2020年08月15日

電子メールに暗号化zipファイルを添付する代わりに、OneDrive に有効期限付きの共有フォルダーを作ってファイルを送付する

概要

電子メールで添付ファイルを添付する代わりに、クラウド上の共有フォルダーを使ってファイルを渡したい。といっても、あまり有名でないストレージサービスや広告が表示されるようなものは使いたくない。無料がいい。また、その共有フォルダーにアクセスできる期限を設けたい。
OneDrive を使えば解決。

詳細

やりたいこと

電子メールであまり添付ファイルを添付したくない。暗号化zipを添付してパスワードを別送するのも嫌だ。
なので、クラウド上の共有フォルダーを使ってhttpsで安全にファイルを渡したい。といっても、あまり有名でないストレージサービスや広告が表示されるようなものは使いたくない。無料がいい。また、その共有フォルダーにアクセスできる期限を設けたい。
環境

・ウェブブラウザー:3.2.1967.41 (Stable channel) (64-bit)
・OneDrive:Microsoft 365 Personal 契約中のOneDrive
やったこと

クラウド上の OneDrive にログインして、フォルダーを一つ作り、その中に渡したいファイルをアップロードした。
ページの上部で、[共有] を選択し、[リンクを知っていれば誰でも編集できます] を選択し、有効期限を一週間くらいに設定した。パスワードも設定してみた。ページの編集は許可しないでおいた。
2020-08-15 (2).png

その後の画面で取得したURLを、電子メールで送付した。パスワードも先方に伝えた。
参考にしたURL

OneDrive のファイルとフォルダーの共有 - Office サポート
所感

これ便利だなあ。有効期限がありがたい。長年求めていたツールだわ
タグ:OneDrive

2020年08月12日

Android スマホのGmail アプリで特定のメールを受信したときのみバイブがしつこく鳴るようにしたい

概要

Android スマホのGmail アプリで特定のメールを受信したときのみ、バイブがしつこく鳴るようにしたい。なぜならそのメールは重要で、30分以内に返信したいメールなので。
そのために、アプリ「メッセージ通知Pro」を入れてみて、一連の設定をしてみた。すると、その種のメールを受信したときだけ、操作するまではしつこくバイブが鳴るようになった。

詳細

困ったこと/やりたいこと

Android スマホのGmail で特定のメールを受信したときのみ、気づいて操作するまではしつこくバイブが鳴るようにしたい。なぜならそれらのメールは重要で、30分以内に返信したいものなので。
しかし持っているスマホUmidigi Z2 だと、通常はバイブの設定を細かく行うことができない。バイブはONにできるが、動作が続く時間の長さだとかスヌーズだとかを設定できない。
なので、アプリなどを使ってなんとかしつこくバイブが鳴るようにしたい。
環境

  • スマホ機種:Umidigi Z2
  • OS:Android 8.1.0
  • Gmail アプリのVer.:2020.07.12.323583380.Release
やったこと

アプリ「メッセージ通知Pro」をインストール(入れたバージョン:1.7.32)

アプリのマニュアルページを見つつ、以下のように設定していった:

アプリの[許可設定] 項目で案内されている通り、このアプリを Android 上の「通知へのアクセス」と「省電力設定の対象外」として設定。
アプリ「メッセージ通知Pro」の設定

バイブの条件と動作などを以下のように設定:

対象のアプリとしてGmail アプリを選択

受信したときにバイブをしつこくならしたいメールの差出人などの表示名の一部をキーワードとして登録
 ※受信時にAndroid の通知パネルの中に表示される文字列の一部である必要あり

受信時に鳴るバイブを長めに20回、スヌーズも10回に設定。
[通知バーからアイコンが消えるまで解除しない] にして、「通知時に画面点灯」は[点灯する] にした。

「LEDランプ」項目では、受信時に画面に表示される動きとして、目立つものを設定。
Screenshot_20200812-185225.png


そして設定を保存。

Gmail アプリの設定

Gmail で少なくとも今回対象とするメールが受信されたときには必ず通知パネルにて通知されるよう、諸々を設定。
Screenshot_20200812-185339.png

Gmail アプリのメール受信時のバイブをOFFにする。
理由は、アプリ「メッセージ通知Pro」が鳴らすバイブと競合しないようにするため。
 (注)こうすると、「メッセージ通知Pro」でバイブ鳴りの対象としなかったメールを受信したときにはバイブは鳴らなくなってしまうが・・・。
Screenshot_20200812-185255.png


