2018年11月28日

俺の実家は小さい寺【怖い話】






俺の実家は小さい寺をやってて、

親父が憑き物祓いや人形供養してるのを何度も見てたが、

今までで1番怖かったのが赤ちゃんの人形。


ミルクとか飲ませるような結構デカイ人形(わかるかな?)。


当時10歳くらいだった俺は、夜トイレに起きると、

人形部屋(供養する人形や、供養前の人形を集めた部屋)から、

ミャーミャー猫のような鳴き声が聞こえたので、

部屋に入って電気をつけた。



そしたら、ダンボールにガムテープぐるぐる巻きにした箱があって、

中からミャーミャー鳴き声とガリガリひっかいてるような音が聞こえ、

中に猫がいる!と思った俺は、

ガムテープをはがしてダンボールのふたをひらいた。



途端に鳴き声が止まり、中を見ると、

中にいたのは猫じゃなくて赤ちゃんの人形だった。



普通寝かせると目をつぶるタイプの人形なんだけど、

目をパッチリ開けて俺の顔を見ていた。


俺は怖くなって逃げようとしたが、

数歩後ずさったとこで腰を抜かし恐怖で動けなくなった。


ただひたすら箱を見ていると、箱がカタカタ揺れて人形の手が出てきて、

箱のフチを掴んだのが見えた。


出てくる!って直感的に思った俺は、目を瞑って叫びまくった。

そしたら親父が来て人形を抱き上げ、人形に向かって


「もう寝なさい」


と言い、今度は木箱を持ってきて、中に入れ蓋を閉めた。



その後、親父に「何をしてたんだ!」と酷く怒られて、

「箱の中から猫の鳴き声がした」と説明すると、溜め息をついて、

「今度から何かあったら、まず自分に言いなさい」と言われた。


その人形は、その日の夕方に近所のおばさんが持ってきて、

まだ親父も中の人形を見ていなかったそうだ。


そして次の日に、その人形は燃やす事になった。



寺に持ってきた人形でも、無害な物は人形部屋で供養しているのだけど、

動いたり声を出したりするのは危険だから、燃やす事にしていたらしい。



木箱に入っている人形に、お経を唱えながら親父が火をつけた途端に、

中から昨日のミャーミャー言う声が激しく聞こえてきた。


それに構わず親父お経を唱えた。



燃やした人形を出すと、

原型を止めていない黒いプラスチックの塊になっていた。


その塊は箱に入れて、無縁仏の墓に埋葬した。



その後何も無く、今では都内で独り暮らしをしているが、


夜中に猫の声が聞こえると、ビクッとしてしまう自分がいる。







posted by kowaihanashi6515 at 19:42 | TrackBack(0) |

時給3000円のバイト【怖い話】





今から10年近く前の話だ。


当時バカ学生街道まっしぐらだった僕は、

ろくに講義も受けずにバイトとスロットばっかりしていた。


おかげで2年生を2回やり、

4年生になっても月曜から土曜まで

みっしり講義を受けなければならず、

就職活動もできない状態に陥った。


僕は24時間営業の飲食店の深夜スタッフとして働いていた。


22時から朝の9時まで働き、朝のパチ屋の開店に並び、

モーニングを回収してから帰って寝る。



起きてからパチ屋に行き、軽く打ちながら

ストックの貯まり具合を確認してからバイトという

ローテーションだ。


その働いていた飲食店での話。



そこの店は、かつて火災により死者が出たことがある。



駅前のマンションの一階部分が店舗なのだが、

火災以降はテナントとして入った店がすぐに撤退してしまう。



そして、当時のオーナーがマンションごと手放し、

それを飲食店を経営する会社が丸ごと買い取った。


そして、一階部分で始めた店が、僕の働く店だった。


大学生活が始まってから1週間ほどで、僕はそこで働き始めた。


そして、働き始めてから一ヶ月後、

僕は深夜スタッフのチーフになった。


当時働いていた深夜スタッフの先輩達が、皆一斉に辞めたのだった。


僕について仕事を教えてくれた先輩に事情を聞いた。


「だってさぁ…。あの店ヤバイよ。出るんだもん。

お前も見たっしょ?働けねーって」


どうやら、昔火事で亡くなったという人が事務所に“出る”らしい。


しかし、僕はそんなもん見てないし、

そういった類のものも見たことがなかったので、信じがたかった。


先輩達は、毎日のように出るソレにうんざりしていた。


着替えていれば出るし、休憩に入れば出るし、

食材を取りに行けば出る。


僕が入った時点でまだ店はオープン2ヶ月ほどだったのだが、

その2ヶ月で先輩達は皆店に行くのが嫌になった。


さすがにばっくれるのは申し訳ないし、新たにバイトを募集して、

入ったヤツに全部教えて皆で逃げよう。


相談の結果そう決まった。とんでもない人達だ。


そして僕が入ったのだった。


「何が出るんですか…?」


恐る恐る僕は聞いた。



「お前マジで見てねーの?逆におかしいよそれ。

…真っ黒に焦げたオッサンが出るんだよ」


先輩達は皆、焦げたオッサンを見ているらしい。


そのオッサンがいることを、当然の事実として捉えている。


見えない僕のことを変人扱いしている。


それを聞いて僕も逃げることにした。


まだ見てないけど、そんなもん見たくない。



しかし、辞めたいと申し出た僕に対して、

オーナーは必死で引き止めた。


オーナーもそのオッサンを見たらしく、

“見えない”僕のことをとても貴重な存在に思ったらしい。


時給を3倍にするから働いてくれと言ってきた。


当時の僕の時給は1000円。


マックのバイトが680円の時代で、飲食店の時給1000円は、

貧乏な田舎モノの僕にとって魅力的だった。


それが3倍になる。時給3000円だ。


休憩を差し引いて一日9時間働くと、一日で27000円。


毎日やれば月30日として810000。


僕はバイトを続けることにした。


昼間の人達は、誰もそのオッサンを見ていないらしい。



深夜の営業に関して全権を渡された僕は、バイトを雇うことにした。


一人では何もできない。



時給を1200に上げて募集をかけたところ、すぐに応募があった。

しかし、雇った人は皆すぐに辞めていく。

理由は皆「怖いから」とのことだった。


事務所で面談をしていた人が、

僕の顔の少し横を見て固まったこともあった。

どうやら見えたらしい。

一向に僕は何も見ない。

なぜ僕には見えないのかはわからない。


逆に見てみたいとも思ったが、

やはり見えたら怖いと感じるのだろうか。


僕が鈍感なのだろうか。

それとも、所謂守護霊というものに守られているのだろうか。

わからない。


根気良く募集を続け、4人が残った。


ワケあり主婦のTさん。

フリーターのMさん。

人生の一発逆転を狙うNさん。

ボクシングのライセンスを持つSさんの4人だ。



どうやら僕の店は、地元では


「出る」「見えないヤツはおかしいってくらいに出る」


と有名になっていたらしい。


出るのであれば是非とも見たい。


見える上にお金ももらえるなんて素敵だ。


そういう魂胆の元に応募してきた人々だった。



全員が“見える人”らしく、

そういったものに慣れていたように思う。


彼らはイカれていた。



事務所の隅に向かって「よっ」と手を挙げて挨拶をするNさん。

ロッカーの前で空間に質問をしているTさん。


「煙かけたら消えちゃったよ〜」


とはヘビースモーカーのMさんの言だ。


Sさんだけは少し恐怖を感じるらしく、でも、


「もう人間相手じゃ恐怖って感じないんすよね。

久々っすよこの感じ」


と言っていた。



結局、僕はその仕事を6年間続けた。


その間に何人かバイト希望者が来たが、

結局はすぐに辞めていった。僕を含めたその5人で6年間。


その6年間で、僕は一度だけオッサンを見た。


パソコンに向かって売り上げを打ち込んでいたとき、

ディスプレイの片隅に人の顔が見えた。


ん?と思って振り返ると、一瞬だけそのオッサンが見えたのだ。


黒い服を着て、メガネをかけて、坊主頭の小太りなオッサン。


そしてふっと消えた。


それが僕の人生における、最初の心霊体験だ。


50代くらいだろうか。

焦げてはいない。


トイレと間違えて、たまに事務所に

お客さんが入ってくるような造りの店だったのだが、

またお客さんが紛れ込んだのかな?というくらいに、

普通の人間のような存在感だった。


Tさんに、「そのオッサンてメガネかけてる?」と聞くと、


「あ〜、そう言えばかけてるかも〜。

焦げ焦げでよくわかんないんだけど、多分かけてるね」


と言っていた。


こんな僕だから、霊体験はほとんどないのだが、

このバイトのメンバーとつるんでいると、

やたらと不思議なことが多かった。


また機会があれば、他の体験も書くかもしれない。




2018年11月22日

神様に求婚されたけど、振った姉【 ほんのりと怖い話】【神様・神社系の話】





姉の話。


姉はここ2、3ヶ月まえからダイエットしてる。



事務所の昼休みや帰りにウォーキングしたり


自転車で出たりしてて そのコースの途中に神社があるんだって。



だけどその神社は、

私も見たことあるんだけどいつも閉まってる


鳥居の足元にガレージとかにあるような

Xがいっぱい連なったみたいな感じの門がついてて、

鳥居からは入れないようになってる。


でも神社の隣にお寺があって、そのお寺から神社に行ける。


なんか姉はこの神社(以下A神社)に気に入られてるみたいだった



姉自身もいつも閉まってるA神社に興味持ってたみたいなんだけど

まるでA神社にも呼ばれてるみたいっていうのか車で前通ったとき、

寝てても誰かに呼ばれたみたいにパチって目覚めてきょろきょろして


「あ、ここの神社の前だったかー」


ってことが何回もあった


でもそのお寺とA神社は車が止めづらい場所にあって

なかなかお参り自体は出来なかったのね


私もかなり前に、一回姉にくっついて初詣に行ったことはあるけど


「寂れた神社だな。もっと掃除すればいいのに」


くらいしか思わなかった



境内に白い猫がいてその子はかわいかった



で、姉はウォーキングの途中にA神社に寄ってみた。


一回目は何もなかったんだけど、そのうち怖い夢を見るようになった


なんか怖いモノに襲われててどっかに避難してるのに、

そこから誰か知らない男の人に


「こっちに行こう、外は怖くないよ」


って、あの手この手で誘われるんだけど、


姉は「行ったら絶対にマズイ」


って思って必死に断る夢。


最初は気のせいだって思ってたらしいんだけど

一ヶ月くらい連続で見るようになって一定の法則があることに気が付いた


A神社に寄ると怖くない夢、神社の前を素通りすると怖い夢、

ウォーキングに行かないと怖いところから綺麗な場所に誘われる夢。


綺麗な場所の時はお祭りに誘われたり、

花とか星を見に行こうとか 綺麗な景色を見に行こうとか

なんかデートっぽい誘い方。


とうとうある日、姉は一番怖い夢を見た


真っ白の着物を着せられて、白木の箱に寝かされて、

火葬場の炉に入れられる。


扉が閉まると誰かが来て


「このままだと焼かれてしまうよ」


って 姉を連れ出そうとするんだって。



でも姉は


「体は焼けるけど、私は焼けないから大丈夫。

それより今出て行っちゃったら家族に会えなくなる」


って必死に断った


そしたらしびれ切らしたらしい相手が腕をぐって引っ張って、


「嫌だ!行かない!」


って叫んだら目が覚めて助かった。


「真っ白の着物って死に装束?」


って聞いたら


「花嫁衣裳だった」


って。


私は「それヤバいよ、変な神様に気に入られちゃったんじゃない?」


って言ったんだけど


姉は「神様がこんな普通の人間を気に入ったりなんかしないでしょ」


でもヤバいことは姉が一番分かってたから


「Aさんのことを言ってくる」


って、地元の大きな神社にお参りに行った。



そこでお守りを貰ってきて、

それを枕元に置いて寝るようにしたら怖い夢がなくなったらしい



今度はデートっぽい感じの夢ばっかりになったんだって。


花を貰うとか手紙が大量に来るとか


ストーカーに付きまとわれてるみたいな夢で、


そっちも必死に断ってたけど、今度は指輪を渡されたらしい。


怖いから指輪は嵌めなかったらしいけど、

指輪と言い花嫁衣装と言いなんか相手は本気っぽくない?


