2019年10月14日

英辞郎[第七版]をLogophileで使う

概要

CD-ROMで買った英辞郎[第七版]をLogophileで使えるように設定してみた。
Logophile上でも英辞郎を使えるようになった。

詳細

やりたいこと

CD-ROMで提供される英辞郎[第七版]には、PDICという検索ソフトウェアがついていて、普通はそれを使って英辞郎を引くことになる。
しかし今回、Logophileという別の検索ソフトで英辞郎を引きたい。理由は、自分のPCのLogophileには他の辞書も登録しているので、それらの辞書と合わせて 英辞郎も一気に串刺し検索したいから。

環境

  • OS: Windows 10 Pro 64bit バージョン1903
  • 英辞郎のVer.: [第七版]英辞郎データ Ver.136 [2013年1月8日版]
  • LogophileのVer.: 1.6

やったこと

英辞郎のCD-ROMの中にあるTXT.zipを解凍して、PC内のどこか分かりやすい場所に展開・保存する。
解凍パスワードは、英辞郎CD-ROMを付属していた書籍の中に書かれている。

(解凍元のパス) 英辞郎CD-ROMが入っているドライブ文字:Eijiro7T\TXT.zip

LogophileDicManagerを起動

メニューバー --- [ツール] --- [別形式の辞書をインポート] をクリック

「ファイル形式」を「辞郎形式(.txt)」とし、「データの場所」を上記で展開した先のEIJI-136.TXTとし、「ファイル形式」を「Logophileバイナリ形式」にして、「名称」に分かりやすいものをつけて、「保存先」を分かりやすい場所にして、[実行]する。

[インデックスを作成]をクリック

例辞郎など

TXT.zipに含まれている仲間の別の辞書(例辞郎など)もLogophileに加えたければ、それらのファイル(REIJI136など)に対して上記の手順を繰り返す。

結果

無事に、Logophileで英辞郎+その仲間の辞書を串刺し検索できるようになった。

参考にしたウェブページ

Logophileの[Q&A - 共通]ページ

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9835698

この記事へのトラックバック
当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイト及び他サイトへのアクセスに関する情報 【Cookie】を使用することがあります。この情報には、氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません。
QRコード
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

中1のときにMS-DOS上のソフトで高速ブラインドタッチを習得してからというもの、パソコンの前にいる時間は多いです。
プロフィール
リンク集