2017年10月16日

疲れました

最近パソコンをいじっていてやけに疲れが・・・。
最初は正座もしくはあぐらなんですが、
時間の経過とともに寝そべってるんです。
キーボードなんか指一本で押しちゃってて。

で、寝そべるとごく短い時間で体がいて〜ってなるのです。
どこか体に異常がでたのかな〜と、思い返してみるとふと気づきました。
この体勢は、「エビぞり」です。
妙にパソコンの位置と体の位置の具合で、みごとに反り返ってました。

いて〜わけだ。
自分で自分に折檻してるとは、何とも間抜けな野郎です。
今日は、ちょっと時間があるので、この配置を何とかしようと思ってます。

ということで、「エビぞりで体を変える」



みごとな鯛が釣れたら、お茶漬けもいいですね。
(ん〜。今日はちょっとひねりがイマイチ?)

(後記1)
「酒は百薬の長」。この後に続くのは「万病の元」。
何事も、限度が大切ということですか。

(後記2)
「十人十色」では、百人では?
・・・「百人でも十色」でした。
おおよそ、人は10パターンにあてはまる。らしい。
これなら、仕事で部下が何人いてもOKですよね。
それと、(宗教には興味ないけど)お釈迦さんも、キリストさんも約10人の弟子だった。
10人いると大概のことはできちゃうのかも?
ワンピースのルフィの仲間たち、最後には何人になるんでしょうね?
【このカテゴリーの最新記事】

2017年10月15日

朝を迎える前に

一日の始まり。
「コバルト色」に包まれた世界から、生まれたての「白」とご対面。
この時間の流れっていいなと思います。

話は変わって、
夢は億万長者という方って意外と多いのではないでしょうか?

今年読んだ本にクリス岡崎さんの本があります。
タイトルは、「億万長者専門学校」です。
この本によると億万長者とは、
「ゼロの状態から(たとえ億万長者が資金ゼロとなっても)5年で億の資産を作れること」とありました。
これができたら鬼に金棒です。
お金持ちの方で守りに入っちゃう人もいますが攻め続けられるのではないでしょうか。

そんなクリス岡崎さんの!DAYセミナーのご案内です。




ご興味の方、本からいくかセミナーにいくか?

(後記)
ケンタッキー・フライドチキンのカーネル・サンダースさん、
そして金持ち父さん・・のロバート・キヨサキさん。
このお二人は、成功する前「家」を失い「車」が家でした。
みごとな、大逆転です。

(後記2)
「道は開ける」のD・カーネギーさん。
世界で2億部突破。「お金の科学」の著者ジェームス・スキナーさん。
彼らも極貧からのスタートでした。

(おわりに)
くわちゅうもいまだ道の途中。
今世でだめなら来世があるさと、のんびりと途中の景色を楽しみながらです。
楽しい冒険旅行になりますように。

2017年10月14日

えっ?

気がついたら、今回で101回目。
途中で挫折するかと思いきや意外と続いています。

なかなか自分のページもデザインだったり、その他変えていきたいんですが、
まとまった時間が・・・。

今後の課題です。

新しきことを始めるのにいい季節はいつ?と聞かれたら、
まっ先には春なんですが、秋も何かを始めたくなる季節です。

くわちゅうは絵も好きなんですが、実力は幼稚園児なみ。(それ以下かも)
人間の体と手足は一本の線で、まあるく顔が乗るといった塩梅で。
せめて、へたうまレベルになれたらいいんですが。
(えびすさんの絵って好きなんですよね。話はそれますが。)

でも、プロの技術を学べるこんなサイトがあります。



物事って上達すると自信がつきますが、今秋一皮むきますか?

