2020年05月16日

DMMトークに普通に新規申し込みできなかったので楽天でんわに申し込んだ

概要

DMMトークに申し込みたかった。でも、もう基本的に新規申し込みは受け付けていなかった。このためやむを得ず、似たようなサービスである楽天でんわに申し込んだ。
詳細

困ったこと

DMM Mobileを使っており、そのSIMを音声通話できるものに変更したのを機に、通話料が安くなるDMMトークに申し込みたかった。しかし、楽天モバイルがDMM mobileを買収したせいか、もう基本的に新規申し込みは受け付けていなかった。
10分かけ放題オプションをお申し込みの場合のみ申し込めるとのことだったが、10分かけ放題オプションには申しこみたくない。
環境

契約中のMNVO: DMM Mobile
スマホのOS: Android 8.1.0
やったこと

やむを得ず、DMMトークと似たようなサービスであると思われる「楽天でんわ」に申し込んだ。
その後、「楽天でんわ」アプリをインストール
楽天のポイントが貯まるので良さそう。
posted by kzgadgets at 13:01| トラブル対応

2020年05月09日

Wordpress.comからファンブログに記事を移行

概要

WordPress.comからファンブログに引っ越したい。つまり、WordPress.comで書き溜めた記事を、ファンブログに移行したい。
しかし、WordPress.comでエクスポートしたデータはWordPress形式だが、ファンブログはMovable Type形式しかインポートすることができない。困った。
このため、中間に普通のMovable Typeブログを臨時で建てた。そこでなら、元のWordPress形式のデータをインポートして、それをMovable Type形式としてエクスポートできる。こうすることで、データをWordPress形式をMovable Type 形式に変換できた。
その後、それを最終的な移行先であるファンブログにインポートした。ただし、画像はやはりインポートできなかったので、画像は手動でアップロードして、手動でリンクを書き換えるしかなさそう。

詳細

やりたいこと&困ったこと

WordPress.comからファンブログに引っ越したい。そのため、WordPress.comで書き溜めた記事を、ファンブログに移行したい。
しかし、WordPress.comでエクスポートしたデータはWordPress形式だが、ファンブログはMovable Type形式しかインポートすることができない。
困った。どうにかうまく一括移行ができないものか。さすがに、記事1つ1つを手動でコピペはしたくない。
環境

  • 引越元(移行元):WordPress.comのプレミアムプランで作成したブログ
  • 引越先(移行したい先):A8.netのファンブログ

  • データ移行のために中間に建てたMovable Typeのバージョン:6.5.3
  • 上記Movable Typeを置くのに使ったレンタルサーバー:さくらのレンタルサーバ スタンダードプラン


やったこと

WordPress形式のデータをMovable Type (MT) 形式のデータに変換するためだけに、普通のMovable Typeブログを建てた。これを使えば、移行できそう。
なお、それを建てる土台のレンタルサーバーとしては、なんとなく、さくらインターネットにしてみた。
ちなみに、自分のPCとか仮想OSにMovable Typeを入れることも考えたけど、その前提となるウェブサーバーやらSQLやら色々用意するのが面倒だったので、それはやらなかった。
データ変換用に、普通のMovable Typeブログを臨時で建てる。

1. 【Movable Type】旧バージョンのMTをダウンロードする2つの方法 | バシャログ。を参考にさせていただき、Movable Typeのバージョン6をダウンロード。
 ※はじめはMovable Typeの最新であるバージョン7で試したが、さくらインターネットのレンタルサーバー上でのセットアップがうまくいかなかったので、バージョン6にした。

2. さくらインターネットのレンタルサーバーのスタンダードを契約

3. さくらインターネットサーバーへのインストール | CMSプラットフォーム Movable Type ドキュメントサイトMovable Type をさくらのレンタルサーバにインストールしてみよう | さくらのナレッジを見ながら、上記のレンタルサーバー上にMovable Typeをセットアップ。
移行元であるWordPress.comから記事をエクスポート

WordPress.comの自分の管理ページの[ツール]--[エクスポート]にて、テキストコンテンツをメディアライブラリファイルをエクスポート&ダウンロード。
コメント 2020-05-09 091346.png

その後、ダウンロードしたものを解凍。
データ変換用のMovable Typeブログでデータをインポート&エクスポート

1. 先に構築したMovable Typeブログの管理ページにて、[ツール] -- [記事のインポート] と辿り、「インポートファイルをアップロード(オプション)」項目にて、先にエクスポートしてあったWordPressのテキストコンテンツを選択し、[記事のインポート]を実行。
2020-05-09 (20).png

