2019年06月26日

スズキ「R」型エンジン ベルト交換に足りないものとは...

どうも!九州北部はやっと梅雨入りです
観測史上もっとも遅い梅雨入りとの事...
メガネの自分には いや〜な季節です(><)

さて 今回は スズキの「R」型のエンジンの
ベルト交換について ちょっとお話をしていきましょう!

同じ軽で言えば ダイハツさんが多くの車両に採用しているのが
以前このブログでも紹介した「ストレッチベルト」
SSTを使わないと ベルト交換が大変だ!っと言うお話を
させていただいたのですが...
スズキさんも 新型の「R」エンジンでやらかしちゃっています(*-*)
何をやらかしちゃったのかと言うと...
スズキの「R」エンジンのベルトの交換をする時なんですが
交換に必要なある部品が ないんです!

IMG_4641.jpg

こちらの車両はスズキのワゴンR スティングレー MH34S
エンジンの型式は「R06A」エンジンを下から見た状態です
ベルトは1本なんですが この太さでオートテンショナーではありません
なんと 手動式のテンショナーを採用しています
まあ そこは良いんですが テンショナーのアジャスト付近を見てみると...

IMG_4642.jpg

ここにあるものが付いていません!
何が付いていないかと言うと「アジャスティングボルト」です
これ 走っている途中に脱落したとか...新車の時につけ忘れたとか...
と言う問題ではないんです(^^)
「R」のエンジンが出初めた頃は 付いていたんですが
コストダウンのためか 軽量化のためか わかりませんが
途中から なくなってました(><)

サービスマニュアルにも
「ベルト調整する場合は アジャスティングボルトを取り付けて調整し
調整が終わったら外して回収する」っとあるんですね〜

IMG_4663.jpg

そんでもってアジャスティングボルトを純正品で注文すると
こんなボルトが300円します(笑)
なので 形が同じボルトであれば良いので 近くの量販店で
同じようなボルトを購入する事にしました...
写真にあるボルトが その買ってきたボルト
M8×1.25 長さが約50センチのボルトです!

値段も1/5なんでリーズナブルです(^^)

IMG_4652.jpg

こんな感じで取り付けて ベルトを調整なり交換します!
まあ 今後の事もあるので そのまま取り付けたままにしていても良いのかな〜...

IMG_4656.jpg

ベルトは見た感じ悪くありませんでした
しかし 気をつけていただきたい事が1つあります
この「R」エンジンのベルトが「リコール」になっています
全ての車種でと言う訳ではありませんが
もし「R」エンジンに乗っている方がいたら
ディーラーにお問い合わせください!
まあ ハガキが来るとは思いますけど...



ファン
検索
アクセスカウンター
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