2020年04月23日

ABS警告灯 点灯 イスズ エルフ NPR81

コロナの影響が 車業界にもジワジワきています
部品屋さんやディーラーさんなどが営業時間の短縮
人員や配送便の削減などなど いつまで続くんでしょうか...

さて 今回は イスズのトラック...
そう!「イスズ〜のトラック〜♬」(大友さん風に)です

お客さんから「ABSってマークが光ってる」っと
お車をお預かりしに行くと しっかりと点灯しておりました!

IMG_7235.jpg

「ABS警告灯」ですね
工場に帰るまで点きっぱなしで 何回か再始動するも
やっぱり点灯しておりました

さて ABSが異常って事は分かりましたが
はてさて どこの部分が悪いんだ!?って話なんですが
簡易の診断機では分かりませんので
ちゃんとした(?)診断機で確認すると...

IMG_7233.jpg

「Gセンサ異常またはEHCU異常」っと表示されています
まあ おそらく整備士さんなら
「エルフでEHCUって事はあそこやね〜」ってくらい
よくあるコードです
ってか エルフで「ABS警告灯」が点灯!って言えばあそこ!ってくらい
エルフの持病と言っても良いくらいのトラブルなんです

んじゃどこが悪いんだ!って事ですが
「ABSのコントロールユニット」が悪いんです
(まあ早合点はいけませんが...)

IMG_7245.jpg

そのユニットはどこに付いているかと言うと...
運転席の下に付いています
ブレーキパイプが色々と付いているこれ!

IMG_7247.jpg

アクチュエータとコンピューターが一体になっているこの
どデカイやつが EHCUです

んで 仕事の用途にもよるんですが
土建屋さんや農家さんなどのお仕事をされている方は
たま〜に土やホコリでカプラの接触不良により
「ABS警告灯」が点灯する事があるそうです

なので 1度カプラを外してエアダスト等でカプラの接触部分をキレイにし

IMG_7244.jpg

接点復活剤などを塗布し また差し込むと...

IMG_7242.jpg

「ABS警告灯」が消灯する事もあるそうです
まあ 本当に「稀」なケースみたいですが...

うちでも試しましたが 結果は「点灯」したままでしたので
「ABSコントロールユニット」ごと交換です
もちろん 部品代は高額です...

IMG_0532.jpg


まあしかし 走行中いざという時「ABS」が効かないと
大変危険ですし そもそも「車検」が通りませんので
交換するしか方法はなんですけどね〜

「ABS警告灯」の点灯に関しては みなさんが普段乗っているお車でも
同じように 「 ABS」が効かなくなり また「車検」も通りませんので
もし「ABS警告灯」が点灯したら いつも出してる整備工場さんや
ディーラーさんにお車を診てもらってください



よかったらインスタグラムも見てください(^^)
こちらは仕事だけではなく 他愛もない事を投稿してます(笑)
https://www.instagram.com/whitetiger99999

2020年04月10日

走行中にゴロゴロと異音!? リヤ ハブベアリング 交換 トヨタ ヴィッツ NSP130

緊急事態宣言が7都府県に発令されました
ここ「福岡県」も含まれています
不要不急の外出は控えるようにはしているんですが
早く 終息する事を願うばかりです

さて 今回は トヨタ  ヴィッツ NSP130
「マフラーが破けているかもしれない」っとユーザーさんから
「ボーっと音がしてますか?」と聞くと
「走行中にボー!っと音がするんだよね〜」っとユーザーさん
どちらにしろ 1度診てみましょうって事でご来店

エンジンを空ぶかししてみても 抜けたような音はしませんでした
下回りを確認しても それらしき形跡はありません

とりあえず 試運転をさせていただく事に
するとボー!っと異音が発生
「ボー」っと言うよりも「ゴー」って感じ...
速度が上がるに連れて 音も酷くなっています

おそらく リアのハブベアリングの異音だと思いました

早速 リフトアップしタイヤを回転させてみると
ゴーっと異音が発生しました
タイヤを外してハブを回してみると...

IMG_0467.jpg

ガラガラっと結構ひどい状態でした
サクっと交換しましょう!

IMG_9357.jpg

センサー付きのハブなんで ちょっとお値段が高いんですがしょうがありません

IMG_9376.jpg

ハブのベアリングは経年劣化・走行距離・走行状態により異なりますが
まあ消耗品と考えていただいてOKです
走行中(速度に合わせて)にゴロゴロと異音が発生するようになってきたら
みなさんも早めに点検しましょうね〜


よかったらインスタグラムも見てください(^^)
こちらは仕事だけではなく 他愛もない事を投稿してます(笑)
https://www.instagram.com/whitetiger99999

2020年04月01日

DPF警告灯 チェックランプ 点灯 トヨタ ハイエース KDH201V

コロナウイルスは 車業界にも少し影響を与えています
2月 3月の車検期限の車両は特例により4月末までの
猶予が与えられています(色々と申請しないといけませんが)
部品の供給は今のところ特注以外は大丈夫なんですが
まだまだ終息が見えないので 不安ですね...