結果

特定のメールをGmail で受信したとき、自分が設定したとおりにしつこくバイブが鳴るようになった。 これに気づいて通知パネル上の該当の通知を操作するなどしてその通知が無くなれば、その後のバイブのスヌーズも止まる。
ただし、初回の一連バイブでは6回しかバイブしない。原因はよくわからない。
備考

今回の設定により、狙った特定のメール以外を受信したときには、バイブが鳴らなくなってしまった。バイブ競合を防ぐため、Gmailアプリでのメール受信全体のバイブを止めてしまったので。
これを回避するには本来、Gmail のラベル設定により、それら特定のメールを受信したときにだけ通知を出さないように設定した上で、Gmail アプリでのメール受信全体のバイブ設定は逆にONにしておくとよいと思われる。今回は試してないが・・。

また今回、テストメールを自分のGmailアドレスに飛ばした際、はじめなぜか通知パネルに受信通知が表示されなかった。その原因は、PCでそのGmail のメールボックスを開きっぱなしにしていたため、PC側で先にそのメールを受信してしまっていたからだった・・。テスト環境もちゃんとしてなくちゃね、、と改めて思った。
タグ:Z2

2020年08月09日

Excel で[Webから (レガシ)] ボタンを出す

概要

Excel で[Webから (レガシ)] ボタンが見当たらなかった。[オプション] の中にそれを出す設定項目があったので、それをONにしたら、ボタンが見えるようになった。
詳細

困ったこと

Excel で[Webから (レガシ)] ボタンが見当たらなかった。
環境

Microsoft Excel for Microsoft 365 MSO (6.0.13029.20232) 64 ビット
やったこと/結果

[オプション] の[データ] の中にそれを出す設定項目があったので、それをONにした。
すると、メニューバーの[データ] -- [データの取得] -- [従来のウィザード] の中に、[Web から (レガシ)] ボタンが見えるようになった。
2020-08-09.png
タグ:Excel

2020年08月07日

The Tombo Stand を買って使ってみた

概要

The Tombo Stand を買ってみた。前から欲しかったので。
貧乏ゆすりを全面的に肯定してくれるかのようなマシーン。というか、貧乏ゆすりをもっとエレガントな動きに変換してくれると言った方がいいかも。
とはいえ、むやみやたらと動かそうとするものではなさそう。
使っているときに集中力が高まっている気がするので、自然体で使い続けたい。

詳細

買ったもの

The Tombo Stand の黒カラー。

The Tombo Stand



買った動機

自宅で仕事や勉強をするとき、集中力が続かないことがある。
また、私はもともと貧乏ゆすりが激しめ。特に人目が気にならない時、かつその仕事や勉強に少しでも退屈さを感じてしまったときなど、半端なく貧乏ゆすりしてしまう。この貧乏ゆすりをなんとかできないかと考えた。そんなとき、Tombo Stand を見つけた。
貧乏ゆすりを止めるというよりそれを良いエネルギーに変換できそうと思ったので、このマシーンを買ってみた。
使う準備

まず組み上げたとき、カタログなどに掲載されている写真よりもやや高めの位置に足パッドが位置するように調整した。足パッドを支える水平のバーが、床から8〜9cm になるくらい。これは、私が平均よりも激しい動きをするだろうことを想定した結果である
配置位置の調整にやや迷ったが、これは毎日使っていくうちに微調整していけばいいと思う。
ただし、色々とぶつからないような位置にはしておいた方がよいだろう。
また、座る姿勢が悪くなってしまうと本末転倒なので、そうならないような位置にすべきだろう。
P8070006.jpg


使ってみた感想など

その後早速使ってみて、まだ三日目だがいい感じ。
初めて使ったときは、嬉しさ&不慣れから、めちゃくちゃ激しい貧乏ゆすり並みの動きを繰り出し続けてしまった・・。そのせいか、その日は足がめちゃくちゃ疲れた・・・。
まあ裏を返せば、宣伝の通りちゃんと運動にもなっているということなんだろう。でも疲れ過ぎるのもあれなので、もっと気持ちを落ち着けて使おうと思った。

二日目からは少し慣れて、なんとなく自然っぽい動きに近づいてきた気がする。
使っているときは集中力も増しているみたい。
私はウェビナーのような動画セミナーをちょくちょく見るんだけど、そういうのってところどころにどうしても退屈な時間があると思う。自分が既に知っている内容だとか、自分にとってはなんとなくどうでもいいと感じてしまう部分だとか。
今まではそんな場面に出くわすると、即集中力が途切れて、眠気が襲ってきたり、他のウェブサイトを見てしまったり、他のことを考えたり、ついつい席を立ってしまったりすることがしばしばあった。そうしてしまうと、次の重要な場面を見逃してしまうことも多い。
でもTombo Stand を使っていると、そんなつまらない場面でももう少し辛抱しよう、という気になってくるから不思議
あくまでイメージだけど、自分の足の運動が自己の邪のエネルギーを安全に消費してくれている感じ。

