2018年06月05日

聖護院八ッ橋は元祖ではないと井筒八ツ橋本舗が裁判に訴えた!

昔の話なんてどうでもいいではないか?
井筒八ツ橋本舗のセンスは、まさに京都の「いけず」だ。
何か気に食わないことがあったのだろう。
京都市のお土産と言えば八ッ橋という世界で、こういうことで裁判をするのはマイナスしかない。
ちょっと考えれば分かることだが、代々続くお菓子屋さんの亭主なんて、大局が見えないのだろう。

Yahoo!より、
八ッ橋老舗が“創業年”巡りライバル提訴、元禄時代に八ッ橋は存在したのか
6/5(火) 16:30配信 AbemaTIMES
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00010020-abema-soci
記事より、
・京都土産の定番「八ッ橋」の老舗メーカー・井筒八ッ橋本舗は、同じく老舗の「聖護院八ッ橋総本店」を提訴した。創業文化二年(1805年)の井筒は、聖護院が創業元禄二年(1689年)としているのは「根拠がなく虚偽」だと主張
・聖護院が過去に作った冊子の中で「正確な創業年は不詳」としていたことを指摘

ナンセンス。井筒八ツ橋本舗の八ツ橋なんてそもそも最初から買わない。
うちは昔から聖護院八ッ橋。

井筒八ツ橋本舗
http://yatsuhashi.co.jp/about/profile.html
代表取締役は代表取締役 井筒グループオーナー津田 佐兵衞

昭和22年
五代佐兵衞により「つぶあん入り生八ッ橋」を創作発表、『夕霧』と命名

昭和じゃん!
笑うしかない。
posted by kyotonews at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7741587
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
趣旨(1)
京都(101)
行事(2)
日別アーカイブ