ってことで


地元で有名な八卦見さんのところに行くことになった。


八卦見さんはすごい人で、会って挨拶してすぐ


「○○町のA神社のことだね?」


といきなり言った。


姉は電話で


「怖い夢を見るから」


としか言ってないのに。


八卦見さんは


「あんたの後ろに神様が見える」


といって色々説明してくれた。


姉はやっぱりA神社の神様に気に入られちゃってたらしい。


でもA神社は開かずの神社になってて

誰も来ないから神様が病んじゃってた。


神様と荒れた神社に入って来た魔物が混ざって余計に病んじゃって、

魔物は姉を連れて行きたいんだけど、神様は姉を守ろうとしてる。


でも神様自身も寂しいから段々姉を神社に近付けようとしてた。


普段は神様が勝ってるし、

乱暴にすると姉に嫌われるから穏やかにしてるけど、

夢の中ではその抑えが利かなくて

あんな怖い夢になってたんだって。


地元の大きな神社にお参りしてからは、

魔物が抑えられたから 神様が正攻法で誘おうとしてる。


もう病んじゃって力が無いから、夢でしか誘えないんだって。


昔だったらお嫁さんとして修行に行かされてるところだって

言われてた。


「アンタは神様の妻になる気はある?」


って聞かれた姉は、


「いくら神様でも夢とはいえ棺桶に突っ込んでくれた

 相手なんて絶対無理です」


ってきっぱり断ってた。


八卦見さんは


「正気の時の神様は「時々姿を見せてくれるだけでいい」

 って言ってるよ。


 でも、つらかったら近付かなくてもいい」


って頷いてて、お守りはきちんと持ってろとか、

地元の神社には行くようにしろとか注意してた。


地元の神社の神様は力が強くて、

もうそこにお参りした後だったから

八卦見さんはあんまりすること無かったんだって。


姉は「なんで私が見込まれたんでしょう」

って聞いてた。


「今まで前を通ったことは何度もあるし、

 何年か前に行った時は何もなかったのに」


「前々から気にかけていらしたけど、

その何年か前のお参りに行った時にお気に召したんだろうね。


そういえばアンタ、

最近行き始めた最初の時に雨に降られたって言ってたね。


それ天気雨だったんじゃないの?」



「はい、 夕立だったんですけど、

 空の半分は晴れてて変な感じでした」


八卦見さんはやっぱりねっていう顔をした


「天気雨は狐の嫁入りっていうからね。

 嫁入りするのは狐だけじゃない、人間もだよ。


 しばらく来なくて寂しがっていたところに、

 また来てくれるようになったから、

 今度こそは逃すまいと思われたんだ」


情の深い神様だから長引くことは覚悟しなさいって言われて、

それであとは帰ってきた。


姉はウォーキングのコースを変えて、

わざわざ遠回りしてでもA神社の前を通らないようにしてる。


変な夢を見る頻度は減ったみたいで、

あとは徐々に治まっていくんだろうって言ってる。







2018年11月21日

開かずの神社【神社・神様系の怖い話】





現在進行形の話のためオチはないです。


職場の近くに開かずの神社があります。



お寺の敷地内にある神社で、神社とお寺の入り口は別々になっていて

お寺の門と神社の鳥居が横に並んでいる形なんですが、

お寺は普通に開いてるのにも関わらず、

神社の方は鳥居の下に門が取り付けられてていつも閉まっています。



家とは反対方向だからしょっちゅうは通らないんだけど

たまに前を通る時には妙に目に入ってくるのです。


バスに乗って下向いてスマホいじってても、何故かはっとして

顔を上げると丁度神社を通り過ぎるところ…ということがよくあります。


何で閉まってるんだろうって気になってたんですが

なかなか機会が無くて前を通るだけでした。


3年ほど前に一度だけ行けたことがありましたが、

それっきりずっと行っていない状態が続きました。


それで、ここ一ヶ月くらい前からウォーキングを始めたんですが

そのコースの途中にその神社の前を通るもので、

休憩がてら立ち寄ってみました。


神社はお寺の敷地と繋がってて、門こそ閉まっているけれど

お寺側からなら自由に入れるし、お坊さんも何も言いませんでした。



神社は草が生えたりしててお寺ほどきれいではありませんでしたが、

掃除はされているようでした。


で、いざお参りしようとしたら、鈴が無い。


色あせた紅白の紐はぶら下がってるんだけど、鈴は無いんです。


でもせっかくここまで来たんだから…と、鈴は無しで

「前通るたびに気になってました。今日ここに来れて嬉しいです」

と手を合わせてご挨拶だけしてきました。


その後、境内をちょっと見てきましたが

奉納されてる物を見ると十年くらい前までは

普通に開いてて近所の人が参拝に来てたみたいでした。


帰る時、寺の門を出ようとすると、急に大きな雨粒が落ちてきました


夕立というには物凄いゲリラ豪雨で、

慌てて入り口に近い神社の軒先に避難させてもらいました

ゲリラ豪雨だからか空の半分は晴れてて変な気分。


近くには雨宿りできそうな場所は全くなかったので、

もしお参りに来ていなかったらびしょ濡れになってたと思います。


神様に助けてもらったのかも…とほっこりした気分で帰宅しました。


ここまではまあ、何の害もない話。


神社に寄るようになってから、妙に怖い夢を見るようになりました。


夢なんてここ数年滅多に見なかったのに。


夢の内容はどれもリアルな感覚があって、

誰かにどこかに連れて行かれそうになって、

「いやだ、行かない」

と断って目が覚めます。


棺に入れられて火葬場の炉に入れられて、

そのまま誰かに連れて行かれそうになって断る、

ホラーゲームばりのお化けの巣窟と化した学校の教室から、

見回りのために廊下に出ようと言われて断る、

どこかの部屋に閉じ込められてて、

窓やドアをバンバンと叩く怖いものが外にいて、

それから逃げるために外に出ようと言われて断る、

怖い何かに探されてて、見つからないように必死で隠れているのに、

足元に外から大量の血が浸水してきて、

外には怖いものが待ち構えているのに出れば助かると言われて断る、

何かのホラーイベントしていて「ここは危険だから出よう」と

言われるけど「これはあくまでイベントだから」と言って断る、

カフェかレストランみたいな場所で昔ちょっと好きだっと先輩に

「外に面白いものがあるよ」と勧められるも断る、

賑やかにお祭りをしている村から、

誰かに星を見ようと誘われて外に出ようとするけど断る、

などなど。


今日なんかは山の中にある綺麗な泉を見に行こうと誘われて、

木々の緑の美しさに心惹かれて山に入りかけるも、

近くにあった池の魚に気を取られたお陰で、我に返って断れました。

誘ってくる誰かは、知っている人だったり知らない人だったり色々。


顔が見えない時もあります。


夢の中では「何か知らないけど怖いから断らなきゃ!」

と思って必死で断っています。


神社に寄った日は夢の表現はマイルドで、

寄らずに前を通っただけの日は夢の表現がR18Gに。


ウォーキングに行かなかったり、別のコースの日は、

R18Gの状態から美しい場所に誘われるパターンが多いです。


ただの夢だと言えば夢なんだけど、同じようなものばかりで気味が悪いし、

R18Gの夢は怖い。


私は一体、何の誘いを断っているんでしょうか。

とりあえず、絶対に誘いに乗るつもりはないです。







地質学の調査で山へ入ったとき地図には載っていない謎の集落を見つけた【田舎・集落の怖い話】





四国の大学で地質学の卒論を書いた。



フィールドワークで一人山に入るんだが、

基本的に道路から外れた本当山中をあるく。





基本的に山道を煤で川の上流まで上がってから、

川べりを下りながら露頭という地層が露出した個所を探しながら、

車が止めてあるスタート地点に戻る。





露頭を見つけたら、フィード帳に書き込み、

地図と合わせて地質図をつくる作業をするんだ。





その日も、一人で調査の為、山に入った。



一応コンパスと歩数でルートマップを作りつつ、

時々GPSで補正をする感じ。





たまに国土地理院の地図が間違っていて、

えらい目にあったという話も聞くが、

基本、こっちはマップを作りながら歩いているので、

まず迷うことない。





獣道をすすんで、

朝の8時から山に入って2時間ほど歩いていると、

盆地に広がる小さな集落に出た。





持っていた地図には載っていない。



集落があると言うことは、ここまで車で入れたわけで

ずいぶん山歩きを損した気になったのだけれど、



まぁ砂利道でも道を歩けるだけ良いかなぁとおもって

村の中に入っていった。





集落に近づくと、

なんかちよっと嫌な感じがした。





たしょう古ぼけてはいるけれど、

田んぼにも稲があるし戸締まりもきちんとしていて

廃虚と言う感じてはないのだけれど、

どうも人の気配がなさすぎる。





なんどかこういう集落を通ったことがあるけれど

朝方でひとが出ていないのはよくあるが、

犬なども居なくて静かすぎる。





どうしたものだろうと思っていると、

押し車を押しているばあさんが前からやってきたので

挨拶をすると、驚いたような顔をして、

ぷいと振り返って引っ込んでそれっきり。





なんか嫌だなぁ。



と思ってとりあえず、

集落の真ん中を通る道を山手のほうに向かって歩いていくと

道の脇の家に着いている電気メーターが目に入ったので、

ちよっと覗いてみてがく然とした。



ガワはあるが、中の機械がなかった。





慌てて向かいのメータを覗いたら

同じく中の機械がない。



その隣も、中身がなかった。





ここには数十件の家があるみたいが、

かなり人が住んでいない家が混じっているみたいで

ちよっと怖くなって、足早に砂利道を山手の方へいくと、



どん詰まりに公民館みたいな建物があって

なんか中から、人の声がワサワサと聞こえて、



ちよいビビりつつ公民館の横手をみると

結構大きい盛り土がしてあって、



無数の白い紙の人形のようなものが

割りばしみたいなのにつけられて突き刺さっていた。





こら、勘弁してください。



という感じで回れ右をして元きた道を一目散に下っていくと、

T字路で行き止まり。



下手は田んぼが尋がっている。





とりあえず一般道に出るために、

北方向とは向かい側の道を行くのだけれど、

一般道には出れず結局、また公民館みたいなのにいきあたる。





どうしたものか。と思っていると、

公民館から人がわらわらと出てくる気配が合って、

やっぱりちゃんと道を聞こうと出て行くと、



公民館から出て来たのが、

小学生ぐらいの子供たちがわらわらっと。





平日、学校にも行かずに

この子達は何をしているのだろう。





と思っていると中から

大人の男性が何人か出て来て、いきなり



「なにしてる!」



と叫んで、こっちに走ってきたものだから

怖くなって、全速力で山の方へ田んぼをかき分けながら逃げた。



叫び声はきこえるが追いかけてはいないようだった。





とりあえず高いところまで登って集落を見下ろすと、

外に抜ける道が一本もない。





そして奇妙なのが、公民館の裏手に無数の十字架のようなものが

立っているのが見えた。





盆地を迂回して車に戻ると、とりあえず役場に行って、

最新の地図をもらいながら、その話をしてみたが、

信じてもらえなかった。





何が何だかよく判らなかったが、

あれは、臨海学校か何かのキャンプ場だったと思うことで

納得させることにした。





一寸前に、大学の後輩から、

同じフィールドで卒論を書くとので

できたら相談にのってほしいと言われた。





卒論で書いた以上のことはなかったけれど、気になって

それとなく、あのフィールドで奇妙な場所はなかったかと聞いてみた。





一ヶ所、結構広い盆地なんですが、

一面掘り返したばかりのような更地で、

その上に、大量の便器が(トルコ式の便器らしい)

