広告

posted by fanblog

2021年09月18日

聖護院八橋が京都の八橋の元祖だ!井筒屋って何??

聖護院八橋が京都の八橋に決まっている。
井筒屋って何?
また、商標を訴えるってどういう了見だろう。
ということで、しっかり最高裁で負けた井筒屋。
もう八橋を売ることは止めて欲しい。
少なくとも京都から出て行って欲しい。

Yahoo!より、
「井筒」の敗訴確定 八ツ橋創業表示訴訟 最高裁
9/16(木) 17:27配信
時事通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/7f8fda0a0bc7bc258905d3d4e43c18678b3827ea
記事より、
 京都銘菓「八ツ橋」をめぐり、老舗の「聖護院八ツ橋総本店」(京都市)が根拠なく「創業元禄2(1689)年」を掲げているとして、ライバル社の「井筒八ツ橋本舗」(同市)が表示差し止めなどを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(宇賀克也裁判長)は16日までに、井筒側の上告を退ける決定をした。

 14日付。井筒側敗訴とした一、二審判決が確定した。

 聖護院は看板やホームページなどで「創業元禄2年」と表示。井筒側は創業年に根拠はなく、品質などを誤認させる表示だと訴えていた。

 一審京都地裁は昨年6月、「表示は需要者の商品選択を左右するとは言えない」として請求を棄却。二審大阪高裁も今年3月、消費者は伝承にとどまると認識でき、品質の誤認を生じさせるものではないとして一審の判断を追認した。
posted by kyotonews at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10975886
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
趣旨(1)
京都(113)
行事(2)
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。