広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年11月24日

キボタネ・メールニュースNO.4  2017年11月20日発行

コスタリカの平和観と日本の平和観の違いから見えるもの
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-432.html
「あなたにとって平和とはなにか」「平和とはどういう状態を言うのか」
そう聞かれたとき、どう答えますか?
たいていの人は、戦争を起こさないこと、戦争状態でないこと、と答えるかと思います。
平和の反対語を聞かれるとまず「戦争」がかえってきます。
ある小学校の先生が「平和」という言葉から何を連想するか、小学校5年生の子どもにアンケートを採ってみたところ過半数が「戦争」と答えたそうです
平和運動といえば反戦運動のことを指すし、平和=反戦というイメージが浮かぶと思います。
しかしコスタリカでは平和についてのイメージは日本と違うようです。
平和とは何かと問うと「民主主義」「愛」「家族」「環境」「人権」「自由」などなど、様々な言葉が返ってきます。「戦争」とか「反戦」という言葉は平和から連想されるイメージに入っていないのです。
日本では平和とは戦争のない状態指し、一方、コスタリカではそこに留まらずそこからもう一歩進んだ段階のことを指さしているように思います。より人間らしく豊かに生きていくこと、人権が尊重され、民主主義が実現されることを指すとでも言いましょうか。
前者を消極的平和、後者を積極的平和、という言い方を確かカレン・オルセンさんがしていたと思います(記憶が定かでないので違うかも)
別に私はコスタリカの方が優れているとか言うつもりはありません。消極的平和、積極的平和、どちらも大事だと思います。
これについてコスタリカについて詳しい足立力也さんが「丸腰国家」でこう指摘しています。
戦争反対、これ平和。それも一つの考え方だろう。しかしその考え方には一つの大きな弱点がある。すなわち、戦争は悪いことだと解るかもしれないが、「ではどうすればよいのか」という視点に欠けるのである。そのため、戦争に対する想像力を働かせることはできても、平和に対する想像力が働かない状態に、多くの日本人は陥ってしまっているのだ。(「丸腰国家」p.186より)
OECDでアメリカに次ぐ格差社会となり、貧困率が高くなり、簡単にホームレスに落ちて貧困のスパイラルから抜け出せない、派遣切りにあって食うや食わず、熱中症で倒れて死んでしまう若者、給食費や修学旅行代が払えないこども、夏休みになると給食が無いので痩せてしまう子供、自殺者が年間3万以上に上り、30代、40代の働き盛りの死因のトップが自殺という異常さ
こんな生きにくい社会で果たして日本は平和だと言えるのか、という素朴な疑問が湧いてきます
単に戦争状態でないことを指すなら日本は60余年平和でした。しかし積極的平和という意味では日本は平和とは言えない気がします。
貧困に苦しむことのない社会、努力すれば報われる社会、医療と教育は誰もが無償で受けられる社会、言論の自由が保障され官憲に弾圧されることのない社会、死刑のない社会を一歩ずつ実現していく前向きな社会が平和を実現していこうとする社会と言えるでしょう。
「平和を願うなら闘わなければなりません。単に“平和主義者”でなく、非暴力での闘いをすべきです。」
「平和とは、存在するものではなく、作っていくものです」
「平和とは終わりなき闘いです」
というのはコスタリカの故フィゲーレス大統領夫人カレン・オルセンさんの言葉ですが、この平和を「積極的平和」と置き換えると意味がよく分かります。
そして平和とは待っていては決して来ないもの、行動しなくては実現できないものだと言うこともわかります
未だ完璧な理想社会というものは地上で実現したことはありません。どの社会も常に何らかの問題を抱えています。コスタリカだって経済的にまだまだ貧しいし、汚職や賄賂もあります。しかし一つ一つの問題に前向きに取り組んで、一人一人の人権を尊重し、民主主義をより進めようという歩みを止めることはありません。その歩みに終わりはありません。
コスタリカは軍隊を廃止し、その予算を医療と教育にまわしたときから平和の構築が始まりました。軍隊の廃止はスタートに過ぎなかったのです。60余年前に軍隊を捨てたコスタリカにとっては平和=反戦はある意味過去のものなのかな、という感じがします。
翻って私達を見たとき、こういう風に言えるんじゃないでしょうか。
9条はそれ自体がゴールであり、目的であるように思われているが、9条はゴールではなく、始まりである。9条は積極的平和を実現していくすばらしきスタートラインだと。
しかし現在、私達は戦争が終わって六〇年以上たってもまだスタート地点から次のステップに進めないのだ、と。
何故先に進めないのでしょうか?何故平和=反戦の段階で留まってしまうのでしょうか?
先述の足立さんは日本の平和教育が常に空襲や原爆を教えてきたことにあると指摘しています。
私は、それに加え、日本はまだまだ戦争の悲惨さを教え伝え続けて行かなければならないような状態にあるから、平和=反戦から先に進めないんじゃないか、という気がしています。
何故なら日本は本当の意味で過去を清算できていないからです。
それは先月菅総理があらためて韓国併合100年にあたって「謝罪」を繰り返さなくてはならなかったことからもわかります。
いまだ大日本帝国を美化しようとする歴史修正主義は後も引かず、南京大虐殺は矮小化しようとするし、慰安婦に補償しようとしないし、ヤスクニでは軍国主義の生きた亡霊が闊歩してるし、唯一の被爆国なのに「核の抑止力は必要」と言い切る総理ばかりだし、沖縄の強制集団死は軍の命令じゃないと教科書に書かれてしまうし。

語り部達は「もう戦前の日本は完全に過去の遺物になったのだ」と安心することはできません。
集団強制死やひめゆり部隊を生き残った沖縄のおじー、おばーはまだまだ老骨にむち打ってあのときのことを訴えなくてはならないのです。
これではまだまだ平和=反戦が日本では必要なのではないでしょか。

一方、貧困に生存を脅かされる深刻な事態も「平和問題」の一環として捉えていくべきように思います。
以前引用したことがある「平和的生存権」について浦部教授の「憲法学教室」から再度引用しましょう。
浦部教授は平和的生存権の平和に「積極的平和」も含めて理解しており、私もこの見解に賛成です。
もっとも、戦争や軍備がないという状態だけで平和であるわけではない。平和とはあらゆる「恐怖と欠乏」から免れた状態を意味する。戦争や軍隊といった「なまの暴力」だけでなく、貧困、気が、抑圧などの「構造的暴力」も無い状態、これが平和である(「憲法学教室」p.405)
話し合いで解決する外交の能力が全くない政府〜尖閣諸島の問題(1)
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-546.html
菅談話が口だけの謝罪にならないようにと願う(追記あり)
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-508.html
韓国政府「ロシアのウクライナのクリミア半島の合併を正式に反対する」
米国はクリミアを併合したロシアの「違法な試み」を承認せず、ウクライナへの軍事侵攻によって欧州の安全保障を脅かしたとプーチン政権を糾弾している。
ロシアのクリミア併合の代償
http://blog.goo.ne.jp/syougai0014/e/62564d59eb919a07f3e696421df41e39
官房長官の菅「クリミア併合は断じて認めることができないとの政府の立場に著しく反する行動だ。」と厳しく批判
国連総会↓クリミア住民投票「無効」決議を賛成多数で採択◆
CNNニュースhttp://www.cnn.co.jp/world/35045805.html
▲決議案には↑日本など100カ国が賛成しロシアや北朝鮮など11カ国が反対、中国をはじめ58カ国が棄権。決議案はクリミアでの住民投票を「無効」とする決議を賛成多数で採択した。
▼クリミア編入の本当の理由は、ウクライナのクリミア半島に駐留する【ロシア黒海艦隊】にとって、不凍港のクリミアの軍港が最も重要な軍事上の拠点だからで、それを誤魔化す住民投票など苦し紛れのコジ付けでしかない。
http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/36725658.html
◆【“中国共産党に因る↓戦後の周辺諸国への侵略と占領等”】◆
http://micryu.tumblr.com/post/49926418306
東京新聞佐藤優氏
 北方領土問題と共に尖閣諸島の問題も併せてこのクリミア問題を考察すれば、日本の立ち位置は自ずと定まってくるのではないか。日本は、「力(軍事的威圧)による領土の現状変更には反対」の原則を堅持すべきなのだ。
クリミア併合と日本の領土問題
http://blog.goo.ne.jp/slcxt1192/e/7b6be22de8273be87365626f4fb2c660
クリミアのヤルタは、1945年2月に開かれた主要3カ国(米、英、ソ連)首脳会談で、ドイツの分割統治を含む欧州諸国の戦後処理の取り決めや国際連合常任理事国5カ国の拒否権を認めた国連の統治形態を定めたヤルタ協定を締結した場所であり、それと同時に、アメリカとソ連がドイツ敗戦後90日後のソ連の対日参戦、および千島列島、樺太などの日本領土のロシア帰属等を定めた「ヤルタ秘密協定」を結び、現在も続く北方領土問題の発端となった場所でもある。
ヤルタ秘密協定が結ばれた僅か6年後の1951年のサンフランシスコ講和条約批准の際、米国上院は「合衆国としてヤルタ協定に含まれているソ連に有利な規定の承認を意味しない」と決議し、1956年には「(ソ連による北方領土占有を含む)ヤルタ秘密協定は、ルーズベルト個人の文書であり、米国政府の公式文書ではなく無効である」との国務省公式声明を発表した事実もある。
ロシアによるクリミア併合に反対する米国や西欧諸国だが、チェチェン共和国やアブハジア共和国紛争 ではロシアの武力弾圧を黙認し、イスラエルのパレスチナ紛争、カシミール紛争、クルド人問題等では常に体制派を支持して来たダブルスタンダード振りは、ロシアと変る処は何もない。
その点は、国内に少数民族問題を抱える中国も同じである。
歴史に「ればたら論」は禁手だが、40年後のソ連崩壊を夢にだにしなかったロシア人のフルシチョフが、自分が永年過ごしたウクライナへクリミアをプレゼントとしていなければ、今回の紛争も回避出来た筈だ。
今回のクリミア紛争は、無責任なナチス礼賛者を中心にしたウクライナ国粋主義者が仕組んだクリミアでのロシア語禁止法案の議会可決が契機となって、クリミア住民の大多数を占めるロシア系の住民の怒りに火をつけた事が直接のきっかけとなった事件である事も、理解しておく必要がある。
「日本はクリミア併合のロシアと一緒。法の支配ができない国」 報ステ木村草太さん
8日放送の「報道ステーション」での、木村氏の発言は以下の通り。

