広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

Kotachan7
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2012年06月24日 Posted by Kotachan7 at 23:13 | この記事のURL
歌に救われる夜
昔から
どうしようもなく、辛い夜は、
いつも歌に救われてきた。


ギターを小さな音で奏でること
ヘッドフォンで大音量で歌を聴くこと
涙を流しながら歌を歌うこと
そして歌をつくることも


今、自分の時間がなかなか取れないことで、
歌に触れ合うことをすっかり忘れていた

どうしようもなくなって
とにかく何でもいいから音楽をつけようと思って
つけてみたら
こんな歌が流れた


           
           一緒に帰ろう
         涙のあとにきれいな虹
           
             ありがとう
         また会おう 明日を描く澄んだ夜空
   
         一人でがんばりすぎた日は
         自分をいっぱい褒めてあげよう  

          
         未来の僕は笑ってるかな
         愛する人のそばにいるのかな
         臆病にならず 前を向いてるかな
         そこまで歩いていくよ

                 ・
                 ・ 
                 ・
          うまくいかないことだってある
          立ち止まって空を見上げて・・
         
                 ・
                 ・
                 ・


            悲しみのない世界があるなら
            きっと喜びもないはず       
                 ・
                 ・
                 ・

 
                                   絢香 「そこまで歩いていくよ 」  



涙がポロポロ・・・・あふれてあふれて



育児は意外に孤独なものだと、感じる。
特に今は、融通がきかない時期だから余計なのかもしれないけど。
だけど、だれが悪いわけでもない。
それに、
今の子供との時間は何にもかえ難い大切な時間。



それでも
子供が起きてきたらお昼寝をするまでの間はすべて子供中心の時間。
ご飯だって、もちろんゆっくりは食べられない

お昼寝をし始めたら、夜ご飯の準備、お弁当の下ごしらえ、掃除なんかしてたら
あっという間に2時間くらい経ってる。

「あー座りたい!」って思ってるうちに起きてきて
後半戦スタートって感じだもんね。



専業主婦って、もっと優雅なものかと思っていたけど、
とんでもない!

読みたい本を読む時間もなかなか取れないし、
録画している料理番組さえ、見ずに消去

まず、テレビゆっくり見るなんで皆無。



一生懸命やりくりして作ったご飯は、
テレビのあてのようにして食べられ(笑)
本当にやりきれない・・


この食卓に並ぶもの、(ちゃんと栄養バランスも考えてるんだぞ)
お弁当を作っていることだって、
その後ろにどんな工夫と努力があるか

だれが分かってくれるだろう


どれだけがんばっても、評価されるわけでもなく、
1円のお金になるわけでもないなんて、
なんだか切ないわ・・

外食せず家でご飯を食べたり、
お弁当を持ってくことで浮くお金があるじゃないか!
なぜそれが評価されないのーーー!


こんな時は
歌を歌おう



この世界に歌があることに感謝!



2012年06月12日 Posted by Kotachan7 at 16:04 | この記事のURL
備えあれば・・・
先週の土日・・・
子供を預けて、日赤が主催している講習に行ってきましたー。

いろいろな講習があるけど私は「幼児安全法」講習を・・。

私が子供を育てている上で一番不安なことは、ケガをしたり病気をしたり、
子供にはそういうことが付きものなわけだけど、
それが起きた時の対処法をあまり知らないことです。。

私は運よくお姑さんが元助産師なので、何かあればすぐ聞けるんだけど、
やはり知識は必要だと思ってずっとこんな講習を受けたかったのです。


どこで知ったかというと、それはある1冊の本から。







私はそこまで防災の知識があるわけでもなく、力を入れて取り組んではいないけど、、
でも一応最低限の準備は常にしていて、この本をと図書館で借りた時に、
日赤の講習の存在を知りました。

