2018年08月14日

岡崎の動物園が初の英語パンフレットって・・・

岡崎の動物園は観光地の真っ只中にある。
それでも英語パンフレットを今まで作らなかった京都市は凄すぎる。

Yahoo!より、
京都市動物園が初の英語パンフ 外国人客、来園の15%に
8/14(火) 16:30配信 京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000018-kyt-cul
記事より、
・京都市動物園(左京区)は、訪日外国人向けに英語のパンフレットを初めて製作した。飼育する動物を写真付きで紹介し、園の歴史も解説
・2万部作り、園内で無料で配っている。今後は中国語と韓国語版も作り、市内のホテルなどにも置く

二十年以上の前の新聞を見ているような感覚になるのも京都ならでは?
流石にちょっと頑な過ぎないかと思う。
posted by kyotonews at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都

アメリカには州知事に立候補する年齢制限のない州がある

残念だと思うのは、立候補した14歳のソナ・ボーンくんが大金持ちでなかったこと。
私財を投じるとして最年少で州知事に立候補したらどうだったろうか?
あるいはクラウドファンディングで自分の政策を実現する金を得ていたら?
残念すぎる最年少なのだ。
それにしても大変な選挙だ。立候補者の面々も凄い。

Yahoo!より、
14歳男子、米バーモント州知事選に立候補
8/14(火) 15:55配信 AFP=時事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000026-jij_afp-int
記事より、
・イーサン・ソナボーン(Ethan Sonneborn)君は14歳で、なんとバーモント州の知事選に立候補
・バーモント州の憲法に州知事立候補者に関する年齢規制はなく、立候補の唯一の条件は州内に4年以上在住していることだけ
・ソナボーン君と州知事の座を争うのは米国初のトランスジェンダー知事を目指すクリスティン・ホールクイスト(Christine Hallquist)氏、元海軍兵士で環境活動家のジェームズ・エーラス(James Ehlers)氏、ダンスフェスティバルの総監督であるブレンダ・シーゲル(Brenda Siegel)氏ら。
タグ:州知事
posted by kyotonews at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都

アップルストアが京都にオープン!和風テイストの初めての店?

これまでは大阪にしかなかったアップルストアが京都にオープン。
大阪にAppleは似合わない。

Yahoo!より、
Apple 京都が8月25日開店、もう1店はどこ?
8/14(火) 17:00配信 アスキー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000016-ascii-sci
記事より、
・公式サイト上で「Apple 京都」の8月25日開店を公表している。場所は四条烏丸から少し東に入った、四条通沿いで大丸京都店の隣(四条高倉)。百貨店を始め、各種ブランド、宝飾品店、大手金融機関などの店舗が並ぶエリアでもあり、さすがはApple Storeといったところだろう。開店時間は10〜21時
タグ:アップル
posted by kyotonews at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都

2018年08月13日

京都の魅力を「ぶっちゃけ寺」で再確認したい

タレントが特別待遇なのはどうかとも思うが、カメラが入ることで普段は見ることのできないところが見れるのはいいことです。
まだまだ、京都には隠し玉がいっぱいあるということが改めて確認できることと思います。
奥が深い。

Yahoo!より、
1年半ぶり復活「ぶっちゃけ寺」で太田光らが五重塔や二条城の大広間に特別潜入!
8/13(月) 6:00配信 ザテレビジョン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00158270-the_tv-ent
記事より、
・約1200年の歴史を持つ日本初の本格的な密教寺院「東寺(教王護国寺)」は、「鳥羽・伏見の戦い」(1868年)で西郷隆盛率いる新政府軍が本陣を置いた場所であり、世界遺産
・西郷が戦況を見定めるために登ったといわれる、普段は入ることができない国宝「五重塔」へ特別に潜入し、普段は絶対に上がれない最上層の五層目へ、太田光と室井滋が特別に登る
・今回民放で初めて二条城の大広間にカメラが特別潜入
・特別に許可を得て、大規模な仏像の配置換え後では初めて、普段は撮影禁止となっている本堂を撮影したり、寛永寺では普段入れない、徳川慶喜が謹慎していた「葵の間」や「徳川歴代将軍が眠る墓所」を古坂大魔王と戸田恵子が特別拝観
posted by kyotonews at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都

