2019年12月04日

SONY VAIO PCG-FX33S/BP を Linux の LiveDVD でブートできない

概要

昔のノート PC である SONY VAIO PCG-FX33S/BP を Linux Mint 19.2 とかの LiveDVD でブートできない。
昔の Ubuntu 4.10 の Live CD で試したところ、ライブブートできた。

詳細

困りごと

昔のノート PC である SONY VAIO PCG-FX33S/BP を最近のバージョンの Linux の LiveDVD でブートできない。2種類のLiveDVD で試したがだめだった。
64bit 版のOSでやるとi686 には合わないと怒られ、32bit 版のOSでやるとカーネルパニックで怒られる。

エラーメッセージ

Linux Mint 19.2 MATE (64-bit) のとき

This kernel requires an x86-64 CPU, but only detected an i686 CPU.
Unable to boot - please use a kernel appropriate for your CPU.

Linux Mint 19.3 - Cinnamon BETA (32-bit) のとき

カーネルパニックのメッセージ

環境

PC機種: SONY VAIO PCG-FX33S/BP

やったこと

仕方ないので、Ubuntu の相当昔のバージョンである Ubuntu 4.10 のLiveDVD を作って、これでブートを試してみた。

無事に起動できた。

参考にしたウェブページ

Ubuntuの古いバージョンをダウンロードする方法 - Engineer's Notebook

posted by kzgadgets at 23:48 | TrackBack(0) | 未分類

2018年12月28日

ubuntu で漢字入力ができなくなった

概要

ubuntu をバージョンアップしたら、漢字や平仮名を入力できなくなった。
[地域と言語] の設定で「入力ソース」として[日本語 (Mozc)」を追加して、なおかつ一発目の日本語ONのときにキーボードのAlt + 漢字 を押してみたら、漢字や平仮名を入力できるようになった。

詳細

問題/経緯

ubuntu のバージョンを16台から18台にアップグレードしたら、他のローカルアカウトでログインした際も、漢字や平仮名が入力できなくなっていた。

環境

  • アップグレード前のubuntu のバージョン: 16.04 LTS
  • アップグレード後のubuntu のバージョン: 18.04.1 LTS

やったこと

以下のように、[日本語 (Mozc)] を追加してみた。

設定の[地域と言語] を開く。

「入力ソース」として[日本語] ---- [日本語 (Mozc)」を追加

今回はMozc を選択してみた。

どこかテキストを入力できるところ(LibreOffice Writer など) に入力カーソルを置いた上で、キーボードのAlt + 漢字 を押してみた。
 ※なぜか一発目はAlt と一緒に押さないとだめだった。

それ以降、キーボードの漢字キーを押すだけで、漢字&平仮名変換のON/OFFができるようになった

posted by kzgadgets at 20:38 | TrackBack(0) | 未分類
当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイト及び他サイトへのアクセスに関する情報 【Cookie】を使用することがあります。この情報には、氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません。
QRコード
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

中1のときにMS-DOS上のソフトで高速ブラインドタッチを習得してからというもの、パソコンの前にいる時間は多いです。
プロフィール
リンク集