(木村草太)
「先週、大きなニュースになりましたが、日本の権威ある憲法学者が口を揃えて違憲と言った法案を、国会から取り下げようとしないで、今も法案の審議が進んでいるという状況です。これは、国際法学者にクリミア編入は違法だと言われながら、平然としているようなロシアの態度とよく似ているように見えてしまうわけですね。もちろん法学者、あるいは憲法学者の見解が絶対というわけではないんですけれども、最近の政権は外では法の支配と言ってくるんですが、国に帰ってくるとどうも法の支配について他の人、自分とは違う意見の人との対話ができていないですし、自分たちに都合のいいかたちで憲法や法律を解釈して、他の人の意見は聞かないということですと、これは法の支配ができていない国なんだという評価にどうしてもなってしまうわけですね」

(古舘伊知郎)
「ええ」

(木村草太)
「ですから、これから日本は安全保障や領土問題について他の国の協力を仰がなくてはいけない。そういう時に、法の支配に立脚した国だっていうことをアピールすることはとても重要ですし、あるいは国際司法裁判所で争うといったときも、国内できちんと法の支配ができていないと、そうとう信頼を害してしまって、国際的なマイナスが多いですから、これはやはり国際面で強調して約束してきたことを国内でもちゃんとできる政権か、というふうに国内問題にも関係があることなんだと見ていかなければいけないと思いましたね」

(古舘伊知郎)
「なるほど。だから、『憲法学者の人たちはかつて自衛隊ができた時にも違憲と言ったんだから』っていうようなニュアンスが、政治家の方々から聞こえてくると『えっ!?』っと思うところにもつながるんですよね」

(木村草太)
「そうなんですね。今回はやはり自衛隊とは違うレベルの違憲性のある話ですから、ここは全然違う話だと思います」

(古舘伊知郎)
「はい」
「日韓併合条約は無効でした」と認めることの何が不都合なのだろう?
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-521.html
2010/08/27 11:00
1.私は歴史にそんなに詳しいわけではありませんが、日本が武力と脅迫を背景に無理矢理朝鮮を併合したのが事実であることは間違いないようですね、村山談話も菅談話もそれを認めています。
対等な立場で自由意思に基づいて締結された条約でないなら、そのような条約は無効であるというのが論理的帰結だと思います。でなければ力にモノを言わせてむりやり不平等条約を締結したって構わないことになってしまいますから。

では、日本は「その意に反して行われた植民地支配」とまで認めておきながら、何故条約は有効だったと言い張るのでしょう?この矛盾には首をかしげます。

条約が無効だったと認めると、なにか法外な取り返しのつかない不利益でもあるというのでしょうか?
韓国から天文学的な高額賠償請求が来るとでも?
でも、私が知っている限りでは、条約を無効と認め韓国という「国家」に対し日本に法外に高額な賠償しろ、などと韓国が求めてきているなんていう話は聞いたことがありません。
条約が無効であると認めることによって新たにとてつもない不都合が発生するというのなら、どなたかご存じの方は誰か教えていただけたら、と思います。
そういうわけでもないのに併合条約が有効だという従来の見解に固執するのなら、中途半端ににどこかで自己正当化をしておきたい卑怯な感情が根底にあるように感じられてなりません。

2.「併合条約は韓国側の意思に反したもので申し訳なかったが、条約は有効だった」と強弁することは、例えばアメリカが「核は廃絶しなければならない。でも原爆投下は正しかった」と強弁するようなものだと思います。
アメリカが繰り返すこの「原爆投下は正しかった」発言を核の被害者である広島、長崎はどう受けとめているかを考えれば、併合条約は無効だと主張し続ける韓国の言い分が少しはわかるのではないでしょうか。

もちろんこのように言うアメリカ人も決して悪意ある人ばかりとは限らないのでしょう、原爆投下のおかげで泥沼の戦争を終結でき、その後きっと死ぬはずだった大勢の人々を救う事ができたのだから、投下は正しかった、と信じている人は多いです。
でもこれって、被害者側、支配された側の屈辱や痛みが分からない加害者側・支配する側の論理だと思います。

氷室さんが下さったコメントのように、もし自分から日本語と日本の名前が強制的に奪われたら、と想像してみましょう。
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-516.html#comment1605
よくネトウヨが言う話で、
インフラを整備してあげたから
ロシアから守ってあげたから韓国併合は問題ない。
って話を聞きますが、
では日本が中国に占領されるから、今以上にインフラを整備してあげるから、個人所得を上げてあげるから
という理由で韓国が日本を占領してもネトウヨは何も怒らないし、ありがとうと言うのでしょうね(言わないと二枚舌ですよね)。
私は絶対に嫌だけど。
私も絶対に嫌です、日本人としての誇りがありますから(笑)
事例
「日印原子力協定」締結にNO!〜遠のく核廃絶の実現
http://www.labornetjp.org/news/2016/1111nisinaka
【ポリシー無し】安倍政権が大慌てで”親中国”にシフトチェンジし、「一帯一路」参加へ!トランプ大統領の政策を受けて
https://yuruneto.com/abe-ittai/
支那の現代版シルクロード構想「一帯一路」は中共版植民地構想
http://blog.goo.ne.jp/kororin78koro90koro11/e/00fd0adc49f24c0011b577a8d63b74b4
日本もダマされるな。中国が仕掛ける「融資トラップ」という甘い罠
https://news.goo.ne.jp/article/mag2/world/mag2-249838.html
中国の融資ほど危険なものはありません。たとえばスリランカのハンバントタ港は、中国の融資によって整備されましたが、融資条件が甘いかわりに6.3%と金利が高く、しかも完成後も需要が少ないため、スリランカ政府は中国からの融資返済が困難に陥りました。そこで中国はスリランカに対して、港の株式の80%を中国国営企業に長期貸与するよう要求し、結果、中国はハンバントタ港を99年にわたり管理運営できることになりました。

●スリランカのハンバントタ港、中国企業が株の80%取得へ

このような中国のやり方は、「融資トラップ」とも言われています。金利が7〜8%以上になることもあり、中国側は融資を受ける国が100年かかっても返済できないことを承知で金を貸し、後に接収して軍事利用することを目論んでいるわけです。もちろん中国にとっては、自国の過剰生産を処理するために一帯一路を利用するということも、目的のひとつです。

ハンバントタ港周辺に住む数千人の住民が強制退去を求められており、今年の1月には抗議デモで警察と衝突、多数の負傷者と逮捕者が出る事態になっています。抗議者らは「この地域が中国の植民地になろうとしている」と訴えていました。

●スリランカ、中国企業の港湾管理に市民ら抗議、警察と衝突―英メディア

スリランカの港湾を99年間にわたり中国が支配する狙いは、インド洋に中国資本の港湾を次々と整備し中国の軍港化することで、宿敵インドを封じ込めるという、いわゆる「真珠の首飾り」作戦の一環とされています。

スリランカは、マヒンダ・ラージャパクサ前政権の時代に中国に傾斜し、関係を深めてきました。ハンバントタ港もその時代に決定したものです。加えて、ハンバントタ港のすぐ近くにも、中国の融資でマッタラ・ラージャパクサ国際空港が建設されましたが、1日に1、2便程度しかなく、ほとんど廃棄同然になっていることが報じられています。

いずれこの空港も中国のものになってしまうのでしょうか。

●スリランカ、中国支援で開港の「第2の国際空港」が廃棄同然―米メディア

スリランカでは最大の都市コロンボの海沿いを埋め立て、国際金融センターをつくるという「コロンボ・ポート・シティー(CPC)」プロジェクトも、中国の国有企業主導で行われており、こちらも埋立地を99年間、中国国営企業に貸与することが決められています。しかも、治外法権を要求する動きも出ています。

●中国企業、外国土地を次々「借り上げ」 治外法権要請も

スリランカだけではありません。

2015年10月には、オーストラリア北部準州が中国企業の嵐橋集団と、ダーウィン港を約5億豪ドル(約430億円)で99年間貸与する契約を結びました。ダーウィン港の近くには南シナ海情勢に備えるアメリカ海兵隊の駐留基地があり、しかも嵐橋集団は中国軍との関係も噂されているため、この決定に米豪関係は冷え込みました。
●豪、中国企業に北部ダーウィンの港湾を99年間貸与 海兵隊駐留の米国は反発

このように、中国は融資を餌や罠にして、他国に拠点を次々と作ろうとしています。

かつてアヘン戦争によって香港が99年間イギリスの租借地になり、あるいは上海に租界が次々と作られたことを、今度は中国がやっていると見る向きもあります。かつての列強時代における租借地や租界は、清との不平等条約をもとに設立された、行政権や警察権を各国が持つ特別地区のことです。

中国にとっては、融資という武器によって、かつて自らが味合わされたように、他国に不平等条約を飲ませているつもりなのでしょう。習近平主席のいう「中華民族の偉大なる復活」には、復仇も含まれていると考えるべきです。
しかも、99年という租借期間ですが、中国人にとって99という数字は「久久」と発音が似ており、ほとんど「永遠」という意味になります。99年間の租借ということは、永遠に中国が支配するということを暗に宣言しているところもあるのです。
しかし中国のインフラ投資は、世界各国で評判がよくありません。ミャンマーのミッソンダムは自然破壊を懸念する地元住民の反対でストップしています。また、ニカラグアの運河建設も同様に地元住民の大規模反対デモが繰り返されています。

アフリカの鉱山開発では、中国から刑務所に入りきれない死刑囚を作業員として連れてきて、さらにそれに帯同して料理人やホテルなどもやってくるため、現地に雇用を生まないどころか逆に奪い、さらに金も落とさないため、現地人からの恨みを買っています。アフリカで中国人を狙った襲撃事件が増えていることは、以前のメルマガで報じたとおりです。

https://news.goo.ne.jp/article/mag2/world/mag2-249838.html

「併合によっていいこともあったじゃないか」は典型的な支配する側の論理であり、支配された側の屈辱を理解できていないのです。
「いつまで謝罪を繰り返せば気が済むの?」も同じです。もしアメリカ人が「65年も前の原爆投下をいつまでうだうだ言ってるの」と言ったら、被爆者はどう感じるかを想像してみればいいのです。

加害者側が、被害者側の傷についてあまり深く考えないままそんなに悪意なしに何気なく軽い気持ちで(一部の人々はレイシズムという悪意をもって)口にした言葉は、時として深く被害者側を傷つけることがあります(余談ですが性犯罪なんかそういう事が多いですね)
この「支配する側の支配される側に対する鈍感さ」は、いかなる時代、いかなる場所でも見かけることができます。