2020-05-09 (19).png

 [再構築]をクリックし、再構築する。
2020-05-09 (19).png

2. 次に、[ツール] -- [記事のインポート] にて、[ウェブサイトをエクスポート]を実行し、記事をダウンロード。
移行先であるファンブログに記事をインポート

1. ファンブログで移行先のブログの管理ページを開き、設定 > その他 > インポートまでたどる。

2. 先にダウンロードしてあったMT形式のファイルを、ここでインポートする。
2020-05-09 (18).png

結果

記事のテキストや基本的な文字書式などは移行することができた
ただし、ファンブログに画像をインポートする方法は見当たらなかったので、画像については手動でアップロード&リンクの書き換えを地道にしていくしかなさそう・・・
事後作業

移行元のWordPress.comで作成したウェブサイトに301リダイレクトを仕掛ける設定など。
不要になった移行元のブログやデータ変換に使ったレンタルサーバーなどの契約は、随時解約。
A8のファンブログは継続。


2020年05月03日

WordPress.comで作成したウェブサイトに301リダイレクトを仕掛ける

概要

WordPress.comで作成したウェブサイトに301リダイレクトを仕掛けたい。
WordPress.com BlogのサポートページSite Redirectを見ながら操作してみたところ、追加オプション料金を支払うことで、リダイレクトさせることができた。

詳細

やりたいこと

ブログを移行したい。移動元のブログは、WordPress.comで作成したもの。これに301リダイレクトを仕掛けて、新しいブログへの移行をスムーズに行いたい。
やったこと

WordPress.com BlogのサポートページSite Redirectを見ながら操作してみたところ、追加オプション料金を支払うことで、リダイレクトさせることができた。
2020-05-03 (2).png
コメント 2020-05-03 145040.png

結果

移行元のURLにアクセスしてみたところ、瞬時に新しいURLに飛ばされるようになった
タグ:WordPress.com

OneNote for Windows 10 でセクション グループを作成したい

概要

OneNote for Windows 10 で、セクション グループを作成したい。
ウィンドウの左下の[+ セクションの追加]ボタンを右クリックして、[新しいセクション グループ] をクリックしたら、作れた。

詳細

困ったこと

OneNote for Windows 10 で、新しいセクション グループの作り方が分からない。
環境

OneNote for Windows 10 のVer.:16001.12730.20190.0
やったこと

ウィンドウの左下の[+ セクションの追加]ボタンを右クリックして、[新しいセクション グループ] をクリックしたら、作れた。
2020-05-03 (3).png

所感

わ、分かりづらい・・・ メニューバーや他の箇所には、同じ操作ができるボタンが無い・・。普通のOneNoteだったらもっと分かりやすかったのにな。まあ、MS Office持ってなくても使えるバージョンだから、仕方ないのか・・。
タグ:OneNote
posted by kzgadgets at 11:50| トラブル対応

2020年04月18日

ThinkPad E490のRAMを16GBに増設

概要

ThinkPad E490のメモリーを、8GBから16GBに増設してみた。増設といっても、4GB2枚を8GB2枚にまるごと交換となる。
交換後、問題なく動いている。

詳細

動機

使っているPCのRAM容量が、8GBだと足りなくなってきた。
このため、16GBに増設したい。
環境

  • PC: ThinkPad E490 (マシンタイプ 20N8, 20N9) ノートブック - Type 20N8
  • 新たに買ったRAM: Crucial [Micron製] DDR4 ノート用メモリー 8GB x2 ( 2400MT/s / PC4-19200 / 260pin / SODIMM) 永久保証 CT2K8G4SFS824A

やったこと

機種に適合するRAMを探した。
その結果、以下のRAM1セット(合計16GB)を購入。

Crucial [Micron製] DDR4 ノート用メモリー 8GB x2 ( 2400MT/s / PC4-19200 / 260pin / SODIMM) 永久保証 CT2K8G4SFS824A