この本は東日本大震災の後に作られたもので、
実際に被害にあった、小さな子供がいる人たちの体験談が載っています。


私が住んでいるところは海はないから津波の被害はないかもしれないけど、
この本を読んでいて、本当に辛かった。
想像するだけしかできなかったけど、涙が出てきました。

普段なら、読んで辛いものは読まないし、見ないのだけど、
このことだけは、目をそらさず、備えることが大切だと、自分に言い聞かせて読みました。


そして幼児安全法という講習の存在を知ったのです。


内容は私がずっと「こんな講習受けたかった!!」と思っていた内容のものでした。

心肺蘇生も、AEDの使い方も、教えてくれました。
一応最後に検定もあって、人形を使って試験もしました。

なんというか、、もし講習受けてなかったら、いざ人が倒れていても
絶対何もできなかったよね・・・・という感じがしました。
絶対AEDなんて使えないと思うし、救急車呼んでもそのあとどうしたらいいか分からずよね・・って
思います。


知っているのと知らないのとでは全然違う。
たとえ人形であっても、たった数時間の講習でも、訓練していれば、
全然違う。
と、すっごく思った2日間でした。


「備え」ということが、どれだけ大切なことかを実感しました。

もちろん、その知識を使う事態が起きないっていうことに越したことはないのだろうけど。


子供と自分のためにと思って受けた講習だったけど、
思わぬことに気付けた2日間でありました。


こんな講習があること、もーっと広がって、みんなが受けれるようになったらいいのにな。
そしたら、公園で遊んでいる子供たちを、大人みーんなで守ってあげることができるんじゃないかと、
思ったのでした。



余談ですが、日本では子供の不慮の事故が先進国の中でもすごく多いそうです。
ほかの先進国は日本に比べて、子供の事故を未然に防ぐことにとても力を入れていると・・。
公園で事故が起きたら徹底的に原因究明をして対策をすぐに取るんだと、
講習ではおっしゃってました。


確かに公園もそうだけど、電車のホームにしても、家の近くの道路にしても、
子供にとって危ないと思う場所はいっくらでもあるものね。
チョロチョロする年頃の息子を連れていると、いつも気を張って出かける毎日です。

それはもちろん親の義務だと思っていますが!


少しでも、子供にとって優しい安全な場所が増えるといいなと思います。


2012年05月27日 Posted by Kotachan7 at 23:28 | この記事のURL
初☆水族園☆



小学生の時の将来の夢は
「イルカの調教師」だった。。

そのくらい、なぜかイルカが大好きで、イルカのショー見てたら、
感動して泣けてきちゃうんだよねーーー☆

彼らの泳ぎはキレイで爽快!!
そして愛らしい〜☆

何年ぶりだろう・・
大学の時にアドベンチャーワールドに行って以来・・・
7年ぶり??にイルカショーを見ました!

いつ見ても、やっぱり感動しちゃうわ。

子供も大人も楽しめる、素晴らしい時間でした。



正直、私はショーが見れたら後はなんでもよかったのだけど(笑)
お魚大好きな息子は喜んで初めての水族園を満喫していました。







お魚大好き・・というのは、食べることが大好き・・なんだけど、
今まで見たことのない大きなお魚に出会えて、彼の世界も広がったんだろなと思います。

たった1日で、すごく成長したなぁと感じるのは、この時期の子供の吸収力がすさまじいからなんだろうな。

毎日家で遊んでいるだけでも、いろんなこと工夫して遊んで、すごいなと思うけど、
こうして外に連れ出して刺激を与えてあげるのも、とても大切なこと。


彼の中に潜んでいるたくさんの感性を引き出してあげるのも、親の大事な役目だね。

どんな大人に成長するんだろう。
「君はナニモノ?」と、それを日々解き明かしていくように、楽しみつつ、見守りたいです。





お魚さんたち、楽しませてくれて、ありがとうね☆

2012年05月07日 Posted by Kotachan7 at 01:14 | この記事のURL
こどもの日
5月5日こどもの日。
親戚の子供たちと集まって
お外で水遊びをしました。


始めはビニール袋にビー玉入れて水入れて・・・
「きれーい」と幼稚園のお姉ちゃんたちが遊んでいただけだったのに、、

そのうちに蛇口全開で水遊びが始まっていたのでした。

あ〜なんて、子供は楽しいことをするんだろう☆
服がぬれても関係なーい!