大量に捨てて合ったのを見つけたとのこと。





昔のフィールド帳を照らし合わせてみると

間違いなくあの場所だ。





「いや、ほんと、山から見ると、

 更地にごま塩みたいに便器がすててあるんですよ。

 車も入らないところに」



という後輩の話だった。








2018年11月18日

フィンランドの夜【怖い話】






こないだ親父が物置の整理をしててね。


一日中あさくってたかと思ったら、

夕方居間にガラクタの山を積み上げて昔を懐かしんでいた。


古着やら、レコードやら陶人形やら。。。

ふと一枚の写真が目についた。

そこにはソファに座った若かりし頃の親父と

若い白人女性が写っていた。


親父は痩せていて当時の流行りなのか

中途半端に長い髪がおかしい。



女の方はやや顎が弛んでいるがまあ美人の範疇だ。

写真について聞くと、大学3年の夏にヨーロッパを

放浪した時のものだと話してくれた。

「この子については未だによくわからないことがあるんだよ」

親父は意味ありげに言った。


俺はまさか一夜のチョメチョメ話じゃなかろうかと

警戒して部屋へ戻りかけた。


「気味が悪い話でな」

「なになに。怖い話?」

「ああ……」

ヨーロッパに来て一月半くらい経った頃だった。

俺は北欧に足を伸ばした。

フィンランドだ。

まず首都のヘルシンキに行ったが物価が高くて早々に出た。


そして北部のラップランドと呼ばれる地帯へ向かった。


地名は忘れたが小さな町に3日ほど滞在した。


都会よりは物価も安かったし、
日本人が来たのは初めてらしく歓迎してくれた。



地元新聞に記事まで載ったのには驚いたよ。

それに味をしめて今度は西部の田舎へ行った。

海沿いの町だった。

そこでもやはり日本人は珍しくて、

色々と質問攻めにあったりした。


中でも泊まったホテルのウェイトレスをしていた

女の子が日本に興味津々でね。


大学で東洋の文化を研究しているとかで。


その子は夏休み中ホテルに住み込みで働いてるそうで、

仕事がひけてからお喋りしたりした。


カタコトの英語でも結構通じるもんだ。

正直下心もあった。

ワンナイトラブってやつだ。

と言ってもナンパなんてしたことないから

自然とそんな雰囲気になればいいななんて


虫のいいことを考えてた。


そのために無理して一週間くらい滞在しようかとまで思った。

アホだよな。

で、3日目の夜。

その日も夕食後しばしロビーで彼女と話した後部屋へ戻った。

いつもは割とすぐ寝てしまうんだが、

その日は何故か寝付けなくてベッドに入ったままだらだらと

時を過ごしていた。


不意に声がした。

甲高い悲鳴のような女の声だ。

オーッ オーッというような。

俺はギョッとして時計を見た。

夜中の2時半。

カーテンをめくって外を見た。



フィンランドは夜中でも比較的明るいが、

町の人は夜更かししないのでいつも人気はない。


ホテルの前は広場になっていて敷き詰められた石畳が

美しい紋様を作り出している。



俺は広場を見回した。

だが悲鳴を上げた人物は見当たらない。

窓を開けて左手の道を見た。

かすかに人影が見える。

どうやらこちらへ来ているようだ。

そしてまた悲鳴が聞こえた。

さっきよりも大きく体の隅々まで行き渡るような

不快な声だった。


こちらへ向かう人影の速度が速くなった。

俺は窓を閉めた。

でもカーテンの陰から外を見るのは止めなかった。

悲鳴はひっきりなしに聞こえていた。


もはや悲鳴というより鳴き声のようだった。

かなり五月蝿いのだが、

周りの家からは誰も外には出て来ず、

明かりすら点かなかった。



そして不快な声の中遂に人影が広場に入ってきた。

それはネグリジェを着た女だった。

やたらと首を振りブルネットの長髪を振り乱しながら

広場を駆けずり回っている。



それはかなり異様な光景だった。

俺はそれに見入っていた。

あの女は何なのか。

何故誰も出てこないのか。

まさかこの世のものではないのか……。

ふと女が立ち止まった。


広場のど真ん中。

いつの間にか静寂が支配している。


ヤバい。

強烈な寒気が襲ってきた。

俺は身を引いてベッドに戻った。

毛布を引き上げた瞬間ノックの音が聞こえた。

俺は飛び上がりそうになった。

夜中に誰が訪ねて来たんだ。

ぐずぐずしていたらまたノック。

そう強くはないが、はっきりと聞こえた。

恐る恐る覗き穴で確認したら、彼女だった。

何をしにとか考える余裕もなくドアを開けた。

彼女は何やら切羽詰まった様子で

俺の襟首を掴んで引き寄せ耳元で囁いた。


「決して外を見ないで。静かにしていて」

そしてあっと言う間に出て行った。

俺は呆気に取られてしばらくドアの前に立ち尽くしていた。

と背後から絶叫が聞こえてきた。

体が跳ねて思わず声が漏れた。


一足飛びにベッドへ戻り毛布にくるまった。

絶叫は止まない。

まるでこの部屋をピンポイントで狙っているかのようだ。

しかも……

心なしか段々近付いているように聞こえる。

ここ5階なのに。


2階、3階、4階……

とうとう窓のすぐ外から……

バンバンバン バンバンバン

俺は気絶した。


翌朝は寝坊した。

あんなことがあった割には目覚めは悪くなく、

顔を洗うとサッパリして悪い夢を見ただけだと思えた。



人の少ないレストランで朝食を取っていたら

彼女が水を注ぎにきた。


昨夜とは打って変わって飛び切りの笑顔だった。

昨日のことを聞こうとしたが

笑みを浮かべたまま行ってしまった。


後ろ姿を見ながら首を傾げて向き直ると、

コップの横に小さく折り畳んだ紙片が置かれていた。


これはもしや……

ラブレター?

いよいよ旅先で金髪美人とアバンチュールかと期待に

股間が膨らんだ。


紙片をポケットに入れ急いで食事を済ませると

部屋へ戻った。

ドキドキしながら紙を広げた。


「あなた生け贄にされる。早く逃げて」

何だこれは。意味が解らない。


何で生け贄にされなきゃならないのか。頭が混乱した。

彼女に聞かなければと立ち上がったら、ノックがした。

ホテルのご主人だった。

気のいいおっさんだ。

手塚治虫の漫画に出て来るヒゲオヤジに似てる。


「あんた××日まで滞在の予定だったな」


「はい」

「もう少しおらんか。

 わしらももっと日本のことを聞きたいし。安くするから」

「え……と」

「ウェイトレスもそうして欲しいと言っとるぞ」

ハッとした。


「いえ、折角ですがもう出発しなくちゃいけなくなりました。

 その、友達と合流する約束をしていたのを忘れていまして」

ご主人は残念そうに引き留めたが重ねて断ると

案外あっさりと申し出を引っ込めた。



俺はすぐに荷物を纏めると午前中にホテルを出た。

彼女に一言別れを告げたかったが見当たらなかった。


ロビーにも通りにも人影はまばらで、

それなのにやたらと視線を感じた。


その日の内にフィンランドを出た。

「今思い返してもよく解らん出来事だった。

 その後 デンマークで知り合ったフィンランド人に話してみたんだが、

 彼も説明がつかないようだった。


 担がれたんだろうなんて言われたが田舎の人が

 そんなことするとは思えない」

「叫んでる女が地方に伝わる化け物で、

 現れたら必ず生け贄を捧げなきゃいけないとか?」


「俺も似たようなことを考えたが、

 そのフィンランド人はそんな化け物の伝説は

 聞いたことがないと言っていた」

親父は写真をじっと眺めていた。

「話はそれで終わりだ」

「あ、女の顔は見たの?」

「いいや。不思議と顔の記憶はない」

親父は写真から目を離して俺を見た。

「不思議と言えばこの彼女。ホテルのウェイトレス。

 どうしても名前を思い出せない。

 聞かなかったはずはないんだが……」
posted by kowaihanashi6515 at 19:57 | TrackBack(0) | 洒落怖

2018年11月14日

幽霊はデジタル化されるのか?【怖い話】





俺の地元は宮城の仙台なんだが、大学4年の頃に友達と面白半分で

「幽霊はデジタル化されるのか?」

という実験がしたくて、地元で有名な八木山橋にビデオ撮影にきた。



八木山橋についてはググってくれればわかると思うので、

軽く説明させてもらうと


1.昔はつり橋で、自殺の名所だった

2.つり橋じゃなくなっても自殺者が後を絶たなかったので柵を作った

3.橋の下は竜の口という谷になっており、

10年程前に閉鎖(がけ崩れの危険があるためと 好評してあるが、

自殺した人の遺体が回収しきれずに多数あるためのとの噂も)


