ファン
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
(3)
月別アーカイブ
人気ブログランキング
人気ブログランキング参加中です。応援よろしくおねがいします。
記事ランキング

2019年08月17日

保護したシロ鯖の猫を飼うことに決めた。それとインスタグラムように撮影したこてつの失敗写真集


さて、前記事までは里親へ引きわたしたお話をかいていましたが
いよいよ、こてつonlyの成長日記の始まりです。

我が家にこてつ。シロ鯖柄の猫を家族として迎えました。
小さな小さな子猫。そんなこてつは警戒心Maxボーイだったのに

いまでは激甘えん坊いたずらボーイに大変身してしまった。


そのギャップが可愛くて可愛くて写真をたくさんとってしまうのでインスタグラムアカウントを開設したんです
※↑クリックでインスタグラムに飛びます。

失敗写真もたくさんとってしまうので失敗写真と動画を基本ブログで紹介していこうかなと思います。

という事で本日のとれたて失敗写真です。
IMG_3433[1].JPG

これは、大好きなビニール袋をおいかけまわしているところをOlympus pen8のカメラで必死に撮る。結構汗かきますが、でも楽しいのでOKです。


そして、なぜかこてつはおはよう〜ってきたのに
すぐいなくなってしまった。
ここからリンク飛べるので良かったらみてください。す〜ぐいなくなっちゃうので…(笑)


ーーー今日の猫の生態ーーー


猫って約3000年前にはすでに家族としてむかえられていたそうですよ!
考古学者が古代エジプトの遺跡を調査したとき5000年前の遺跡から猫の壁画を発見したらしい…。
もともとはネズミ捕るところから神の使いとして神聖視されていたみたいですね。

※諸説あり

そして猫好きさん!ぜひこのマンガを読んでほしい。
可愛いからとてもとてもかわいい。あえて内容はいいません。


2019年08月16日

グレーの洋雑種雌猫を里親へ引き渡しと思わぬハプニング。

こんにちは!
今日は女の子のたいがちゃんを引き渡しに行った時のお話です。
image1 (7).jpeg

里親さんのお家はこてつの飼い主もものお家から車で4時間半。
午前中が希望とのことで仲介者の友人と駐車場のある場所で待ち合わせをすることに。

午前10時を待ち合わせ時間としたので朝5時半に起きて出発…。

現地についてから友人へ連絡。

ここでハプニングが!
里親さんがまだ待ち合わせ場所へ来てないとのこと

その連絡が来たのが待ち合わせ時間10分過ぎた後。
こちらも渋滞等で遅れていたのである。


でも来ていない。さて、どうしたものか。

結果、いったん友人へ預けその日中に引き渡してもらう事にした。
キャリーケースごとおいていったので後日引き取りに行かねばならない。
キャリーケースは猫に対して1対1である方が楽です。



昼の12時過ぎに引き渡したlineがきたので安心したのだった。
本当は里親とあいさつがしたかったのだが近距離ではないためしかたがない。

子のこは懐きずらいので心配だったのだが後日、写真がきたので安心した。
あとは仲良くなってもらうことを祈る。

世界一幸せにあいされてね♡




知識的に知ってる人も知らない人もいるかと思いますが。
私が昨日からペット介護士の資格の勉強をしはじめたのでインプットしたものをアウトプットするために!

−−−猫の生態−−−

猫が高いところから落ちてもケガをする事が少ないのは、平衡(へいこう)感覚と高い運動能力があるからです。これは背骨が短い円柱状の骨が連なっているため弓のように丸めたり伸ばしたりできる背骨のおかげです。この骨は衝撃を吸収するクッションの役割を果たしているそうです。なるほど|д゚)
−−−−−−


今日のこてつはこちらからどうぞ↓↓
こてつ専用インスタグラムアカウント開設中。フォロワーさんが少しずつ増えてきて嬉しいです。

こてつ、まだ小さいのに抜け毛がすごい。そんな時に便利アイテムを発見しました。


服についた抜け毛に困っていたけどこれでオールオッケー!

