2020年03月01日

Linux Mintで外付けHDDのデータを消去

概要

Linux MintのDisksで、古い外付けHDDのデータを消去した。

詳細

やりたいこと

Linux Mintで、古い外付けHDDのデータを消去したい。

環境

  • 操作するPCのOS: Linux Mint 19.3 MATE 64-bit
  • データを消去するのに使ったソフト:Linux Mintにはじめから入っているDisks (gnome-disk-utility 3.28.3, UDisks 2.7.6 (built against 2.7.6)
  • データを消去したいHDD:Western Digital WD800
  • 上記のHDDとPCをつなぐ変換アダプター:FIDECO USB3.0 SATA/IDEハードディスク 変換アダプタ(S3G-PL03)

やったこと

Linux MintのDisks(ディスク)を起動

左ペインにて、データを消去したいHDDを選択。

データを消去したいパーティションをクリックし、その下にあるギアのアイコンのボタンをクリックし、メニューの中から[パーティションを初期化] をクリック。

「ボリューム名」にボリューム名を入力し、「消去」スライドバーをONにして、[次へ]をクリック。

kazam_screenshot_00000.png

警告メッセージが出るので、今操作している対象が本当にデータを消去したいパーティションなのかを注意深く確認した上で、[初期化]をクリック。

パーティションの初期化が始まる。

screenshot-at-2020-03-01-21-45-43.png
パーティションの初期化&データの消去中
タグ:disks
当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイト及び他サイトへのアクセスに関する情報 【Cookie】を使用することがあります。この情報には、氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません。
QRコード
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

中1のときにMS-DOS上のソフトで高速ブラインドタッチを習得してからというもの、パソコンの前にいる時間は多いです。
プロフィール
リンク集