もし、いくら良い教育や行き届いたインフラを与えて貰ったのだとしても、自分の名前を奪われ祖国の言葉を奪われ意に反してアイデンティティを奪われることがどれほどの民族的屈辱か、支配する側にはそれがなかなか想像できないものかもしれません。


<追記>
当時の国際法に従っても、条約は無効であるという説は筋が通っているように思います。
ブックレット『今、「韓国併合」を問う』が参考になります

こちらもどうぞ
http://mswwres.meijigakuin.ac.jp/~ackj/wp/jcks/010/10-027.pdf
「日韓併合」の正当性を唱える人たちへの最終メッセージ
2013年10月28日 06:00
http://agora-web.jp/archives/1565424.html
松本 徹三
ここ数週間はデジタル教科書問題を書いてきたが、その前の6週間は日韓問題ばかり書いた。その為に今でも私のTwitterではこの関係の議論が多い。

そこでの最も典型的な私への反論は、「日本による韓国の併合は正当なものであり、あの時代に韓国が自らの力で完全な独立を維持する事は元々不可能だったのだから、韓国にとってもむしろ一番良いシナリオだった。だから日本があれは悪い事だった等と認める必要はないし、謝罪等は論外」という趣旨のものだ。


しかし、日本人がこう言い募っている限りは、日韓のわだかまりは永久になくならないだろう。しかも、こういう人たちに限って、当時の韓国人の近代文明への理解の低さをあげつらって、無神経な論調に終始するのだから、反発が収まらないのは当然だ。

いつも申し上げているように、私は歴史問題を議論する時には「事実関係」と「評価(善悪)」を明快に切り分けて議論すべきだと考えている。

「慰安婦問題」などで韓国側が言い立てている事(元を質せば、一人の奇妙な日本人が売名の為に言い出し、朝日新聞などが自らの思惑によって拡散し、最後は宮澤首相−河野官房長官が「臭いものに蓋」の感覚で認めてしまった事なのではあるが)は、「事実関係」が歪められている故に、韓国と韓国人に対して相当強い親近感を持つ私自身でさえも承服し難いのだが、「日韓併合の正当性」という事になると、これは「評価(善悪)」の問題になるから、これを肯定する多くの日本人と私は真っ向から議論したい。

「日韓併合の正当性」を肯定する論者の論点は、

遅ればせながら世界の列強の仲間入りをしつつあった日本としては、至極当たり前の行動であり、列強もこれを認めたのだから、今から遡ってとやかく言われる筋合いのものではない(まして「謝罪」を求められるのは筋違い。それなら、欧米各国は、アジア、アフリカ、中南米の各国にそれに数百倍する謝罪を繰り返さなければならない事になる)。
当時の日本にもしそうするだけの国力がなかったら、当然ロシアが韓国を支配下に置いたであろうし、自国と合体させて多額の投資を行った日本に比べ、ロシアの場合は単に植民地として収奪の対象としただけだっただろうから、韓国民にとっては遥かに良かった筈だ。そのように考えると、日本による併合は、結果として韓国民の為に良かった筈なのだから、感謝こそされ、恨まれる筋合いはない。
日韓併合は、「二国間の条約」に基づいてなされたものであり、国際法に照らしても合法である。韓国の皇帝はハーグの国際司法裁判所に密使を送ってこの非をなじろうとしたが受け入れられず、頼みのロシア皇帝の支援も取り付けられなかったのだから仕方がない。当時の韓国は国際世論から見捨てられていたのだから、その事実を遡って覆そうとしても無理。
上記の何れに対しても、私は、特に「事実関係」が歪められているとは思っていない。しかし、上記に言われていない事が下記の通り幾つかあるので、その事をきっちりと付け加えた上で、あらためて「評価(善悪)」の議論に進みたい。

当時の大韓帝国(清の冊封国家だった李氏朝鮮が、日清戦争の結果として清がその地位を失った為、清と同格の帝国となった)の主権者は皇帝の高宗であり、彼と彼を支える人たちは日本の支配を望まず、むしろロシアとの関係強化を望んでいた。
しかし、日露開戦を間近に控えた日本にとっては、兵站の輸送経路である韓国が「局外中立」であっては絶対に困るので、武力を背景に威嚇し、日本側が望む形での「議定書」を締結。日露戦争に勝利した後は、欧米諸国の暗黙の了承のもとに、次第に権益を拡大して、遂には「併合条約」の締結に至った。その全ての局面で、韓国政府は常に武力による恫喝の下で交渉せざるを得なかった。
「併合条約」締結後は「大韓帝国」は国号を「朝鮮」と改称させられ、朝鮮総督府が支配する「植民地」として運営された。伊藤博文等は、悪質な日本人が善良な韓国人の利益を不当に害する事のないように気を使ってはいたが、実際には悪質な日本人も多かったので、恨みを買う事も多かった。
また、この間、日本の歴史学者たちは、「日韓同祖論」をベースに、強引な「同化政策」の推進に加担した。「同祖論」といっても、「神功皇后による三韓征伐(日本書紀)」という真偽も定かでない一つの「伝承」だけをベースに「古来日本は韓国を支配下においていた」と論ずるとか、その時点での経済力のみを比較して「日本は成功した本家で、朝鮮は落ちぶれた分家」と勝手に決め付けたりしての議論であり、際立って公正さを欠いていた。
さて、私は、「日韓併合条約」は「日本が自らの利己的な目的(国益)の為に、独立国であった大韓帝国の主権者の意志に反して、武力による威嚇を背景に強制的に締結したものである」と理解している。この理解が正しくないと考える人は、上記に含まれる「利己的な目的」「主権侵害」「武力による威嚇」の三要素がなかったと主張されるのだろうから、もしそうであるなら、その根拠を示して頂きたい。先ずは、「それが事実だったかどうか」のみに絞って議論して頂き、その上でその事の「善悪」についてのコメントが欲しい。

次に、私は、日韓併合を正当化する論者に、私が追加した上記四点の最終項目である4)と、日韓併合期間中に日本人の多くが持っていたと思われる「日本人の優越意識と朝鮮人蔑視」についてのコメントを聞きたい。先ずは「そういう事実はあったのかなかったのか」についての考えを聞かせて頂き、次に、その事の「妥当性」及び「善悪」についてはどう考えられるかを聞きたい。

そして、最後に、正当化論者が常に挙げる前述の三点についての私の見解を下記の通り申し上げたい。

当時は列強による植民地争奪戦が世界の常識だったのだから、日本人がこの事に何等「道義的な罪悪感」を持っていなかったのは当然であり、私もその事を難詰するつもりはない。しかし、もし現時点で、「それが道義的に良い事だったかどうか」と問われれば、控え目に言っても「現時点での道義観から言えば、良い事ではなかったと思う」と答えるのが当然ではないだろうか?
ちなみに、「インカ帝国を滅ぼして大量の金を奪ったスペインの行為をどう思うか」「清国に対してアヘン戦争を仕掛けた英国の行為をどう思うか」という質問も同時にすればよい。肯定であれ否定であれ、この二つの質問に対する答えは、「日韓併合」についての質問に対する答と同じであるのが当然だ。

要するに、これまでの人類の歴史は、「基本的に暴力が全て正当化される歴史」だった訳だが、現代においてはそれが反省され、暴力ではなく「法と正義」「人道と人権」が全ての行動規範となるべきだというのが世界の常識になっている。そうであれば、「日韓併合」を今の時点で論じるに際しては、そのような「現時点での道議的評価」がなされて然るべきだ。

「謝罪」については、「英国やスペインが謝罪していないのだから、我々も謝罪する必要はない」とするのは全く意味をなさない。他者がどうであれ、自らが「謝罪に値する」と考えれば謝罪すればよく、そう思わなければしなければよいのだ。それは自らの認識と評価の問題である。その上で「欧米列強も過去の行為に関しては、日本同様に公式に遺憾の意を表するべきだ」とコメントするのは一向差し支えないし、むしろそうするべきだろう。

(なお、かつての大日本帝国の行いを何とかして正当化し、美化したい人たちの中には、「米英に対する日本の戦争(大東亜戦争)は、アジア人を欧米人の頸から解放する為の戦争だった」と今なお強弁する人もいるが、こんな欺瞞に満ちた綺麗事を言うのはやめてほしい。もしそうなら、蒋介石政府と事を構える必要はなく、そのまま仏印や蘭印に攻め込めばよかった訳だし、韓国には「韓国人による韓国人の為の政府」を作るように促せばよかったのだ。「欧米の真似をして植民地が欲しかった」と正直に言った方が、余程話が簡単になる)

当時の日本が韓国を支配下におさめようとしなかったら、ロシアがそうしたであろう事は勿論だろう。しかし、当時の韓国の主権者がそれを望んだのだとしたら、それが結果として韓国の民衆の為になったかどうかは別として、それを尊重すべきというのが道義的には妥当である。
当時は「民主主義」は普遍的な価値観としては未だ確立されていなかったので、「絶対君主が民衆の利益を害している事が明らかなら、周辺国がその事態を正そうとするのは道義的に妥当」という論議は、誰が「民衆の利益」についての判断をするかが明確でないので、容易には受け入れられないだろう。

現在でも、「他国の主権尊重の原則」に優先するのは、「自国の主権に対する侵害」「自国の安全への直接的な脅威」「国際法への明確な抵触」「人道と人権の侵害」「核兵器、生物兵器の拡散の可能性」位である(「民族自決原則の侵害」は微妙なところ)。また、これらの理由があっても、実力行使に至るまでには、国際連合等の場での誠実な協議が求められている。

しかし、この議論に関連してそれ以上に問題なのは、「ロシアの支配より日本の支配の方が良かった筈」という「日本人の立場からの決め付け」をする「独断的な姿勢」である。そんな事は、日本人ではなく、当の韓国人が考える事だ。

成る程、「支配層だけと手を結んで、ひたすら民衆からの収奪だけを考えただろう当時の帝政ロシアの支配」よりは、「資本主義に目覚めつつあった日本の支配」の方が、経済的には韓国にプラスとなったかもしれないが、人間は経済のみによって生きるものではない。

日本人の優越性を露骨に前面に打ち出して、一方的な同化政策を推進し、先祖伝来の姓を捨てさせたり、神社への参拝を強制したりする日本よりは、そんな事には関心のないロシアのほうが、韓国人にとっては「誇りを傷つけられる」事がないだけ良かったかもしれないではないか。

