for Yashica CONTAX) + SONY A7R



PENTAX SMC TAKUMAR 300mm F4 を購入したのですが、いきなりテレコン2つ載せで試し撮りです。
1200mmはなかなか扱いが大変でしたが、うまく決まると病みつきになります。
ただ、テレコンがどちらも非純正なせいか、周辺光量落ちがあります。
このレベルの超望遠が使えるジャンルといえばやはり飛行機かなと思い、羽田空港へ。
(PENTAX SMC TAKUMAR 300mm F4単体は後日紹介します。)
絞りはすべて開放(f16)です。





まずは、第二ターミナルの展望デッキへ。
が、しかし、雨が結構降ってて、飛行機撮影素人かつオールドレンズには結構過酷な撮影でした。
クオリティがかなり低いですが一応アップします。

エンジンの出力を上げたところです。水しぶきが飛んでますね。
_DSC9997.jpg

流し撮りしましたが、あまかった。
_DSC0083.jpg

エアチャイナとはなぜかいつも相性が良い。
_DSC9979.jpg

1200mmだと、駐機している機体のエンジン単体とかも結構な迫力で撮れます。
_DSC0044.jpg




日を改めて、今度は京浜島つばさ公園。

なぜだろう、エアチャイナは気に入った構図で撮れる。
_DSC0564.jpg

この日のお目当て、ルフトハンザのBoeing747-8
_DSC0785.jpg

_DSC0791.jpg

_DSC0793.jpg

まだお昼寝中のカンタスのジャンボは747-400ですね。
_DSC0714.jpg

A滑走路に直陸する機体がこのくらいで撮れます。
_DSC0680.jpg

メンテナンス中でしょうか?ANAのBoeing787。
空の色が良くなりましたが、もう帰らなきゃならない時間。
_DSC0742.jpg


おまけ
まあ、わざわざ1200mmで撮らなくてもって写真ですが、ネコちゃんです。
りりしいでしょ。
_DSC0365.jpg




posted by lenschecker at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2018年11月20日

<060> Canon FL 50mm f1.8 + SONY A7R



Canon FL 50mm f1.8、ついにアトムレンズに手を出してしまった。
屈折率を高めるため、ガラスの材料の中に酸化トリウムという放射性物質を含有させているようです。
現代のLレンズ等で使われている蛍石を使うのと同じような目的らしいです。
で、アトムレンズの特徴として、自ら発する放射能のせいか、レンズが黄ばんでいます。
まあ、デジタルで撮るにはホワイトバランスでどうにでもなりますね。
あと、何十時間も肌に触れていなければ健康に問題ないレベルの放射線は出ているようです
なので、一応普段は防湿庫のいちばん奥にしまってあります。

FL50mm f1.8の場合、前期型という絞り込み開放切り替えリングが前の方にあるデザインのものに酸化トリウムを使っており、後期型(切り替えリングがマウント近くにあるデザイン)では使われていないようです。

ほかにもアトムレンズはいろいろあるようなので、探してみてください。
その他アトムレンズに関して、詳しくはぐぐってください。


アトムレンズという言葉を頭の中に入れたまま、このレンズを持って散歩すると、どうしても近未来的なものや無機質なものを探してしまいます。
そして、開放でほんわかした写真を撮ろうという気持ちはなくなり、絞り込んでカチカチに写したくなります。
なので、特に記載がないものはf11です。
写りはオールドレンズというイメージは完全になく、まさに近未来な感じ。
現代のレンズと比べ遜色ないれべるの性能だと思います。
残念ながら、もうこのようなレンズは作ってませんね。
オールドレンズというと、ふわふわした感じを求める方が多いかと思いますが、
実はこういった現在では使用できない材料を使うことによって現代では味わえない別に種類の高性能を持っているレンズもあるのですね。
あと、Yashica CONTAX時代のZeissのように鉛がたっぷり入ってるものとか・・・(こっちは色のりが良いですね。)

K&F Concept マウントアダプター キャノン FD レンズ - ソニー α NEX Eマウント 一眼レフ カメラ 絞りリング KF-FDE canon sony

価格:2,383円
(2018/4/14 19:42時点)
感想(3件)




ということで、品川駅から海に向かって歩き、レインボーブリッジを渡って台場に行くルートで作例を撮ってみました。

かっこいいビルですね、未来です。
_DSC1052.jpg

こちらも未来感満載です。
_DSC1230.jpg

何故かモノレールって都会っぽい感じがします。ちゃっかり撮り鉄。
_DSC1190.jpg

レインボーブリッジ手前、キレイな曲線です。
_DSC1208.jpg

王道ですが一応。
_DSC1263.jpg

放射性物質を持ってレインボーブリッジに登ってしまいました。ごめんなさい。
レインボーブリッジの歩道から下をのぞきました。こわいです。
ちなみにこの少年たちには放射線は届きませんのでご安心下さい。
あと、この歩道は無料ですが、高所恐怖症の方はご注意ください
_DSC1305.jpg

