2018年09月26日

スパークプラグ 交換 ニッサン エルグランド E51

どうも!今年は台風が次から次にきますね〜(**)
それも 大型なんで来る度に甚大な被害が出ています
また 今週末にも大型の台風が日本を襲うかも...
心配です(*-*)

さて 今回は ニッサンのエルグランド E51
スパークプラグの交換なんですが
そう!イリジウムプラグ!
なんで10万キロ毎の交換です
でも ニッサンのエルグランドは新旧ともに
このプラグ交換が ま〜〜面倒!です...

IMG_3061.jpg

見ての通り エンジンルームが狭い!
室内をより広く作るためだと思いますが
この状態では な〜んもできない(><)
なので...

IMG_3065.jpg

まずは ボンネットを取っ払い...

IMG_3066.jpg

ワイパーアームを取っ払い...

IMG_3068.jpg

ガラス下のカバーを取っ払い...

IMG_3070.jpg

ワイパーリンクを取っ払い...

IMG_3075.jpg

リンク下のカバーを取っ払うと...
やっとエンジンの奥に手が届くようになります
でも これでも作業はしにくいんですよね〜(**)

IMG_3081.jpg

V6なんで 右側に3本 左側に3本 プラグがついてます...
まあ 左側はエアクリとダクトを外せば
交換は出来るんですが...

IMG_3083.jpg

右側はご覧の通り 隙間がありません!
腕が傷まみれになりながらも やっとの事で交換できました!

IMG_3099.jpg

10万キロ毎って言われても この面倒くささは
もうやりたくないですね〜(こんな事言ったら怒られそう...)

まあ 交換完了後には 腕のヒリヒリがMAXでした(笑)


2018年09月14日

夏は涼しく 冬はあったか エンジンスターター 取り付けてみました!

どうも!やっと朝晩 涼しくなりましたね〜
今年は電気代が上がってましたね〜(**)
でも クーラーつけとかないと眠れませんでしたから...
しっかりと睡眠とる方が 体にはいいですかね(^^)

さて 今回は 以前うちの代車にエンジンスターターを
取り付けていました(多分 ブログにも動画にもあげてたと思います)
そのエンスタを 今回は別の車に乗せ代えです...
それも 今回は「イモビライザー」付きの車両です(**)

そう! イモビ付きの車両にエンスタを付ける時は
まあ しゃ〜し〜(面倒くさい)んですね...
ましては 自分のお腹が出ているせいか
足元に潜っての作業が大変なんです...(><)

毎年毎年 潜るのが億劫になってきましたね〜
(ビールの飲みすぎなのは ここだけの話...)

IMG_2828.jpg

さて 今回は スズキのパレットです
こちらの車両はプッシュスタート式なんで
プッシュスタート専用のエンスタを購入すれば
幾分 作業が簡単なんですが...
今回は 移設と言うことで 面倒この上ないです(笑)
運転席のハンドル下側を バラしていきます

IMG_2835.jpg

アクセルペダル側にジャンクションボックスがあります
こちらに色々とぶっさしていきます
(エンスタの配線を間に結合していく作業ですね〜)

そして この裏側に
ドアの ロック アンロックの配線があります
イモビ付きの車両にエンスタを付ける場合
ここのドアのロック アンロックの配線に結合するのは
必須です!

IMG_2858.jpg

作業がとてもしにくく 配線も短いので大変です(**)
ましては お腹が出ていると 痩せている人の3倍は大変です...
(個人的意見ですが...)

IMG_2865.jpg

色々と配線を結合していきますが
言葉で説明すると 大変なんで...(すみません...)

IMG_2880.jpg

あとは OBD2の後ろから CAN信号線のLOWとHIに配線を結合します
IMG_2881.jpg

しかし!ここにきて
以前に取り付けた時に 保管していた付属のカプラが見当たりません!
どこに行ったんだろう...グローブボックスにちゃんと入れておいたはずなのに...

ってことで 付属の結合カプラを注文し とりあえず先に進める事に!

IMG_2896.jpg

まあ 配線の加工が大変なだけで あとはそれぞれ決まった所に
結合するだけなんで 作業自体は簡単ですね〜
あとは リモコンで細かな設定をすればOK!

最近は滅多に付けなくなりましたね〜エンスタ!
そ〜言えば ターボタイマーも取り付けなくなりましたね〜...

今は ナビやETC それにドラレコ!ですね(^^)
ドラレコもいいヤツは入荷待ちです...
後ろにも付けて欲しい!って方も多くなりました(**)
これも 時代なんでしょうか...


 

2018年09月05日

CAN通信搭載車に電装品を取り付ける時の注意点

どうも!9月に入り若干涼しくはなりましたが
例年に比べると まだまだ暑いですね〜

さてさて みなさん ナビやETCやドラレコやらを
ご自分で取り付ける方がいると思います...
でも 最近の車に取り付ける時には
ちょっと注意が必要なんですね〜

インパネを外す時に 色々カプラを抜くと思います
ナビでもETCでもドラレコでも とりあえず
電源入るかな〜なんて思い
ちょいとエンジンキーをONしたりしますよね〜...

その瞬間に メーターパネルになにやら色々な
警告灯が点いちゃった...って事になるかもです...

IMG_3891.jpg

点いた警告灯の数々を紹介すると...

IMG_2761.jpg
スマートアシスト 故障

IMG_2762.jpg
アイドリングストップ 故障

IMG_2760.jpg
エンジンシステム 異常

え〜俺なんかやらかした〜!っとパニクる事 間違いなし!です(笑)

ちょっと電源を確認しただけなのに
なんで 色々壊れるの!っと言いたいところなんですが
その原因は こちら!

IMG_2747.jpg

クーラーのカプラをつけないまま
エンジンキーをONしちゃったから なんですね〜...

こちらの車両はトヨタのルーミー
ダイハツのトールの OEMになります
最近の車には続々と採用されてきているんですが
こちらの車両には「CAN通信」が搭載されています

まあ CAN通信とは簡単に言うと
配線の数を減らす事で コストダウンや軽量化を図り
システムのスリム化にもなっている とてもすごい機能なんですが
しかし そのスリム化のせい(?)で 今回は
こんなトラブルになっちゃいました(笑)
つまり エアコンのコントローラーを介して
CAN通信がなされているために エアコンのカプラを抜いたがために
通信ができなくなり 色々な警告灯が点いてしまったって事

IMG_2746.jpg

したがって CAN通信が搭載されている車両は
外したカプラ等は全て取り付けてから
エンジンキーをONするようにしてください

CAN通信が正常だとECUが判断したら
警告灯は消灯していきますが
エンジンのチェックランプだけは
消えない可能性があります

IMG_3895.jpg

エンジンのチェックランプは診断機で消す事ができますので
診断機を使って消灯させましょう!
まあ 診断機を使わなくても消す方法はありますが...

CAN通信はこれから どんどん増えていくと思います
配線を分岐させるために タップ等でよ〜らパチパチやってると
不具合が発生する事もあります!

十分に気をつけながら 作業されてください(^^)



ファン
検索
アクセスカウンター
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