広告

posted by fanblog

2015年05月22日

ココナッツオイルで作るチョコレート

simple-chocolate-bark-recipe.jpg
Image via HEATHER NICHOLDS

チョコレートがこんなに簡単に作れるなんて!

バニラ・エクストラクトの作り方動画(⇒こちら)を観たときも簡単過ぎて衝撃でしたが、このチョコレートレシピも簡単過ぎて衝撃的。基本の材料は3つだけ。温度調整テンパリングも不要。シンプルで健康的なチョコレートです。

[材料]
  • ココナッツオイル スプーン6
  • 未精製砂糖 スプーン8
  • ココアパウダー スプーン4
  • ナッツやレーズンはお好みで
  • クッキングシートと型

[作り方]
1.液状にしたココナッツオイルにココアパウダーと砂糖を入れて混ぜ、クッキングシートを敷いた型に流し込む。2.お好みでナッツやレーズンを散らし、冷蔵庫に入れて固まるまで冷やす。これだけです。ほんとにシンプル。元のレシピには砂糖をグラインダーにかけて粉末状にするよう書いてありますが、この作業は省略してもいいんじゃないかなー。砂糖の代わりにメイプルシロップを使っても美味しそうですよねえ。

■TAC21■ 有機キャロブパウダー 100g

■TAC21■ 有機キャロブパウダー 100g
価格:281円(税込、送料別)

このレシピは高価なカカオバターの代用として固まりやすいココナッツオイルを使っており、他のベジタブルオイルはチョコ作りには向かないそうです。

一方でココアパウダーはキャロブパウダーで代用できます。キャロブパウダーを使う場合は、キャロブパウダーと砂糖をどちらもスプーン6にします。

キャロブパウダーは炒った「いなご豆」のさやをパウダーにしたものです。独特の風味を持つキャロブパウダーはココアに似た風味を持つと言われ、ココアの代用品として多く使われています。カフェインを含まず、ココアに比べて鉄分・繊維が豊富で低カロリー。キャロブ自体に甘味があるので砂糖の量を少し減らしても大丈夫なのですね。

キャロブの特徴

  1. キャロブ自体に甘味があるので、余分な甘味料を添加する必要がなくヘルシー。
  2. 食物繊維が豊富。
  3. 鉄分やカルシウム、ビタミンなどが多く含まれています。
  4. カフェイン等の刺激物質を含まないため、子供や妊婦さんにも安心。
  5. カカオに比べて脂質が少ない。
  6. 血糖値改善作用や肝機能の改善効果があります。
  7. 出典:by.s(http://by-s.me/article/136376912855664937)




ココナッツオイルを使ったチョコレート・トリュフの作り方はこちら。


[関連記事]
上質のココナッツオイルを選ぶ4つのガイドライン
ココナッツオイルDME製法って何?

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3697404

この記事へのトラックバック
プロフィール
thanks-01.gif

当ブログにお越しくださりありがとうございます。管理人のdadakkoです。お問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。

illust2702_thumb2.gif

買い物上手なのが自慢のオバチャンです。趣味は深夜のスーパー巡り。

illust2702_thumb2.gif

最近は料理が楽しくて楽しくて♡
電子レンジも炊飯器もオーブンも使わずにどこまで美味しいものを作れるか、日々試しているところです。

illust2702_thumb2.gif

はまっているのはフライパンでパン作り。オーブンが無くても、乳製品が無くてもパンは作れる!

illust2702_thumb2.gif
スポンサーリンク
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。