これは簡単な問題で、条約の形式的な合法性などには、誰も関心を持っていない。誰がやろうと、外部からの批判を受けぬよう、形式を整えるのは当然の事だからだ。武力による威嚇をもってすれば(場合によれば反対者を事故を装って謀殺したり、或いは決定的な場面に居合わせる事が出来ないように幽閉したりすれば)このような形式を整える事は比較的容易である(アメリカのハワイ併合条約も、反対者だった女王を監禁する事によって締結が実現したと聞いている)。
以上、私がこの問題に殊更熱心なのには理由がある。自己本位で、「相手の心情を推し量ろう」等という考えはさらさらなさそうな「国粋的(国家主義的)な人たち」の、過去を引き摺った「上から目線」の「論の立て方」と「言葉遣い」に、心底辟易しているからだ。この人たちの存在は、日本が「公正で偏らない判断をベースにした是々非々の議論」を行い、近隣諸国との友好関係を確立する事の阻害要因になっている。
日本軍「慰安婦」メモリアル・デーは、韓国の元慰安婦キム・ハクスンさんが国際社会に日本軍慰安婦問題を告発した1991年8月14日を記憶するために制定された記念日。
日本軍「慰安婦」問題解決全国行動
日本軍『慰安婦』問題解決全国行動は、日本軍「慰安婦」問題解決のために全国各地で活動してきた団体と個人が集まって結成したネットワークです
http://www.restoringhonor1000.info/
2017年1月16日、韓国・ニューシスによると、15年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意に朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領の親友・崔順実(チェ・スンシル)被告ら国政介入事件の当事者らが介入していたとの疑惑が浮上する中、元慰安婦を支援する韓国の市民団体が「慰安婦合意の全面的な無効」を主張した。

韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は16日に声明を発表し、「15年末の慰安婦合意は国政介入と詐欺によって結ばれた合意」と批判。その上で「世界に出てはならないものが出てしまったため、廃棄するのが当然」と主張した。

また、挺対協は朴大統領の“裏組織”が慰安婦合意に介入したとの疑惑について韓国の特別検察チームが捜査を開始したという一部メディアの報道に言及し、「重大な外交・安保事案までも崔順実をはじめとする恥知らずな権力集団にもてあそばれていたことが、疑惑から事実に変わりつつある」と明らかにした。
2016年12月17日、韓国・聯合ニュースによると、日韓慰安婦問題合意(15年12月28日締結)から約1年を迎える17日、京畿道光州市の「ナヌムの家(元慰安婦と主張する韓国人女性などが共同生活を送る施設)」で開かれた懇談会に出席した米国コネチカット大学のアレクシス・ダデン(Alexis Dudden)教授が「日韓政府間の慰安婦問題合意は、共同記者会見だけで、それ以上何もない。法的に新たな韓国政府がその条項を変更したい場合は無効宣言できるだろう」と述べた。

ダデン教授は「慰安婦合意で日本の国家的責任に関する問題は依然として扱われていない」とし、「日本政府が国家的責任を負わなければ、実質的な意味でいかなる合意もない」と指摘した。さらに「今後進めるべき焦点は、生存者の見解と視点を通じて行われなければならない」とし、「被害者が引き続き問題提起をしている場合、(日韓合意を)変更することもできるだろう」と述べた。ダデン教授は、これまでも慰安婦問題では「日本軍による強制連行があった」という立場
「朴槿恵(パク・クネ)政府で行われた全てのことは、次期政府で全面見直しすべきだ」

「外国の大学教授が分かっていることを韓国政府は何も分かっていない」
「米国の大学教授まで元慰安婦を気遣わねばならないなんて。政府は何をやっているんだ」
「国がやっていることが本当に情けない」

「慰安婦問題だけじゃなくて、日韓秘密軍事情報保護協定も白紙に戻さねばならない」

「当事者との協議のない慰安婦合意は無効にすべき」
「韓国にはこのようにはっきりと発言する人がなぜいないのだろう」
「そもそも、誰がこの合意に賛成したんだ?」
「慰安婦問題は政府や特定の団体が交渉できる問題ではない。当事者本人だけが可能な内容だ」

「元慰安婦の人たちが望むのであれば、日韓合意を白紙に戻さねばならないだろうが、元慰安婦が全員命を落としても日本政府が正式に謝罪することはないと思う」
日帝侵略は無効、歴史知らずに慰安婦被害者が代理戦(1)
2017年07月31日13時13分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版] comment82 sharemixi
http://japanese.joins.com/article/839/231839.html
写真拡大
大韓帝国の本宮だった徳寿宮昔御堂2階で、李泰鎮ソウル大教授が「110年余り前、大韓帝国侵略を世界が違法だと判定した」と説明している。 今月23日、慰安婦被害女性がまた一人亡くなった。金君子(キム・クンジャ)さんの他界で旧日本軍慰安婦生存者は37人になった。「慰安婦再交渉」問題をめぐり、韓日政府の間には緊張感が漂っている。慰安婦問題を国際的に公論化しても有利ではなさそうな日本が強情に主張を変えない理由は、米国の支持があると信じているためだ。

意外にも、20世紀に米国は、韓日関係において決定的瞬間に2度、日本の肩を持った。その第一は1905年7月29日に締結された桂・タフト密約(桂・タフト協定)だ。大韓帝国とフィリピンの植民支配を日本とアメリカが互いに認め合うことを秘密裏に約束した。日露戦争が同年9月、日本の勝利で終わる直前に交わされた。これは李承晩(イ・スンマン)初代大統領が米国で独立運動していた時期に米国を圧迫した要素でもある。1882年に朝鮮と米国の間で締結された朝米守護通商条約に米国が違反していたためだ。

◆サンフランシスコ条約は米国の第二の裏切り

第二の裏切りは第2次世界大戦後、日本の戦争賠償問題を協議するサンフランシスコ平和条約(1951)でだ。韓国にとって決して平和だとは言えない「平和条約」だった。当初、高額の賠償金を含めて強力な措置を講じる予定だった米国は、日本の責任問題に対してほぼ全面的に沈黙する姿勢を見せた。中国共産党に対して蒋介石軍が劣勢となり、台湾に追われたことを受けて米ソ冷戦が始まったためだ。日本に力をつけさせてアジアの共産化を防ぐ方向に戦略を修正したのだ。

ソウル大の李泰鎮(イ・テジン)名誉教授(74)はこのような歴史の「スケープゴート」だった慰安婦女性が今でも代理戦をしていると見ている。日本侵略の不法性問題を正面から取り扱えない中で、慰安婦問題がこれその代わりをしているというのだ。慰安婦問題は人権・女性問題なので、世界の人々から普遍的な支持を受けている。だがそれにも限界がある。李教授は「人権問題を越えて植民支配の強制性に対する歴史認識を確実にすることが根源的解決法」と述べた。

もともと朝鮮時代の政治史を専攻していた李教授が日本侵略の不法性問題に専攻を変えたのは1992年のことだ。同年5月、ソウル大奎章閣(キュジャンガク)に所蔵されていた大韓帝国公文書整理事業を主管している時に、日帝の統監部職員が純宗(スンジョン)皇帝の詔勅・法令などの決裁過程で、皇帝の署名を偽造して処理した文書60点余りを発見した。すでに25年が過ぎたその瞬間から今まで、李教授の「強制併合無効化」闘争は続いている。

日本侵略の正体を暴こうと出発した研究は、大韓帝国に対するさげすみで一貫した日本の歴史わい曲を訂正する方向に進んだ。1995年『日本の大韓帝国強占』から始まり、2000年『高宗時代の再照明』を出版して大きな一歩を残した。昨年出した『日本の韓国併合強制研究』、最近出版した『終わっていない歴史−植民支配清算のための歴史認識』等がそのような作業の一環だ。

最近もロシア・フランス・日本などで学んだ後輩の学者と定期的に勉強会を開き、文書の読解や討論を続けている。今も重みのある研究書を出す理由を尋ねると、李教授は「今後研究できる時間もそれほど多く残されていないように思われて、焦る気持ちもある」とし「2015年12月28日、韓日両国政府間で交わされた『慰安婦合意』のような良くない事例が出てくる状況を改善するために微力ながら尽くしたい」と述べた。

「日本は1948年の韓国政府樹立とともにそれまでの条約は無効になったとずっと主張しているが、その言葉の真意は植民支配は合法だったというものです。その前提の下で、植民支配時代のことは日本に過ちはないということなんです。そのため日本側の慰安婦に対する解釈が何だというと、朝鮮人女性も日本臣民として天皇と国のために献身したというのです。私たちの見解とは大きく異なります。こういう日本の立場をサポートしているのがサンフランシスコ条約です。1945年8月、日本の天皇が降伏宣言する時には、ファシズムが再び台頭してはいけないという厳罰主義が米国の立場でした。賠償金も非常に高く策定されつつありました。48年、蒋介石軍が毛沢東に対して劣勢になって台湾に逃れて冷戦体制ができあがり、米国が一大事だと考えるようになりました。米国はアジアの共産化を防き、また自国の税金支出を抑えるためにも日本を活用しようと政策を転換します」

歴史は予測したようには動かないばかりか、時に国際政治はわれわれが思ったようには動かない。問題はその後続措置だ。「サンフランシスコ条約は当時の状況としては避けられない部分があります。当時の米国の方針変更は東西冷戦の状況論理です。その状況が解消されれば修正しなければなりません。ところが韓日関係を調整する力がある米国政府は、そうした点を全く認識できていないようです。韓国は韓国なりに、脈絡を正確に把握してしっかり話をするべきなのにそうできないでいます。だから日本が得意顔になるのです」。

李教授は被害国の韓国が1951年の状況論理に従う必要はないと述べた。李教授が植民支配の不法性を追及し、韓日関係を歴史認識から再び確立しようとしているのはこのためだ。金銭絡みの問題は、賠償金を受けたとしても植民支配の不法性と苛酷性を謝罪し、慰安婦問題もその中で真の反省をしてこそ清算されるという。

朴槿恵(パク・クネ)−安倍晋三政府間の「慰安婦合意」文書は存在しないと述べた。「文書はなく口頭だったようです。文書があればなぜ出さないんです?その理由は察することができます。文書を作って国家予算から一定の金額を被害者に支払うことになれば、これは植民支配の不法性を認める行為になり得るからです。日本政府はこのような派生的危険性に備えて『口頭』合意形式を提示した可能性が高い」。