見ているだけで楽しくて、こんな風に私もはしゃぎたいと思いました。

こういうのって、久しぶりに見たわ☆

(じーじは怒っていたけどね。笑)

従兄妹に混じって水遊びにこっそり参加している
うちの息子は圧倒されながらも楽しんでおりました☆





「遊びすぎて、のど渇いちゃったぜ!」




近頃私たち親子には大きな変化がありまして。

3月いっぱいで断乳をしました。

1歳8ケ月にして、やっと!っていう感じかもしれないけれど。


3日間くらいは大変で私もへとへとになったけれど、
すっかり卒業してからは、夜もぐーっすり寝てくれるようになりました。


それからは、なんだかお兄ちゃんに見えます。

今でもたまに欲しそうにするときがあるけど、
「もうバイバイしたよね?」というと
バイバイって手を振る姿がとても愛おしい☆


きっと自分なりに、いろいろ感じ、考えているのだなぁって思います。

本当に、エライよ!!君は!!


まだまだ目は離せないし、手がかかるけど、

私も子供の心に戻って、一緒に遊びたいな。

一緒に水遊びしたいわ☆


一年前のこどもの日。


おっきくなったなぁ〜〜☆





2012年02月03日 Posted by Kotachan7 at 22:53 | この記事のURL
スタージュ



この本大好き〜☆☆
なんか読んでいると「こんな暮らし素敵!!」「あ、これもすてき!!」
と、わくわくしてしまう本のひとつです。

年に2回くらいしか出ないので、、書店で見つけた時は即購入〜☆

ここに出てくる人は、(女性が多い)ほとんどの人が仕事を持っていて、
(それも、自分の手に職を付けて、、っていう感じの人が多いけど)
今の私とはかけ離れているけれど、

でも、子供もちゃんと育てていて、
毎日を丁寧に過ごしている・・・気がする。
本を読む時間もあまりないから、少しずつしか読み進められないのだけど、
今回は一番初めのページに心打たれる言葉たちがありました。



それは編集者が綴るINTRODUCTION。


                 ・・・・・・・・
       ・・・・それは、経験の足し算がその人らしさを生み出すということ。
       
       経験、そこにはなんて多くのアイコンが隠されていることでしょう。
       
       時間をかけていとつひとつクリックすれば、
       
       新たな知識、法則、手触り、匂い、温度、etc・・・
       が自分のものになります。
 
       面倒だし、手間や時間がかかるけど、

       本当に欲しいものは、そんな過程の中から拾い上げられるのかも
       しれません。

       何かを経験している最中は、その結果、何が得られるのかも、
  
       何者になれるのかも見えてきません。

       先のことが何も見えない中で経験している「今」によって力が蓄えら
       れるのだから。

       結果ばかりを求めがちな、私たちの生活の中に、

       「スタージュ」という時間を作ってみませんか?

       いつもの毎日に、経験して知る、という過程を組み込んだとき、

       明日を変える力が身についているかもしれません。

           ・・・・・・・・・・・・・・・・






子育てに奮闘している真っ只中の私は、最近、
「子育ては我慢の連続だ!」と思う瞬間があります。

自分の時間は睡眠時間を削らなければ、ほぼない。
ご飯もゆっくり食べられない。
お風呂にもゆっくり入れない。
すべて子供のペースで、行きたい所へもスムーズには行けない。
・・etc・・・。

独身の頃、はたまた学生時代、または、妊娠中・・・は、なんて自由な時間が
たくさんあったことだろう!!