もちろん退屈なときだけではなく、集中力がもともと高まりやすい作業においても、このTombo は効果を発揮している。例えばこのブログを書いている今。
私はもともとブログを書くのはあまり苦ではないが、Tombo を使っているとさらに集中力がアップしていると感じる。
たぶんこういうときは、足は自然な感じで動いているんだと思う。

ただし一つ嫌な予感がするのは、耐久性に関すること・・・。私はおそらく平均よりも足の動きが激しいし、体重も平均よりもやや重いので、このTombo がそれにいつまで耐えられるのか・・・。
たぶん、むやみやたらと動かそうとしないで使うことが正解なのかも。あくまで自然体で。

でも今のところ、この
はお勧め!
タグ:The Tombo Stand

2020年07月30日

Word で英語の音声読み上げをする

概要

MS Word で英語の文章を音声読み上げしたい。初期状態だと、日本語としてしかできないようで、英文を英語の発音で読み上げることができない。そこで、英語の音声合成言語をダウンロード&インストした。すると、Word で英文を読み上げてくれるようになった。
詳細

やりたいこと

MS Word で英語の文章を音声読み上げしたい。
でも初期状態だと、日本語しかないようで、英文を英語の発音で読み上げることができない。
2020-07-30 (11).png


環境

  • MS Word: Microsoft Word for Microsoft 365 MSO (16.0.13001.20338) 64ビット
  • OS: Windows 10 Pro バージョン 1909 64-bit
やったこと

1. Windows の[設定] - [時刻と言語] - [言語] を開く。
2. [Microsoft Store で Windows の表示言語を追加する] をクリック
3. [English (United States) Local Experience Pack] をクリックし、[入手] する。
2020-07-30 (7).png

4. 「言語機能のインストール」ダイアログにて、[English (United States)] を選択し、[インストール]。
2020-07-30 (8).png

2020-07-30 (12).png

結果

MS Word で、英文を英語で読み上げてくれるようになった。
2020-07-30 (10).png

参考にしたウェブページ

Windows 10 の音声合成言語をダウンロードする方法 - Office サポート
タグ:Microsoft Word

2020年07月28日

Linux Mint をバージョン 20 にアップグレード

概要

自分のPCに入っているLinux Mint を、バージョン 19.3 から 20 にしてみた。
今のところ正常に動いている。

詳細

環境

  • OS: Linux Mint 19.3 MATE 64-bit(アップグレード前のバージョン)
  • PC: Think Pad E490
  • 備考:Win 10 とのデュアルブート環境

やったこと

"How to upgrade to Linux Mint 20 - Linux Mint User Guide documentation" に従い、アップグレードを進めた。

以下、その中でのいくつかの出来事や選択肢を記す。

準備段階


[Timeshift] にて、外付けHDDにシステムスナップショットをバックアップ。

なんとなく、"sudo apt autoremove" を実行したりして多少すっきりさせた。

[追加リポジトリ]や[PPA]を全て無効化
Kazam_screenshot_00001.png

[外部パッケージ]を全てダウングレード
Kazam_screenshot_00004.png

"mintupgrade check" を実行したら、なぜか[外部パッケージ]がまだ1つ残っていることが分かったので、これもダウングレードした。
Kazam_screenshot_00002.png

再び、[Timeshift] にて、外付けHDDにシステムスナップショットをバックアップ。

アップグレード

アップグレード中、色々聞かれる。
Kazam_screenshot_00006.png
Kazam_screenshot_00005.png

以前にsmb.conf を編集したことがあったので、どうするか聞かれた。
Kazam_screenshot_00007.png

以下のメッセージが出た。今までスワップスペースが暗号化されてたということなのか・・・。
+ Checking for encrypted swap...

Your swap space is encrypted. An issue in Linux Mint 20 'Ulyana' currently
prevents the use of encrypted swap.

This swap space will now be disabled.

Do you want to continue? [y/n]: y

+ Disabling encrypted swap partition...



+ The encrypted swap was successfully disabled. Reboot your computer to make
sure the new configuration is functional before proceeding with the upgrade.