歩道からループを眺めます。ゆりかもめで撮り鉄。
_DSC1273.jpg

タワーマンションがいっぱい。未来です。
_DSC1328.jpg

ここはそんなに未来ではないかな?船は頻繁に通ります。
_DSC1362.jpg

展望エリアは柵からレンズが十分出るので、撮影には良いです。こわいですが…
_DSC1357.jpg

台場側も、いろいろと複雑に分岐合流し、キレイなラインを描いていますね。
_DSC1387.jpg

_DSC1384.jpg

_DSC1399.jpg


これは台場ではありませんが、帰り道で見つけた近未来な排気口。
この下に秘密実験施設があるのかも。(秘密っぽくないですね。)
_DSC1444.jpg


おまけ
一応、無機質でないものも撮ってみました。f8で撮影。
有機物の質感も良いですね。
_DSC1223_8.jpg
posted by lenschecker at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2018年11月14日

<059> Minolta MC W.Rokkor-SG 28mm f3.5 + SONY A7R vol.2



55mm、100mmと、MinoltaのMF時代のレンズを試し、なかなか良い印象だったので、もう一度この28mm f3.5を試してみたくなり、飛行機の撮影に行くついでに大田区の海側を散策してみた。
以前、撮ったときはかなり地味でおとなしいイメージだったので、今回はもう少し強めの写真狙いで行ってみました。
結果としては、逆光での撮影や、寄りで開放など、少し攻めた撮影で良い雰囲気になると感じました。
おそらく、リアクションの小さいレンズなので、撮影者からのインプットは少し強めでちょうど良いのかも。

Minolta MC、MDレンズーSONY NEX Eマウント用 マウントアダプター

価格:3,700円
(2018/4/22 22:21時点)
感想(6件)




昭和島付近は、高速道路やモノレールで通ることは多かったのですが、実際に歩いて廻る機会がなかったので、この意外とのどかな空気感にびっくりしました。
f11で撮影
_DSC0320_11b.jpg

こちらもf11で撮影
_DSC0330_11b.jpg


そして実はこの界隈はネコ天国でした。
この子のほかにもいっぱい会えました。
まずは開放(f3.5)で撮影。
_DSC0382_35b.jpg

次にf16で撮影。
_DSC0381_16b.jpg
このほんわかした雰囲気は開放が良いかも。

そしてなんと、昭和島にはこんなシュールなカエルちゃんもいます。
開放(f3.5)で撮影
_DSC0410_35b.jpg


ただ、残念ながらこの界隈には食事がてきるところがほとんどなく、大井競馬場駅まで移動して昼食でした。
大井競馬場駅は羽田空港方面に出発してすぐに川を飛び越えます。もう少しホームの端まで行ければよかったですが、柵があったのでここまで。
f8で撮影
_DSC0424_8b.jpg

流通センター駅で降りて京浜島方面へ。
モノレールは下から見るとすごくシンプルですね。
f8で撮影
mr-28-001.jpg

このあたりも高速道路でスルーすることが多いけど下がどうなってるか知らなかったゾーンです。
美しいライン。f11で撮影
_DSC0450_11b.jpg

島と島をつなぐ橋から、かなり高いところまで上ります。下を見るとかなりこわい。(真下はこわくて撮れませんでした、すみません)
f11で撮影
_DSC0470_11b.jpg

おそらくどこかから飛んできたTシャツ。このあたりはクルマ以外ほとんどいないので、ここまで朽ちても放っておかれるんですね。
f3.5で撮影
_DSC0476_35b.jpg

そして、意外と公園が多い。大きいのから小さいのから。
まだ14時くらいでしたが、だいぶ陽が傾いてきました。
公園のベンチを開放(f3.5)で撮影。
_DSC0484_35b.jpg

そしてようやく京浜島つばさ公園に到着。
空港の近くは空が広くて気持ちが良いですね。
f8で撮影
_DSC0517_8b.jpg

別の日に羽田空港から撮ったものですが、この場所でくらいの陽の位置の雰囲気が好きです。画面右下にもう一機駐機してたら良かった。f11で撮影
_DSC0967_2d.jpg
posted by lenschecker at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2018年11月10日

