旧ココロカラダなちゅらるtimeへようこそ
新サイトにて更新中です
どうぞ、お立ち寄りください
logo2-crop.png http://kokokaranatural.com/
スポンサーリンク
サイト内検索
新しい記事書きました
人気の記事です
抜け毛対策
ダイエットにオススメ
キャンペーン情報
Index
プロフィール
にこ(2525face)さんの画像
にこ(2525face)
プロフィール
Twitter Twitter
ランキングに参加中です

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村へ

リンク集
タグクラウド
よくお買い物するSHOP

広告

posted by fanblog
Topb.glen(ビーグレン) >ピュアビタミンCの高い美容成分をしっかり届ける!b.glen(ビーグレン)【Cセラム】

2015年06月02日

ピュアビタミンCの高い美容成分をしっかり届ける!b.glen(ビーグレン)【Cセラム】

upbcセラム.jpg
ビーグレンのヒーローアイテムのCセラム

ビーグレンのCセラムは
ビタミンC誘導体ではなく
ピュアビタミンCを使用しています


でも、人気の秘密はそれだけではないんですょぴかぴか(新しい)


>>b.glen(ビーグレン) 『Cセラム』



今回は、ビーグレンのCセラム人気のの秘密を書きたいと思いますペン


b.glen(ビーグレン)毛穴ケアトライアルセットの記事もあります
よろしければこちらも覗いてみてくださいね目
↓↓↓
毛穴落ちさせない肌へ【b.glen(ビーグレン)毛穴ケアトライアルセット】毛穴の広がりにアップローチ






ナノ化してるだけじゃない!


ビタミンCは、強い坑酸化力があり
メラニン色素の生成を抑え
日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ働きがあり
活性酸素による細胞の老化を防いでくれます


それだけでなくコラーゲンの生成を促す働き
毛細血管を強くする働きもあります



なので、ビタミンCは注目の成分ですよねグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)



でも、ビタミンCは水溶性なので肌への親和性が低く
酸化に弱いことから高い美容成分がありますが
とても扱いにくい成分なのです2バッド(下向き矢印)


なのでビタミンC配合と言われる化粧品には
化粧品に配合するために扱いやすくしたビタミンC誘導体がよく使われています



ピュアビタミンCとビタミンC誘導体の違いについて書いた記事もあります
よろしければこちらも覗いてみてくださいね目
↓↓↓
ピュアビタミンC美容液!b.glen(ビーグレン)【Cセラム】生のビタミンCでシミ・シワ・ニキビなどの悩みに負けない肌へ


b.glen(ビーグレン)のCセラムはビタミンC誘導体ではなく
ピュアビタミンCを配合しています


それを現実にしたのは、b.glen(ビーグレン)の浸透テクノロジーQuSomeレジスタードマークです


QuSomeレジスタードマークはただ、成分をナノ化しただけではないんですょ

このテクノロジーが開発されてから多くの医療現場で使用されてきました

それは、このQuSomeレジスタードマークという独自技術が
必要としている箇所に効果を発揮するからですひらめき


ビーグレンのQuSomeレジスタードマークのイメージは玉ねぎですわーい(嬉しい顔)

upQuSome.jpg


玉ねぎって1枚ずつ剥がれますよね

その間にカプセル化した美容成分が詰まっている感じだそうです


順番に1枚ずつ剥がれていき
有効成分のカプセルが順番にリリースされ
じわりじわりとはじけていきます


なので、有効成分がお肌の内部でロングリリースされます



高い美容成分を持つビタミンCの力が発揮できる
ビーグレンの独自技術が結びついたCセラム


これが人気の秘密でするんるん

ビーグレン Cセラムの使い心地


トライアルセットに入っているCセラムの大きさは8cmくらいです

キャップを開けてみるとこんな感じです

upbcセラム1.jpg

直径2cmくらいのCセラムを手のひらで軽く広げて
ハンドプレスでなじませます


upbcセラム2.jpg

お肌にのせても私は刺激を感じませんでした


Cセラムを使用すると皮脂の分泌が抑えられ
肌に乾燥を感じることがあるかもしれません


なので、敏感肌や乾燥肌の方は
少しずつ様子を見ながらお使いになると良いかもしれません



もし、乾燥を感じてしまったら
乾燥を感じた部分にはCセラムの量を少なめにお使い
その後の保湿をしっかりすることをおすすめします


ビーグレン Cセラムの成分


ビーグレンのCセラムはピュアビタミンC(成分名:アスコルビン酸)を
7.5%と高配合ですょ



《全成分》
PG、アスコルビン酸、レシチン、ポリアクリルアミド、(C13,14)イソパラフィン、ラウレス-7



詳細は、b.glen(ビーグレン)のホームページで確認してくださいねかわいい

arrow19s.pngb.glen(ビーグレン) 『Cセラム』






最後までお読みいただきありがとうございます


☆ブログランキングに参加しています☆
皆様の応援が励みになります猫







にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへにほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3696344
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。