日本の韓国強制併合100年の2010年に韓日の知識人(韓国604人、日本540人)が韓国併合の不法性を指摘した共同声明書を発表した背景には、李泰鎮教授の隠れた努力があった。2015年には「韓日そして世界知識人の声明書」も引き出した。だが、今日の韓日両国を見つめる李教授の心情は複雑だ。(中央SUNDAY第542号)
加害者・日本は緻密、被害者・韓国は粗末

「100年余り前の歴史に対する認識において、今日の韓国と日本は非常に対照的です。韓国は100年前の歴史を失敗した歴史と見なすだけで、君主に亡国の責任をすべて押し付けています。反面、日本は帝国主義膨張の根源だった吉田松陰の思想を最大化して美化・追崇しています」

ことし『終わっていない歴史』を執筆するに当たり、加害者である日本のち密さと被害者である韓国の粗末さを再び痛感せざるを得なかったという。

「1919年三・一運動以降、大韓民国臨時政府がパリに代表部を設置して英語が堪能な金奎植(キム・ギュシク)を代表として派遣し、日本の強制併合を訴えました。その努力が1935年国際連盟の報告書で実を結びます。ハーバード大法学部教授団の名前で完成した『条約法に関する報告書』は1905年の乙巳勒約(第二次日韓協約)を、歴史上効力を発しない条約3件のうちの一つと判定しました。また、国際連盟を継承して1945年に創設された国際連合が1963年に『条約法に関する報告書』を新たに作成します。ここでも1905年の乙巳勒約は不法無効として判定されました」

米国はこのような事実にもかかわらず、サンフランシスコ条約を締結した。日本はこのような事実を知りながら隠した。1965年韓日交渉をする際、日本は少なくとも国際連合の報告書は尊重するべきだったのにそうしなかった。韓国は国際連盟と国際連合が日本の強制併合をその時不法だと判定していた事実自体を知らずにいた。こうした隠蔽と無知は今でも慰安婦問題に続いている。(中央SUNDAY第542号)
◆大韓帝国本宮・徳寿宮、高宗の近代化計画を表している場所

ことし5月24日、徳寿宮(トクスグン)で大韓帝国宣言120周年を記念する李泰鎮教授の講演があった。主題は「徳寿宮、誰がなぜ作ったのか?」。大韓帝国の成立と背景、そして大韓帝国の皇宮としての徳寿宮の意味を明らかにする内容だった。250人余りの聴衆の中には徳寿宮(慶運宮)が大韓帝国の本宮であったことを知らない者も多かった。

徳寿宮は高宗の近代化計画をよく表している。それまでの宮殿が伝統的な君主南面説によって北側の山の下に配置されたものと比較すると、徳寿宮の配置は破格だった。ソン源(ソンウォン)殿と中和(チュンファ)殿を軸に、西には洋式建物、東には韓国式建物が配置された。伝統を継承しながらも東西文明の融合を通じて新しい文化を創造しようという意志が込められた設計だった。高宗はソウル都市改造事業も進めていたが、伝統的な構造を損なわずに西洋の最新放射形道路体系を大漢門の前に導入した。

1919年三・一運動直後、臨時政府の時には大韓帝国に対する否定的認識はなかった。国号を制定する時、大韓帝国を継承する意味で大韓民国とする提案が絶対多数で採択された。高宗が無能だったという認識は日本によるわい曲である場合が多い。侵略を正当化するために、高宗と大韓帝国をさげすまなければならなかったのだ。講演が終わり、「このような話をなぜ今になって聞かなければならないのか」と質問する者もいたという。

高宗が東学農民を鎮圧するために清国の軍隊を引き込んだという話も作り出したのは、2000年に出した『高宗時代の再照明』で明らかにした。壬午軍乱以降、朝鮮に駐留した袁世凱が朝鮮民衆の怨念の声をおさえるために要請し、高宗はむしろこれに反対したという。(中央SUNDAY第542号)


姉妹都市「国でできない問題、市民交流で対応の先駆的活動」

 大阪市とサンフランシスコ市の交流は姉妹都市の走りだ。港のある都市であることが縁で、サンフランシスコ市側からの申し出で1957年10月の提携に至ったという。双方の市幹部らが相互に訪れ、高校生のホームステイや着付けなど日本文化を学ぶ交流事業も展開。10月には60周年の記念行事が大阪市で開かれた。

 民間団体「大阪・サンフランシスコユースコネクト」の久保井亮一代表(71)は「いったん関係が切れると復活まで何十年も時間がかかる。姉妹都市は、国で解決できない問題を市民交流で対応しようとした先駆的な活動だ。交流が人と人の見えないネットワークを作ってきたことを市長は理解していないのでは」と苦言した。

 十数年前にサンフランシスコ市を訪問した自民市議は「主張を続けるのは構わないが、外交上の問題と市民の交流は別の話だ」と市長の判断を批判した。
同志社大の真山達志教授(地方自治論)の話 自治体間交流は政治的なものに左右されにくい良さがある。姉妹都市は自治体間の締結という形ではあるが、実際は市民らが草の根で積み上げてきたものだ。一点だけのことで判断されるものではなく、このような決着のつけ方は話し合いや相互理解への道を閉ざしてしまう。市長のやるべきことの範ちゅうを超えており、解消するにしても市民全体がどう思っているかを確認してから決めるべきだ。
大阪市の吉村洋文市長が姉妹都市の米サンフランシスコ市に対し、旧日本軍の慰安婦像を市営公園に組み込むなら「姉妹都市関係は解消する」と発言した問題で、サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長が吉村市長に書簡を送り、関係解消について「恥ずべきことだ」と批判した。
大阪市によると、書簡は2日付。大阪市は4日にメールで受信した。像はサンフランシスコ市の市営公園に隣接する土地に、地元の民間団体が9月22日に建てた。同市は今後、像のある土地を市営公園の一部にする方針。吉村氏は「慰安婦像が公有地に置かれるなら姉妹都市関係を見直さなければならない」との抗議文を29日付で送っていた。

 リー市長は返信の書簡で「姉妹都市が解消されれば、これまでに情熱を注いで友好の懸け橋を築いてきた両市の住民を傷つける。過去ではなく未来を見るべきだ」と記した。また、「選挙で選ばれた者として、批判を受けようとも、コミュニティーに応えるのが私の責務だ」と書いたものの、慰安婦像をどうするかは言及しなかった。
 吉村市長は4日、報道陣に「姉妹都市の関係は僕も続けたい。でも今なぜ、あえて慰安婦像を設置する必要があるのか。設置するなら、それ(関係継続)は無理だ」と述べ、姉妹都市解消を検討する考えに変わりはないことを表明した。
民間交流を支えてきた人たちは、異例の事態に落胆の色をみせる。
学生同士の交流などに携わってきた市民団体「SOYNET」会長の久保井亮一・大阪大名誉教授(71)は「国同士の問題を乗り越え、市民同士を結びつけるのが姉妹都市の役目。(吉村市長は)リー市長に会ってから結論を下してほしい」とする。
江戸時代に初めてサンフランシスコ市を訪問した軍艦の乗組員らの子孫らでつくる「咸臨丸(かんりんまる)子孫の会」の藤本増夫会長(66)は「戦時中はいろいろなことがあった。慰安婦のことだけを取り上げるのは疑問」とする一方、「抗議するのはいいが、関係を切ってしまうのはいき過ぎだ。60年の関係をもっと名誉に感じてほしい」と話している。
関西 NEWS WEB
大阪放送局 トップ
姉妹都市解消でなく対話で解決を
11月22日 17時21分

大阪市の吉村市長が、アメリカ・サンフランシスコとの姉妹都市提携を解消することもありえるという考えを示していることについて、大阪市議会の自民党と公明党が、姉妹都市の解消ではなく、対話による解決に努めるよう申し入れました。
大阪市の姉妹都市であるアメリカ・サンフランシスコの市議会では、14日、慰安婦問題を象徴する少女像などの市への寄贈を受け入れる決議案が全会一致で可決され、サンフランシスコ市のリー市長が24日までに拒否権を行使しなければ、正式に寄贈が認められます。
これに対し、大阪市の吉村市長は、リー市長が拒否権を行使しなかった場合、姉妹都市提携を解消する考えを示しています。
これについて、大阪市議会の自民党と公明党は、22日吉村市長に対し、少女像などの設置には反対するとした上で、姉妹都市の解消ではなく対話による解決に努めるよう申し入れました。
申し入れのあと、自民党大阪市議団の黒田幹事長は記者団に対し、「吉村市長は『申し入れは受け止める』と言っていたが、今後の対応については回答がなかった。姉妹都市提携60年のきずなの中で、交渉していくべきだ」と述べました。
(社説)姉妹都市 市民交流を続けてこそ
2017年11月19日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S13234938.html
 太平洋の両岸にある大阪市と米サンフランシスコ市。今年10月に満60年を迎えた両市の姉妹都市関係が危機に陥っている。

 サンフランシスコ市議会が今月14日、地元の市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れることを議決した。

 像の碑文には「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」といった表現がある。

 大阪市の吉村洋文市長は「不確かな主張で、日本へのバッシングだ」と再三抗議してきた。サンフランシスコ側が方針を覆さない限り、年内にも姉妹都市提携を解消する意向だ。

 ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。

 慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない。

 「違う」と考えることを「違う」と伝えること自体は大切だろう。だが、意見を受け入れなければ友好関係を解消するというのは、冷静さを欠いている。

 もともと姉妹都市は、国と国の関係と別に、「人と人」として、主に文化面での交流を深める目的で発展してきた。日米のようにかつて戦った国や、政治的に対立しあう国との間でも盛んに結ばれてきた歴史がある。

 国が違えば人々の考え方は違う。市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、姉妹都市の精神のはずだ。

 歴史認識や領土問題が自治体の友好に影を落とす例はこれまでもあった。島根県が「竹島の日」を制定した05年、韓国・慶尚北道は「断交」を宣言した。中国・南京市も12年、戦時中の南京大虐殺はなかったとする河村たかし名古屋市長の発言に反発し、交流停止を通告した。

 これらのケースでは日本側が「問題と切り離して交流を続けるべきだ」と主張してきた。大阪市がしようとしていることはまさに逆だ。「人と人」の交流との原点に立ち返り、関係を続けていくべきだ。

 外交において歴史認識をことさらに問題視する大阪市の姿勢は、安倍政権と軌を一にする。

 韓国・釜山の日本総領事館前に、慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された際、安倍政権は対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させた。

 ただ、現実は何の成果も出ないまま、日韓交流の停滞だけが残った。強硬措置がもたらす副作用も肝に銘じておくべきだ。


■□■━━━━━━━━━━━━━━━■□━━━━■□■

キボタネ・メールニュースNO.4  2017年11月20日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

いつも希望のたね基金をいただきありがとうございます。メール・ニュースNO.3発行後(9/13〜11/20)、48人の方々から合計 99,870円のご支援をいただきました。ご支援いただいた皆さまに、メールニュースNO.4をお送りします。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

コンテンツ

1.キボタネ・ラジオ開始!!