仕事が忙しくても、稼いだお金は自由に使えたし、休みもあったじゃないか!

なーーんて、思ったりする。


一日、子育てだけをしていればいいのだったら、別にそんなに大変ではないのかもしれないけど、
家事だってあるんだもの・・・・。



とか、そんなことを悶々と思ったりするけれど、

そんな経験を積んで、自分らしさが生み出されていくのだろうか、とこの本を読んでいて
ふと思いました。

「スタージュ」とは、フランス語で「研修」「実習」を意味するそうです。
料理人、パティシエ、ソムリエなどプロフェッショナルを目指す人たちが
レストランやショップでお金はもらわず経験を積む制度のことだそう。

なるほど。

「生活の中に、スタージュという時間を作ってみませんか」
という投げかけは、なんとなく私の心に響きました。

子供を育てる中で、私が子供から教わることもきっとたくさんある。
こんな「我慢の連続」に見えるような時間も、
私の糧になる。

きっと。



そして、最高の幸せの瞬間だって、この毎日の中に・・・
・・・この毎日だからこそ・・・味わえるものなんだから。







この本を読んでいて、いろーんな人の「切り撮られた」生活の一部を見て、
「素敵だなぁ〜〜☆」と思う反面、
その生活の裏にある「大変さ」も、なぜか手に取るように分かる気がするのも、

今の生活があるからなのでしょう。


やっぱり、私はこの毎日の生活に成長させてもらってるんだな。






2012年01月18日 Posted by Kotachan7 at 23:38 | この記事のURL
1歳半健診での出来事


最近1歳半を迎え、「1歳半健診」というものに行きました。

自宅徒歩3分のところに行きつけの小児科があるのだけど、
近頃はいろんなワクチンやらインフルエンザの注射だので、
「小児科=痛い」というイメージしかないうちの子。。

それから先生がかなりご高齢なので、それも怖いのかな・・?

小児科へ続く階段を上り始めると「ふぇ〜」と泣き出し、
自動ドアが開いた瞬間に大泣き。
中に入ると一番奥の窓の手すりにつかまって離れようとしないのです。

だから、名前呼ばれたら力づくで連れて行くんだけど、本当に大変。。

身長・・頭囲・・胸囲・・それを測るのに看護師さんも必死でした。
もちろん母も必死よ!!


でも先生と向かい合って座った時はもっと大変!

暴れる暴れる。。

しかも1歳半健診って、歯の本数数えるんだね。
無理やり口開けられて「おぇ〜〜〜!!」と大げさに叫び、さらに大泣き!




いつから、こんなに物事が分かるようになったんだろ。

確かに大変だけど、それだけ、成長したんだなぁっと思うと嬉しい。


そして、小児科ではこんな感じだけど、子供が集まる場所なんかでは、
初めての場所でも、初めてのお友達でもとても仲良くできる息子を
誇りに思います。

頭なでなでしたり、(自分より大きな子にも・・)
かわいい女の子にはおでこにチューしたり、思わず笑ってしまう場面がたくさんです。


それから動物、(特に犬!)が好きなことろも、嬉しい限り。
大きな犬に吠えられても、平気な顔して笑ってる。
そして最初は吠えてた犬もそのうちに心許して、彼が来るのを待っていて
くれたりするのです。


私にとっての息子の大好きなところは、
主人のそれと、とてもよく似ていて、
やっぱり親子なんだぁ〜って、嬉しくなります。


たくましい男2人に囲まれて、幸せだ☆



1歳半健診の最後、ご高齢の先生は、こんなことをおっしゃいました。



「息子さん、歯、何本でしたっけ・・?」



えぇぇ〜!!!?
あんなに苦労して数えたのに・・・・???