2018年08月12日

お盆の京都の魅力、清水寺で千日詣

お盆が残っている京都。
夜を楽しむ京都の伝統的な行事の1つ。
宿が取れない場合は、京都市内に泊まらなくても大阪や滋賀、奈良でも大丈夫です。

Yahoo!より、
清水寺で千日詣り始まる 京都、本堂内々陣の特別拝観も
8/10(金) 9:15配信 京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00000007-kyt-l26
記事より、
・1日の参拝で千日分の御利益があるとされる「千日詣(まい)り」が9日、京都市東山区の清水寺で始まった
・千日詣りは江戸時代に始まったとされる。明治期に廃れたが、1993年に復活
・14〜16日には夜間拝観もある

参考)観光協会より、
http://www.kyoto-kankou.or.jp/event/?id=7260&r=1534028455.3016
拝観料は大人400円です。

フジミ模型 1/400 清水寺

新品価格
¥1,927から
(2018/8/12 08:03時点)


 
posted by kyotonews at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都

大文字焼きではなく五山の送り火には「い」があった。十山の送り火の歴史。

田舎者は大文字焼きなどという。
奈良の山焼きと勘違いしているのだろう。教養がないということをさらけ出しているだけなのだが。
今回、新たな発見として五山の送り火には「い」の文字の跡が見つかったといもの。
そもそも、五山の送り火となる前には、十山あったと言われ、残りの五山とは、市原の「い」、鳴滝の「一」。北嵯峨の「蛇」観空寺村の「長刀」、場所が特定できない「竿に鈴」という文字(形)があったというのだ。今回はこの市原の「い」の山の話。
そうした歴史やそもそもの送り火の意味を感じながら8月16日を京都で過ごすのはおすすめです。

Yahoo!より、
五山だけじゃない?幻の送り火「い」の痕跡か 京都大学が発表
8/8(水) 19:12配信 MBSニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00023847-mbsnews-l26
記事より、
・京都のお盆の風物詩「五山の送り火」、かつては今よりも多くの山で行われていたといいますが、詳しい場所はわかっていません。京都大学は、京都市内の山で送り火が行われていた可能性のある痕跡を見つけたと発表
・現在5か所で行われている送り火ですが、かつては約10の送り火があったとされています。江戸時代の絵図には、見慣れた大文字などの送り火とともに、現在の京都市左京区あたりに、今はない「い」の送り火が描かれています。その「い」の送り火が行われていたことを示唆する痕跡が見つかったと8日、発表

将来的にはとりあえず6山の送り火となるかもしれない。
調査結果を楽しみに待ちたい。

徳力富吉郎『大文字 送り火』木版画 風景画 京都 古都 夏 お盆 五重塔 五山送り火 如意ヶ嶽【版画 絵画】【R1432】

新品価格
¥10,800から
(2018/8/12 07:53時点)




参考)京都観光Naviより、
五山送り火
五山送り火に手を合わせよう
「送り火」の種類は?
https://kanko.city.kyoto.lg.jp/wakaru/festival/gozan/basis/file02.html
これによると、
・江戸時代の記録、『諸国年中行事(享保2年(1717))』には、ほかにも5山存在し、全部で十山あったとされています。
・市原の「い」、鳴滝の「一」。北嵯峨の「蛇」観空寺村の「長刀」。そして今となっては場所が特定できない「竿に鈴」などが存在したと伝えられています。
・最後の「竿に鈴」は大正年間の初めまで点火されていたそうですが、その場所は一乗寺、静原、西山(松尾山)のいずれかはっきりしません。


参考)日経ビジネスオンラインより、
京都「五山の送り火」は「十山」だった
伝統的仏事を通じた「過去との対話」の意味とは
鵜飼 秀徳
バックナンバー
https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/061100222/080700006/
記事より、
・お盆のハイライトは8月16日夜に実施される「五山の送り火」である。送り火は、戻ってきた死者の魂を燃え盛る炎にのせ、あの世に戻っていただく仏教儀式である。京都人以外がしばしば「大文字焼き」と呼ぶ。だが、京都人はそれを嫌がる。あくまでもこの世とあの世を橋渡しする意味での「送り火」である
posted by kyotonews at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
趣旨(1)
京都(101)
行事(2)
日別アーカイブ