(後記1)
画家の山下清さんの本を読んだことがあるのですが、文章が終わらないんですよ。
一つの話で、必ず文が一個。
長いんですが、慣れるとけっこうおもしろい。
彼の文章を研究対象にしている学者さんもいるくらいです。

(後記2)
幼稚園のときの卒園文集がすごいんです。
ひらがなばかりなのに、誤変換の連続みたいな。
将来なりたいもので、友達Aは、
「があこのせんんすになりす」です。
みんなで頭をひねりました。
「があこ」:これ人名だよね?女性?好きな子?
「せんんす」:扇子がどうしたの?
「なりす」:いきなり古文かい?格調高く仕上げたい?
よくよく考えてみたら、「学校の先生になりたいんだ。でも、ちょっと無理目かな?」と。
みなさん、一発でわかりました?

2017年10月13日

恋人の作り方!

くわちゅう流じゃないんですが、風水でこんなのがあります。

恋人を作りたい方が、用意するのは花瓶。
空のまま部屋に置いておくのですが、
置く位置は、部屋の中から玄関を見て右側が男性で左側が女性。
兄弟で何番目かで置く場所が変わります。
男性だったら男で何番目の子か、女性だったら女で何番目の子か。
各々1、4番目だったら玄関に近い位置。
2、5番目だったら真ん中。
3、6番目だったら玄関に遠い位置。

で見事に恋が成就したら、花瓶に水を入れて花を飾るというもの。

幸運の女神さんが空の花瓶をおいておくと、
「この人に恋人を世話してあげなくちゃ」と思うらしく。
花瓶に花が飾ってあると、
「この人は幸せいっぱいなんだ」とスルーしてまうとか。

で、これで恋人ができたら奮発して花を飾っちゃうんだろうな。



肩の力を入れずに軽いノリでやるのがいいんでしょうかね。

(後記)
風の便りだと、これで恋人ができましたという人がいるらしくてくわちゅうもやってみたんですよ。
しばらく(たしか2〜3週間)して、
ちょっと気になる娘(デパガの娘でした。)から「メアドを交換しましょう」と。
ここで、花を飾っちゃったんですよ。
そしたら、その͡娘は「友達路線」だったみたいで。
先走ってしまったくわちゅうでした。(見事空振り。)
俺からメールが来てうれしいのかね?(迷惑メールに認定されそう。)

2017年10月12日

お疲れさまです。

昔なんかと比べて最近は、みなさん労働時間が増えているのでしょうか?

建築関係の人なんかも、週の休みが減ってる人が多いみたいですし、
サラリーマンの人もずいぶん帰りがおそいみたいで、終電に近い時間なんかよく見かけます。

でも、日本は失業率が上がると自殺者が増えるという相関関係があるみたいで、
仕事が忙しいということは、ある意味良いことなのかもしれません。

他の国と比べても、日本は自殺者(率)が高めみたいですね。
(ちなみに、日本は失業率が一ケタ%に対してスペインの失業率20%だそうですが、
 日本のほうが自殺者の割合が高いようです。)

日々の疲れは、休日で解消しているのでしょうか。
体を休めることも大切ですが、気分転換(リフレッシュ)も大切です。

今日は、働く女性向けの旅サイトです。



違った習慣・文化の経験や出会いは新しい自分を見つけてくれるかもしれませんよ。

(後記1)
数年前の11月に新潟にいったのですが、田んぼに白鳥がいっぱい。
この時期、シベリアから冬を越すためにやってくるみたいですね。
また、暖かくなるとシベリアに帰っていくそうで。

(後記2)
やはり11月に北海道へ。
寒いと思ったけどそれほどでもなく、わりと快適でした。
何より、羽田から1時間半というのがいいです。
また、いきたくなります。

2017年10月11日

ずれてました。

ごぶさたしてます。
というわけではないのですが。

腹時計がちょっと。ずれてました。
というわけで、こんな時間にブログを書いてます。

大掃除なんですが、普通は師走に一日とか数日とかかけてやってると思うんですよ。
でも、くわちゅうは違います。
もう、スタートしてます。

なんでかっていうと、個人的な都合なんですかね。
たった数日とか短い期間でやると満足がいかない。
あそこをやるんだったら、こうしてああして。
ってやってると、時間におさまらない。

別に年を越してもいいんだけど。
それなら、前倒しだい。
で、いまからちょっとずつ自分に満足するようにやってます。
くわちゅういつもマイペース。
いらないものをすぐ引き受けてくれるのは。



ブックオフは、よく使ってますよ。
都心は、多いけど地方はどうなんですかね。
昔、仙台に行ったときに駅近にあったけどけんざいなのかな?

