2018年04月16日

『レゴ スター・ウォーズ』にパッチを適用したら英語化されてしまった

概要

Windows 用『レゴ スター・ウォーズ』にパッチを適用したら英語化されてしまった。 よけいにおかしくなったら嫌なので、パッチ適用前の姿にインストしなおした。

詳細

環境

・PC: lenovo ThinkPad X220 ・今回問題が出てるソフト: レゴ スター・ウォーズ(ソースネクスト) ※いったんWindows 2000 with SP4 環境にインストしてからプログラムフォルダーだけを今の環境にコピーしてきたもの

症状

Windows 用『レゴ スター・ウォーズ』に、英語のサイトからダウンロードしたlego1_patch2.zip でパッチを適用してVer.1.2 にしたら、英語化されてしまった。

対応

英語そのものは別にいいんだけど、意図した環境ではないし、日本語と英語ミックスによってよけいにおかしくなったら嫌なので、日本語に戻したかった。 なので、パッチ適用前の姿にインストしなおした

所感

日本語版のパッチは出てないか、とうの昔にダウンロード不可になったんだろうかね。なんせ10年以上前のソフトだし。 レゴ スター・ウォーズつながり

レゴ (LEGO) スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン[TM] 75105

新品価格 ¥15,980から (2018/4/16 21:50時点)

タグ:Windows
posted by kzgadgets at 21:37| トラブル対応

2018年04月14日

『レゴ スター・ウォーズ』の起動に失敗する

概要

Win 7 で『レゴ スター・ウォーズ』の起動に失敗することが多い。
同プログラムのフォルダの中にある"SWLEGO.BIN" をいったん消すか別の場所に移動したところ、起動できるようになった。ただしそのとき、各種設定は初期化されている。

詳細

環境

・OS: Windows 7 Professional with SP1 32bit
・今回問題が出てるソフト: レゴ スター・ウォーズ(ソースネクスト)
※いったんWindows 2000 with SP4 環境にインストしてからプログラムフォルダーだけをコピーしてきたもの

症状

以下のエラーが出て、起動できないことがある。

LegoStarwars.exe は起動を停止しました
(以下略)

解決策

同プログラムのフォルダ(既定だと"LEGO Star Wars Game")の中にある、"SWLEGO.BIN" をいったん消すか別の場所に移動したところ、再び起動できるようになる。
ただしそのとき、各種設定は初期化されている。

所感

もともと2000 SP3 以上とXP にしか対応していないので、まあ不具合があっても仕方ない。
それでも何とかプレイしたかったので、やってみた。

レゴ スター・ウォーズつながり

レゴ(LEGO)スター・ウォーズ ダース・ベイダー・ の誕生 75183

新品価格
¥3,436から
(2018/4/14 14:12時点)

タグ:Windows
posted by kzgadgets at 13:59| トラブル対応

「レゴ スター・ウォーズ」がエラーで起動できない

概要

「レゴ スター・ウォーズ」がエラーでうまく動かない。 そもそも、Win 7 ではインストールに失敗したのでまずはWin 2000 にインストールしてから、プログラムフォルダーだけをWin 7 に後からコピるという方法で、なんとか起動しようとした。 エラーの原因は、そのコピーの過程で空き容量不足があり、全てのファイルがちゃんとコピーできていなかったからっぽい。 空き容量を増やしてからもう一度ちゃんとコピーしたら、問題なく起動するようになった。

詳細

環境

  • 対象ソフト: レゴ スター・ウォーズ(ソースネクスト)
  • 上記のプログラムフォルダーのコピー元OS: Windows 2000 with SP4 32bit (VirtualBox仮想マシン上)
  • 上記のプログラムフォルダーのコピー先OS: Windows 7 with SP1 32bit

経緯・問題

Win 7 で「レゴ スター・ウォーズ」のインストールに失敗したので、まずはWin 2000 にインストールしてから、プログラムフォルダーだけをWin 7 に後からコピるという方法で、なんとか起動しようとした。 しかし、起動したりゲーム本編を始めようとするとするときに、以下のエラーが出て先に進めなくなる。
Nu2Api Runtime error! Important. Do not ignore! File: .\nuanim.c Line: 940 Description: Cound not read from , either file is not there or the buffer may be full (Your application has generated an error message)
20180410.png

原因/解決した方法

原因は、そのコピーの過程で使ったディスクの空き容量が不足していたようで、そのとき全てのファイルがちゃんとコピーできていなかったっぽい。 そこの空き容量を増やしてからもう一度ちゃんとコピーしたら、問題なく起動するようになった。