興味がある人はググってくれ。



ビデオを撮影した時期はちょうど今ごろ。

時間は午前1時を過ぎてた頃だったと思う。



友人の車で八木山橋に向かい、

橋から少し離れたところに停車して歩いて橋に向かった。



当日は天気がよく、星が綺麗に見えてたのを覚えている。

橋に着いて車が来ないタイミングを見計らって撮影を開始。

友人はフェンスを背にして、仙台の夜景をバックにポーズを取ってた。


俺はビデオを三脚に固定し、

10分ほど撮影してたが途中で飽きてタバコをふかしてた。



さらに暇になったので、カメラ固定で録画ボタンを押してるまま、

俺も友人の隣に行って 一緒にタバコをふかしたりふざけあっていた。



30分ほどしたら二人とも飽きてしまったので、

停止ボタンを押してビデオを止め、友人の アパートへと帰った。

この帰る時点での時間は午前1:35くらいだったと思う。



友人宅に戻り、早速上映会開始。


・・・案の定画面には友人がアフォなことしてる姿が映ってた。

撮影して野次を飛ばしてる俺の声ももちろん入ってる。

10分ほど経過して、飽きた俺が友人と二人で写ってる場面になった。

この直後、画面右に白い物が写ってた。



背景が夜景だけに、

光の加減で写ったのであろうと最初は思ったが、

動きがどうもおかしい。


よく見ると、何か布のように見える。


その布はだんだんと左によっていき、その全貌が見えてきた。


白いスカートだった。


だんだん左に行くにつれて、全貌が見えてきた。

白いワンピースをきた女性が画面の中に入ってきた。


入ってきた位置からして丁度↓のような感じ


         ■←カメラ

         ○←女性
     →友人● ●←俺
________________________
        フェンス


もちろんであるが、当時の俺たちはそんなのを見なかった。


女性はうつむき加減で画面におり、

白いワンピースに裸足、長い黒髪だった。


カメラに背を向け、俺と友人の間をすり抜けると、

フェンスの手前まで歩いてきた。



そしてそのままフェンスを登り始めた。


フェンスの上部は「ねずみ返し」のような構造になっており、

さらに鉄条網があって 普通には超えられないようになっているが、

それが無いかのようによじ登って行く。



そしてそのまま橋の下に落下・・・。



画面を見てる俺と友人は呆然。


その時には何が起きたのか分からなかった。


画面では俺と友人がアフォなことをして、

見てる俺たちは凍り付いていた。



女性が落ちた10数秒後、また女性が画面右から現れた。



最初と違う点は、以下の通り

1.ワンピースが血まみれ

2.髪の毛がボサボサ

3.皮膚の所々が裂けてる&腫れあがってる

4.内臓(多分小腸?)を引きずってた


表情は相変わらず分からない。


間違いなく「落ちた」と分かるような姿で再び現れ、

またもや俺と友人の間をすり抜けて フェンスによじ登り、

そのまま落ちていった。



そしてまた画面右から現れ・・・

と、どんどん悲惨な状態になって

現れては落ちての繰り返し映像になった。



何度落ちただろうか。


白かったワンピースは赤茶色に染まり、見るも無残に敗れていた。


左足も折れてたような気がする。


今まで見たどんなグロ画像よりもグロいのが画面に写ってた。



また落ちるのかと思ったら、フェンスを登る直前に動きが止まり、

画面を振り向いてきた。


その時に初めて顔を見たのだが、両目が無かった。


正しくは

「両目がある場所が空洞になっていた」

感じかな。

そしてそのまま画面に向かって歩いてきた。



カメラは人の胸の高さ150cmくらいに固定してたので、

女性が近づくと画面一杯に 女性の服が映った。



写った部位は丁度乳〜鎖骨らへん。

この部分も血まみれ&変色してグロかった。



女性が画面に近づいたと思ったら、

カメラのアングルがスーっと上に上がった。


感覚としてはカメラを持ち上げた感じ。

そしてそのまま女性の顔のドアップが画面いっぱいに・・・。



女性は何かぶつぶつ呟いていたが、よく聞き取れなかった。

口がボソボソと動いて、間違いなく何かしゃべっていた。



そしてそこで撮影が切れたようで、砂嵐になった。


当時は帰るまでキチンと撮影状態にあったので、

なぜ勝手に撮影が終わってるのか、

なぜ砂嵐になってるのか見当もつかなかった。



この映像を見た後、二人でしばらく凍ってたが、

とりあえず寝て明日教授に見せようと

結論を出したところでお互いに寝た。



友人は二階の寝室へ、俺は布団+タオルケットで寝た。


精神的に疲れてたせいか、すぐに眠れたと思う。


ふと目が覚め、首を動かして時計を見たら4時ちょっと前だった。


俺は寝る時に横を向いて寝る癖があるのだが、

その時に人生で初めて金縛りにあった。



首を動かして時間を確認し、

またもとの位置に戻した時に金縛りにあった。


目の前には足が見えた。


目しか動かせる状態で、

視線を↑に向けると白いヒラヒラしたのが見えた。


「あー、ビデオに写ってた女性か」


俺は冷静にそんなことを思ってしまったのを覚えている。



目は閉じようと思っても閉じられなかった。

ただ、瞬きだけはできた。



スカートを確認し、視線を目の前の足に戻した所で、

女性の足を血がツツーと流れ落ちてくるのが見えた。



布団はみるみる染まって行き、

だんだんと染みが広がっていく様子が分かった。


横を向いてる俺の耳〜頬にかけても、血?が垂れてきてた。


血と分かった理由は、明らかにヌルっとしていて、

生暖かかったからだ。


それがポツポツと垂れてくるのが分かる。



もう((((;゚Д゚)))ガクガクブルブルしてしまい、パニック状態だった。



もう帰ってくれと思った時に、

目の前にビデオでアップになった女の顔が現れた。


正確には、

「俺の枕もとに立ってたが、

 立ちながら俺の顔を覗き込むようにして見て来た」

そんな感じ。



鼻と鼻がくっつきそうな距離まで近づかれて、

何かをブツブツ言い始めた。


この距離でいても、鼻息どころか声を出した時の息さえ感じなかった。


最初は何を言ってるか分からなかったが、徐々に聞き取れてきた。


「・・・見てたよね?・・・ずっと見てたよね?・・・何で?・・・何で?」


この言葉を聞き取れた所で気を失ってしまったらしいorz


気が付いたら時計を見た時から30分程時間が経っていた。


布団には血の後はおろか、足跡も何も残っていなかった。


恐る恐る布団を出て、友人の部屋に報告に行った。


友人の部屋に入ると、友人は部屋の隅で膝を抱えてうずくまってた。


「('A`)スンマセンデシタ・・・・」


こんなことを繰り返してた。


友人を連れて下の部屋に下りて、

明るくして落ち着かせたところで話を聞いた。



友人は寝る時には仰向けになって寝る癖があるらしく、

当時もあお向けで胸元まで タオルケットをかけて寝ていたそうだ。



ふと夜中に目が覚めたら金縛りにあってたらしい。


動けない!と思った時に、両足を誰かにつかまれたそうだ。


その手は血のようなものでヌメってたらしく、

非常に気持ちが悪かったと言ってた。



その掴んでる手がどんどん上に上がってきたそうだ。


足首→もも→腰→胸元・・・と


どんどん布団の中から這い上がってくる感じ。



 ___ ←布団
 ○□= ←何か
●■=  ←友人



丁度こんな感じで布団と友人の間を上がってくる感じ。



視線を胸元に移したら、何かがこっちを凝視してたそうだ。

それで怖くなり目を閉じたらしい。


その直後にガバっと一気に這い上がってきて、

顔を付き合わせるような感じになったらしい

(そういう気配がしたそうだ)



びっくりして目を開けると、

目の前にはビデオに写ってた女性がいた。



俺の時と同じように、何かブツブツとしゃべってたらしいが、

友人には聞き取れなかった らしい。



友人の記憶はそこでプッツリと途切れて、

俺が部屋に来た時になぜ部屋の隅にいたのかさえ 覚えていなかった。



その日のうちに大学の教授にビデオを送り、

この体験を話した後で「自己責任で見て下さい」と付け加えた。



数日後に教授から電話があり、

「お前たちだけしか写ってないぞ?」と言われた。



夜中にも変なことは起きなかったようで、

俺と友人の話は鼻で笑われたorz



それ以来このビデオは誰にも見せておらず、友人が今も保管している。


俺も友人もその日以来その女性の霊?には合ってないし、

変な体験も無い。


・・・その日以来霊感が少しばかり強くなった気がするけど(;´Д`)


以上が俺が昔体験したヤバスな出来事。









posted by kowaihanashi6515 at 21:28 | TrackBack(0) | 洒落怖

2018年11月12日

けんけん婆あ【怖い話】





子供の頃、近くの山が遊び場で、

毎日のように近所の同世代の友だちと一緒にそこで遊んでた。


この山の通常ルートとは別の、獣道や藪をつっきった先には、

謎の廃屋があり、俺たちにしてみれば格好の遊び場だった。


小さな山だったから、
俺たちは道のあるとこ無いとこ全て知り尽くしていた。


山はある意味、
俺たちがヒエラルキーのトップでいられる独壇場だった。


しかし、俺たちにも天敵がいた。それが"けんけん婆あ"だ。


廃屋に住み着いているらしい年取った浮浪者で、
名前の通り片足がなかった。


けんけん婆あは、
俺たちに干渉してくることはなかったが、
俺たちは山で遊んでいるとき、
よく視界の端で捉えては気味悪がっていた。


しかし、好奇心旺盛な子供にとっては、
格好のネタであったのも確かで、

どれだけけんけん婆あの生態を知っているか、
どれだけけんけん婆あに気付かれずに近づけるかが、
一種のステータスになっていた。


俺の知る限り、
どちらかがどちらかに声をかけた、なんてことは皆無だった。


その日、俺たちはかくれんぼをすることになった。


隠れることのできる範囲は山全体。


ものすごい広範囲のように聞こえるが、
実はこの山でまともに隠れることのできる範囲というのは
ごく限られている。


どちらかというと、
鬼はそれら隠れることのできる場所を巡回するだけという、
隠れる側としてはほとんど運次第な遊びだった。


で、俺はその定番の隠れ場所のひとつである、
廃墟に隠れることにした。


廃墟の壁には錆付いたトタン板が立てかけてあり、
俺はそのトタン板の下に隠れていた。


耳を澄ましていると、

「○○ちゃんみーつけた!」

という声が遠くの方でしたりして、その声の方向から、
今鬼がどこにいるのかを推察しながら、ドキドキしていた。


で、鬼のいる場所が次第に近付いてきて、あっち行け!
でもそろそろ次は俺かな、とか思っていたとき、

「けんけん婆あが基地ンほうに行ったぞー!!」

という鬼の叫び声が聞こえた。


基地というのは、俺の隠れている廃墟のことだ。
(俺たちは秘密基地と呼んでいた)


しかしこれは、
カマをかけて隠れている人間を
燻り出す鬼の作戦かもしれないし、

例え本当でも、
これはけんけん婆あをすぐ近くで観察して
英雄になれるチャンスだ。


そう思って、俺はそのまま隠れ続けていたんだ。


とさっ とさっ とさっ

まさに『けんけん』するような足音が聞こえてきたのは、
そのときだった。

この時点でもう後悔しまくり。

とさっ とさっ とさっ

片足で枯葉を踏む音が、もう廃墟のすぐ前、
俺から5メートルほどしか離れていない場所まで近付いている。


見つかったら殺される!


