広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年03月14日

革製品の簡単、お手入れ方法

革製品を長く使うにはやはりお手入れが必要です。
いくら高価な商品をもっていても、ちゃんとお手入れをしてあげなければ長く使う事が出来ません。
革によっては適していないお手入れ方法も有りますので、ちゃんと適したお手入れをしてあげる事が大切になります。

今回、紹介しているお手入れ方法はあくまで私の使っている物でやっているお手入れ方法なので、参考程度にご紹介します。ですが今回は文章で書かずYouTubeに私のお手入れ方法を紹介している動画を作りましたので、宜しければそちらをご覧いただければと思います。

【このカテゴリーの最新記事】

2020年03月08日

最近作った作品!zippoケース

私が最近作った作品を紹介したいと思います。

タイトルにもある様にZIPPOケースです。ポケットに入れていると邪魔だし鞄を持つのもあまり好きではないのでベルトにつけるタイプが使い易いのかなと普段は今後紹介する作品も共通してベルトに通すタイプが多いので制作しました。

IMG_20200308_103605.jpg


続きを読む

革の種類って色々あるけど【なめし】

ここでは私が革製品の製造会社に居た頃に教わつた事を、簡単ではありますが説明したいと思います。

まず、初心者が実際に革を購入する時にわかあない事の一つが革に種類となめしの事だと思います。
キットなどで付属している物から入る人も多いと思いますが自分でオリジナルで作ってみたいと思うとやはり革を実際に購入してする事から始まりますよね。ですが革選びやなめしかた次第では自分の想像していた物と違う物が出来てしまします。革の特徴を知っていればそのミスを少なく抑える事ができます。

もちろん、革の種類やなめし方を理解していても技術や道具が無ければ理想の物は作れませんが、一流に職人も失敗しますし悩みます。私に革製品の作り方を教えてくれた師匠もそうでした。日々トライアンドエラーの繰り返しなので、失敗してもそれを楽しんでレザークラフトを楽しんで頂ければと思います。



見た目はいたってシンプルですがコンチョがアクセントになっていてベルトに付けたときにもおしゃれかと思い取り付けました。なかをかけるとこの様な使用になっています。

IMG_20200308_103620.jpg



意外と使い易くちょっとレザークラフトをやっている人なら簡単に作れると思います。
被せの留め具は打ち止めギボシを使いベルト側はボタン式にしています。
使った革はタンニンなめしの革でその特性を生かせばしっかりと型出し出来るので面白いですよ。
その技法は【ウォーターフォーミング】と言う技法でタンニンなめしの革は水分を含むと革が柔らかくなり形を付けて乾燥させると革がその形を維持して固まる特製を利用すると作れます。

しかし注意が必要で水で濡らすのでシミになる事があるのでそこは注意が必要です。

作り方は作りたい物の最終出来にこう作りたいと言うデザインを決めます。
そして実際に作る寸法を決めて型紙をつくります。最近はCADで作る人もいますが私は適当にそこら辺にあるコピー用紙をつかいます!
紙をまず半分にをります。その後作りたいデザインの半分のサイズを書き込みまうそれをカッターなどを使いカットして実際にZIPPOに合わせてみます。
ボディ部分は革を大きめにします。その理由は盛り上げたいので革の伸び方ると実際に組み込む時に寸法が足りなくなるのでそれを伏せ部貯めです。
長くても後からカットするので大丈夫です。方向を口前になる様にして水で革を濡らし物に押し付け形を維持させて乾燥させます。ポイントは木にタッカーやホッチキスを使い留めると簡単です。
乾いたら後は実際に貼り合わせて余分な所をカットして手縫いをする場合は縫い目をあけます。あとはひたすら縫うだけです。乾燥時間次第ですが多くみても1日もあれば完成すると思いますので興味のある人は作ってみると良いですよ!
続きを読む
プロフィール
さんの画像

18歳でスーツケース製造会社に就職、そして独学でレザーを始める。20歳に革製品製造会社に転職し製造と裁断を経験。 自分で使う物や知人からのオーダーを制作、たまにネットにて販売をしています。
プロフィール
検索
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。