(後記1)
仙台は、青春18きっぷで。
都心から鈍行で8時間。
強行スケジュールのため途中で寝ちゃったけど、
各駅に止まるのもおつです。

(後記2)
金沢へ一人旅。
兼六園で入場料を払おうとすると、
受付の年配のおねえさんが、お二人様ですねとかぬかす。
後ろを振り返ると、二十代のカップルが並んでいて女性、男性の順。
どうみても、俺の連れじゃねぇし。
そんなにしてまで、稼ぎたい?
わっかんねぇ〜。

2017年10月09日

気がついたら

気がついたら、何にでも首を突っ込むようになってました。
昔はそうじゃなかったんですよ。
人見知りで、奥ゆかしくて、シャイで・・・。

いつからこうなったのだろうと思い越してみれば。
そうです。あの頃から。
はがきを書くようになってからです。

はがきを出す相手(いちおうメル友と呼んでます)も最初は少なかったんですが、
だんだんと縁が増えてくると、当然ながら交友範囲も増えていって、
その中にいろんな会を主宰している方などもいました。

そうすると、どんどん仲間を紹介してくれるわけです。
友達の友だちがダイレクトな友達になっちゃって、ぐんと縁が増えます。

また、会を主宰する方は「自分から縁をつくっちゃう」ような方で、
仲良くしてるとそういう人に影響されちゃうんですよね。

いつしか、おんなじ体質に染まってる。
怖いものです。

今では、”動くはた迷惑”となりはてたくわちゅうです。
そんなお疲れ目な、じゃなくおつかれ首な方にはこれ。




(後記)
何にでも首をつっこむんですが、いまだかつて抜けなくなったことがないんですよ。
言葉はしゃべるし、鼻もでるし、鼻血もでるし。
脳みそなんかいい具合に腐ってます。(腐男子じゃ〜)

(おまけ)
この間、ナースさんのやってる会にはいりました。
全員女性で現役のナースさんばっかり。
無事(?)審査にとおって。
でも、なんでいれてくれたんだろ?

2017年10月08日

近くなりました

年とともにですよね。
特に冬場。
外出すると、すぐにトイレの場所を探したりします。

「前立腺がん」(ちょっと前に調べたら)アメリカでは発症率第二位だそうですね。
ただ、進行が遅いので(へたすると、寿命のほうが早い場合も)死亡率で見ると順位は下がるようで。
悪性か良性かの違いで(がんと呼ばれるかそうでないか)、「前立腺肥大」もありますね。

原因はよくわかっていないようなのですが、おそらく男性ホルモンの影響があるようで。
「ジヒドロテストステロン」の関与が・・・などと。
このホルモン、薄毛なんかにも関連性があるようで、同じ素材を使ったサプリもありました。

女性には「前立腺」はありませんが、やはり年とともに「近い」でお悩みの方が増えますね。
やはり、ホルモンの影響ってあるんですかね。
女性が一生の間に生成する「女性ホルモン」が、たったスプーン一杯分だと聞いたとき、
そんなもんなの?と思いました。
個人差で生成の少ない人は大変だって聞いたけど、生体は不思議なものです。

ということで、結論は「年寄りは長居は禁物」ということになるんですかね。

本日のご紹介



昔は、どっちかというと「うどん」が好きだったんですよ。
味の好みって変わりますね。
今は、蕎麦のほうがよく食べます。
「男の手料理」で、時には失敗もするけどうまくできたときの喜びで性懲りもなくまた作る。
これの繰り返しです。

(後記)
若いころはよく「金縛り」にあいました。
一回だけ部分的なのがあって、その場所が「急所」。
あのへその下10センチぐらいに位置する。
すっげーいてーの。
のたうちまわることもかなわず、苦しみました。
みごと生還して?
良かった。無事だった。(さえない話です。)


2017年10月07日

自慢じゃありませんが

40過ぎまでおさがりをもらってました。

なぜか、服が配給されるんですよね?

子供のころは、兄貴からです。まあ普通。
学校(高校)を卒業する10代後半までですか。

それで、大学を出て20代以降は親戚のおじさんから。
これもありうるかな。

たまに実家に帰ると親父が待ち構えてるんですよ。
おじさんが、お前にって服を。
ここまではいいんですよ。

そのおじさん、俺より背は低いし足も短いし。
どうやって着るの?
服に体を合わせろってか。
普通のズボンが七分丈だよ。
(あげようとするおじさんもおじさんだし。もらっちゃう親父も親父だよね。)

こういうとき長男・長女って容量がよくてうまくかわすんだよね。
下にいくほど、すごいのにぶちあたります。

そして40を過ぎると、会社の先輩です。
背広やらYシャツやら。
背広なんか内側に名前の刺繍があって、ちょっとやそっとじゃその刺繍がほどけない。
Yシャツは、襟のとこにマジックで名前かいてあんの。
きさくな人だからちょこっと聞くと、
「ああ、あれねクリーニングに出したらかかれちゃった。」だって、
普通、クリーニング屋さんは勝手にマジックでなんか書かないだろ。

ということで、今日はクリーニング屋さんです。

○おせっかいすぎるクリーニング屋さん「リナビス」




○なんと1年も保管してくれる(次のシーズンまで預かってくれちゃう)お店「SUPERB」





(後記)
今は、古着をよく利用してます。
標準価格105円(消費税も昔のまんま)。
毎週買ってたら、服があふれてしまった。
(九州出身のおねえさんには、「田舎では新品で100円よ。」と軽くいなされたけど。)

2017年10月06日

銀河より

10月の連休も始まりますね。

タイトルですが、昔のバンドのオリジナルの1曲です。
♬ ほろ苦いワインを 一人でグラスに注いで
  夜空にきらめく 星たちとグラスを交わす・・・(「銀河より」)

秋の夜長、今日はあいにくの雨ですが、
たまには一人酒もいいものです。
(大勢でも楽しいですが)

ちょっと気分のいい日のために、凝った「お酒」をあつらえてみる。
自分へのご褒美として、










ときには、こんな一人酒もありますかね?
♬ あなたのいないような さびしい夜には
  一人ボトルを空けるの いつもの悪い癖ね
  そうよ 女はいつでも 恋の待ちぼうけ
  心さびしさ身にまとい わが身を細らせゆく
   (「そんな女のラグタイム」くわちゅうバンドオリジナル)

なにはともあれ、いいお酒を飲みましょう!


(後記)
 飲み会の帰りの電車でちょっと吐き気が、
 途中下車して駅のベンチで一休み。
 しばらくたつと終電も近いのか駅員さんが
 「お客さん、ここがどこかわかりますか?」と質問。
 (ちょっとだけ気分が悪い時に、こうやって体を横たえて休める。
  そんな場所といったら・・・。)
 「ここは、天国です。」(くわちゅう迷わず答えた)
 その瞬間、駅員さんは後ずさりしながらもきっぱりと、
 「ここは●●駅です」と逃げて行っちまいました。
 めでたしめでたし。
 (こういうときってへたすると、警察に保護される場合があるんですよね、)
 


日記・ブログランキング
検索
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新コメント
近くなりました by きょろ (10/09)
銀河より by 芝田優作 (10/07)
あなたからのサプライズ by ザール隊長 (10/06)
読書の秋に by きょろ (10/05)
気になりだしたら、 by 河原みれ (10/01)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
くわちゅうさんの画像
くわちゅう
プロフィール
リンク集
ファン
最新トラックバック