仕方なく私がもう一度数えました。


後で思い返したら、笑いがこみあげてきて。


でも、、、
お年をお召しになっても、小児科を開いていてくださっている先生に
私は感謝しています。

2011年12月09日 Posted by Kotachan7 at 15:34 | この記事のURL
融通



寒い!!
本格的な冬が到来。。

でも、子供は外が好き。


午前中1時間〜2時間くらい散歩し、
家でご飯を食べてお昼寝。
起きたらまた1時間〜2時間ほど散歩。

しかも自分の行きたい方向にしか行かない!!
犬の散歩より融通きかない!


何回もエスカレーター上ったり下りたり、
階段上がったり下りたり・・・

力づくで帰ろうとしても、暴れまわるので、
根負けして、最後まで付き合います。。




子育てほど、融通のきかないことってあるかしら!?
っと最近思う。



だけど、そんな日々にも母は順応していくわけで。

結局、子供を育てながら、
成長していくのは親のほうでもあるんだわ。


忍耐強くなるわぁ〜☆




2011年10月05日 Posted by Kotachan7 at 22:21 | この記事のURL
至福のひととき☆
子供が寝た後のコーヒータイムが至福のひとときです。

特に今日は旦那様がご飯を食べてくるので、
いつも以上に自分に時間があって、わくわく〜☆

子供が生まれる前は、
「今日はご飯食べてくるよ」って言われたら
「寂しい!!!」って思っていたのに、
今は大歓迎☆笑


まぁ滅多にないのだけど。。

『ご飯を作る』というのは、とても奥が深いと思うのです。
簡単にしようと思えば、お惣菜買ってきたり、冷凍食品使ったり
いくらでもできるのだけど、、

やっぱり食べるものって一番大切だと思うから、
できるだけ、体にやさしく栄養のあるものを作りたい。

そう思うと、お惣菜はなかなか買えません・・。
「味、濃い〜!!」って思っちゃうんだよね。

やっぱり手づくりが一番☆

でも、作ることを知らない人にとっては、
机に並べられたおかずを見ても、どんな過程を経てここに並んでいるか
な〜んて考えることはなく、一瞬で消えてしまう・・!!


料理ってちょっとした手間をかけるか、かけないか・・ですごく変わってくるけど、そのちょっとの手間をかけると、洗物が増えたり、時間がかかったりするものなんだよね。

だから、子育てに手がかかるときは、その葛藤に悩まされます。


でも、おいしくできたら嬉しいし、「おいしい」って言ってもらえたらすごくやりがいも感じるから
とりあえず、『丁寧に作る』ことを続けていきたい。

たまには冷凍野菜や冷凍お魚の手を借りて、(でも品質の良いものを選ぶ!)
色とりどりの食卓と、お弁当をこれからも作れたらいいな。



子育てと家事をこなすことは想像以上に大変だけど、
「こんなにがんばってるのに・・」ではなく、
「こんなにできてヨカッタ」と思いたい。


当たり前の日常の中に、幸せがたくさん詰まっているはずなのです。




2011年09月18日 Posted by Kotachan7 at 09:54 | この記事のURL
自転車デビュー★



自転車デビューWithじーじ★

まだ早いと思ったけど意外といけるものなのね。

ちゃんと手すり持ってエライね〜☆


たまに、自転車乗ったまま寝てしまうみたい。。
気持ちいいのかな。
でも、危ないぞ〜!!


これに乗り始めたら、もうベビーカーなんて乗ってられないね!



ヘルメット・・・かわゆすぎハート

2011年08月25日 Posted by Kotachan7 at 21:38 | この記事のURL
おしゃんぽ☆


ずいぶん歩けるようになって、外でも靴を履いてデビューです☆

ちょっとした下り坂なんかは、勢い止まらなくてダッシュになるので
ハラハラ・・・。

自分の行きたいところへ突っ走っていきます。

たまに見つける金網にも興味津々!





公園も大好き☆










本当にやんちゃで元気な男の子に育ってくれています。

このエネルギーはどこから・・・・??
私にもわけて〜!!


かわいい小悪魔ちゃん☆


>> 次へ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。