広告

posted by fanblog

2019年05月26日

京都勝牛は平成26年創業ということは覚えておきたい

京都と付くと歴史を感じてしまう人は多いのだけれども、京都勝牛の牛カツは平成26年創業なのです。
歴史というほどの歴史はないのです。
まあ、美味しければなんでも良いですけれども。
京都勝牛は今後も出店を拡大していくので、よく見かける店となる可能性が高いのですが、何も京都人だから牛カツの京都勝牛を知らないとしても、京都人からすれば、あっそう、という話なので、京都人なのに勝牛を知らないのはどうかと突っ込んではいけません。

Yahoo!より、
「京都勝牛」5年後に300店体制、北米初出店も
5/26(日) 8:07配信 産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00000512-san-bus_all
記事より、
・5年後に現在の4倍の国内外300店体制を目指す牛カツ専門店「京都勝牛」
・外食チェーンを展開するゴリップ(京都市下京区)は、牛カツの外食専門店「京都勝牛」の国内外の店舗網を、現在の74店舗から5年後の令和6(2024)年を目標に約4倍の300店体制へ拡大する事業計画を明らかにした。8月は新たにカナダへ初出店して北米進出を果たすなど、同社が京都から提案した新たな和食「牛カツ」を世界に広げる戦略を進める。
・路面店のほか、大型商業施設内のフードコートや主要幹線道路沿いの郊外型店の出店を増やし、他社と提携したフランチャイズ(FC)店も含めた出店拡大を図る
・海外は現在、現地の企業と提携し、韓国で17店、台湾で3店の計20店舗を展開。今後はアジアを中心に、欧米でも出店を広げ、現在の約5倍の100店に店舗網を広げる
・「京都勝牛」は平成26年12月に京都・先斗町で初出店
・インバウンド(訪日外国人客)を含め、店頭で行列ができるほどの人気店に成長
・イスラム教徒も牛カツを楽しめるよう、ハラル対応のメニューの検討も進める

イスラム教徒にも対応というのは面白い。
すでにアジアでは人気のようです。
posted by kyotonews at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8836696
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
趣旨(1)
京都(1)
行事(2)
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。