広告

posted by fanblog

2014年05月25日

今さら人に聞けない『銀魂』 プチ講座 第2章 オッサンしか読まないだろうと言われていた

コウ.jpgでは『銀魂』について。続きどうぞ。

モトノ先生.jpgはい。初読切『だんでらいおん』、続いて『しろくろ』を経て、ついに『銀魂』が連載開始するわけです。

ちなみに二つ目の読切『しろくろ』は『銀魂』2巻に収録されています。これもなかなか面白いです。

銀魂(第2巻) [ 空知英秋 ]

価格:421円
(2014/5/25 14:18時点)
感想(59件)




『銀魂』が連載開始したタイミングというのはね、原作でもネタにされてるけど、超ヒット作品『デスノート』連載開始の次の週だったわけです。

【全巻漫画.com】DEATHNOTEデスノート(1-12巻全巻)漫画全巻セット【中古本】【中古】afb

価格:1,000円
(2014/5/25 14:22時点)
感想(40件)



『デスノート』は連載開始した頃からえらい人気だった。小畑健が『ヒカルの碁』をヒットさせた直後だったということもあり、まず美麗な小畑画がウケて。で、原作担当の大場つぐみとは何者だ、という議論でもネットが盛り上がった。もちろん、「名前を書いたら死ぬノートを手に入れた少年が新世界の神を目指す」というストーリーが大ウケしてアニメ化、映画化にもつながる。
ちなみに松山ケンイチは映画版のL役が当たりで有名になったけど、映画始まる前は「実写化とか無理無理」「Lを再現できる役者なんかいない」みたいに結構ひどく言われていた。

コウ.jpgえ、そんな感じだったんですか。

モトノ先生.jpgそうだよ。前評判をくつがえした松山ケンイチはだからすごい、と言われている。

まあ、そんなヒット作『デスノート』の影に隠れて、ひっそり始まったのが『銀魂』だったわけです。

やっぱり最初の頃は掲載順位も結構後ろのほうで苦戦していた。ネットでの評判はまあまあで一部熱狂する人もいたんだけど、そもそも主人公が少年じゃないオッサンだし、アラサー向けのネタも多く、少年漫画としては苦戦するんじゃないか、と言われていた。

これ、特に重要なんだけど、今でこそ「腐女子向け」みたいな批判されることあるけど、そもそも開始当初は「オッサンにしかウケないだろう」と言われてたんだよ。全く逆。

コウ.jpgえ、本当ですか。ちょっと信じられませんね。

モトノ先生.jpgそうでしょ。結構下ネタも多いし、「まあ一部のオッサンのファンに支えられて後ろのほうでぼちぼち続けばいいほうなんじゃないか」「そのあと青年誌行ったほうがヒットするかもね」みたいなこと言われてたんだよ。今では信じられないことだけど。

コウ.jpgそんな時期があったんですね。

モトノ先生.jpgそう。その初期の象徴であるのが、銀魂初グッズであるてぬぐいなんだよね。
今やまあまりにグッズ多くて、そのてぬぐいの画像探すのも困難なんだけど、まあよろず屋の3人の画が青一色で入った地味な手ぬぐいだったわけですよ。

最近始まった『磯部磯兵衛物語』の初グッズがぬいぐるみなんだけど、そんな好待遇ではなかったわけです。

磯部磯兵衛物語 磯兵衛ぬいぐるみ[三英貿易]《07月予約》

価格:1,330円
(2014/5/25 14:50時点)
感想(0件)




その初グッズの地味なてぬぐいもネタにされてて、「漫画と一緒でグッズも地味」とか「グッズこれだけで終わりかもね」みたいなことを言われてたんだよ。今では信じられないよね。あんなにグッズが出てるから。

コウ.jpgヒットするものも最初から順調ではないわけですね。

モトノ先生.jpgそうです。では次回に続く。





↑漫画は楽しい!でも場所をとって困ってる人も多いはず。そんな方にこちらのコミック買取サービス。電話一本で送料無料でダンボールも送ってくれます。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/2449977
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
誰でもアンケート作成が可能なアンケートツール「クエスタント」です。 当ブログのアンケートもこれで作成しています。
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
改訂木魚さんの画像
改訂木魚
「ジャパン文化研究会」、通称「じゃぶけん」です。 関東支部では、主に東京周辺のイベントや映画などを紹介していきます。 改訂木魚が運営しています。
ブログ
プロフィール
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。