2020年04月11日

L2TPでのVPNがつながらない

概要

自宅から先方のネットワークに、L2TPでつながらない。つながるように用意はされているのに。
原因は、うちの光回線が「V6プラス」だったからっぽい。
そこで、加入しているISPの契約にPPPoEオプションを付けて、もう1台のルーターを取り付けてそこからPPPoE接続したところ、それ経由でなら先方にL2TPでつなぐことができた。

詳細

困ったこと

自宅から職場のネットワークに、L2TPでつながらない。エラーとなってしまう。先方では、つながるように用意はされているのに。
自宅のルーターで「VPNパススルー」はONになっているのにだめ。そのルーターの[IPフィルター]や[ポート変換]でそれらしき設定をしてもだめ。つなぎたいPC上でそれらしき設定変更をしてもだめ。
環境

解決前

  • 加入プロバイダー:DMM光
  • 加入プラン(概要):ギガプラン v6プラスタイプ接続プロバイダ
  • ルーター:市販のWSR-1166DHP4 Version 1.01
  • VPNをつなぎたいPCのOS:Windows 10 Pro
  • L2TPクライアント:上記のWindowsビルトインの[事前共有キーを使った L2TP/IPsec]

解決後

上記に加え、以下。
  • 加入プランのオプション:プロバイダハイブリッドオプション
  • ルーター(1台目):WSR-1166DHP4。インターネット側。「PPPoEパススルー機能」をON
  • ルーター(2台目):WRC-1167GHBK-S。LAN側。1台目のルーターのLAN側につないでいる状態。PPPoEクライアントとして設定。

原因

色々調べたところ、原因は、うちの光回線が「V6プラス」だったからっぽい。
やったこと

DMM光の加入済みプランに、オプション「プロバイダハイブリッドオプション」を追加。これにより、PPPoEの接続アカウントがもらえる。
その後、2台目のルーターがPPPoEを使えるように、インターネット側にある1台目のルーターで「PPPoEパススルー機能」をON。
image.png

で、LAN側の2台目のルーターに、PPPoEでプロバイダとつなぐよう設定。これにより、これ経由の通信をPPPoEでカプセル化。
結果

PPPoEでつながっている2台目のルーター経由であれば、WindowsのL2TPクライアントを使って先方にVPNでつながるようになった。
タグ:L2TP
posted by kzgadgets at 12:13| トラブル対応
当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイト及び他サイトへのアクセスに関する情報 【Cookie】を使用することがあります。この情報には、氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません。
QRコード
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

中1のときにMS-DOS上のソフトで高速ブラインドタッチを習得してからというもの、パソコンの前にいる時間は多いです。
プロフィール
リンク集