2019年02月25日

トヨタ プリウス 警告灯 駆動用電池 冷却部品 メンテナンス

どうも!いや〜今年もやってきましたね〜
花粉の季節が!
自分も社長も花粉症なんですが
今年の花粉は凄まじいです(><)

さて 今回は トヨタ プリウス
「なんか警告メッセージが出ちゃったんですが...」
どんなメッセージかと言うと これ!

IMG_4483.jpg

駆動用電池の冷却部品のメンテナンス!って
なんか大事そうですよね...(*-*)
試しに OBD2に診断機を差し込んでみても...

IMG_6613.jpg

何もメモリーされていません...
え〜ど〜しよ〜ってなりますが
これ実は「フィルターが詰まってるんじゃないの?」って
教えてくれているんです
駆動用電池ってのは200Vのメインバッテリーってヤツです
パソコンと同じでバッテリーは熱を発生させます
あまりにも高熱にさらされると バッテリーの性能が落ちてきますので
室内の空気をメインバッテリーに送り込み 冷却させています
おそらく その送風口のフィルターが詰まってしまい
バッテリーの温度が上がってしまって警告メッセージが出たんだと思います...

その送風口を見てみると...

IMG_6615.jpg

はい!詰まってましたね〜
仕事でも使っているユーザーさんなので
埃などが多いんでしょうか...
これを掃除機で吸ってあげますと...

IMG_6616.jpg

こんな感じで埃がなくなりました
ちなみにフィルターは見た目よりも弱いので
あまりガツガツ当てると すぐに曲がったり破損してしまいますので
気をつけてくださいね〜

IMG_6617.jpg

掃除が終わったら なんの設定もなく
そのままでOK!
はじめは警告メッセージが出てるかもしれませんが
そのうち「メッセージはありません」と表示が変わるでしょう...

ちなみにメインバッテリーの状態を見てみると...

IMG_6614.jpg

問題ありませんでした
デルタSOCも「0」でした(^^)
診断機では冷却ファンを強制的に回すことが出来ます
いわゆる「アクティブテスト」ってヤツですね〜
そちらも問題ありませんでしたので 今回は
「フィルターのつまり」が原因だったってことになります

トヨタのハイブリッド車は ほとんどの車両に
このフィルターがついていますんで
気になった方は1度見てみるといいでしょう
こまめに掃除した方がいいからですね〜(^^)

2019年02月11日

会社の蛍光灯を LED蛍光灯 に交換しました!

どうも!先日 仕事をしていたら
モンキー(工具)を足に落としてしまったんですが
安全靴なんで 無事でした!
やっぱり安全靴って大事なんだ〜っとしみじみ感じました(笑)

今回は 仕事の事ではありません!
うちの会社は建って10年くらい経ちます
工場も事務所も小さいんですが
それでも電気代は結構高いです(><)

蛍光灯とエアコンがほぼほぼ点きっぱなしの状態なので
しょうがない!と言えばそれまでなんですが(笑)

IMG_6410.jpg

(黄色に見えるのはカメラの影響だと思います)
事務所と工場と合わせて30本近く 蛍光灯があります
でも10年で交換したのは2.3本です...
優秀なのかな〜っと思いつつも
電気代の事を考えると やっぱりLEDの方がいいのかな〜
って考えるようになりました!

そこで いつもお願いしている電気屋さんに聞いてみると
「土台から交換すると部品代だけでも 3万くらいするよ〜」との事...
1台に付き2本なんで部品代だけでも15万!
プラス取り付け工賃との事なんで そりゃ〜無理(><)
「そのまま取り付けるタイプで Amazonで探してみっか...」っと社長が言いまして
探したものがこれ!

LED蛍光灯 40W形 昼光色 120cm 直管 G13 蛍光管 天井照明 高輝度 2300LM グロー式工事不要 増量 10本 2本

新品価格
¥9,320から
(2019/2/8 18:23時点)




10本取れば2本おまけしてくれるみたい(^^)
まあ どうせなら全部交換してみよう!って事で
30本注文! でも30本でも2万円ちょっとなんで
リーズナブルです!
まあ 使ってみて「安物買いのゼニうしない」になるかもしれませんが...

んで ほどなくして届いたのがこれ!

IMG_6411.jpg

グローを外さないといけないんですが
基台をそのまま使う事が出来るんで
いわゆるポン付けです(^^)

IMG_6412.jpg

10年使っていた蛍光灯と比べるとそりゃ〜明るいです!
これで電気代が半分以下になれば言う事なし!ですね(^^)
車も家も 時代はLEDなんでしょうか...
 
posted by クロネコ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月07日

トヨタ クラウン ハイブリッド AWS210 ウォーターポンプベルト 交換

どうも!暖冬と言われた今シーズンの冬ですが
ど〜やら寒波がきてるみたい...
暖冬と言いながらも やっぱり冬は寒い!って事ですかね〜(笑)

さて 今回は トヨタ クラウン ハイブリッド AWS210
多分 自分個人では 一生乗れないだろう車です(*-*)
最近のトヨタのハイブリッド系の車両には
ベルトが全くついていない車両もあります...
しかし このクラウンにはウォーターポンプを回すだけについている
ベルトがあるんです!

IMG_6316.jpg

それもほっそいベルトです(笑)
「ウォーターポンプを回すだけのベルトって必要なの?」って思うでしょう...
「ちょいとしたモーターで回せばいいんじゃないの?」って思った方もいるでしょう...
自分も同じ意見です(笑)

IMG_6315.jpg

んで クランクとウォーターポンプどちらも固定のプーリー...
って事は そう!ストレッチベルトが採用されています
ストレッチベルトと言えば うちで使っているアストロさんのSSTが
本領発揮!なんですが...
なんと クランクの幅の関係で使う事が出来ません(><)
んで 修理書をみるとウォーターポンプ側で
無理やり外して 無理やり入れる との事(><)
おいおい...っと思いましたが とにかく交換します!

IMG_6318.jpg

右側が車両についていたベルト 左側が新品のベルト
極端に劣化している事もなく 綺麗な方ですね〜
ベルトの張力も普通より弱く感じました...
おそらく ウォーターポンプを回すだけのベルトなんで
そんなに傷まないのかもしれませんね〜
ちなみにディーラーさんに確認したところ
定期的に交換する事もなく 2回目(新車から5年目)の車検でも
そのままだそうです...
まあ ストレッチベルトなんで そうそう切れる事もないとは思いますが
万が一の事を考えると 区切りがいいところで交換していた方がいいかも...

IMG_6319.jpg

車検でお預かりさせていただいたクラウンですが
やっぱりいい車だと思います
「いつかはクラウン」って昔 CMであったそうですが
クラウンはその名の通り 車の王様だと思います!
そ〜言えば 5年前に亡くなった親父も
クラウンに載ってましたね〜(^^)
自分も もう少しおじさんになったら
中古でもいいので「クラウン」に乗ってみようかな〜っと思った
今日 この頃でした...
ファン
検索
アクセスカウンター
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