所感

空き容量不足に起因するエラーって、未だによくある気がするわ。 レゴ スター・ウォーズ つながり

レゴ(LEGO) スター・ウォーズ ヨーダの小屋 75208

新品価格 ¥4,260から (2018/4/14 04:10時点)

posted by kzgadgets at 03:51| トラブル対応

2018年04月12日

『レゴ スター・ウォーズ』をインストールしようとすると、CRCエラーなるものが出て、インスト失敗

概要

『レゴ スター・ウォーズ』をWindows 7 インストールしようとすると、CRCエラーなるものが出て、インストに失敗する。 仕方ないので、Windows 2000 にいったんインストールしてから、プログラムのフォルダーをまるごと単純にWindows 7 環境にコピーして、そこで中のexe を実行したら、Win 7 でもゲームを起動することができた。

詳細

環境

・ソフトのタイトル: LEGO STARWARS (日本語版) ・最終的なインスト先OS: Windows 7 Professional with SP1 32bit ・PC: lenovo ThinkPad X220 ・インストに使った外付けDVDドライブ: Logitec ULTRA SLIM OPTICAL DRIVE LDR-PMH8U2LBK ・インストの踏み台OS: Windows 2000 with SP4(仮想マシン)

症状

LEGO STARWARS (日本語版)をインストールしようとすると、インストウィザードの途中で、以下のメッセージが出て中断されてしまう。
(データ エラー (巡回冗長検査 (CRC) エラー) です。)
ç„!é!Œ1.png

原因

やっぱ「推奨動作環境」が「日本語版Windows 2000(SP3以上)/XP」だから、Win 7 じゃだめなのかな・・・。

対応策

いったん、仮想マシンのWindows 2000 with SP4 環境にインストールした。 で、そのインストール先フォルダーである"C:\Program Files\Giant\LEGO Star Wars Game" フォルダーを、まるごとWindows 7 環境下にコピーした。 そして、その中の「LegoStarwars.exe」を実行したところ、問題なく実行することができた。

備考

上記で踏み台インストール先として使った私の仮想マシン上のWindows 2000 環境では、起動のための要件であるPixel Shader が未対応なので、『レゴ スター・ウォーズ』を実行することができなかった でもフォルダーをコピーするだけでちゃんと実行できちゃうなんて、意外と古風なつくりだったんだな。

LEGO STARWARS (日本語版)

中古価格 ¥5,000から (2018/4/12 01:47時点)

エピソード4,5,6?

Lego Star Wars Original Trilogy (輸入版)

新品価格 ¥3,511から (2018/4/12 02:07時点)

posted by kzgadgets at 01:43| トラブル対応

2018年04月10日

Virtual Box でUSB外付けのDVDドライブからOSをブートできない

概要

VirtualBox で、USB外付けのDVDドライブからOSをブートできない。 仕方ないので、いったんそのOSのCD-ROMをISO化してから、そのISOファイルを使ってブートさせた。

詳細

環境

  • OS: Linux Mint 'Sylvia' "MATE 64-bit"
  • VirtualBox のVer.: 5.1.34_Ubuntu r121010
  • USB外付けDVDドライブ: Logitec ULTRA SLIM OPTICAL DRIVE LDR-PMH8U2LBK
  • ブートさせたいCD-ROM: Microsoft Windows 2000 ProfessionalDisk 1 PC/AT 互換機対応 プロダクトアップグレード

症状

VirtualBox で新規にVMを作成した。そこにWindows 2000 をインストールしたいので、まずはWindows 2000 のCD-ROMでブートさせたい。そのために、USB外付けDVDドライブにそのCD-ROMを入れて、VMの設定画面で「ストレージ」として「ホストドライブ Logitec SDR (sr0)」を選択した。 そしてVMを起動させ、CD-ROMからブートさせようとしたが、VMのディスプレイに以下のエラーが出て、ブートできない。
Could not read from the boot medium! System halted.
また、仮想マシンファイルが置いてあるフォルダーの配下の"Logs" フォルダー配下に、ログがある。 その中には、以下のエラーがあった。
VMMDev: Guest Log: BIOS: CDROM boot failure code : 0004 VMMDev: Guest Log: BIOS: Boot form CDROM failed VMMDev: Guest Log: Could not read from the boot medium! System halted.

