2019年03月09日

京都府の八幡市の神社もクラウドファンディング

京都府八幡市のお話。
神社もクラウドファンディングの時代のようだ。
それもあり、だろう。

Yahoo!より、
「刀剣女子」注目でクラファン順調 京都の神社、爆速で目標額に
3/9(土) 12:16配信 京都新聞
・八幡市八幡・相槌神社
・刀が作られた地として「刀剣女子」から熱い注目を集めている京都府八幡市八幡の相槌(あいつち)神社が、老朽化した献灯台を新調するためインターネットで資金を募ったところ、わずか5時間で目標(74万円)を達成した。井戸改修なども追加したが、新たな目標額(260万円)も超え、宮司らを驚かせている
・社伝によると、千年以上前に刀工の大原五郎太夫安綱と稲荷神が、境内の井戸水で名刀「髭切(ひげきり)」「膝丸(ひざまる)」を作った。刀剣好きの刀剣女子の話題となり、毎月1、15日の月次祭(つきなみさい)に朱印などを求める列ができている

刀剣の関係の神社。女子が金を出しているかどうかという証拠は示されていない。
posted by kyotonews at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8623002
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
趣旨(1)
京都(81)
行事(2)