広告

posted by fanblog

今更ながらのバイオハザード7の感想

今更ながら、バイオハザード7の感想などを凄く簡単ながら書きたいと思います。

正直に言って、バイオ7はをテレビでやるのと、VRでやるのは全くの別物です。

オススメなのはVRです。


今年45歳のオッサンの私でさえ、恐怖で前に進むのを躊躇うほどです。


脳ミソがコレは現実ではなく、

私自身のリアルな体には何の実害も発生しない事を学習するには数時間を要しますw


まぁ冷静には学んだと思ったあとでさえ、平然とプレイ出来るものではないのですが、

プレイヤーがビビるための仕掛けを沢山盛り込んであるのですから、

そう言うゲームと言えば、そう言うゲームであり、それだけプレイする価値のあるゲームであると思います。


すでに沢山のVR対応のゲームを持っていますが、

バイオ7はVR酔いを起こさないための策も練ってくれています。


進行方向を変えるための操作方法もその一つです。


一般的な1人称視点のゲームでは、右スティックを使って、自由に視点方向を変更出来るのですが、

バイオが採用したのは、一定角度毎に視点方向を変更させていく方法です。


最初はものすごく不自然と言いますか、受け入れがたい気分にさせられる操作方法であり、

すぐにオプション画面を開き、アナログスティックにて自由に方向変更が出来る操作にするのですが、

しばらくプレイをして、これまたすぐにデフォルトである一定角度で視点方向を変更する操作方法に戻してしまいます。


確かにデフォルトの方が操作に難はあっても酔いは大幅に軽減されます。


そんな事もあってか、VRでのプレイは相当にオススメ出来ます。


私は普段は4K対応のテレビでゲームをプレイしますので、

尚の事、画のキレイさではテレビでのプレイには敵いませんし、

正直な話、バイオ7そのものの画の作りが前世代的と言いますか、

それほど褒められた質のゲームではない上に、

VRでプレイすると、そう言った部分が余計に強調される様な結果になってしまうのですが、

それでもこのゲームはVRでやる価値のあるゲームですね。


まぁ未だにVRは入手困難だと聞きますし、気軽に買える価格のアイテムではありませんが、

通常のテレビでプレイを済ませた人にも機会があれば是非VRでプレイして欲しいと思います。

全く別のゲームに感じる事でしょうし、何倍もの恐怖を感じるでしょう。


このゲームでは恐怖=価値と言っても言い過ぎではないでしょうしね。


ちなみに。。。

私はこのゲームを物凄く遅い速度でしかプレイ出来ていません。

何故かと言うと

・プレイすると、心身共にもの凄く疲れるw

・プレイしてマジビビリしている自分の姿を家族に見られたくないww

・かと言って、夜中に独りでプレイするのはゴメンだwww


まぁ機会をうかがってボチボチやります^^;;


追伸
カプコンさん、今からでもいいので、Moveに対応させてくれませんかねぇ。。。
もっともっと没入出来ると思うんですが?

「バイオハザード7」 Amazon 検索結果ページはコチラ


「PS VR」 Amazon 検索結果ページはコチラ



「バイオハザード7 グロテスクver」 楽天市場 検索結果ページはコチラ 最安ソート済


「バイオハザード7 ノーマルver」 楽天市場 検索結果ページはコチラ 最安ソート済


「PS VR+camera」 楽天市場 検索結果ページはコチラ 最安ソート済
タグ:PS4 VR バイオ




この記事へのコメント

   
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ

ブログ内検索エンジン







http://fanblogs.jp/kzkbt/index1_0.rdf
プロフィール

くぼかず
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。