そんな考えに取り付かれて、俺はもうマジビビリだった。


そこで俺はよせばいいのに、
いきなり隠れ場所から飛び出して猛ダッシュで逃げる、
という選択肢を選んだ。


もう飛び出すやいなや、
けんけん婆あのほうは絶対に見ないようにしながら、
必死で友だちの所まで逃げた。


で、事情が良く分かっていないみんなを、
半分引きずるかたちで下山。


そこで始めて詳しい事情をみんなに説明した。


でもやはり、あの恐怖は経験した本人にしか分からないわけで。


逆に友だちは、そんなに近くまでけんけん婆あに近付いたことを、

「すげぇすげぇ」

と褒め称える始末。


俺もガキだったからすぐに乗せられて、恐怖なんて忘れて、
多少の誇張を交えつつ誇らしげに語りまくった。

(実際は、けんけん婆あの姿は見ないまま逃げ帰ったわけだし)

でも、その話をすぐそばで聞いていたのがうちの母親。


「そんな危ないことは絶対にしてはだめ」

とめちゃくちゃ怒られた。俺号泣。


その晩に俺の母親は、他の両親や近所の大人、(婦人会の人たち)
それにこの山の所有者の人を集めて、話し合いを開いた。


なんでも、子供の遊び場付近に
浮浪者の人が寝泊りしているのは、
何があるか分からないので危ない。


だからといって、
子供に山で遊ぶなというのは教育上良くないので、
ここは浮浪者の人に出て行ってもらおうと。



大人は山に浮浪者が住み着いているということを
知らなかったらしく、皆すぐに同意。


もともと私有地の山だったので話も早く、
所有者の人を先頭にぞろぞろと山に出かけていった。


でも結局会えなかったらしく、1時間もすると帰ってきた。


廃墟の入り口に退去願いの張り紙だけして、戻ってきたらしい。


でもここで、俺たちは訝しげな顔をした大人たちに、
本当に浮浪者が居ついているのか、ということを質問された。


子供の俺たちにとっては考えもつかなかった疑問の数々。


まず、例の廃屋は、屋根と壁の半分が腐り落ちている状態で、
浮浪者といえどとても人間の住める場所ではなかった。


暖を取ることはおろか、雨風すらしのげない。


生活の跡らしきものも見当たらなかったらしい。


それにその場所。


『獣道や藪をつっきった先』

と書いたが、途中にかなりスリリングな崖や
有刺鉄線で遮られた場所があって、
健常者でも辿り着くのに一苦労だ。

(俺たちは有刺鉄線の杭の上を上っていた)


ましてや片足の老婆が、日々行き来できる場所ではないと。

また、大人は誰もけんけん婆あを見たことがないらしい。

特に山のふもとに住んでいる人間なら、
必ず目撃しているはずなのに、誰一人として見た人間がいない。


断言できるが、あの山で自給自足することなんて不可能だ。

そんなこれまで考えもしなかった疑問に困惑しているとき、
俺の父親が帰ってきた。


話を聞いた父はすぐに、

「なんだあの婆さん、まだいたのか……」

初の俺たち以外の目撃者。


父が何人かに電話をかけると、
近所のオッサン連中が2人ほどやってきた。


父を含め3人とも同世代の地元の人間で、
子供の頃よくこの山で遊び、俺たちと同じように、
けんけん婆あに遭遇していたらしい。


なんと"けんけん婆あ"という呼び名は、当時からあったようだ。


懐かしそうに思い出を語る3人だったが……


ここで、山に入る前から黙りがちだった山の所有者のひとが、

「実は……」

と口を開いた。


彼はいわゆる地主様の家系で、彼の祖父の代には、
家に囲われていた妾さんがいたらしい。


しかしあるとき、その女性は事故か何かで片足を失った。


それが原因で彼女が疎ましくなった地主は、
女性を家から追い出して、自分の持っていた山に住まわせたらしい。


それ以降ずっと山に住んでいたらしいが、

「そう言えば死んだというような話も聞かない」と。


ただそれが本当だとすれば、
けんけん婆あは軽く150歳を超えていることになってしまう。


それに例の廃屋も、もとはなんだったのか分からないが、
30年ほど前は山を整備するための道具置きとして使われていて、
その時点ではすでに誰も住んでいなかったと。


さっきまではしゃいでいたオッサン3人組も、
婦人会の人たちも、これを聞いて絶句。


地主さんがぽつりと、

「明日、宮司さんに頼んで御払いして貰うわ」

という言葉で、静かにお開き。


普段気丈な両親も、目に見えて沈んでいました。


それ以降、
私たちはけんけん婆あを見ることはありませんでした。

彼女が何だったのかは、未だに分からず終いです。


はたして150歳を超える老怪だったのか、
それとも何かの霊だったのか。

ただ未だに、あの『かさっかさっ』という
足音を忘れることができません。


今でもあの山で耳を澄ますと、
どこか遠くのほうからこちらに向かって近付いてくる、
片足の足音が聞こえるようで、怖くてなりません。



posted by kowaihanashi6515 at 14:27 | TrackBack(0) | 洒落怖

2018年11月11日

車中泊をやめた理由が怖すぎる…【怖い話】





俺は車中泊が趣味で、

休みの前の日とか適当にブラーっと出掛けて

車中泊をするという、

他人から見たら何だそれっていう行為をしてます。



警察に声をかけられたり、

若い奴らに覗かれたりするので

場所選びに結構悩むのですが。


去年の夏頃、今日はどこで寝ようかなと

ブラブラ走っている時、

山奥に廃墟みたいになってる展望台があって、

そこの駐車場でよくトラックの運ちゃんが

寝てるのを思い出し、

その場所にしようと思い、車を走らせました。



駐車場にはやはりトラックが2台止まっていました。


はしっこに止まっているトラックと距離を置いて

駐車場の真ん中の街灯の下に停めました。



後部座席を倒し、その上に毛布を引いて

眠くなるまで携帯をいじっていましたが、

そのうちウトウトとし始め、眠りにつきました。



しばらくしてパッと目を覚まし、

喉が渇いたので前座席にあったバッグから、

飲み物を取り出そうと起き上がると同時に、

急に後ろの方からコツンみたいな小石がぶつかるような

音がしました。



反射的に後ろを見ると、特に何にもなく、虫?かなと思い、

そのままジュースを飲んで寝ました。



翌朝4時半頃に目が覚め、トイレ行きたいな、

と車から降りました。



古い展望台で、外にトイレはなく、

仕方なく建物の後ろで立ちションをしていると、

トラックのドアをバンと閉める音がしました。



ちょうど立ちションも終え、起きたのかな?

なんて思いながら車に戻ろうとすると、

前からトラックから出てきたであろう、

同じ年頃のメガネの兄ちゃんが

「昨日、寝れなかったんじゃね? 怖かったろ?」

と話しかけて来ました。


俺は何の事かわからず

「ん?何が?」

と返すと

「あれ?気付いてねえの?」

と驚いています。


それからその兄ちゃんが話してくれた事なのですが、

兄ちゃんがトラックでDVDを見ていると、

俺がやってきて駐車場の真ん中に停めた。



普通車が珍しいな、

カップルか?なんて思いながらDVD見てたそうです。



DVDを見終わり寝ようかなと思い、

後部座席に行こうとした時に、

何気なく俺の車を見ると車のボンネットの前に

女が立っていたそうです。



彼女か? 何してんだ?と思いつつよく見て見ると、

ボンネットに手をついて車をおさえる感じで立っていて、

何か気持ち悪いなと思ったそうです。


そのまま、嫌なもん見たなあと思いつつ、

後部座席に移動し寝ようとしたのですが、

妙に気になってまた俺の車を見てみると、

今度は運転席の窓の横に女が移動していて、

またおさえるように窓に手を突き出していたそうです。



うわあ!気持ち悪いなと思い、

一瞬目を離したすきに今度は助手席側に。



これはマズイ! ヤバイ!とゾッとしながらジーッと見ていると、

女が一瞬兄ちゃん側に頭をグイっと動かしたので

あわてて身を屈めたそうです。



しばらくジッと身を屈めたあと、

もういいかな?と見ると女はいなくなっていたそう。


その後は、もう無理と後部座席に移動し寝たそうです。


「本当に見なかった?すげえヤバかったよ」

「そういえば何か変な音したかも…」

「だろ?なあ車見た方がいいって!