PC を reboot した後、UEFI の画面が表示されたので、アップグレード中に入力してあった MOK だかの key を入力。
これにより、サードパーティのドライバーがどうのこうのということらしい。
IMG_20200728_143713_7.jpg

アップグレード処理後

[アップデートマネージャ] で、ミラーサイトを改めて選択。
Kazam_screenshot_00010.png

その後、アップグレード前に削除してあった外部パッケージや追加リポジトリを、再びインストールしたり設定したりした。
タグ:Linux Mint

2020年06月09日

WindowsでHDDをZERO化

概要

Windows で外付けHDDを0で埋めたい。廃棄するために。
そこで、DISKPARTで対象のディスクをclean allした。

詳細

やりたいこと

パソコンを捨てる。でもそのパソコンは壊れていて電源はつかない。だけど内蔵HDDの中身だけは読み取られないように消去したい。
環境

・中身を消去したいHDD:TOSHIBA DISK DRIVE MK 1032GSX
・上記のHDDの中身を消す操作を行うPCのOS:Windows 10 Pro
・上記のPCと上記のHDDをUSB経由でつなぐアダプター:

やったこと

壊れたパソコンの内蔵HDDだけを取り出す。その後、別のまともなPCを用意する。で、USBのHDDアダプターでそのまともなPCと中身を消したいHDDをつなげ、そのまともなPCから中身を消したいHDDに対してゼロデータを書き込んで消す。
その後やった手順

コマンドプロンプトでDISKPARTを起動

ディスクを列挙
DISKPART> list disk

ディスク 状態 サイズ 空き ダイナ GPT
### ミック
------------ ------------- ------- ------- --- ---
ディスク 0 オンライン 238 GB 0 B *
ディスク 1 オンライン 93 GB 0 B


中身を消したいディスクを選択
DISKPART> select disk1

念のため、そのディスク内のパーティション一覧を確認するなどする。
本当に中身を消してもよいディスクなのかを再確認する。
DISKPART> list par

Partition ### Type Size Offset
------------- ------------------ ------- -------
Partition 1 プライマリ 93 GB 1024 KB


ディスクの中身をすべて消す
DISKPART> clean all

結果

中身を消したいHDDの中身が、たぶん消えたみたい。
参考にしたウェブページ

完全データ消去で廃棄ディスクからの情報漏えいを防ぐ(Windows diskpart編):Tech TIPS - @IT

2020年05月09日

Wordpress.comからファンブログに記事を移行

概要

WordPress.comからファンブログに引っ越したい。つまり、WordPress.comで書き溜めた記事を、ファンブログに移行したい。
しかし、WordPress.comでエクスポートしたデータはWordPress形式だが、ファンブログはMovable Type形式しかインポートすることができない。困った。
このため、中間に普通のMovable Typeブログを臨時で建てた。そこでなら、元のWordPress形式のデータをインポートして、それをMovable Type形式としてエクスポートできる。こうすることで、データをWordPress形式をMovable Type 形式に変換できた。
その後、それを最終的な移行先であるファンブログにインポートした。ただし、画像はやはりインポートできなかったので、画像は手動でアップロードして、手動でリンクを書き換えるしかなさそう。

詳細

やりたいこと&困ったこと

WordPress.comからファンブログに引っ越したい。そのため、WordPress.comで書き溜めた記事を、ファンブログに移行したい。
しかし、WordPress.comでエクスポートしたデータはWordPress形式だが、ファンブログはMovable Type形式しかインポートすることができない。
困った。どうにかうまく一括移行ができないものか。さすがに、記事1つ1つを手動でコピペはしたくない。
環境

  • 引越元(移行元):WordPress.comのプレミアムプランで作成したブログ
  • 引越先(移行したい先):A8.netのファンブログ

  • データ移行のために中間に建てたMovable Typeのバージョン:6.5.3
  • 上記Movable Typeを置くのに使ったレンタルサーバー:さくらのレンタルサーバ スタンダードプラン


やったこと

WordPress形式のデータをMovable Type (MT) 形式のデータに変換するためだけに、普通のMovable Typeブログを建てた。これを使えば、移行できそう。
なお、それを建てる土台のレンタルサーバーとしては、なんとなく、さくらインターネットにしてみた。
ちなみに、自分のPCとか仮想OSにMovable Typeを入れることも考えたけど、その前提となるウェブサーバーやらSQLやら色々用意するのが面倒だったので、それはやらなかった。
データ変換用に、普通のMovable Typeブログを臨時で建てる。

1. 【Movable Type】旧バージョンのMTをダウンロードする2つの方法 | バシャログ。を参考にさせていただき、Movable Typeのバージョン6をダウンロード。
 ※はじめはMovable Typeの最新であるバージョン7で試したが、さくらインターネットのレンタルサーバー上でのセットアップがうまくいかなかったので、バージョン6にした。

