2019年05月10日

エンジン不調 アイドリング不調 スズキ ワゴンR MH23S

どうも!いや〜うちでもさすがの9連休でしたが
体の方が まだどうもお休み気分みたいで...(笑)

さて 今回の車両は スズキ ワゴンR MH23S
まだまだ走りまくってる人気の車種です(^^)

「たま〜に信号待ちをしていると車体が震えるくらい
エンジンの調子が悪くなり エンストする」との事...
再始動もなかなか出来ない状態なので 診てほしいっと
お客さんからTELがありました
うちでは1度も点検した事がない車両で
お客さんの息子さんの奥様が乗られている車両みたいです(*-*)

ほどなくしてご来店...
代車と入れ替えさせていただき 早速診断...
チェックランプの点灯はありません
何かメモリーされているかもしれないと
試しに診断機でチェックするもノーコード(^^)

信号待ちをしているとドドりながらエンストするとの事でしたの
実際に試乗してみる事に...
すると すぐに症状が出ました!
「トトトト...   ストン」っとエンスト
その後 クランキングするもエンジン始動はならず
ですが アクセルを踏み込みながらエンジンを始動すると
エンジンはかかりますが アイドリングが低い...

まあ この車両にはたまにあるんですが
典型的なアイドリング不調ですね〜
メンテナンス(オイル交換を含め)をやっとかないと
このエンジンは すぐにご機嫌斜めになってしまいます(笑)

IMG_4375.jpg

まずは スロットルボディが見える所までバラして行きます

IMG_4380.jpg

ポートの周りやバタフライに少し汚れがあります(><)
ISCVに行く穴もほどほどに汚れるみたい...
次に ISCV をバラして行きます...

IMG_4383.jpg

んで このブログでも何回もご説明はしているんですが
「ISCV」とはなんぞや!?って話ですよね〜
スロットルバルブのバイパス通路を流れる
空気量を調整してアイドル回転数を制御する部品を
「アイドル スピード コントロール バルブ」と言い
英語の頭文字をとり「ISCV」と読んでいます
日本語では「アイドル回転速度制御」って感じかな〜(^^)

この部品の先端に汚れが溜まっていると
正常な空気量をエンジン側に送る事が出来ず
エンジン不調になってしまうんです(><)

IMG_4389.jpg

また バイパス通路にも汚れは溜まっています
ISCVだけ清掃する方が「なんかイマイチな感じ」っと思うのは
ここのバイパス通路の清掃を怠っているのではないかな〜っと思います

IMG_4414.jpg

清掃してみると やはり汚れていました(><)
これじゃ〜エンストするでしょうね〜...
スロットルバルブの方もキレイにしておきましょう!

それから スロットルボディの清掃に関して
賛否両論ある所なんですが...
「下側のバイメタルの方は清掃しないんですか?」っと
よく質問されます(Youtubeの方ですけど)

IMG_4423.jpg

結論から言うと うちの会社では分解・清掃はしていません

理由は 3つあります(@@)
1つ目は ディーラーが正式に非分解と謳っているからです
まあセオリー通りっちゃ〜セオリー通りなんですが...
2つ目は 中に入っている部品(バイメタルやOリングなど)の
設定がありません
よくOリングがパッキパキになって切れる事が多いんです
以前 分解していた時にOリングが切れていて 部品屋さんに
「Oリング頂戴〜」っと言うと
「設定ないですよ〜」って言われ
ちょうど合うOリングを探す旅に出かけた事がありましたから(笑)
3つ目は よほどの汚れではない限り 清掃しなくても調子は戻るからです
バイパス通路は中で繋がっていますんで 泡状のキャブコンを
入口と出口とから注入してやれば この部分まで到達します
あとは ちゃんとパーツクリーナーで洗い しっかりとエアブローすれば
大体の車はOKなんです(まあ ここも賛否両論なんですが...)
分解のリスクを考えると 分解せずに清掃するのがベターって事で
うちの会社では そう言う方針となっています(^^)

ちなみに 分解するとこんな感じです!

IMG_4426.jpg

中にバイメタルがあり プラスチック製のバルブが入っています
この手前に見えるOリングがパッキパキになっていて
外すと高確率で切れます(*-*)
そんでもって 意外とぴったりなOリングがないんですね〜(><)
まあ それでも分解したい!って方は自己責任でお願いします(m-m)

また 先ほど外してキレイにしたISCVはなんですが
6局のステップモーター式のISCVは単体点検ができます
3局のロータリーソレノイド式はできません(><)
基準値はメーカーによっても異なりますんで
調べていただきたいんですが 大体25Ω〜35Ωくらいです
上下に3局づつありますんで
上側の真ん中と右 真ん中と左
下側の真ん中と右 真ん中と左
の抵抗値がほぼほぼ同じであれば OKです(^^)
ちなみに いずれかがショートしている場合
ISCVだけではなく ECUまで壊れている可能性がありますので
気をつけてください!(><)

さて ISCVもキレイになったところで これでOK!
っと言いたいところなんですが ここでちょっと気になる点があります...

エンスト後 エンジンを再始動した時に
アクセルを踏み込まないとエンジンがかかってくれませんでした
こんな症状の時は OCVの動きが悪い可能性もあります

IMG_4377.jpg

OCVはこのブログでも そんなに紹介していませんね〜(><)
「OCV」とはなんぞや!?って話です(笑)
可変バルブやVVT-iの話をすると ちょっと長くなりそうなんで
簡単に言うと オイルの流れる通路を変えて
エンジンを良い状態にします(めっちゃ簡単に言ってます)

「オイル コントロール バルブ」と言い
英語の頭文字をとり「OCV」と読んでいます
日本語では「オイルの流れる通路を制御する弁」って感じかな〜
(もうそのまま読んでますけど...)(^^)

このバルブの動きが悪いと レスポンスが悪くなったり
アイドルが落ちてエンストする事もあります
(ちょっとだけ詳しく説明すると...)
アイドリングの時は最遅角にならないといけないので
仮に わずかでも進角していれば オーバーラップが大きくなるので...

IMG_4472.jpg

でも バラして見たんですが こちらは予想よりも
キレイでした...(笑)
ただ オイル管理が悪くスラッジが悪さをするんで
キャブコン等で洗浄しちゃいましょう!
パッキンは新品と交換してくださいね〜
オイル漏れの原因になりますからね〜

あと 洗浄する時には電気を流して 実際にプランジャーを
動かしてみると良いでしょう(^^)
あとはパーツクリーナーで洗浄し しっかりとエアブローしてください
ちなみに OCVは単体点検もできます
若干 メーカーによっても違いがあるんですが
基準が20度で7〜8Ωであれば OKです!

あとは 全てを組み上げて試運転してみて
問題なければ 修理完了です!
実際 この車両は 部品の洗浄だけで
トラブルは解決しました(よかったよかった)

お客さんにも「とりあえず これで様子を見てください」っと説明
スズキのK6Aのエンジンでは ISCVやOCVの不良で
エンジン不調やアイドリング不調になる事が多いです(><)
定期的にオイルの交換はしましょうね〜(^^)




この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8792891
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
アクセスカウンター
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