 手形とかついてんじゃねえかな」

とか言い出したので、2人で車に行って見てみると

手形は全くなかったのですが、

何とボンネットの先端?がペコッと小さく凹んでいました。


何だこれ、とぼうぜんとしていると、

後部を見ていた兄ちゃんが

「後ろにも何かキズある!」

と言うので見ると、

確かにエンブレムの上に

小石でもぶつけたかのような細いボコボコが。


2人で何これ怖い。


どうしようと話しといると、

もう一台のトラックからおじさんが降りてきて

俺らに歩みより一言

「女の話しだろ?」

と話を聞くと、

おじさんも普通車が来たので珍しいなと思いつつ

ウトウトしてたそう。


しばらくして俺の車を見ると、

女が窓の横に立っていて車の中を覗いてた。


どこから来たんだ?と思い駐車場を見渡したけど、

それらしい車はなく、

ああ、この車に乗ってたのかと思ったそうです。


おじさんは特に不気味とは思わず、

ジーッと見ていたら、突然女がパッと横を向き、

ツカツカともう一台のトラックの方に歩き始めたそうです。


そして、今度はトラックの前方に立ち、

ジーッとフロントガラスを見上げ…

「いやいやいやいや」

ここまで聞いてメガネの兄ちゃんは顔面蒼白。


俺が「え?その人その後は?」

と聞くと

「気持ち悪くなって寝た」

との事でした。


俺は地元だけどそんなの初めて聞いたし、

2人はよく利用してるけど初めて見たそうです。


ちなみにどんな人? って聞いたら

「髪が長くて、 ガリガリの人でスカート履いてる」と。


2人は俺の知り合いじゃないか?

