2020年04月05日

Logophileで、ウェブの辞典までも一気に串刺し検索する

概要

Logophileで、ローカルのLogophile内の辞書だけではなく、ワールドワイドウェブに存在する複数の辞書や辞典までも一気に検索したい。
Logopileの[ツールウィンドウ]の[Web]タブにそれらウェブサイトの検索時のURLを登録することで、それが可能になった。
詳細

やりたいこと

Logophileで、ローカルのLogphile内の辞書だけではなく、ワールドワイドウェブに存在する複数の辞書や辞典までも一気に検索したい。なぜなら、個別のウェブ辞書に対して一つ一つ検索をかけるのがいちいち面倒くさいから。
環境

  • OS: Windows 10 Pro 64bit
  • LogophileのVer.: 1.6
  • ウェブブラウザー: Vivaldi 2.11.1811.52 (Stable channel) (64-bit)

やったこと

あらかじめ、検索対象としたいウェブ辞書の、検索時のURLをそれぞれ確認しておく。
このURLは、対象としたいウェブ辞書で実際に検索をかけてみると分かる。

(例)ウェブサイト"Linguee"で英単語"aaa"から日本語の訳語を探すのであれば、検索時のURLは"https://www.linguee.com/english-japanese/search?source=auto&query=aaa"となる。

Logophileを起動し、メニューバーの[ファイル] -- [ツールウィンドウ] を開く。

[Web]タブを開く。

[新規]ボタンを押して、検索対象としたいウェブ辞書のURLを登録する。
その際、URL内にある検索対象の単語にあたる部分については、[WORDS]という文字列に置き換える。
2020-04-05-2.png

串刺し検索対象としたいものには、登録名のところにチェックを入れておく。

「自動検索」チェックボックスにチェックを入れておく。
2020-04-05-1.png

登録名をドラッグアンドドロップすれば、任意の順に並べ替えることもできる。

結果

Logophileで単語を検索したところ、上記で登録しておいたウェブ辞書それぞれにおいても自動的にその単語が検索された。その際、ウェブブラウザーの方で辞書サイト毎にタブが立ち上がった。
また、複数の単語を並べて検索した場合でも、同じように検索できた。

所感

これはめちゃくちゃ便利!(^^)!
ただし、このようにウェブ辞書を複数登録しておくと、検索毎にウェブブラウザーの方でタブが立ち上がりまくるので、これらのタブをこまめに閉じていくようにしたい。
タグ:Logophile
当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイト及び他サイトへのアクセスに関する情報 【Cookie】を使用することがあります。この情報には、氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません。
QRコード
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

中1のときにMS-DOS上のソフトで高速ブラインドタッチを習得してからというもの、パソコンの前にいる時間は多いです。
プロフィール
リンク集