問題回避策

色々調べたけど、根本解決策は分からなかった。 もしかして、USB外付ドライブだとだめ・・?分からないけど。 で、仕方ないので、ブートさせたいCD-ROMをいったんISOファイル化した。で、そのISOファイルをVMにマウントさせ、それを使ってブートさせた。 すると、ブートメディアとして読み込まれ、問題なくWindows 2000 をインストールすることができた。
posted by kzgadgets at 22:55| トラブル対応

Ext2 Volume Manager がいつの間にか起動できなくなっていた

概要

Windows 7 にインストールしてあったExt2 Volume Manager が、いつの間にか正常に起動できなくなっていた。 Ext2 Volume Manager を最新のバージョンにしたら、起動できるようになった。

詳細

環境

OS: Windows 7 Professional with SP1

症状

Win 7 にインストールしてあったExt2 Volume Manager が、いつの間にか正常に起動できなくなっていた。 これでは、EXT4フォーマットで記録されている私のデータ用HDDを読み書きすることができない

改善策

Ext2 Volume Manager は2017/11にバージョンアップされていたようなので、それをダウンロードし、インストールしてみた。新しいVer. は、0.69。 このとき、はじめインストーラーを実行しても途中で止まってしまっていた。原因は、旧バージョンのExt2 Volume Manager がスタートアップで実行されており、プロセス(Ext2Mgr.exe)は動いていたため。 そこで、OS起動時にこのExt2 Volume Manager を起動しないようにし、該当のプロセスが動いていない状態で、最新版のインストーラーを再度実行してみた すると、問題なくインストールでき、起動もできるようになった。
ç„!é!Œ.png
その後、EXT4フォーマットの外付けHDDに対して再び読み書きすることができるようになった。

所感

旧版が動かなくなって原因は、OSのアップデートに追いつけなくなったからなのかな・・。よく分からない。 でも最新版がちゃんと提供されていて、それが動いたのでよかった。
タグ:Ext Linux Windows
posted by kzgadgets at 17:58| トラブル対応

2018年04月08日

Linux Mint のコンソールを英語出力にしてみた

概要

Linux Mint にてCtrl + Alt + F1 とかで表示できるコンソールを、ひとまず英語出力になるように変えてみた。 なぜなら、日本語の環境だと一部の出力メッセージが日本語になるらしく、そのせいで表示の一部が文字化けしていたので。 一時的に英語出力にしてみて再度お目当てのコマンドを実行してみた所、今度は文字化けせずに英語の読めるメッセージが出るようになった。

詳細

環境

OS: Linux Mint 'Sylvia' "MATE 64-bit" 日本語環境

症状

Linux Mint にてCtrl + Alt + F1 とかで表示できるコンソールにて何かコマンドを打ったりすると、出力されるメッセージの一部が文字化けしてしまう。 (例) ※文字化け文字は、ここでは*に置き換えてある。
$ mkdir mkdir: ************* Try 'mkdir --help' for more information

改善策

いっそのこと、全ての出力メッセージが英語でなされるようにしたい。 そのために、以下のコマンドを実行した。
export LANG=en_US

結果

すると、そのセッションでは、文字化けせずに英語のメッセージが出力されるようになった (例)
$ mkdir mkdir: missing operand Try 'mkdir --help' for more information.
ただし、出力内容に日本語のファイル名が混じっていたりすると、それらは依然として文字化けしたまま。
タグ:Linux
posted by kzgadgets at 16:24| トラブル対応

2018年04月07日

Linux Mint でkernel をアップデートしたら起動しなくなった

概要

Linux Mint でkernel をアップデートした直後にOSを強制シャットダウンしたら、起動しなくなった。 ひとまず、起動時のAdvanced Option で1個前のカーネルで起動して、問題のカーネルと同時にアップデート候補として出てきたlibc-dev とheaders-generic をそれぞれアップデート&OS再起動して、その後に問題が起きた最新カーネルをいったん消して、また入れなおしたら、正常に起動するようになった。

詳細

環境

  • OS: Linux Mint 18.3 'Sylvia' "MATE 64-bit"
  • PC機種: lenovo ThinkPad X220

経緯/症状

カーネル Ver. 4.13.0-38 をインストしてPCを再起動ようとしたら、シャットダウンがなかなか完了しなかったので、強制シャットダウンした。したら次から、Mint が起動しなくなった。ブートメニューのあとに普通に起動しようとすると、画面の左上にカーソルが点滅しているだけの真っ黒な画面になったりで、全然起動できない。

各種試行結果

仕方ないので、いったんAdvanced Option にてカーネル 4.13.0-36 で起動した。 本来ならここで問題があったVer. のカーネルから前回のVer. にロールバックすべきだと思うんだが、なんか勢いで、同時にアップデート画面に出現したlinux-libc-dev 4.4.0-119.143 を入れてからOS再起動して、立て続けにlinux-headers-generic 4.4.0-119.125 も入れてからOS再起動をしてみた。 それでも現象は改善されず。 仕方なく、再びAdvanced Option にて4.13.0-36 のカーネルで起動して、問題が起きた4.13.0-38 をアップデートマネージャで[削除]してみた。で、PC再起動。 通常起動にて4.13-0.36 のカーネルで起動された。で、ここで懲りずに4.13.0-38 カーネルを再びインストールしてみた。 すると、次のPC再起動からは、問題なく起動された。

