広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2014年04月16日

『平成ライダーvs昭和ライダー』 巧は相変わらず猫舌だった

『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』
が正式タイトル。

まず。予想以上に面白かったです。

客層は親子連れのほか、友達連れ、単独など意外と幅広かったです。サービスデーとはいえ、平日にも関わらず結構お客さんが入っていたので、まだこのシリーズは強いな、と感じます。

結末は確かに何だよ!という無理矢理感があって、わざわざ無駄に戦わせて、もう一つの結末はDVDで観てね、という印象が強かったです。が、それ以外は基本なかなか良かったです。

【映画パンフレット】 『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦feat.スーパー戦隊』

新品価格
¥1,200から
(2014/4/16 14:00時点)




やはり、オリジナルメンバーが出てくるのは、平成ライダーを観てきた人間にとっては嬉しいものです。

ディケイドの士、555の巧、Wの翔太郎が揃ったのは嬉しい。後半でちょっと出た晴人も。役名をすぐ思い出せるので、やはり楽しかったんだな、と思います。

藤岡弘、ももちろん。

555の草加のエピソードはそういえばそんなことあったな、という感じで忘れていました。
ただ、やはり巧はちょっと歳とったなあ、と思いました。かわりに出番は思いのほかありました。今回の主役に近かったです。

テレビシリーズの撮影と並行して撮影が行われる為、どうしても現ライダー鎧武の出演者の時間が限られます。今回は、これまでのシリーズのキャストでそこを補っていました。

トッキュウジャーは今回初めて観ました。あの名乗り、巨大ロボ乗車前に改札通るのや、間もなく必殺技の電光掲示板に笑いました。

司のパフェがデカイところは少し笑い起きていました。

巧の猫舌をキチンとやってくれたのは嬉しい。しかし、初見の人にはよく分からないかも。

オートバジンのロボ変形は今観てもカッコイイ。

ラストの蛇足以外は、意外とよくまとまっていたと思います。

少年のエピソード、巧の苦悩、全ライダー出し、最新ライダーのフォーム全披露、キョウリュウジャーとトッキュウジャーまで出すてんこ盛り感。

この大戦シリーズはそろそろ厳しいのでは、と思いつつ、でも観る度にこのライダーはこんなことも出来るのか、とかそういえばこんな技あったな、と思えるので、なんだかんだで毎回観てしまいます。

Figure-rise 6 仮面ライダー ファイズ

新品価格
¥1,310から
(2014/4/16 14:01時点)


posted by 改訂木魚 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮
検索
誰でもアンケート作成が可能なアンケートツール「クエスタント」です。 当ブログのアンケートもこれで作成しています。
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
改訂木魚さんの画像
改訂木魚
「ジャパン文化研究会」、通称「じゃぶけん」です。 関東支部では、主に東京周辺のイベントや映画などを紹介していきます。 改訂木魚が運営しています。
ブログ
プロフィール
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。