2.関連イベント;11/25女性に対する暴力撤廃の国際デーキャンドルアクション

3.9月若手活動家ツアー報告会(1/26)のお知らせ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



1.キボタネ・ラジオ開始!!

日本軍「慰安婦」問題や女性への暴力の問題など、不定期ですが、キボタネ理事やスタッフを中心に、また様々なゲストを招いて語っていくキボタネ・ラジオを開始します!! 

第1回は、キボタネ理事の太田啓子(弁護士)と北原みのり(作家)による「女性に向けられる性暴力」がテーマ。刑法改正の中身や今後の課題、おっぱい募金や詩織さん事件など、現在の日本の性の問題について、縦横無尽に語ります。そして、そんな2人がなぜキボタネに関わろうと思ったのか、日本軍「慰安婦」被害者たちの闘いが今を生きる私たちに与えてくれたものの大きさについて語ります。

是非、ご視聴の上、周りの方たちにもご案内、ご拡散ください。

キボタネ・ラジオは以下で視聴できます。



2.関連イベント

―――――――――――――――――――――――――――――

11/25 女性に対する暴力撤廃の国際デーキャンドルアクション

〜渋谷交差点をキャンドルで埋め尽くそう!〜

―――――――――――――――――――――――――――――

11月25日、「女性に対する暴力撤廃の国際デー」に、性暴力のない社会、被害を受けた人が声を上げやすい社会を築くためのキャンドルアクションが取り組まれます。主催は、日本軍「慰安婦」問題解決全国行動。キボタネも賛同しています。韓国ソウルでは、この日、清渓広場で大規模なキャンドル集会が開かれ、すでにこの世を去った被害者も含め、全ての日本軍「慰安婦」被害者に女性人権賞が授与されます。

トークリレーと歌の間に2回、青信号の間に渋谷駅前スクランブル交差点を、女性への暴力廃止を願うキャンドルで埋めようという企画。1つでも多くのキャンドルに灯がともされるよう、是非ともお出かけください。

とき:11月25日(土)

リレートーク&歌:18時30分〜19時30分

  ※宣伝カーの上で行います

キャンドルアクション:19時〜(1回目)、19時30分〜(2回目)

※青信号の間、キャンドルを持って、交差点を埋め尽くします(2回ずつ)

集合場所:渋谷駅 ハチ公広場

※キャンドルは配布します

主催:日本軍「慰安婦」問題解決全国行動
http://www.restoringhonor1000.info/
問い合わせ:E-mail: i_zenkokukoudou@yahoo.co.jp
TEL: 090-6015-6820



3.キボタネ「性暴力・性搾取に取り組む若手活動家ツアー」報告会のお知らせ

皆様のご支援により、キボタネと正義記憶財団(韓国)との第1回共同事業「性暴力・性搾取に取り組む若手活動家ツアー」を、9月19日〜24日の日程で成功裏に終えることができました。

日本でも、韓国でも、女性に対する性暴力・性搾取は様々な形で横行し、被害に遭う女性が後を絶ちません。これに対して被害者を支援し、さらなる被害者を生まないための取り組みが日韓両国で粘り強く取り組まれています。

キボタネは、このような活動家同士が出会って、性暴力・性搾取のない社会づくりを共に進めていく回路を見いだす橋渡しをしたい、また、日本軍「慰安婦」問題との出会いを通して、過去の問題と現在の問題が繋がっていることを実感して欲しいと考え、このツアーをおこないました。

ツアー参加者は、JKビジネスの危険に晒されている少女たちをサポートするColaboと、AV出演強要被害者への相談活動をおこなうPAPS(ポルノ被害と性暴力を考える会)の若手活動家たちです。

参加者たちは、過去の問題と現在の問題が繋がっている、韓国の運動課題と日本の運動課題が重なっている、ということを肌で実感してくれたと思います。

詳しいツアー報告をHPに掲載しております。是非、ご覧ください。訪問先の写真を抱負に掲載しており、日本にいるとなかなか知ることのできない韓国の運動現場の取り組みに触れられるページとなっています。

ツアーに関するブログ報告

https://www.kibotane.org/single-post/2017/10/23/%25E6%2580%25A7%25E6%259A%25B4%25E5%258A%259B%25E3%2583%25BB%25E6%2580%25A7%25E6%2590%25BE%25E5%258F%2596%25E3%2581%25AB%25E5%258F%2596%25E3%2582%258A%25E7%25B5%2584%25E3%2582%2580%25E8%258B%25A5%25E6%2589%258B%25E6%25B4%25BB%25E5%258B%2595%25E5%25AE%25B6%25E3%2583%2584%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25BC%25E5%25A0%25B1%25E5%2591%258A

ツアーの報告会

日時:2018年1月26日(金)18:30〜
会場:早稲田大学・文化構想学部
https://www.waseda.jp/flas/cms/access/(大隈講堂のある場所ではありません!)
36号館681教室https://www.waseda.jp/flas/cms/assets/uploads/2015/10/edb11e6c82861fa22b605950bcfdee00.pdf
参加費無料


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

キボタネの事業をおこなうためには、皆さんの更なるご支援が必要です。周囲の方たちにもキボタネの目的と募金方法をお伝えください。

キボタネは、日本の若者が「慰安婦」問題について学び、性暴力のない社会づくりに役立てるための基金です。日韓の若者間の意識ギャップを埋めて、「終わらせる」のではなく、「記憶・継承」することで、二度と同じような被害を生まないための取り組みを、日韓の若者、ひいてはアジアの被害国、さらに世界の人々と共に行えるよう「希望のため」を撒いて行くことをめざします。



<募金の種類>

●毎月の寄付;1月1000円〜任意の金額を毎月自動引き落とし

●毎年の寄付;1年10,000円〜任意の金額を毎年自動引き落とし

●その都度寄付;任意の金額を任意の時に

<募金の方法>

●クレジットカード決済 キボタネHP www.kibotane.orgから決済

●郵便振替 00160-1-451335 口座名:一般社団法人希望のたね基金

●ゆうちょ銀行 支店:〇一八支店 普通貯金:9421034

口座名:一般社団法人希望のたね基金

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

=============================

一般社団法人希望のたね基金

〒113-0033

東京都文京区本郷3-4-3 5F 17

Mail:info@kibotane.org

URL:www.kibotane.org

FB:www.facebook.com/kibotane/

=============================
タグ:日本国憲法 コスタリカ 女性平和運動 姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。 「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」 意見を受け入れなければ友好関係を解消するというのは、冷静さを欠いている。 国が違えば人々の考え方は違う。市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、姉妹都市の精神のはずだ。 姉妹都市は、国と国の関係と別に、「人と人」として、主に文化面での交流を深める目的で発展してきた。日米のようにかつて戦った国や、政治的に対立しあう国との間でも盛んに結ばれてきた歴史がある。 外交において歴史認識をことさらに問題視する大阪市の姿勢は、安倍政権と軌を一にする。 「人と人」の交流との原点に立ち返り、関係を続けていくべきだ。 日韓併合は違法かつ違憲 1228韓日性奴隷合意は無効 「平和を願うなら闘わなければなりません。単に“平和主義者”でなく、非暴力での闘いをすべきです。」 「平和とは、存在するものではなく、作っていくものです」 戦争反対、これ平和。それも一つの考え方だろう。しかしその考え方には一つの大きな弱点がある。すなわち、戦争は悪いことだと解るかもしれないが、「ではどうすればよいのか」という視点に欠けるのである。そのため、戦争に対する想像力を働かせることはできても、平和に対する想像力が働かない状態に、多くの日本人は陥ってしまっているのだ。 コスタリカは軍隊を廃止し、その予算を医療と教育にまわしたときから平和の構築が始まりました。軍隊の廃止はスタートに過ぎなかったのです。 9条はゴールではなく、始まりである。9条は積極的平和を実現していくすばらしきスタートライン 現在、私達は戦争が終わって六〇年以上たってもまだスタート地点から次のステップに進めないのだ、と。 何故先に進めないのでしょうか?何故平和=反戦の段階で留まってしまうのでしょうか? 先述の足立さんは日本の平和教育が常に空襲や原爆を教えてきたことにあると指摘しています。 私は、それに加え、日本はまだまだ戦争の悲惨さを教え伝え続けて行かなければならないような状態にあるから、平和=反戦から先に進めないんじゃないか、という気がしています。 何故なら日本は本当の意味で過去を清算できていないからです。 「インカ帝国を滅ぼして大量の金を奪ったスペインの行為をどう思うか」 」「清国に対してアヘン戦争を仕掛けた英国の行為をどう思うか」 これまでの人類の歴史は、「基本的に暴力が全て正当化される歴史」だった訳だが、現代においてはそれが反省され、暴力ではなく「法と正義」「人道と人権」が全ての行動規範となるべきだというのが世界の常識になっている。 官房長官の菅「クリミア併合は断じて認めることができないとの政府の立場に著しく反する行動だ。」と厳しく批判 『憲法学者の人たちはかつて自衛隊ができた時にも違憲と言ったんだから』 「力(軍事的威圧)による領土の現状変更には反対」の原則 韓国政府「ロシアのウクライナのクリミア半島の合併を正式に反対する クリミア紛争はナチス礼賛ロシア語禁止がきっかけ 戦争法「日本はクリミア併合のロシアと一緒。法の支配ができない国」 日韓併合も無効
posted by koko at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年08月17日

