広告

posted by fanblog

2018年08月04日

じゃじゃ〜ん★ミドル(ミックス)ボイス!A

ミドル(ミックス)ボイス! 今まで出せなかった高い声(#^^#)Part 2


お待たせしました。本日はミドルボイスのパート2として
よく聞く♪ミックスボイスって?〜

を私なりに記述していきたいと思います。

ミックスボイスのお話の前に・・・。
最近ではネットでなんでも検索でき そして色々な情報が飛び交っています。
■(最新話題??)話声のまま高音を歌おう=ベルティングボイス
■ 腹式呼吸はもう古い!
■ 軟口蓋を響かせるやり方は実は間違っている・・など とてもたくさんあります。

一生懸命勉強して 情報に振り回され 取得途中で疑心暗鬼になる。
私の生徒さんにも悩まれて 来られた方がいます。
ここで私が書くことは結局は「信じるも信じないもあなた次第です」に
なってしまいます。
が、ただ絶対に信じてほしいことがあります。
ここに書くことすべてに共通している真実は
「歌で人は感動する」「歌は人を感動させることができる」ということが最終目標に
あるということです。よろしくお願いします!

前置きが長くなりましたが 最終目的の前にはたくさんのしなければ
いけないことが山積みです。

正しい【発声・リズム・音程・技法】などなどなどなど・・

ミックスボイスも歌をうまく表現する上では欠かせない技法です。

では@どういうときに使うのでしょう。またAどういう効果があるのでしょう・・
それにはBどういう練習をするのでしょう。

@歌詞に合わせ 曲調が高い音域になっていった時

A地声の張り上げ声しか出せない場合聞き苦しい箇所の回避
 高いところが細く弱くならずしっかり聞き手に届けることができる
 歌声に透明感が出せる等 上げきれないほどのいいことがあります。

Bみなさんが知りたいことがこの練習法だと思います。
私はミックスボイスの練習=声帯閉鎖(総称・細かくわけられます)だと思っています。
出し惜しみは一切しません(それではこの記述の意味がないからです)
しかし 一律の練習方法をここに書くことができません。
なぜなら 1人1人 声帯の状態が違うからです。

またアメリカの論文にもありますが、もともとミックスボイスの練習が害になるほど
繊細な声帯を持っている方がいるということもあり、これを読んでくださっている方が
どのような声で どのような発声をこれまで(一番長い時間)されてきたかを
知る必要があるからです。

練習方法としていえることは 声帯閉鎖力を高めるということが
もっともミックスボイス習得において大切なこと
だと思っています。

声帯閉鎖力を鍛える?またはうまくコントロールすることをどうやって
行っていくのかが課題になりますが個々それぞれに合った練習法が
大切になっていくと思います。

勉強され 研究して 独学することは素晴らしいことです★
しかしもし間違っていたら大事な声紋と大切な時間が無駄になってしまいます。
練習中に疑問を持ったり 行き詰まり感を感じたら 信頼できる方(その道のプロ)に
お尋ねしたり お聞きしてから また自分らしい取り組みを続けていくことを
おすすめします。

私はもう40代後半ですが いま私が感じることは少しでも早く取り組むことは
けっして無駄にならないということです。
技術は永遠です。 20代で習得したら約80年(百歳まで生きるとしてw)
40才なら60年・・60才なら40年その技術を生かせます。

あとで出来るようになればいい・・は早く出来るようになったほうがいい。と
思います(^^♪

私の思いが読んでくださったみなさんに誤解のないように
届くことを祈ります。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス: 必須項目


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7963729
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。