2017年08月20日

11.17 表内のデーターを移動する/コピーする


クリップボードを経由する方法


・ここではツールバーのボタンではなく、コンテキストメニューを使う方法を説明します。
 マウスの移動量が最小限に抑えられるので私は重宝しています。

1.コピー元を選択します。
 1117_01_cpmoto1.png

2.選択範囲内を右クリックして表示されたメニューの「コピー」をクリックします。
 1117_02_copy1.png

3.コピー先の範囲を選択します。(とびとびの範囲を選択できます)
 1117_03_cpsaki1.png

4.コピー先の範囲を右クリックし、メニューの「貼り付け」をクリックします。
 1117_04_harituke1.png

5.コピー先にセルの内容がコピーされます。
 1117_05_result1.png


・次に行方向の場合について説明します。

1.コピー元を選択します。
 1117_06_cpmoto2.png

2.選択範囲内を右クリックし、メニューのコピーをクリックします。
 1117_07_copy2.png

3.コピー先を選択します。
 1117_08_cpsaki2.png

4.コピー先の範囲内を右クリックし、メニューの貼り付けをクリックします。
 1117_09_harituke2.png

5.コピー先にセルの内容がコピーされます。
 1117_10_result2.png

・クリップボードにデーターが残っている間は、繰り返し貼り付けを行うことができます。

・この方法で移動(コピー元にデーターを残さない)の場合は、手順2で「切り取り」
 をクリックしてください。




クリップボードを経由しない方法


1.移動元を範囲選択します。
2.マウスポインタが左に傾いた白い矢印の状態で移動先にドラッグします。
 1117_11_drag1.png

3.移動先でマウスのボタンを放すとセルの内容が移動します。
 1117_12_drag2.png

・この方法でコピーするときは、「Ctrl」キーを押しながらドラッグしてください。












目次
[PR]
ワープロ、表計算、プレゼンテーション
VBA非対応、追加フォントなし
クリップアートなし、無料体験版

WPS Office 30日無料体験版 (旧 KINGSOFT Office) |ダウンロード版



ワープロ、表計算、プレゼンテーション
フォント11書体、クリップアート777種類

キングソフト WPS Office Standard Edition



ワープロ、表計算、プレゼンテーション
VBA対応、フォント11+12書体
クリップアート777種類

キングソフト WPS Office Gold Edition



プレゼンテーションのみ
フォント11+29書体
クリップアート777種類

キングソフト WPS Office Premium Presentation



 
 
[PR]
 
富士通直販 【わけありパソコン】この価格にはワケがある!  
 
速度重視の新規格のインターネット。最大2カ月の無料体験。  
 
パソコン買ったらまず入れる10のアプリ  
 
【朝日新聞デジタル】本紙に匹敵する充実コンテンツ。本紙過去1年分も検索し放題!  
 
A8.netの申し込みページ