広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

小野二郎さん

小野二郎さんって知ってますか?!

っていってもそんな名前の人はたくさんいるのでわかるわけがないと・・・

では、『すきやばし次郎』と言えばご存知の方もいらっしゃるかと。

小野二郎さんは銀座にあるお寿司の名店『すきやばし次郎』の大将です。

すでに八十歳をとうに超えて尚、現役で握られています。

なにがすごいかといいますとお寿司に対するこだわり方が半端ではありません!

その証拠に日本の名工に選ばれた寿司職人です。

並々ならぬこだわりは、仕事の時だけにとどまらず、私生活においては、寿司職人の命とも言える手は常に手袋をして怪我をしないように気を付けて過ごしているとのこと。

さらには、味覚が変わるからとコーヒーを飲まないなど徹底しています。

ワタクシも同じ寿司職人ではありますがそこまでこだわることは残念ながら出来ていません。。

小野さんの言葉に"
まずは自分のやっていることを好きになること"

というようなニュアンスの言葉がありました。

もっともなことですがお寿司の神様とよばれる人が語る言葉には説得力があります。
技術などではなくもっと深い部分、人間としての本質というか、どうあるべきかを求めてさらに答えを導き出した唯一の人だと感じます。

すきやばし次郎ではおまかせの寿司20貫で完結するお寿司があります。

お寿司は握りたてが1番美味しいとの観点から比較的早く次から次へと握りが出てくるそうです。
だいたい来店からご愛想まで20分位とのこと。

お値段は27000円〜30000円位とのことです。

たった20分でこの金額にはネット上では、賛否両論ありますがワタクシは是非行ってみたいと思います。


すきやばし次郎―生涯一鮨職人

中古価格
¥823から
(2011/10/24 11:21時点)







絶対的に理解しやすい野崎洋光さんの本

こんにちわ。

今日はワタクシの尊敬します野崎洋光さんの事をすこし。。

野崎さんとの出会いはまだ、ワタクシが調理師見習いから少し毛の生えたころの事です。

なんて書くと会ったことがあるみたいですがお会いした事は残念ながらありません(ノω・、)

料理の勉学に熱心だったワタクシは一冊のある本を見つけました。

タイトルは 「分けとく山」野崎洋光が説く 美味しい方程式 8:1:1 という書物。。

この本は画期的ですべての味付けを出汁と醤油やその他の調味料の割合で書いているんです。

だいたいの料理本というのは醤油が○○ccで砂糖が○○グラムみたいな感じでしょ!?

ですがこの本は8:1:1という 出し汁、醤油、味醂 の配合を基本とした調味液をはじめとして、

煮る、飲む、蒸す、炊くに至るまでまさに出し汁と調味料の方程式で超解り易く書かれています。

その他にも 『お米と出し汁の関係』 『卵と出し汁の関係』 など理解すればなるほど!という事柄がズラリです。

プロのワタクシが言うのもなんですがお料理が簡単になってしまう1冊です。。

この本を買って以来ワタクシ 野崎洋光さんのファンになりまして結構本を買っています。

野崎さんの本の中でも『方程式シリーズ』がお気に入りです。

お料理上手になるには野崎さんの本が絶対おススメです。

ワタクシ志(こころざし)先生の本は↓




中でも一押しが↓




中身を少し↓





野崎洋光さんの本はアマゾンで中古でお安く売ってます。←こちら



福岡でお寿司を習いたいときは
J-TRADITIONAL SUSHI SCHOOL が運営
『福岡出張寿司道場』


   
プロフィール

志(こころざし)先生
J-TRADITIONAL SUSHI SCHOOL 福岡出張寿司道場の講師をやっています志(こころざし)がお寿司の事を中心に書いている日々ブログです。
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
月別アーカイブ
日別アーカイブ
http://fanblogs.jp/kokorozasi/index1_0.rdf
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。