とか言ってきましたが、全く身に覚えもないです。


それから車中泊はしていません。

板金代かかりますし。







posted by kowaihanashi6515 at 00:33 | TrackBack(0) | 洒落怖

2018年11月08日

集落【田舎の怖い話】






もう20年以上前、少年時代の話である



俺は名は寅、友達は雄二と弘樹と仮名をつけておく



あれは小学校六年生の夏休み

俺達は近所の公園で毎日のように集まり、遊んでいた



夕焼け空が真っ赤に染まりだした頃



「そろそろ帰ろうか」と弘樹が言い出す



片親で家に帰っても一人ぼっちの雄二は

「もう少し遊ぼうや」と俺達2人を引き止める



門限に厳しい弘樹は

「ごめんな、また明日遊ぼうや!」と言い帰って行く



弘樹の姿が見えなくなると、決まって雄二は

「あいつ毎回付き合い悪いのー」と愚痴りだす



すっかり暗くなった公園には俺と雄二の2人きり



雄二の話に適当に相槌を打つも、
早く帰らねば俺も親に叱られる



そんな俺の挙動が伝わったのか、
雄二は少しイラついた顔をして


「寅も帰りたいんやろ?かえればいいやんか」

と言い放つ



少しムッとしたが、
何時ものことだと自転車にまたがろうとすると



「俺、こないだ廃屋みつけつたんよねぇ」

雄二が言う



どうせまた引き止めようと
興味を引こうとしてるんだと思い


俺はあえて聞こえないふりをし、
自転車を走らせようとすると



「俺今夜、廃屋に探検しに行ってくるわ〜」

とさっきよりも大きな声で言った




廃屋、探検、興味はあったが、
親に怒られたくなかったので



「雄二、お前もはよ家帰れよ〜」

と言って、家へ帰った



どうせ一人で行く勇気もない癖にとその時は思ってた



家へ帰り、風呂に入り、晩飯を済ませた頃だった、
ジリリリリンと電話がなる


もしもし、と電話に出ると
雄二の母親からであった



「あんたんとこにうちの雄二いっとらんかね!?」



乱暴な言い方に軽くムカッときたが


「雄二君ならまだ公園であそんでるかも」

と言うとガチャっと電話を切られた




雄二の母親にはムッときたが、
雄二が帰宅してないと聞き少し心配だった



雄二は少し悪ガキで、夜遅くまで遊んでいる事が多く、
悪い連中と付き合いがあると噂されていた





夜も十時をまわり、床に就くと遊び疲れか、
すぐに眠ってしまった





翌朝早朝、母親が血相を変えてたたき起こしに来た



「雄二のお母さんから電話がかかって、
 昨日から家に帰ってないってさ!
 ここにいるんじゃないかって怒鳴り散らすんよ〜」



またかよ、と思ったが
一晩も家に帰らないのは初めてだし


本当に昨日言っていた廃屋へ探検しにいって
何かあったんじゃないかと心配になってきた





弘樹に電話をして、事の経緯を話すと、
弘樹の家にも同じ様な電話がかかったらしい



取り合えずいつもの公園で待ち合わせをして、落ち合った



「雄二とはもう付き合うなって母ちゃんに言われて大変だったよ」



弘樹が疲れた顔で言う



「あいつの母ちゃん変わってるよな」

と俺が言うと



弘樹が


「まあ、それも解る気がするわ・・」

と意味深な事を言った



「???解る気がるって??」

俺が聞くと





「あ。なんでもないよ、それより雄二の行きそうな場所探さんと」





そして俺達はよく三人で遊んだ場所を
ぐるぐる回ったが雄二は見つからなかった



一旦公園へ戻り、水を飲み休憩していると

公園の横を雄二の母親が車で通りかかった



俺達に気がついたのか
車のスピードを落としゆっくり通り過ぎていく



雄二が帰ってこなかったせいか、



充血した眼でギロっと俺達を睨みつけ去っていった



心なしか口元がぶつぶつ何かを言っているようにも見えた





「おっかねぇな・・」

弘樹が言った



「・・・・はは・・」





「そういえば寅さぁ昨日俺が先に帰った後、
 雄二なんか言ってなかったんか?」





「ああああああ!!」



アホな俺は廃屋の話を弘樹に言われ思い出した





昨日の会話を弘樹に伝えると



「廃屋かぁ・・多分あそこにあるやつやないかなぁ・・」





弘樹は何か知っている風だった



「弘樹、場所わかるんか?わかるんなら行って見ようや」

そう俺が言うと



「う〜ん・・あんまし行きたくない〜・・」


と弘樹がごねる



煮え切らない弘樹に業を煮やして



「お前、雄二が心配やないんか?はよ行くぞ!」





嫌がる弘樹に案内させ、自転車を漕ぐ事1時間

道路も途中から舗装されてなく、砂利道に変わった





「この集落の先にあるんやけど・・・」



たどり着いた場所は川沿いの小さな集落だった





「ここって・・・もしかして○○地区ってとこ??」





「・・・そうそう」





弘樹が嫌がった理由がわかった



ここは絶対に近づいてはいけないと
親達にいつも言われている地区だった





集落の家屋は半分以上朽ち果てたようなものばかり

歩いている人の身なりも煤け汚れていた





数人の老人がこちらに気がつくと
足を止めてこちらを凝視してくる





その眼はどれも荒んで、
憎しみさえ感じられるほど強い視線





よく見ると、日本の物ではない
小さくボロボロな国旗が風に揺れていた





「弘樹・・例の廃屋ってのはこの地区の中にあるんか?」





「いや、確かこの地区の少し先の山の中だったはず」

と小さく答えた





「そこへ行くにはこの集落の中通らんと行けんのか?」







「・・・・うん」





50メートル先では数人の住民が俺達の事をじっと見ている





恐ろしかったが、友達も心配だ


俺達は腹を決め、
怪しまれない程度の速度で自転車を走らせる





なるべく視線をあわせないよう進んでいく


少し進んでいくと、数人の老人が地べたに横になっていた



自転車で進む俺達に気がつくと、
上体をむくっと起こして、俺達の事を見ている



見ない振りをしながら先へ進む



集落を抜けた辺りで、弘樹の自転車が急に止まった



そして転がり落ちるように道の端へ走りだした



「おい、弘樹どうしたんか!?何してるん!?」



声をかけると弘樹は急に道の端でげーげーと嘔吐した




「大丈夫か??具合が悪くなったんか??」

背中をさすりながら声をかける



すると弘樹が


「寅・・・あそこ・・」



弘樹が涙目で指を差す




弘樹の指差した場所には、
たくさんの頭のない鶏が木に吊るされていた



食べる為に血抜きをしているのか、
地面には真っ赤な血の水溜りが出来ていた



それを見た俺も思わず嘔吐してしまった





慌ててその場を離れ、
少し休憩しようと山に入り人目につかない木陰に
自転車を隠し腰を下ろした





「弘樹よぉ・・廃屋がここにあったとしてもよ、
 雄二の奴一人でこんな場所これるかな?」

と言うと



弘樹は少し俯き、小さな声で


「これるよ」

と言った





「う〜ん、俺なら絶対無理やな。うん、無理だ」





「寅よぉ、お前、知らんのか?」

不意に弘樹が言う





「ん?何を?」

そう聞き返した時だった





数人の男が集落のあった方向から山へ入ってくるのが見えた





「やばい、寅、隠れよう!」





俺達は木陰に身を低くし、様子を伺った