<058> Minolta Tele Rokkor QE 100mm f3.5 + SONY A7R



先日、Minoltaの55mm f2というレンズが思いのほか良かったので、メルカリで他のMinoltaレンズを探していたところ、このTele Rokkor-QE 100mm f3.5が安く売られていたので買ってみました。
前玉に拭き傷のようなものがありましたが、影響はなさそう。
シャープネスは十分なレベル、色は以前紹介した28mm同様やや地味な部類に入るかと思いますが、階調表現はなめらかで良いと思いました。





雨が降る直前のお台場、少し右やかなエリアから外れていたのでなんとも切ない雰囲気です。
このレンズはこんな切ない雰囲気をより切なく表現してくれてるみたい。

f8で撮影。クルマやゆりかもめが通らないタイミングを待ちました。
_DSC9743.jpg

羽田空港から離陸した飛行機はこのあたりでターンするようです。
f11で撮影。
_DSC9750.jpg

水上バス乗り場、この日は運休でしたので誰も人がいませんでした。
f5.6で撮影。
_DSC9695.jpg

水上バス乗り場に併設されていたカフェのようです。
開放(f3.5)で撮影。
_DSC9701.jpg

観覧車とゆりかもめ。あちら側はややにぎやかだったようです。
f11で撮影。
_DSC9728.jpg


別の日に、調布飛行場に飛行機を撮りに行ったついでに試し撮りしてみました。
飛行場の横にある運動場のフェンスをf16で撮影。
_DSC9599.jpg

同じくフェンスと鉄条網を開放(f3.5)で撮影。
_DSC9587.jpg

こちらは小型機の整備場でしょうか?
f11で撮影。
_DSC9590.jpg

飛行場側の鉄条網をf22で撮影。
_DSC9625.jpg

帰ろうと思ったら1機降りてきました。
f22で撮影。
_DSC9669.jpg

華やかな雰囲気の撮影にはあまり向いていなそうですが、味わい深く渋い雰囲気や、切ない雰囲気を出したいときにはとても良いレンズかと思いました。

Minolta MC、MDレンズーSONY NEX Eマウント用 マウントアダプター

価格:3,700円
(2018/4/22 22:21時点)
感想(6件)






posted by lenschecker at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2018年11月03日

<057> Carl Zeiss Sonnar T* CF250mm F5.6 + CONVERTER 2XE (for HASSELBLAD) + Mutar T* T (2× for Yashica CONTAX) + SONY A7R



悪ふざけはいい加減にしなさいと言われるかもしれませんが、HASSELBLAD用250mmに純正x2テレコン+コンタックス用Mutar 2xで1000mmをやってしまいました。
当然ケラレまくりですね。
絞りは全てf32です。





まずは調布飛行場。
離陸を追っかけてみました。
ケラレ以外はそんなに致命的なネガティブポイントはなさそうなので、もしかしたらAPSサイズのセンサーだったら問題なさそう。APSだと1500mmになっちゃうけど…
_DSC9390.jpg

_DSC9394.jpg

_DSC9399.jpg

このように、ちょっとのどかな雰囲気も調布飛行場ならではかも。
_DSC9367.jpg





次に城南島海浜公園。

ルフトハンザのBoeing 747-8。こいつは前の職場の出張で時々世話になりました。1度、エコノミーからビジネスへのラッキーアップグレードもあったので、大変好印象。

_DSC0972.jpg

_DSC0983.jpg

ほんとはこういうのを量産したかった。
_DSC1062_b.jpg

1000mmあると、駐機場もなんとかいけるかな?
_DSC9278.jpg




posted by lenschecker at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

<056> Carl Zeiss Sonnar T* CF250mm F5.6 + CONVERTER 2XE (for HASSELBLAD) + SONY A7R Vol.2



HASSELBLAD用 Carl Zeiss Sonnar CF250mm F5.6 + CONVERTER 2XE の2回目は、伊丹空港と調布飛行場で試してみました。





仕事の出張で関西まで行ったので、空き時間に足を伸ばして伊丹空港へ。定番ではありますが、千里川土手からの夜景にチャレンジしました。
結構な雨の中の撮影で、しかも仕事の都合上真っ暗になってからの到着だったので、正直言ってこのレンズで撮るのには全く向いていなコンディションでした。が、雨も予想外だったし、急な出張だったので他のレンズを仕立てる時間もなく、またもや根性で撮影。クオリティはあまり高くないのでごめんなさい。

まずは開放(f11)で。
滑走路に入って、一旦停まったあと、エンジンの出力を上げた瞬間です。
少しだけ水しぶきが上がりましたが、機体はまだ動いてません。
S_DSC0507.jpg

