<< 2011年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
プロフィール
popoさんの画像
popo
皆様により良い情報と思っています。楽しい情報・健康になる情報・綺麗になる情報・美味しいグルメの情報
ブログ
プロフィール
最新記事
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ
リンク集
ナイト美容液
" >ナイト美容液
" >わきが臭 対策ジェル誕生
" >バストアップ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2011年02月21日

腰痛み冷え・関節痛のお悩みの方キャッツクローの紹介

気になるふしぶしにサッと塗ってスーッ♪ 『ヤマノのキャッツクロー ジェル』

今晩はポポです

本日はヤマノのキャッツクロー ジェル(年齢とともに生じる腰痛・関節痛)

ヤマノはキャッツクローの研究の第一人者であるチャン先生とともに10年に渡る試行錯誤の結果、ついに「キャッツクローシリーズ」を誕生させました。


年齢とともに生じる腰痛関節痛などでお悩みの方々のために“体の内側と外側から”摂ることにより、快適な健康生活をサポートいたします。 階段の上り下りがツライ家事で立ったり座ったりがツライゴルフのスウィングがツライ まずは使ってみてください♪
直接塗ることで筋肉の炎症を鎮めてくれるといわれる 「キャッツクロー」に、保湿性に優れた高品質の液状 「シアバターオイル」を配合することで、よく伸び お肌に素早く浸透します。


電球アクティブな中高年 ふしぶしでお悩みの方必見!新商品『ヤマノキャッツクロージェル』登場♪の詳しい詳細へ


アマゾンの伝承薬キャッツクロー。そのちからを現代人の悩みにそって3つに分けてご紹介します。

免疫とは
キャッツクローには“免疫バランスを整える”ちからがあります。
そもそも免疫とは身体が本来持っている細胞と身体に入ってきた異物を区別して、体外に排除する役割があります。しかし、食生活やストレスなどの生活習慣によって免疫バランスは崩れます。

免疫力が低下することで、風邪やインフルエンザをひきやすくなり、反対に免疫力が高上しすぎると、自己防衛のためアレルギーや花粉症などの症状を惹き起こします。毎日の健康のためには免疫バランスを整えることが必要となってきます。

世界が注目するキャッツクロー
キャッツクローは1990年代の初期からペルー及びヨーロッパで癌やAIDSの付加治療や免疫学システムを対象にする他の病気の治療に使用されてきました。その他にも多くの文献でキャッツクローの免疫に関する研究結果も発表されています。

また、キャッツクローは世界中でハーブ医療として、免疫活性・免疫調整などを始め、胃炎・癌・関節炎・リューマチ・神経痛・慢性炎症・帯状疱疹のようなウイルス病などに使用されていると伝えられています。

電球アクティブな中高年 ふしぶしでお悩みの方必見!新商品『ヤマノキャッツクロージェル』登場♪の詳しい詳細へ


免疫バランスを整える為には
前述の通り、毎日の健康のためには免疫バランスを整えることが大切です。しかし現代社会では生活習慣病を始め、ストレスなどによる精神性の病気など様々な問題を抱えています。

そのため、大抵の方は免疫力が低下しているのではないでしょうか。まずは免疫力を高めるために生活習慣の改善も必要ですが、忙しい毎日を送っている方にはアンデスに古代から伝わる「奇跡のハーブ」キャッツクローで不足している免疫力を高めて、身体の免疫バランスを整えましょう。

関節痛とは
最近、階段の昇り降りがツライ、ふしぶしが痛い、立ち上がる時に痛みを感じるなどはありませんか?それは実は関節痛なのです。人間にはたくさんの関節があり、身体を自由に動かせるのはその関節がスムーズに機能を果たしているからなのです。

関節痛には変形性関節症、痛風、関節リウマチ、外傷、細菌による感染症などがあります。関節痛を引きおこす原因は年代や症状によってさまざまです。

電球アクティブな中高年 ふしぶしでお悩みの方必見!新商品『ヤマノキャッツクロージェル』登場♪の詳しい詳細へ


何故関節痛にはキャッツクロー?
アマゾンの先住民族達は関節炎・リューマチなどの抗炎症用を始め、様々な症状にキャッツクローを伝承薬として使用してきました。これらは様々な研究結果により、関節炎・リューマチなどに使用してきたことが正しかったことが証明されています。

キャッツクローの有効成分にはキノビック酸グルコシド・アルカロイド・ステロインなどが含まれています。特にキノビック酸グルコシドには抗炎症作用があり、さらに血流促進するアルカロイドなどの相乗効果により炎症性を伴うリューマチ・関節痛・腰痛・肩こり・神経痛に良いといわれています。また、オーストリアではフェルマイド関節炎の治療のためにキャッツクローを使用した試験が行われております。実験結果によれば、キャッツクローが抗炎症機能を示しています。

関節痛を和らげる
関節痛を和らげるためには、適度な運動が必要です。血行をよくするだけではく、筋肉やトレーニングにつながります。また、普段から体を動かすことで関節まわりをやわらかくして曲げ伸ばしがしやすくなります。ただし、身体に負担をかける運動はやめましょう。

また、肥満も関節に過度の負担を与えます。体重が1キロ増えただけでも膝にかかる負担はその3倍は増えてしまいます。 また、高齢になればなるほど筋肉が衰えてくるために、関節の支えが弱くもろくなっていきます。

生活習慣病の予防のためにも生活習慣を見直して肥満を解消しましょう。 関節痛は完全には治りません。服用している薬をやめたり、寒くなると再発します。キャッツクローを使用したことにより完治することはできませんが、軽減することや再発を防ぐことはできます。

ただし、人それぞれの体調や重症度が違うため時間がかかる場合もあると考えます。まずは関節痛と向き合うことが大切です。アンデスの伝承薬として受け継がれてきた「奇跡のハーブ」キャッツクローで関節痛の痛みを軽減させましょう。

電球アクティブな中高年 ふしぶしでお悩みの方必見!新商品『ヤマノキャッツクロージェル』登場♪の詳しい詳細へ


ふしぶしでお悩みの方必見!新商品『ヤマノキャッツクロージェル』登場♪下記へ
洗濯や掃除など、家事で立ったり座ったりがつらいと感じたら上記へ



初めての方はこちら (ご利用ガイド) 商品一貫はこちらへ ふれあい健康定期便 山本社長10年の想い  疲れやすい方インフルエンザに負けない花粉症がツライ定期便の商品価格一覧定期便のよくある質問Q&Aキャッツクローの歴史


最後までお付き合いありがとうございます。担当の石井です

**************************************


続きを読む...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。