さて 今回は トヨタ ハイエース KDH201V
200系のハイエース ディーゼル車両になります

まあ 200系のディーゼルと言えば 切っても切れないのが
「DPF」Diesel Particulate Filter(ディーゼル微粒子捕集フィルター)
まあ日本語訳にしても 訳がわかりませんので もっと簡単に言うと
「排気ガス浄化装置」と言いまして これをもっと簡単に言うと
排気ガスを綺麗な状態にして大気に放出させる事なんです

まあディーゼルの排気ガスは昔から問題視されていますよね〜
環境にも人体にも悪いんで できるだけクリーンな状態にしようと
各メーカーさんが頑張っています!

IMG_0308.jpg

んで 簡単に言うとそのフィルターで排気ガス中のススを除去しているんですが
当然 そのフィルターには取り除かれたススが溜まっていきます
んで どれだけ溜まっているか メーターパネルで確認する事ができます
(200系の初期のものはついていないタイプのものもあります)

オドメーターの左側の液晶パネルがそれなんですが
メモリがパンパンの状態ですね

通常は「0」から「3」くらいで ある程度ススが蓄積してくると
CPUが判断して自動的にススを燃焼してくれます
これを「自動再生」と呼んでいます
まあ 読んで字のごとく 自動で再生(ススを綺麗にする)するって事です

しかし ススはだんだん頑固になっています

自動再生では完全にススを取り除けなくなってきて
蓄積量が減らなくなったり だんだん増えてくると
「DPF警告灯」が点滅し始めます
自動再生でもススが落ちにくくなってきたんで
手動で燃焼してください!っとCPUがお知らせしてくれてます
これを「手動再生」と呼んでいます
まあ 読んで字のごとく 手動で再生するって事です

んで ど〜やってユーザーさんが再生するのかと言うと

IMG_0310.jpg

ハンドルの下側に「DPFスイッチ」がついています
(200系の初期のものはついていないタイプのものもあります)
このスイッチは「DPF警告灯」が点滅している時にのみ
スイッチのランプが点灯し「手動再生」がおこなえるんです
まあ 完全暖気後などの条件をクリアしていないといけません
あと最短で15分 長い時だとでも50分くらい時間がかかりますんで
時間に余裕がある時に実施してください
あと トヨタのハイエースの場合は点滅から50km以内に実施しないと
手動再生ができなくなりますので お気をつけください

そして点滅から50km以上走行した場合 あと手動再生しても再生しなかった場合
「DPF警告灯」が点滅から点灯に変わります
そしてハンドル下の「DPFスイッチ」が消灯します
こ〜なってしまうと ユーザーさん側では対応できなくなり
ディーラーさんや整備工場などで 強制的に再生しなければいけません
これを「強制再生」と呼んでいます
まあ 呼んで字のごとく 強制的に再生するって事

んで 「DPF警告灯」が点灯してしまうと
「チェックランプ」も同時に点灯します
写真でも確認できると思いますが これは
「DPF警告灯」が点灯した事により 正常に「DPF」が機能しなくなります
正常に機能しないまま走行すると「DPF」にダメージがかかりますので
エンジンの出力を抑える為に CPUが命令を出し「出力を制御します!」っと
お知らせしてくれているんですね〜

まあ走行はできるんですが 早めにディーラーさんや整備工場などに駆け込んで
「強制再生」を実施してください!
もちろん 強制再生を実施できる診断機をお持ちの方は良いんですが(笑)

それでは 実際に診断機をつなげて「強制再生」やっていきましょう!

IMG_0311.jpg

かかる時間は「手動再生」と同じくらいです
また 強制再生は1回でちゃんと焼き切れても
時間がある時は2回くらい実施した方が良いです
頑固なススは1度だけでは焼き切れない可能性があります
(整備工場さんとかだと お願いし易いかな〜)

IMG_0312.jpg

どんどんメモリが減ってきましたね〜
良い感じでススが落ちて行ってます

IMG_0313.jpg

強制再生完了しました!
メモリも「0」になりましたね!
これで強制再生は終わりになります

強制再生実施前には 必ず診断機でセンサーやCPUの点検を行ってください
また今後 1週間から1ヶ月くらいでまた「DPF警告灯」が点滅・点灯する場合は
センサーやCPUの不具合・DPF本体の洗浄や交換が必要となってきます

最後になりますが 1番大事な事をお話しします
「DPF」が再生で焼けるものは「スス」のみです
センサーやCPUも正常なのに すぐに「DPF警告灯」が点滅・点灯する方は
「DPF車専用」のオイルを使用していますか?
専用のオイルを使用していない場合「DPF」にオイルが付着し
それが詰まりの原因となっている場合がほとんどなんです
「アッシュ」と呼ばれるものなんですが「DPF」の天敵なんですね〜

「DPF」の洗浄や交換となると 修理代も高額となりますので
ちゃんと「DPF車専用」のオイルを使用するようにしてください!

あと「強制再生」が完了した場合でも たまに
「チェックランプ」が点灯したままって事もあるんですね〜
その場合 バッテリーを1分間抜いて見ると消灯します
ナビとかメモリされているのが消えるのがイヤだ!って方は
エンジン前側にあるヒューズボックスの中の「EFI」を1分間抜いてやると
消灯するはずですよ〜

実際に「強制再生」やってるところを動画撮って見ました
興味ある方は 見てみてください!



よかったらインスタグラムも見てください(^^)
こちらは仕事だけではなく 他愛もない事を投稿してます(笑)
https://www.instagram.com/whitetiger99999
ファン
検索
アクセスカウンター
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