その後、機体が動き始める頃には、舞い上がった水しぶきがモヤのようになり、機体はほとんど見えなくなってしまいました。
ちなみにここまでの2枚のシャッタースピードは0.3 sec。
S_DSC0509_2.jpg

着陸もトライしましたが、このくらいレンズでぶれないように撮るには、感度をISO8000まで上げないとだめでした。このカメラではちょっと厳しい。
S_DSC0616.jpg

最後は、f16まで絞って撮影。
少しでも絞るとこんな感じで星のようになります。
S_DSC0695_2.jpg

次回行く機会があったら、雨ではない日にもう少し明るいレンズを持っていこう。

マウントアダプター ハッセルブラッドレンズ → ソニー Eボディ 【送料無料】

価格:8,980円
(2018/5/20 21:14時点)
感想(0件)



次は、最近若干ホームグラウンド化しつつある調布飛行場。

まずは後ろから離陸をf16で撮影。
11月なのに温かい日だったので、陽炎が出てますね。
_DSC9447.jpg

_DSC9466.jpg

今度は横から、こちらもf16で。
_DSC9500.jpg

_DSC9481.jpg

調布飛行場の発着本数は少なく、上の離陸シーンを撮り終わったらしばらく待ちになります。
待っている間に陽が傾いてきました。
有刺鉄線が何故か切ない。開放(f11)で撮影。
_DSC9646.jpg

夕方、何便か着陸してその日の定期便はおしまいでした。
以下3枚、開放(f11)で撮影。
_DSC9666.jpg

_DSC9659.jpg

_DSC9668.jpg

おまけ
待ちの間、ヒマだったので撮りました。
開放(f11)で撮影。
_DSC9432.jpg

開放(f11)で撮影。ハッセルブラッド用レンズなので、ハッセルブラッド風に。
_DSC9517_3.jpg

f16で撮影。
_DSC9566.jpg



posted by lenschecker at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Zeiss

2018年10月28日

<055> Minolta Auto Rokkor PF 55mm f2 + SONY A7R



最近、Zeissが多かったので、今回は少し地味にMinolta Auto Rokkor PF 55mm f2です。

実はこの日にレンズ、数ヶ月前にオークションで1000円くらいで買った、絞り羽根不調要修理のジャンク品で、絞りを変えるのに時々うまくいかないときがあり、そのときはボディから外してレバーを動かさないとならないので、なかなか出すのがめんどくさく、しかも、以前紹介した、MC W.Rokkor-SG 28mm f3.5が、あまり特徴のないレンズだったので、結局数ヶ月間防湿庫で眠ってました。
しかし、撮ってみると平凡なスペックとは裏腹に、なかなか味のある写りで、しかもシャープネスや階調、ボケの具合とうなかなか悪くないというのが印象です。
逆光ではやや色収差が目立つときがあるものの、1000円という価格からしたら上等な性能と味を持っていると思いました。





作例は世田谷線沿線を散歩しながら撮りました。

Minolta MC、MDレンズーSONY NEX Eマウント用 マウントアダプター

価格:3,700円
(2018/4/22 22:21時点)
感想(6件)




勾配標識とレールをやや逆光で開放(f2)で撮影。よい雰囲気だと思います。破綻は見られませんが、シャドーはあまり粘らない。
01_DSC0773_2.JPG

鉄パイプ材置き場に生える草、葉の生き生きとした感じと、鉄と木材の疲れた感じがよく表現できてると思います。f16で撮影
02_DSC0790_16.JPG

寄り側で、逆光の葉っぱをf2.8とf8の撮り比べ。
こちらはf2.8
03_DSC0807_28.JPG

こちらがf8
04_DSC0814_8.JPG

定番になりました世田谷八幡宮のドラゴンちゃんでも、f2 とf5.6で比較。
こちらがf2
05_DSC0822_2.JPG

こちらがf5.6
06_DSC0818_56.JPG

これも定番になりました、宮の坂駅前の古い車両の中。
こちらが開放(f2)
07_DSC0872_2.JPG

こちらがf11
08_DSC0869_11.JPG

開放(f2 )
09_DSC0832_2.jpg

f5.6
10_DSC0830_56.jpg

山下駅を上から、f11
11_DSC0890_11.JPG

山下〜宮の坂間にある踏切をf16
12_DSC0733_16.JPG

同じく山下〜宮の坂間の柵に絡まる草、電車をバックにぼかして。f4で撮影
13_DSC0747_4.JPG

現代のレンズと比べるとやや基本性能が弱い時もありますが、十分なレベルではあると思います。雰囲気を写し込む力は優秀で、典型的なオールドレンズの優等生の一例と言ってもよいかも。



posted by lenschecker at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan