カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
結婚サービス比較.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
当サイトのバナーを クリックすると、 詳しい情報が ご覧いただけます
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
投票ありがとうございます

2017年07月19日

「結婚して、孫をつくり、親孝行する」ということ

多くの親は、子供の結婚を望んでいると思います。

自分の親もそうでした。

一人暮らしをしていたとき、
実家に帰るたびに、ある頃から、
結婚の話が出ていました。

そして、結婚をして、しばらくすると、
「孫」の話が、母親から出ました。

「孫ができたら、ようやく子育てが終わったと思える」
というようなことを言っていました。


母親が望んでいた結婚・孫の誕生。
どちらも成すことが出来て、「本当によかったな」
と思っています。

用件があって電話を母親にした際に、
母親から赤ちゃんの話が出て、
うれしそうに話しています。

夫のご両親も、1ヶ月に1回ほど
赤ちゃんを見に来るのですが、
うれしそうです。


子供の結婚・孫の誕生は、
親にとって、とてもうれしく、幸せなことです。

親が喜ぶことは、他にもあるのでしょうが、
このことは、親にとって、とても大きな喜びであり、
最大の親孝行であると実感しています。

「結婚してよかった」と思います。


お読みいただき、ありがとうございます(^^)


【スポンサーリンク】



posted by こんちゃん at 22:08| 結婚のすすめ

2017年07月08日

「目の前の相手を大切にする」ということ

赤ちゃんが誕生して、赤ちゃんとの生活の中で、
目の前の相手を大切にすることの大事さを
感じています。

今までの自分は、あらゆる時間を、
自分のことに使っている感じでした。

一人暮らしのときはもちろん、
結婚してからも、そのような面があったと感じます。

そのうちのひとつとしてパソコンがあります。

自分は、一人暮らしのときに、学業の関係で、
インターネットを始めましたが、仕事の関係で、
ネットをする時間がほとんどなくなったとき、
ネットをやめました。
やらないのにお金を取られるので、やめました。
そして、ネットをやっていない頃、本をすごく読んだな、
と思います。
また、おでかけも楽しみました。

自分が婚活をしているときも、
ネットをしていませんでした。

結婚をして、夫がインターネットをするので、
自分もするようになりました。

夫が、スマホやパソコンなどを見ているとき、
自分もパソコンをするようになりました。

そのような流れがあります。

自分は女子のためか、結婚後は、夫と会話を
楽しみたい、というのがあったのですが、
夫は上記のようなところがあるので、
じゃ、自分も、という感じでしょうか。

そして、自分もパソコンをするのが当たり前となりました。

そんな中、赤ちゃんが誕生しました。

最初の頃、赤ちゃんは寝てることが結構多かったのですが、
そのうち、昼寝をあまりしなくなりました。

そして、自分は、赤ちゃんが起きているときは、
赤ちゃんと向き合っています。
パソコンはしません。

赤ちゃんが寝たときにしてます。

赤ちゃんが寝ても、パソコン以外のことをやるようにも
なりました。
離乳食をつくったりもします。

なれないうちは、自分の時間がない、
好きなことをする時間がない、
と感じたことがあります。

しかし、今は、こんな生活もいい、
と思っています。


「目の前の相手を大切にする」ということ。

目の前の相手を大切にすると、それなりのものが
かえってきます。

目の前の相手を大切にすると、
相手も、自分も、ハッピーになるのです。


お読みいただき、ありがとうございます(^^)


【スポンサーリンク】



2017年06月10日

アラサー以上の女性は、「傲慢・高慢」に注意が必要

人は、歳を重ねれば、
それなりに知識や技能、経験など得ます。

そして、それと同時に、
傲慢・高慢といったものが定着してしまう場合が
あるようです。


傲慢:おごりたかぶって人を見くだすこと。また、そのさま。

高慢:自分の才能・容貌 (ようぼう) などが人よりすぐれていると
思い上がって、人を見下すこと。また、そのさま。


このことは、女性のみならず、男性にもあるでしょう。


特に、アラサー以上になったら、意識して、
気をつける必要があると感じます。


30代以上の独身女性に注目してみますと、
「傲慢・高慢」状態になってしまっている人の割合が
高いと感じます。

仕事はできるのですが、人を見下したり、
きついことを言ったり、バカにしたり、
小ばかにして笑ったり、
気に入らない人に気を荒げたり、
挨拶を返さなかったりしているのです。


知らず知らずのうちに(気づいているのか)、
やばい状態になっているかもしれません。


そして、そのような人の周りも、
そのような人であったりする場合があり、
そのことに非常に気づきにくい状態に
なっているかもしれません。

他者のよくない面にばかり気がいっているのです。
そして、仲間同士で言い合っている。
チャンスがあれば、本人にぶつける。


傲慢・高慢な女性と結婚したいと思う男性は
いるでしょうか。

いないのではないでしょうか。


歳を重ね、経験、知識、技能などを得る一方で、
傲慢、高慢になっていないか。

アラサーになったら、
そのようなことに気を向けることが
必要だと思います。

知らず知らずのうちに、傲慢、高慢にならないためにも。

そして、その傲慢や高慢は、
人の気持ちをきずつけてしまうことがあるでしょう。


ここで、ちょっとそれ関連の話をします。

あるところでの話です。

あるホームページには、
何人かの医療従事者が載っています。

ある人は、いろいろな資格を持ち、
魅力的な肩書きを多々持っています。

そして、また、ある人は、
肩書きは多くはありません。

その医療機関においては、
自分の好みで、先生を選ぶことができます。

そして、ある人は、どちらの先生にも
見てもらいました。

ホームページ的には、
前者のほうがすごい先生なんだろうな、
と思いながら。


ところが、前者の先生はなんかそっけなくて、
冷たい感じがしました。

後者の先生は、丸みがあって、温かく、
人当たりのいい先生です。

そして、後者の先生は人気のようで、
予約がすぐに埋まっています。


あなたは、上記のどちらの先生がいいですか。


前者の先生が、実際にどんな人であるのかは、
ある程度接しなければ、わからないのかもしれませんが、
このような状況、このように感じる人がいます。


あなたはどのような人になりたいですか。


そして、どのような人に、人は好感を持つでしょうか。

どのような人と接すると、気分がよくなるでしょうか。


アラサー以上になったら、時々、
自分が傲慢・高慢になっていないかに気を向けることが
大事と感じます。

そうすることで、若い頃のようなピュアな気持ちを
得ることができるのではないでしょうか。

そして、人を幸せにする人へと、
方向転換できると思います。

そうすることで、若い頃は上手くいっていたのに、
なんかおかしいな、というスパイラルから、
あっさりと抜け出ることができると感じます。

そして、そうすることによって、
あなたと接する人も幸せになり、あなた自身も幸せになる。
そう感じます。


お読みいただき、ありがとうございます(^^)


【スポンサーリンク】



結婚サービス比較.com
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。 他の方のブログは以下からご覧いただけます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村
婚活ランキング
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブログパーツ
投票
ありがとうございます
プロフィール
こんちゃんさんの画像
こんちゃん
最初から上手くいった婚活ではなかったですが、結婚相談所を変えてから、出会いが増え、誠実な人と出会い、早い段階でプロポーズをいただき、その結婚相談所に入ってから1年以内で結婚しました! 一人暮らし婚活経験者です。 婚活をしてよかったです。 皆様にも婚活で幸せになってもらいたく、婚活情報などいろいろとお届けします。
プロフィール
検索