2019年08月15日

子猫をワクチンへ連れて行った結果、大暴れ。

2019年7月29日。

子猫たちをワクチンへ連れていくことに決めていた。
予約制の動物病院の為、電話したところ、午前11時であればとのことで連れて行った。

連れていくときもキャリーケースに自分から入ってもらい扉をしめた。

いつも最初に入るのはテオ君。次にこてつ。最後に姫の順。

連れて行って、ワクチンを打ってもらう。

ワクチンは2回。

親猫からもらった抗体がなくなってしまうため必要になります。
※ワクチンを打ってもらうタイミングは先生の指示に従ってください。

順番に見てもらった。

トップバッター。テオ君。
もともと人懐こい茶トラのテオ君。

image1 (8).jpeg

ファーともなんともいわず。終了。
ただ終わったあとが大変。

よいしょと私が抱き上げたら猛ダッシュで首の後ろにしがみついて痛い事。
ワンピースがボロボロに…。

2番目。こてつ。
ビビりの警戒心MAXボーイ

image1 (5).jpeg

診察台に上った時点で顔がド緊張…
でも、何事も無く終了。
こてつの専用インスタグラムアカウントを開設しました。よければのぞいてみてください。


3番目。唯一の女の子。たいが
一番なつかなかった。ツンデレガール。

image1 (7).jpeg

暴れるかと思いきやこちらも何事も無く終了。
一番あばれたのはテオくんでした。
こてつは固まって。
姫はファー!といって。

キャリーケースに3匹収まって終了。

ワクチンを打った後、テオくんを里親先へ。

食いしん坊なテオくんなので今すごく大きく成長中。
2019年8月14日現在、先住猫さんのエサまでも食べると聞きました。テオ君らしい。

世界一幸せになりますように♡

たいがちゃんは1回目のワクチンをやって1か月後に引き渡しを約束しました。
2019年の8月3日に新しいおうちへ。

次のワクチンは8月の26日の予定にしました。
人が出来る事は出来るだけやる。

今日、爪切りを挑戦したんですが、両手の詰めを切る難しさをしりました。
でも、室内飼いなので切ってあげる必要せいがあります。

爪とぎだけでは足りないそうです…。

このタイプの爪切りは子猫の小さな爪を切るのに最適です。


ランキング参加中です。

人気ブログランキング

2019年08月14日

保護した子猫を病院へ連れていくタイミング。

しばらくして、2019年の7月11日。
3匹を動物病院へ…。

本当は見つけた時にすぐにでも連れて行った方が…と思ってとりあえず動物病院へ電話した。

見つけた当初、生まれて1か月もたっていないかもしれない。との見解で思ったより元気だったこともあり、先生からの指示はもう少し成長してからにしましょう。とのことだった。

あまりに早く連れて行ったとしても検査に耐えれないかもしれないこと。
小さいために結果が出ないかもしれないこと。

そのため私は頭を悩ませながら少し成長を見守ることにした。

衰弱している場合は即座に病院へ連れてい居て下さい。
専門の方や猫を飼ってる方へアドバイスを頂ける場合は聞いてあげてください。

人間は守ろうと思えば行動ができます。
保護したら病院へ連れて行く事が大事。
病気の発見やその後の世話へのアドバイスがいただけます。

里親を探しているうちに名前をつけると情がうつると思って1回目の時は名前をつけずに一緒に病院へ。

結果。名前はつけたほうがいいです。


仮にでも名前を付けてあげた方が診察の時に困りません。先生も保護者も。
そして、名前をつけなかったため、その時は診察券は番号になりました。

性別も小さい時は病院の先生へ見てもらってください。
引き渡し後、成長したら性別が…となる事もあるようです。
そして性別は結果。

D6D85155-05B8-427F-AB34-B2B53975FF56.jpeg

グレー:女の子・たいが(ひめorマダム)
茶トラ:男の子・テオ (ちゃこ)
鯖トラ:男の子・こてつ(梅くん)
※()内は飼い主が決まるまでの仮の呼び名です。
の3兄姉でした。
こてつの専用インスタグラムアカウントを開設しました。よければのぞいてみてください。


この時にお腹に虫がいるかの検査もしてもらいましたが、小さすぎて分からず。
1回目のワクチンの時に居るとわかりました。

ワクチンの様子はまた後日、記事をUPします。お楽しみに。

すっごく可愛くても家に帰ってくると部屋の臭いありませんか?
犬を飼っていた時も今も仕事から帰ってくると獣臭いがある時があります。

私とこてつが生活している家は賃貸の為、出るときのことを考えれば臭いも気にしなければとおもいます。
猫や犬以外にもハムスターやインコにも使用できるそうなので、よければ見てみてください。↓↓

人も動物も臭いには敏感だとおもうので!お互い気持ちよく生活するためには必要なアイテムかとおもいます。
ペットの臭いでお悩みの方に

2019年08月13日

捕獲とお引越し。

こてつの成長インスタグラム開始したのでインスタグラムをやってる人はフォローしてていただけると嬉しいです。

はてさて、この3匹を移動するにはどうしたものか……。
触るどころか近づけもしない、捕獲機もない。

って事で、キャリーケースをおいてそこに全員はいるまで、長期戦待機することにしたのでした。

実は捕獲しようとした時1回目を失敗に終わってしまったのである。

最初の一発目で捕獲を試みたのだが姉が来た時に強引に捕まえたため、おびえて次の日には警戒心Max
そして私の内心事情も荒れ模様である。


ですがこういう事に関して気の長ーい私。

同じ部屋に私は人じゃなくて物。人じゃありませ〜んと思いながらキャリーケースに入るまで観察をすることに決めました。

そしてお引越し成功!
所要時間4時間。長いのか短いのか…

キャリーケースに収まった写真はないんですが、引っ越し後の写真。

image31 (4).jpeg

寝てますねぇ。本当は3匹まとめて飼って上げれたら一番なのでしょうが
経済的理由等も考えれば幸せを考えればと里親様をさがさせていただきました。

抱きついている甘えん坊がこてつです。



そして話は変わってしまいますが、旅猫リポートみなさんみましたか?