2. さくらインターネットのレンタルサーバーのスタンダードを契約

3. さくらインターネットサーバーへのインストール | CMSプラットフォーム Movable Type ドキュメントサイトMovable Type をさくらのレンタルサーバにインストールしてみよう | さくらのナレッジを見ながら、上記のレンタルサーバー上にMovable Typeをセットアップ。
移行元であるWordPress.comから記事をエクスポート

WordPress.comの自分の管理ページの[ツール]--[エクスポート]にて、テキストコンテンツをメディアライブラリファイルをエクスポート&ダウンロード。
コメント 2020-05-09 091346.png

その後、ダウンロードしたものを解凍。
データ変換用のMovable Typeブログでデータをインポート&エクスポート

1. 先に構築したMovable Typeブログの管理ページにて、[ツール] -- [記事のインポート] と辿り、「インポートファイルをアップロード(オプション)」項目にて、先にエクスポートしてあったWordPressのテキストコンテンツを選択し、[記事のインポート]を実行。
2020-05-09 (20).png

2020-05-09 (19).png

 [再構築]をクリックし、再構築する。
2020-05-09 (19).png

2. 次に、[ツール] -- [記事のインポート] にて、[ウェブサイトをエクスポート]を実行し、記事をダウンロード。
移行先であるファンブログに記事をインポート

1. ファンブログで移行先のブログの管理ページを開き、設定 > その他 > インポートまでたどる。

2. 先にダウンロードしてあったMT形式のファイルを、ここでインポートする。
2020-05-09 (18).png

結果

記事のテキストや基本的な文字書式などは移行することができた
ただし、ファンブログに画像をインポートする方法は見当たらなかったので、画像については手動でアップロード&リンクの書き換えを地道にしていくしかなさそう・・・
事後作業

移行元のWordPress.comで作成したウェブサイトに301リダイレクトを仕掛ける設定など。
不要になった移行元のブログやデータ変換に使ったレンタルサーバーなどの契約は、随時解約。
A8のファンブログは継続。


2020年05月03日

WordPress.comで作成したウェブサイトに301リダイレクトを仕掛ける

概要

WordPress.comで作成したウェブサイトに301リダイレクトを仕掛けたい。
WordPress.com BlogのサポートページSite Redirectを見ながら操作してみたところ、追加オプション料金を支払うことで、リダイレクトさせることができた。

詳細

やりたいこと

ブログを移行したい。移動元のブログは、WordPress.comで作成したもの。これに301リダイレクトを仕掛けて、新しいブログへの移行をスムーズに行いたい。
やったこと

WordPress.com BlogのサポートページSite Redirectを見ながら操作してみたところ、追加オプション料金を支払うことで、リダイレクトさせることができた。
2020-05-03 (2).png
コメント 2020-05-03 145040.png

結果

移行元のURLにアクセスしてみたところ、瞬時に新しいURLに飛ばされるようになった
タグ:WordPress.com

2020年04月18日

ThinkPad E490のRAMを16GBに増設

概要

ThinkPad E490のメモリーを、8GBから16GBに増設してみた。増設といっても、4GB2枚を8GB2枚にまるごと交換となる。
交換後、問題なく動いている。

詳細

動機

使っているPCのRAM容量が、8GBだと足りなくなってきた。
このため、16GBに増設したい。
環境

  • PC: ThinkPad E490 (マシンタイプ 20N8, 20N9) ノートブック - Type 20N8
  • 新たに買ったRAM: Crucial [Micron製] DDR4 ノート用メモリー 8GB x2 ( 2400MT/s / PC4-19200 / 260pin / SODIMM) 永久保証 CT2K8G4SFS824A

やったこと

機種に適合するRAMを探した。
その結果、以下のRAM1セット(合計16GB)を購入。

Crucial [Micron製] DDR4 ノート用メモリー 8GB x2 ( 2400MT/s / PC4-19200 / 260pin / SODIMM) 永久保証 CT2K8G4SFS824A



交換

E490のThinkPad ユーザー・ガイドの[デバイスの交換] -- [メモリー・モジュール]を参考にして、一連の交換作業を行った。

ちなみに、本体のカバーの開け方については、動画Lenovo Thinkpad E490 How to Upgrade M2 Nmve Pcie SSD RAM Disassemblyを参考にした。
p4170162-2.jpgp4170161-3.jpg

p4170158-1.jpgp4170166_2.jpg

動作確認

問題なく16GBがOSによって認識され、稼働している。
image-1.png

タグ:ThinkPad
当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイト及び他サイトへのアクセスに関する情報 【Cookie】を使用することがあります。この情報には、氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません。
QRコード
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

中1のときにMS-DOS上のソフトで高速ブラインドタッチを習得してからというもの、パソコンの前にいる時間は多いです。
プロフィール
リンク集