反戦イベント2017/08

8/18( 金 ) 東京 河野太郎に物申す!〜TPP年内発効、日欧EPA年内完全合意、RCEP秘密交渉絶対反対!新自由主義はいらない!外務省前アクション 18:00~ 告知
8/19( 土 ) 北海道 「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動(街頭演説後デモ) 10:30~ Blog
〃 東京 号外!号外!築地でええじゃないか!かわら版くばりまつりin築地 (築地4丁目交差点) (雨天中止) 11:30~ 告知
〃 東京 労働法制改悪阻止8.19国会前行動(衆議院第2議員会館前) 16:00~ 告知 告知2 詳細
〃 東京 安倍内閣退陣を求める8.19国会議院会館前行動(衆議院第2議員会館前を中心に) 17:00~ 告知 Blog ライブ予告
〃 東京 脱被ばく実現ネット 首相官邸前抗議 18:30~ 告知 告知2 Facebook
〃 東京 今年も繋がります!9.11「経産省包囲」ヒューマンチェーン 8.19プレイベント テント強制撤去から一年!(経産省本館正門前 路上) 18:00~ 告知 告知2 Twipla
〃 東京 第23回 チトフナ Peace DEMO 14:30~ 告知
〃 東京 島じまスタンディング 新宿スタンディング参入版(小田急百貨店前
西口地下広場) 17:00~
18:00~ 告知 告知2
〃 東京 第25回 NO WAR!八王子アクション(八王子駅北口東急スクエア前) 10:30~ 告知 Website Facebook
〃 神奈川 戦争法&共謀罪廃止!アベ政権退陣!リレートーク宣伝(茅ヶ崎イトーヨーカドー前) 11:00~ 告知
〃 愛知 8.19 止めよう!辺野古・高江新基地! やめさせよう!安倍政権!!(集会後デモ) 15:00~ 告知 告知2
〃 愛知 高江・辺野古みんなの平和をまもれ!名古屋アクション第56回@栄三越ライオン像前 18:00~ 告知
〃 岐阜 8.19岐阜総がかり行動 10:30~ https://twitter.com/kokuminnokoewo1/status/890491217896644608
〃 大阪 辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動(JR大阪駅南バスターミナル) 15:30~ https://twitter.com/Osakakodo/status/897757227653582848
〃 大阪 梅田座り込み解放区(梅田HEPファイブ前) 18:00~ 告知
8/20( 日 ) 東京 ザ草の根日曜新宿アルタ前街頭アピール・怒っていいとも。第326回唄い場&喋り場 14:00~ 告知
〃 東京 第85回池袋スタンディング★池袋駅西口広場 14:00~ 告知 Facebook
〃 東京 コッカイオンドク(池袋駅西口) 14:50~ 告知
〃 東京 草の根アピール@池袋西口 15:30~ 告知
〃 岐阜 みんなで環境を守ろう!守ろまいパレードin中津川 9:45~ 告知 Website
8/21( 月 ) 神奈川 教科書採択不透明!無記名投票ふざけるな!抗議スタンディング(関内第1ビル前) 8:30~ 告知
〃 東京 『守ろう!築地市場 都庁前スタンディング行動』築地でええじゃないか!豊洲新市場への移転中止を! 18:30~ 告知
8/22( 火 ) 東京 殺すな!朝鮮半島を再び戦場にしないで!朝鮮半島に平和を!核もミサイルもいらない!市民・宗教者緊急集会(衆議院第2議員会館前) 14:00~ 告知 フライヤー
〃 東京 共謀罪廃止!安倍改憲を許さない!8・22街頭宣伝(新宿駅西口) 18:30~ 告知 Blog
〃 東京 GAZA plus,世界に平和を!火曜定例会(新宿西口小田急百貨店前・雨天中止) 19:00~ 簡易先行告知
〃 東京 『守ろう!築地市場 都庁前スタンディング行動』築地でええじゃないか!豊洲新市場への移転中止を! 18:30~ 告知
8/24( 木 ) 埼玉 杉戸平和アクション(杉戸高野台駅西口) 17:30~ Blog
〃 東京 東京MXテレビへの抗議行動(東京MXテレビ本社前) 18:00~ 先行告知
8/25( 金 ) 大阪 第6弾!森友疑獄徹底究明!「教育勅語」教育許さない!8.25デモ 18:00~ ML
8/26( 土 ) 東京 8・26共謀罪廃止へ!新宿駅南口街宣・署名集め行動 (新宿駅南口) 16:00~ 告知 詳細
8/27( 日 ) 東京 共謀罪廃止!辺野古新基地建設阻止!新橋駅まえ街宣(新橋駅烏森口) 13:00~ 先行告知
〃 東京 アベNO!府中(府中伊勢丹{フォーリス}前) 11:00~ 告知 告知2
8/31( 木 ) 埼玉 杉戸平和アクション(東武動物公園駅西口) 17:30~ Blog
〃 東京 呪殺祈祷僧団(JKS47)廃炉招福月例祈祷会(経済産業省正面玄関前) 15:00~ 告知 Website
9/2( 土 ) 京都 安倍政権打倒!共謀罪粉砕デモPART‐W 18:30~ 告知
9/3( 日 ) 東京 ファストフードグローバルアクション(新宿駅東口) 12:00~ 告知 Facebook
9/6( 水 ) 東京 NO WAR KITAKU ACTION(JR駒込駅) 19:00~ 先行告知 Twitter
〃 神奈川 カジノいる?いらない?シール投票(横浜駅相鉄口) 13:30~ 告知 告知2
9/7( 木 ) 東京 自衛隊配備反対アクション 未定 先行告知
9/9( 土 ) 神奈川 9.9虹色@大和パレード 17:00~ 告知
9/10( 日 ) 埼玉 第18回 さよなら原発・戦争法パレード・あさか 13:00~ 告知 告知2
9/11( 月 ) 大阪 街頭宣伝;いま『個人の尊厳』を考える−PartII(梅田ヨドバシカメラ前) 19:00~ 簡易告知 Facebook
9/15( 金 ) 東京 共謀罪法廃止を求める大集会と国会デモ 未定 先行告知
9/17( 日 ) 東京 「市民と野党の街角トーク」(三鷹駅南口デッキ) 16:00~ 先行告知
9/18( 月・祝 ) 東京 ともに生きる未来を!さようなら原発 さようなら戦争全国集会 12:30~ 告知 告知2 Blog Website
〃 神奈川 戦争法&共謀罪廃止!茅ヶ崎大集会&パレード 13:30~ 告知
9/19( 火 ) 東京 戦争法強行採決から2年、戦争法の廃止と安倍内閣退陣を求める9.19国会正門前行動(国会正門前) 18:30~ 先行告知 行動予定
10/25( 水 ) 沖縄 10・25第二回海上座り込み 未定 先行告知 先行告知2
11/11( 土 ) 東京 「子どもを被ばくから守ろう! 自分も、家族も!」新宿デモ 13:00~ 先行告知
posted by koko at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年08月14日

脱原発イベント情報2017年08月

長崎原爆の式典で安倍首相に「改憲反対」と叫んだ参列者を警察が拘束! 取材中の不当聴取なのにマスコミは抗議も報道もせず
GDPマイナスは当然! アベノミクスのまやかしはデータが証明していた
高橋洋一、岸博幸、原英史…加計問題を「岩盤規制突破」と正当化する安倍応援団が裏で“特区コンサル”企業に協力していた<\a>
安保法制の狙いは武器輸出、経団連=軍需産業が安倍政権を動かしていた! 税金使った武器バラマキ計画も
元自衛官も危惧する「自民党改憲マンガ」の危険シーン
安倍自民公明連立政権の経済信用できないよね。
8月13日(日)〜15日(火) 9:30〜17:00 真宗大谷派「速成寺」(JR桃谷8分 http://www.sougi-bon.com/jiin44723/
沖縄戦遺骨収容国吉勇応援会遺品展示会
「遺品が語る沖縄戦〜マージンからの自己開示〜」
13日〜15日 10:00〜12:00 遺品供養法要・沖縄映画鑑賞会
14日 13:00〜沖縄戦体験者・海江田登美子様から戦争体験談15日 15:00〜住職による終戦記念ライブ
入場無料(遺品展継続のため寄付を募ります)
主催:沖縄戦遺骨収容国吉勇応援会 090-8393-6308
協力:クロスべイス・速成寺・猪飼野セッパラム文庫
問い合わせ:沖縄戦遺骨収容国吉勇応援会 090-8393-6308
http://okinawabunko.com/information/1008.htm



夏祭り
●8月12日(土)前夜祭〜8月15日(火) 16:00〜釜ヶア三角公園(新今宮 動物園前H 今池 萩ノ茶屋 https://www.facebook.com/pages/西成-釜ヶ崎-三角公園/148576708600887)
第46回釜ヶア夏まつり
主催:第46回釜ヶア夏まつり実行委員会
連絡:TEL06−6632−4273(釜日労)06−6641−8273(ふるさとの家)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0812-2.pdf
NEW
■8月14日(月) (再放送)午後06:00〜07:00 NHK BSプレミアム
アナザーストーリーズ 運命の分岐点▽オバマ大統領広島の地へ〜歴史的訪問舞台裏
2016年5月27日、バラク・オバマが、現職のアメリカ大統領として初めて広島を訪れ、被爆者と抱擁を交わした。あの歴史的訪問はいかにして実現したのか?その裏には、高いハードルを越えようと懸命に努力した日米両国の物語があった。思いをホワイトハウスに伝え続けた広島。核兵器を使った唯一の国として“道義的責任”に向き合おうとしたアメリカ。大統領のスピーチライターが明かす、アナザーストーリー。
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2017-08-14/10/4734/1453067/
■8月14日(月) 午後8時00分〜8時43分 NHK総合
NHKスペシャル 証言ドキュメント
忘れられた戦場 〜樺太・40万人の悲劇〜(仮)
北海道の北に浮かぶ巨大な島、サハリンはかつて「樺太」と呼ばれ、40万人の日本人が暮らしていた。昭和20年8月、玉音放送が流れた後に、現地司令部に、ある命令が届いた。「自衛戦闘ヲ敢行スベシ」。各地でソビエト軍との交戦が続き、兵士と民間人合わせて5千人から6千人が犠牲となった。なぜ戦闘を続けることになったのか―。今回NHKは、国内外で眠っていた日本軍の内部文書や行政幹部たちの記録を発掘。さらに、100人を超える元住民や軍関係者の証言や手記を集めた。見えてきたのは、住民をも動員して「本土決戦」を実行しようとした軍と行政機関の姿。そして、東京の参謀本部―札幌の司令部―樺太というピラミッド構造のもと、上部組織への忖度によって、理不尽な判断が繰り返され、末端の兵士や住民の犠牲が拡大していった実態だった。8月9日のソ連軍侵攻後、終戦を挟んでおよそ2週間続いた樺太戦の全貌を、証言と新資料によって立体的に描き出し、戦争末期、日本の最末端で顕在化した組織の病理と矛盾がもたらした悲劇の実相に迫る。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170814
NEW
■8月14日(月) (再放送)午後10:00〜10:50 NHK BS1
BS1スペシャル「東アジア 核拡散の脅威〜世界が恐れる最悪のシナリオ〜」
昨年2度の核実験を行い、今も弾道ミサイル発射実験を続けるなど、北朝鮮が核開発を加速させている。核実験の直後、韓国では「自分たちも核武装すべき」という声が高まった。また、アメリカは「さらなる挑発行為に対処するため、あらゆる選択肢をテーブルに置いている」としている。国際社会は核拡散の脅威とどう向き合えばいいのか?東アジアの「今」を専門家と共に読み解く。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-08-14/11/13164/2552393/