大きなズタ袋を老人が数人で担ぎ、山を上がっていく



老人達はニヤニヤしながら
俺達にはわからない言葉で会話している





「あいつらなんて言ってるんだ??」





「それより寅、あいつら廃屋の方へ行っとるかも・・・」





仕方なく俺達はびくびくしつつも

老人達と距離をとって後をつけた





しばらく進むとバラック小屋のような建物が見えてきた





「寅、あれが例の廃屋だよ」

弘樹が言う





「そういえばずっと気になっとったんやけどさ

 弘樹はなんでここ知ってるん?」

俺がそう聞くと



「ん?ああ、

 お前とは六年になってから仲良うなったよな

 俺は雄二とは三年の頃から友達での

 いっぺんだけ来た事があるんよ」





「はは、お前等俺の知らんとこで色々冒険しとるねぇ」





「冒険っちゅうかの、雄二のだな・・・・・
 う〜ん、やっぱやめとくわ」







「何々??気になるやんか、教えれよ!」





「そのうちわかる事やけん、気にすんな」





そんな会話をしていると、男達は廃屋の中へ入っていった





弘樹に促されゆっくりと廃屋へ近づいていく



物音を立てないように廃屋の裏手にまわった





裏手にまわると、廃屋の中からの声が聞こえてくる



日本語ではない言葉で

大勢の男達が怒号のような声を上げ騒がしい





「寅、こっちに窓がある」



先に進んだ弘樹が手招きしている



近づき煤けたガラス越しに中の様子が少しだけ見える



さっき見かけた老人がいる



部屋の中央へ向き拳を振り上げ何か言っている





「くそぉ、弘樹、肝心な所が見えん・・・」





「う〜ん、何をしとるんやろうか・・

 もうちょっと中の様子が見える場所探すけん、
 寅はここにおってくれ」





そう言って弘樹は身をかがめ廃屋の別の窓を探しに進んだ





時折廃屋の中から大きな声がドッと上がるたびにドキっとする





しばらく覗いていると





「あっ!」

と弘樹の声が聞こえた



一瞬廃屋の中が静かになったが

気付かれなかったのか、またざわざと騒ぎ出した





俺は弘樹の声がした場所へゆっくりと近づく



弘樹は尻餅をつきガクガクと振るえており、涙を流していた



中にいる連中に気付かれない様に小さな声で



「弘樹、どうしたんか?大丈夫か?」


と尋ねると





弘樹はぶんぶんと首を横に振り声を殺し泣いている



震える弘樹の肩をぽんと叩き、廃屋を覗いてみる



先程と同じ様に煤けた硝子窓があり

中を覗いてみると何かを取り囲むように男達が座っていた



どの男達も部屋の中央を見て騒いでいる



ゲラゲラ笑っているものもいれば、
怒鳴り散らすように怒号を上げているものもいる



不気味な光景に鳥肌がぶわっと立った





男達の視線の先には、丸くか困れた柵があり

その中から、羽毛の様なものが舞い上がっている



柵の中がよく見えなかったので

足元にあった切株に乗り背伸びをしてみると

そこには雄二がいた





衣服は脱がされ、口と両腕両足を縛られ

顔には殴られた後があった


木の杭のようなものにくくられており

身動きがとれない状況になっていて
雄二の周りには鶏のようだが鶏より遥かに大きな
鳥が暴れていた





よくみると大きな鳥は脚に短い刃物が縛ってあり

雄二は脇腹の辺りから出血し、痙攣していた





あまりのショックと恐怖に身動きが取れずガタガタ震えていると



正気を取り戻したのか弘樹が俺の手をぐっと引っ張った



「逃げよう」





弘樹に促され、
震える身体を奮い立たせその場から離れた



自転車を隠してある場所まで戻り

少しでも早くこの場を去ろうと俺達は突走った





途中、例の集落を通ったが

皆廃屋へ行っているのかもぬけの殻だった様子





地元まではどんなに飛ばしても1時間近くかかるが

田舎の為、駐在所も少なく、俺達は必死に自転車を走らせた





やっとの思いで地元へ帰り、
俺達は見てきた事をぐしゃぐしゃに泣きながら親達に話した


母親は

「あんた達、あそこへ行ったんか!?
 あんた達死にたいんか!?」

と涙を流しながら怒鳴った





父親が警察へ通報し、少しすると、
数台のパトカーが家の前を走っていく

その中の一台に雄二の母親が乗っているのが見えた



通り過ぎる瞬間、
雄二の母親は俺と弘樹をじっと睨みつけていた



氷の様に冷たい眼で



目の前を通り過ぎても振り返り睨み続けていた



その目は、あの集落で見た目つきにそっくりだった





弘樹を父親の車で送り


「また明日な」

と声をかけると弘樹は少しだけ笑って見せた




弘樹を無事に送り届け家へ帰ると

親戚やばあちゃんまで来て俺は叱られた





そして父親が俺に言った



「寅、お前はまだ子供で難しい事はわからんと思うが聞いてくれ」



俺は黙って頷いた



「今日お前達が言った場所はな、
 日本であって日本じゃねーんだ



 道路も舗装されとらん、電柱も立ってねぇ



 住んどるもんをみたか?

 みんなまともな格好はしとらんかったやろう?



 そんな土地に頑なにいつまでん住んじょる


 そして”こっち側”の人間を遠ざけとるんや



 あの地区にはわしらとは全く違う文化や風習があるんよ



 あの地区の連中からすりゃ、わしらは敵に見えるようや



 わしらはいつだって”こっち側”へ迎え入れる準備はしとる



 学校へもちゃんと通えるし、仕事だってある



 あの地区から”こっち側”へ来て
 普通に生活しとるもんもたくさんおるんよ



 お前の友達の雄二んとこもそうや



 ただ中には出て行ったもんは裏切り者なんて
 捻くれた感情をもつもんもあそこにはおる



 きっと雄二は小さい頃から遊んどった場所やけん



 安心して遊んでたつもりなんやろうけど



 一部の捻くれもんに眼をつけられてしもうたんやろうな





 んで今回、雄二が酷い目にあったのは



 お前達のせいだと雄二の母ちゃんは言いよる



 お前達が遊んでやらんから、余所者扱いするから

 あそこへ行ってしまったと思い込んどるんよ



 考え方が変わっとるっちゅうか、被害妄想っちゅうかの



 捻くれとるんじゃのまぁ寅も弘樹も気にせんでもいい事や



 ただ、子供だけであの土地へ行くことはもう許さんぞ」



それだけ言うと父親は仏間で横になり寝てしまった





俺も昼間の疲れからか布団に入った瞬間寝てしまった





翌日、弘樹といつもの公園で待ち合わせた



昨日の事はお互い言わず、なんとなく一日公園にいた





夕焼け空が真っ赤に染まる頃、俺達は帰路へついた



そして夏休みが終り新学期になり、雄二が転校した事を知った



先生に行き先を聞いたが、家庭の事情だからと教えてもらえなかった





そして、いつの間にか十年の時が経ち

大人になった俺達はあの土地へ行ってみた





そこにはあの朽ち果てた集落はなく県道が走り、
廃屋のあった山にはトンネルが通り街へ出る
主要道路として使われている





あの集落の住人達は、一体何処へいったのだろう


あの日見た荒んだ目は今でもどこかで

”こっち側”を睨みつけているのだろうか・・・








検索
最新記事
カテゴリーアーカイブ
リンク集
タグクラウド
写真ギャラリー
QRコード
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30