交換

E490のThinkPad ユーザー・ガイドの[デバイスの交換] -- [メモリー・モジュール]を参考にして、一連の交換作業を行った。

ちなみに、本体のカバーの開け方については、動画Lenovo Thinkpad E490 How to Upgrade M2 Nmve Pcie SSD RAM Disassemblyを参考にした。
p4170162-2.jpgp4170161-3.jpg

p4170158-1.jpgp4170166_2.jpg

動作確認

問題なく16GBがOSによって認識され、稼働している。
image-1.png

タグ:ThinkPad

2020年04月11日

L2TPでのVPNがつながらない

概要

自宅から先方のネットワークに、L2TPでつながらない。つながるように用意はされているのに。
原因は、うちの光回線が「V6プラス」だったからっぽい。
そこで、加入しているISPの契約にPPPoEオプションを付けて、もう1台のルーターを取り付けてそこからPPPoE接続したところ、それ経由でなら先方にL2TPでつなぐことができた。

詳細

困ったこと

自宅から職場のネットワークに、L2TPでつながらない。エラーとなってしまう。先方では、つながるように用意はされているのに。
自宅のルーターで「VPNパススルー」はONになっているのにだめ。そのルーターの[IPフィルター]や[ポート変換]でそれらしき設定をしてもだめ。つなぎたいPC上でそれらしき設定変更をしてもだめ。
環境

解決前

  • 加入プロバイダー:DMM光
  • 加入プラン(概要):ギガプラン v6プラスタイプ接続プロバイダ
  • ルーター:市販のWSR-1166DHP4 Version 1.01
  • VPNをつなぎたいPCのOS:Windows 10 Pro
  • L2TPクライアント:上記のWindowsビルトインの[事前共有キーを使った L2TP/IPsec]

解決後

上記に加え、以下。
  • 加入プランのオプション:プロバイダハイブリッドオプション
  • ルーター(1台目):WSR-1166DHP4。インターネット側。「PPPoEパススルー機能」をON
  • ルーター(2台目):WRC-1167GHBK-S。LAN側。1台目のルーターのLAN側につないでいる状態。PPPoEクライアントとして設定。

原因

色々調べたところ、原因は、うちの光回線が「V6プラス」だったからっぽい。
やったこと

DMM光の加入済みプランに、オプション「プロバイダハイブリッドオプション」を追加。これにより、PPPoEの接続アカウントがもらえる。
その後、2台目のルーターがPPPoEを使えるように、インターネット側にある1台目のルーターで「PPPoEパススルー機能」をON。
image.png

で、LAN側の2台目のルーターに、PPPoEでプロバイダとつなぐよう設定。これにより、これ経由の通信をPPPoEでカプセル化。
結果

PPPoEでつながっている2台目のルーター経由であれば、WindowsのL2TPクライアントを使って先方にVPNでつながるようになった。
タグ:L2TP
posted by kzgadgets at 12:13| トラブル対応

2020年04月05日

Logophileで、ウェブの辞典までも一気に串刺し検索する

概要

Logophileで、ローカルのLogophile内の辞書だけではなく、ワールドワイドウェブに存在する複数の辞書や辞典までも一気に検索したい。
Logopileの[ツールウィンドウ]の[Web]タブにそれらウェブサイトの検索時のURLを登録することで、それが可能になった。
詳細

やりたいこと

Logophileで、ローカルのLogphile内の辞書だけではなく、ワールドワイドウェブに存在する複数の辞書や辞典までも一気に検索したい。なぜなら、個別のウェブ辞書に対して一つ一つ検索をかけるのがいちいち面倒くさいから。
環境

  • OS: Windows 10 Pro 64bit
  • LogophileのVer.: 1.6
  • ウェブブラウザー: Vivaldi 2.11.1811.52 (Stable channel) (64-bit)

やったこと

あらかじめ、検索対象としたいウェブ辞書の、検索時のURLをそれぞれ確認しておく。
このURLは、対象としたいウェブ辞書で実際に検索をかけてみると分かる。

(例)ウェブサイト"Linguee"で英単語"aaa"から日本語の訳語を探すのであれば、検索時のURLは"https://www.linguee.com/english-japanese/search?source=auto&query=aaa"となる。

Logophileを起動し、メニューバーの[ファイル] -- [ツールウィンドウ] を開く。

[Web]タブを開く。

[新規]ボタンを押して、検索対象としたいウェブ辞書のURLを登録する。
その際、URL内にある検索対象の単語にあたる部分については、[WORDS]という文字列に置き換える。
2020-04-05-2.png

串刺し検索対象としたいものには、登録名のところにチェックを入れておく。

「自動検索」チェックボックスにチェックを入れておく。
2020-04-05-1.png

登録名をドラッグアンドドロップすれば、任意の順に並べ替えることもできる。

結果

Logophileで単語を検索したところ、上記で登録しておいたウェブ辞書それぞれにおいても自動的にその単語が検索された。その際、ウェブブラウザーの方で辞書サイト毎にタブが立ち上がった。
また、複数の単語を並べて検索した場合でも、同じように検索できた。