所感

明確な原因は不明だったが、とにかく起動できるようになってよかった。 強制シャットダウンする前に、もうちょっと気長に待つべきだったのかも・・・ あと本来なら、カネール関係のレベル4のアップデートは、慎重を期して個別にアップデートし、問題があればすぐにそれをロールバックすべきだと思う。でもなんか面倒だったので、そうせずに色々勢いで他のも同時にアップデートしてしまった。 まあ自分自身の個人PCなので結果オーライ。続きを読む...
posted by kzgadgets at 20:52| トラブル対応

2018年04月01日

Linux Mint が起動しなくなった

概要

Linux Mint が起動しなくなった。 試しに一回バージョンが1つ低いカーネルで起動してみたら、起動できた。 なので、最新のカーネルを削除してみた。 すると、問題なく起動するようになった。

詳細

環境

OS: Linux Mint 18.3 'Sylvia' "MATE 64-bit"

症状

Linux Mint が起動しなくなった。 起動しないと言っても、2つのパターン有り。 一つは、カーソルが画面の左上にあるだけの真っ黒画面。もう一つは、マウスカーソルが考え中のまま画面のど真ん中にずっと留まっているという画面。 いずれにしても、強制再起動しない限り、そのまま止まったまま。

起動できるようにした手順

PC起動時に、Advanced Options で1個低いカーネルを選んでMint を起動してみた。 するとうまく起動できた。なのでカーネルを下げれば直るかなと思った。 そして、Mint のアップデートマネージャを起動し、[表示] -- [Linux カーネル] から最新の4.13.0-37 を[削除] した。
Kazam_screenshot_00096.png
その後PCを再起動してからは、また問題なく起動できるようになった 結果、Active なカーネルのVer. は、4.13.0-36 となった。

その後

Mint のアップデートマネージャで、Ver. 4.13.0-37 のカーネルは無視するように設定した。またこのバージョンにアップデートしてしまわないように。
Kazam_screenshot_00120.png
タグ:Linux
posted by kzgadgets at 22:33| トラブル対応

2018年03月28日

Linux Mint でログインしようとするとエラーメッセージが出てログインできなくなった

概要

Linux Mint でログインしようとするとエラーメッセージが出てログインできなくなった。 メッセージの内容は、「あなたのセッションは 10秒以上続きませんでした。〜」というもの。 virtualbox-guest 関連のパッケージを削除したところ、再びログインできるようになった。

詳細

環境

OS: Linux Mint 18.2 'Sonya' "MATE 64-Bit"

症状

Mint にログインしようとすると、以下のメッセージが表示されるようになり、ログインできなくなってしまった
20180327_214755.jpg

原因

直前にアップデートしたvirtual-box-guest 関連のパッケージがなぜか原因だった模様。 3つのパッケージで、Ver. はどれも5.1.34-dfsg-0ubuntu1.16.04.2

改善策

以下の手順で、virtualbox-guest 関連のパッケージを削除した。 1. ログイン画面で、キーボードの[Ctrl] + [Alt] + [F1] を押す。 2. 以下のコマンドで、virtualbox-guest 関連の3つのパッケージを削除した。
sudo apt-get purge virtualbox-guest-dkms virtualbox-guest-utils virtualbox-guest-x11
3. ログインを試みる。

参照したウェブページ

http://obelisk.hatenablog.com/entry/2018/03/27/013501

これ以前にやってみたけど改善されなかった手段

  • sudo apt-get update と sudo apt-get upgrade で全部のパッケージを最新化
  • recovery mode で起動して古いパッケージなどを消したりして空き容量を広げたこと
  • 古いカーネルで起動

所感

virtualbox って以前も何か大きな影響をOSに与える出来事があったような・・・。ヘビーなプログラムなんだろうねやっぱ。 てか、Mint のアップデートマネージャーを使ってフィルタリングしててもこのような不具合バージョンのパッケージが適用されてしまうなんて珍しい。
posted by kzgadgets at 00:09| トラブル対応
当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイト及び他サイトへのアクセスに関する情報 【Cookie】を使用することがあります。この情報には、氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません。
QRコード
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

中1のときにMS-DOS上のソフトで高速ブラインドタッチを習得してからというもの、パソコンの前にいる時間は多いです。
プロフィール
リンク集