私はもともと原作ファンではあったのですが地上波を見てまた泣きました。

猫好き、動物好き、それ以外の方も(笑)見るべきです。


映画しか見たことが無いという方はぜひ有川浩さんの原作を読んでいただけるとまた
新しい視点で映画を見ることが出来ると思います。

小説でもとてもナナと主人公のよさがでてますので、おすすめですよ。


posted by mayu at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年08月11日

頭いいのは猫だから?

よちよち歩きの3匹さん。

この3匹の世話を決めた日にいきなりのことで猫に関するものが家に何もなかった。
奇跡的に残っていた愛犬のウエットフードをとりあえず与えることにした。

※犬と猫のフードは栄養素が違うため本当はよくありません。適切なものをあたえてください。緊急の為だったことをご理解おねがいします。

月齢もよくわからなかったため、0歳から〜というものを買ってきた。

エサをどうすればいいかわからなくてとりあえずフードに水を浸して
ふやかして与える。

食べるか心配した。むしろこれがご飯である事を理解してくれるかも心配だった。

でも、たべてくれた。よかった。


こてつは一番最後にやって来た。そしてたべるのが遅かった。警戒心も一番つよかった。


そして、猫とは頭のいい生き物であると思ったことが2つ。

トイレ砂を用意して夕方セットしたところ、次の日にはしっかりと正しい使い方をしていた形跡があったこと。

人間だってトイレトレーニングには時間がかかるのに。
しかも親猫もそれきり来ず、誰に教えられるでもなくつかいこなせていたのだ。

もう一つは、寝床が小屋の木屑袋の上だったのでキャリーケースを入れてみた。
IMG_2233[1].JPG

これも使いこなしていた。

これは本能もあるかもしれないが、猫は頭がいいのだなと思った。

しかもだ、何もおしえずとも3匹一緒におさまっているではないか、これもまた愛くるしい生き物だなと思った。

キャリーケースをおいたのはもう一つりゆうがありました。
病院につれていくときのため、そして、小屋から移動させるときの手段。

ずっと小屋に置いておくわけにもいかず。親猫も来ず。なので人目があるところへ移動し里親へ引き渡すまでお世話をすることに…。

移動するの伴い猫脱走防止グッズがとても欲しいのでした。




posted by mayu at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年08月09日

小屋に子猫が3匹?!

6月下旬、いつの間にか実家の小屋に子猫が3匹住み着いてた。
実のところ6月の上旬に中3の時から一緒の愛犬をなくしたばかりで悲しみも開けてない頃に

出現したのだ。
IMG_2198[1].JPG

25年。私が生きてきてそんなことは1度もなかったのに、タイミングが不思議だった。

人間の悪いくせかもしれないけど何か理由があるのかと思ってしまった。

発見後、愛犬を連れて行っていた動物病院へ電話をし指示を仰いだ。

親猫がかえってくる可能性も考えて、同じ場所でお世話をしてくださいとのこと。

思ったよりも子猫たちは元気なため、しばらく小屋で様子を見ることにした。

猫は飼った事がなくて悩んだ。
猫飼いの友達に聞いたり本を、よんだり、てんやわんやとした。

親猫は実はどちらも近所の飼い猫。
田舎なので、だいたいわかるが近所トラブルになるため、子猫を産んだことは言わなかった。

家に生まれたのも何かの縁と思って、里親さがしと、お世話をする事にきめた。

去勢はかわいそうだと思いますか?
私は愛犬を炎症生乳がんで亡くしました。乳がん、それは犬、猫どちらも去勢していれば減ったリスクだと愛犬が病気になってから初めて知りました。

リスクを減らし、最後まで元気でいてほしい。そう思うのであれば去勢をすすめます。


この3匹が生まれた時期に里親を探しているとウチにも生まれて困っていると話をよく聞きました。

まだまだ、病気のリスクや去勢、人として、何ができるか、や飼い主としての責任。

勉強不足なところもきっとあるんだと思います。勉強も必要ですね!

そうして、私は小屋で生まれた『こてつ』を飼うことにきめました。
※3匹とも飼い主さんは決まっています。途中までは見つかるまでの過程を書いてこうと思います


写真もたくさんあげれたらと思いますので!よければ小屋うまれのこてつの成長を見て行って下さい!


posted by mayu at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) |
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
mayuさんの画像
mayu
はじめまして、こんにちは! 小屋で生まれた猫、こてつの飼い主です。 こてつの成長日記をつけています。
プロフィール
リンク集