NEW
■8月15日(火) (再放送)深夜午前00:00〜00:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー選「暴かれる王国サウジアラビア」
イスラム世界でスンニ派の盟主をもって自認する大国サウジアラビアだが、外国メディアの取材が厳しく制限され、観光ビザすら発行していない。隠しカメラの映像は、宗教警察による市民の監視や取り締まりなどを映し出す。同時に、欧米諸国が人権弾圧に目をつぶり、サウジと良好な関係を続けてきた事実を指摘する。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=160906



教育勅語
●8月15日(火) 午後1時30分〜4時30分 エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
天皇出席の全国戦没者追悼式反対8・15大阪集会 
「植民地における教育勅語」
講演:佐野適夫(教育学研究者)
参加費¥1000
主催:参戦と天皇制に反対する連続行動
連絡TEL06−6303−0449
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0815-1.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



沖縄 平和
●8月15日(火) 13時15分〜アステップ神戸(「大倉山駅」3分 神戸高速鉄道「高速神戸駅」3分 JR「神戸駅」7分 神戸市営地下鉄「ハーバーランド駅」7分 http://www.city.kobe.lg.jp/life/community/cooperation/asuteppu/))
第3回平和のための市民の集い 
講師:山城博治さん・知花昌一さん
協力費:¥1000
主催:戦争を起こさない市民の会
連絡TEL090−3282−4896
http://jimmin.com/2017/03/24/post-1340/



ナショナリズム
●8月15日(火) 午後2時〜日本キリスト教団洛陽教会・地下ホール(地下鉄丸太町8分 http://www.uccj-kyoto.com/pics/maps/98m.jpg 寺町丸太町上る東側)
第38回「8・15」を問い続ける京都集会
「身捨つるほどの祖国はありや」
−なぜいま「教育勅語」なのか、天皇制ナショナリズムとの闘いへ−
講師:黒田 伊彦さん(元・関西大学教員「日の丸・君が代」強制反対大阪ネットワーク代表)
資料代:800円 
主催:日本キリスト教団京都教区「教会と社会」特設委員会 京都「天皇制を問う」講座実行委員会 反戦・反貧困・反差別共同行動in京都
問い合わせ:090-5166-1251 寺田
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0815.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/



ゲノム編集
●8月15日(火) 午後7時〜9時 よつ葉ビル4F(阪急茨木市駅徒歩8分 http://www.its-mo.com/detail/ZIDX_BLD-7-22-50-257-2154367/access/
食卓と未来 食べ物研究会
「病は遺伝子で治す ゲノム編集の衝撃」 (週刊「エコニミスト」201/7/25号)
主催:地域・アソシエーション研究所
連絡:TEL072−630−5607
http://jimmin.com/2017/03/24/post-1340/



■8月15日(火) 後7:30〜8:43 NHK総合 
NHKスペシャル「全記録 インパール作戦」
相手の戦力や兵站を軽視した無謀な戦いで甚大な死傷者を出し、旧日本軍の体質を象徴的に示したとされる「インパール作戦」。「援蒋ルート」の遮断を主目的とし、ミャンマー(当時ビルマ)からイギリス軍の拠点があったインド北東部のインパールの攻略を目指した日本軍は、この作戦で歴史的敗北を喫した。餓死・戦病死した日本兵の死屍累々が並んだ道が「白骨街道」と呼ばれるほど凄惨な戦いの実態はどのようなものだったのか。これまでインドとミャンマーの国境地帯は戦後長く未踏の地だったが、今回、両政府との長年の交渉の末に現地取材が可能となった。さらに、新たに見つかった一次資料や作戦を指揮した将官の肉声テープなどから「陸軍史上最悪」とされる作戦の全貌が浮かび上がってきた。数々のスクープ映像と新資料、証言からなる「インパール作戦」の全記録は、決して忘却してはならない悲劇の記憶を、未来へと継承していく。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170815



ボブ・ディラン
●8月16日(水) 15:30〜17:00 河合塾京都校(烏丸御池駅5番出口徒歩2分 http://www.kawai-juku.ac.jp/school/scl-map.php?ks=531&displayType&word
河合塾京都校 温故知新「ボブ・ディランと日本のフォーク」 
講師:佐々木米一
ゲスト:中川五郎
ボブ・ディランをめぐる中川五郎と河合塾の佐々木米市さんとのトーク。中川五郎はディランの歌も何曲か歌います。8月16日(水)は,ちょうど大文字の送り火があります。送り火は20:00からなので,中川五郎と送り火の京都ということで,ぜひご参加下さい。
※会場となる教室は当日玄関を入ったところに掲示しておきます。警備員にその旨おっしゃってもらうと,建物内に入れます。
入場無料
連絡:TEL090−1021−0881(佐々木)
https://www.facebook.com/events/1653520031345258/



●8月17日(木) 午後14時〜神戸地方裁判所(大倉山(兵庫県)駅 徒歩2分 http://goo.gl/kJHVgH
原発賠償ひょうご訴訟@神戸地方裁判所
※集合:午後13時半(12時半より神戸駅にて街宣します)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1535.html


 
●8月17日(木) 11:00〜大阪地方裁判所南側広場(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/) 11:30〜デモ出発(大阪府庁まで)
改憲アカン!戦争する国NO!森友糾明 総がかり行動
★日傘 de パフォーマンス〜体に優しいデモしましょ〜
タイムスケジュール
 11:00〜大阪地裁南側広場集合
 11:30〜デモ出発 大阪府庁前まで
 12:30〜府庁前集会
※当日、10時半より15分程度、大阪地裁202号大法廷にて森友学園問題情報開示訴訟弁論が行われます(傍聴抽選の可能性があるため、傍聴希望の方は10時15分までに大阪地裁前に集合してください)。終了後、南側広場にて30分程度、裁判報告があります。
※酷暑の日中のデモです。熱中症対策もかねて、日傘にメッセージを貼り付けてデモをしますので、みなさん日傘(雨傘でもOK)をお持ち下さい。水分補給もしっかり行ってください。体調に不安を感じる方は、無理をせず、12時半に府庁前で合流してください。
主催:大阪憲法会議・共同センター(TEL 06-6352-2923)、戦争させない1000人委員会(TEL 06-6351-0793)、市民オフィスSORA(TEL 06-7777-4935)
主催:おおさか総がかり行動実行委員会 森友学園問題を考える会
https://www.facebook.com/events/461073197603796/



●8月18日(金) 10:30開廷(9:50〜10:05抽選券配布) 京都地方裁判所(地下鉄烏丸線 丸太町駅1・3・5番出口から徒歩5分 https://www.mapion.co.jp/m2/35.01671285,135.76452292,16/poi=L26101016100000000001)
原発賠償京都訴訟
◇報告集会 京都商工会議所2F第1〜3教室
・今回は裁判自体が短く、報告集会の場所が遠いことなどから、模擬法廷は予定しておりません。もしも抽選になり、運悪く抽選に外れた方は、申し訳ありませんが、地裁の待合室等でお待ちいただくか、会場の設営をお手伝いください。事務局の奥森まで申し出てください。
https://www.facebook.com/kansaisupporters/posts/835340179961527



●8月18日(金) 13〜17時30分(途中入退場・可)SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 梅田お客様サービスプラザ(阪急三番街 南館地下1F 三井住友銀行外貨両替コーナーを入って右手奥に進んで下さい)
3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのための
Free English Cafe&情報交換会@梅田阪急三番街BF1
Free English Cafe のご案内です。ご関心のある方々をご招待いたします。英会話のスキルUPにご活用ください(^^)
タイムテーブル:
1:00-3:00 Free English Cafe with Evacuees and Friends
3:00-5:30 自由学習・情報交換のための交流会
※English Cafe は講義無しで、できるだけ自由 chatting や、できれば discussion ができましたら・・・
参加費:無 料
コーヒー、お茶、お水のフリードリンク、セルフサービスです♪
参加対象者:3.11避難者と心を寄せてくださるFriends
お申込み:特に不要です(定員15名)
お問合せ:sandori2014@gmail.com
主催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1591.html



●8月18日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃〜19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00〜20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●8月18日(金) 18:00〜19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●8月18日(金) 17:00〜京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●8月18日(金) 18:00〜関電神戸支店前 19時〜パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●8月18日(金) 17:30〜関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!
脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。
福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/514302985577170



沖縄米軍基地問題
●8月18日(金) 18時〜20時 神戸YWCA会館5階チャペル(神戸市営地下鉄新神戸駅5分 三宮15分 http://www.kobe.ywca.or.jp/top/access/
映画「This is a オスプレイ」上映会
私たち 無関心でいいの?
沖縄県民の強い反対の中、2012年米海兵隊普天間基地に強行配備されたオスプレイ。危惧されていたとおり、2016年12月13日、沖縄県名護市の海岸に墜落した。オスプレイは、日本中どこでも飛ぶ!米軍が1機80億円で買っているのに、自衛隊は1機200億円で17機購入する。
ともに映画を観て、考えて語り合いませんか?
会費:1000円(若者・シニア700円)
主催・お問い合わせ:神戸YWCA平和活動部
tel. 078-231-6201 fax. 078-231-6692 office@kobe.ywca.or.jp
http://www.kobe.ywca.or.jp/top/activities/forpeace/cinema/



戦争展
●8月18日(金)〜20日(日) 9:00〜18:00(最終日は16:00まで) 尼崎女性トレピエ2F視聴覚室・学習室(阪急神戸線武庫之荘駅南出口南へ240m http://www.amagasaki-trepied.com/
第22回 尼崎平和のための戦争展
辺野古強行とたたかうパネル展示、紙芝居、DVDコーナー、読書コーナーなどなど
・19日 映画『標的の島 風かたか』とお話 10時〜3回上映 ¥1000
・20日 語り部によるおはなし 14:00〜
主催:尼崎平和のための戦争展実行委員会
後援:尼崎市/同教育委員会
連絡:06-6481-1133
https://www.facebook.com/NiQiPingHenotamenoZhanZhengZhan/photos/pcb.1356556367793379/1356556244460058/?type=3&theater

posted by koko at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
ファン
検索
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。