所感

これはめちゃくちゃ便利!(^^)!
ただし、このようにウェブ辞書を複数登録しておくと、検索毎にウェブブラウザーの方でタブが立ち上がりまくるので、これらのタブをこまめに閉じていくようにしたい。
タグ:Logophile

2020年04月04日

PowerShellでPS1スクリプトを実行できるようにする

概要

PowerShellでPS1スクリプトを実行したい。でも既定の設定では、実行できない。
そこで、管理者としてPowerShellを実行して、Set-ExecutionPolicy Undefinedを実行すれば、ひとまずローカルでスクリプトが実行できるようになる。
詳細

困りごと

やりたいことPowerShellでPS1スクリプトを実行したい。でも既定の設定では、実行できない。
やったこと

そこで、管理者としてPowerShellを実行して、Set-ExecutionPolicy Undefinedを実行したら、PowerShellでPS1スクリプトを実行できるようになった。
PS C:\Windows\system32> Set-ExecutionPolicy RemoteSigned
実行ポリシーの変更
実行ポリシーは、信頼されていないスクリプトからの保護に役立ちます。実行ポリシーを変更すると、about_Execution_Policies
のヘルプ トピック (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135170)
で説明されているセキュリティ上の危険にさらされる可能性があります。実行ポリシーを変更しますか?
[Y] はい(Y) [A] すべて続行(A) [N] いいえ(N) [L] すべて無視(L) [S] 中断(S) [?] ヘルプ (既定値は "N"): y

関連リンク

特定のPowerShellスクリプトだけをいつでも実行できるようにする
タグ:powershell

debパッケージをインストールしようとするとエラーが出て、インストールできない。

概要

Linux Mint環境にて、debパッケージをインストールしようとするとエラーが出てインストールできなくなってしまった。
/var/lib/dpkg/info配下で原因となっているパッケージの関連ファイルを削除して、再設定したところ、復旧した。

詳細

症状

Linux Mint環境にて、debパッケージをインストールしようとするとエラーが出てインストールできなくなってしまった。
どんなパッケージでも失敗してしまう。

kazam_screenshot_00000.png

GUI上でのメッセージ

環境

OS: Linux Mint 19.3 MATE 64-bit
やったこと

調査

コマンド"sudo dpkg --audit"を実行することで、原因を調査。
$ sudo dpkg --audit
以下のパッケージは最初の設定中に問題が発生したため、設定が終了していません。
dpkg --configure <パッケージ> か dselect で設定 (configure) メニューオプショ
ンを使って設定作業を再試行しなければなりません:
fahclient Folding@home Console Client

これにより、fahclientというパッケージに問題が起きていることが分かった。
復旧作業

/var/lib/dpkg/infoにあるfahclientの関連ファイルを削除してみた。
~$ cd /var/lib/dpkg/info
/var/lib/dpkg/info$ sudo rm fahclient*

コマンド"sudo dpkg --configure fahclient"を打った。
$ sudo dpkg --configure fahclient
fahclient (7.5.1) を設定しています …

結果

この後、debパッケージを再びインストールできるようになった。
参考にしたウェブページ

dpkgやapt-get関連でエラーが出た時の対処法
タグ:Linux Mint
posted by kzgadgets at 09:30| トラブル対応

2020年03月11日

GALAXY CRUISEで遊んでみた

国立天文台が推進する市民天文学プロジェクト「GALAXY CRUISE(ギャラクシー クルーズ)」で、ゲーム感覚で銀河分類をやってみた。
宇宙好きとしては、はまる!!!☆☆☆

hscmap-4.png

まるで深宇宙を探検しているかのような気分になれるし、研究に貢献しているという満足感も味わえる。

やったものはアカウント内の記録に残るし、やればやるほどステージをクリアしていったり「おみやげ」が集まってきたりして、ゲーム感覚で楽しい☆
ユーザーランキングもある。

ちなみに、やりながら聴くBGMでお勧めなのは、機動戦士ガンダムΖΖのED「一千万年銀河」☆彡

当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイト及び他サイトへのアクセスに関する情報 【Cookie】を使用することがあります。この情報には、氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません。
QRコード
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

中1のときにMS-DOS上のソフトで高速ブラインドタッチを習得してからというもの、パソコンの前にいる時間は多いです。
プロフィール
リンク集