広告

posted by fanblog

2018年01月21日

東條そっくりの安倍自民党を解体せよ。東条英機は独裁者であり自国兵とアジア兵、アジア住人を何十万、何百万、飢え死にまたは病死させた戦争犯罪者。

 
phildo449er
9/11以降、それ以上に人が死んだ出来事て何さ?

   oleg_d
   ● アフガニスタン戦争
   ● イラク戦争
   ● シリア内戦
   ● ナイジェリアでキリスト教徒とイスラム教徒の争い
   ● ダルフール内戦
   ● メキシコの麻薬カルテル対立
   ● 中央アフリカ共和国の紛争
   ● チェチェン騒乱
   ● リビア内戦
   ● 他にも俺が知らないだけで起きてるたくさんの出来事

東条らの作戦指導の本質的欠陥は精神力の過大重視による、補給の無視または軽視にある。

これは誰が見ても「自国兵の虐殺」ってことさ。

ガナルカナル島(だけでも)、死者は二万人。そのうち戦闘で死亡したものは5,6千人で、あとの1万5千ぐらいは「餓死と病死」なわけよ。補給しなくちゃ、そうなるわな。ガナルカナル島は当時「餓死の島」、「餓島」と呼ばれた。このあと同じような例が延々と続き、人が餓死し続ける。

戦争行動ってのはまず「兵站」、つまり補給を考えてからはじめるもので、江戸時代の長州軍や薩摩軍だってまず米の心配をした。竜馬あたりは米の手配に奔走した。

それもしないで戦線に送るのは、まあ完全な殺人行為だな。むろん当時の大本営の中心に東条英機はいた。あと、こういう殺人集団にいたのは杉山元帥とか嶋田軍令部総長とか。

上記のガナルカナルは一例で、戦争を通じて「その愚かさと兵の命への無関心」によって東条が何人殺したとおもってるんだ?小林よしのり。

極東裁判がどうだこうだに僕は興味はない。不当裁判、勝利儀式としての裁判。その通りでしょ。でもそれとは全然関係なく、誰がどう見ても大量虐殺者だよ。東条は。信じられないような愚かさと小泉ばりの幼稚な信念によって、自国兵とアジア兵、アジア住人を何十万、何百万、飢え死にまたは病死させた。小林よしのり様。くだらない本で子供騙して稼ぐのは罪ですよ。

東条は官僚である。官僚特有の愚かさで何十万、何百万の人間を殺した。「無能な作戦指導による人間の大量虐殺」が彼の罪状である。

無能な作戦で殺された兵の命を考えると、東条をかばう気持ちなど僕には少しも起きない。彼をかばうことは兵への冒涜だと思う。
悪しき財閥の傀儡政権

<本澤二郎の「日本の風景」(1913) : 「ジャーナリスト同盟」通信

<軍国主義復活へ猛攻止まらず>

 悪しき財閥の猛攻は収まるどころか、速度を上げている。

連日の東京からの通信社報道は、いずれも「戦争前夜」を連想させるものだ。

ワシントンの戦争屋を喜ばせながら、その実、悲願の改憲軍拡へと大きく踏み出している。

批判力を喪失した新聞テレビばかりだから、まさにやりたい放題のシンゾウ・自公内閣である。

国家主義・国粋主義跋扈の東京に隣国は、一段と警戒心を強めている。

<自衛隊返上、日本軍へ>

 首相官邸の心臓部から次々と軍国政策が、しごく当たり前のように発せられ、

それに追随・服従するだけの自公与党である。あまりに露骨過ぎる軍拡政策に、公明がアリバイ工作よろしく格好をつけるだけで政府方針はそのまま具体化する。

 テロ対策を口実に自衛隊の武力行使の範囲は、地球全体に拡大させている。むろん、武器使用も制約を取り払う勢いだ。

しかも、派兵を恒久法でもって、国連決議もなく行使するというのだ。

 これでは米軍と同格の武力集団である。自衛のため、専守防衛は、過去のものになっている。自衛隊ではない。日本軍そのものである。

財閥と国粋主義が連携している成果なのである。

<安倍演説は東條英機並み>

 内部からの批判を寄せ付けない。官邸はシンゾウを含めて、戦前の戦争屋の孫たちが転がしている。

日ごろから考えてきた軍国主義復活に向けた政策を、愚かな新聞屋に漏らし、それが既成事実となって、与党が受け入れるという異様な政治構造である。

 それもこれも、選挙に強いシンゾウ内閣だからである。10%台の支持しか受けていないものの、選挙制度と集票ロボットの創価学会のお陰である。一気呵成に軍国主義化させている。

 野中広務は「安倍演説はまるで東條英機の演説とそっくりだ」と酷評しているようだが、全くである。

そんな安倍の心臓に一撃も加えられない新聞テレビが、今の日本なのである。

<ナチスのワイマール崩壊に劣らない極右化>
 詳しく調べたわけではないが、ナチスによるワイマール体制崩壊過程よりも速度が速い。政権発足後、数年にして言論の自由を奪い取る特定秘密保護法から、自衛隊参戦法である集団的自衛権行使、同時に武器輸出国へ、そして自衛隊返上しての日本軍化など、その全てが戦争放棄の9条違反である。

 こんな場合、お隣韓国は司法が憲法違反にストップをかけるだろう。むろん、先進国の司法であれば、どこの国もブレーキをかける。それが日本ではない。
財閥が3権を掌握している、信じがたい日本だからだ。日本に民主主義が
機能していない。議会も言論も死滅してしまっているからである。

<財政破綻国の軍国主義化>

 日本の財政は破綻している。中曽根バブル崩壊によって1500兆円の資産が消えてしまった。以来、借金に次ぐ借金で、その金額は表の数字でも1000兆円を軽く超えている。

 その借金の割合は、敗戦時の1945年レベルである。円札がゼロになったレベルにある。いつ債務不履行国家になってもおかしくない。

 こうした中で、悪しき財閥と極右・ファシストが連携して、日本を戦争国家へと大改造しているのである。
 ここまで狂うことができる日本民族ということになろうか。

<9条再生のためにノーベル平和賞>

世界に平和憲法を広める=ノーベル賞平和賞候補『憲法9条』さらなる署名拡大を…<拡散・署名>を…:注)管理人

 戦争放棄の9条憲法は、日本・アジアのみならず世界・人類の宝物である。武器弾薬で人間の幸福を手にすることは出来ない。わかりきっている。

 日本の軍国主義復活を阻止する手段は、9条にノーベル平和賞を受賞させることである。

そうすれば、いかに日本の新聞テレビが世論操作しても、日本人の6割を民族主義化させることは不可能だ。

 来秋の改憲のための国民投票で、日本国民の過半数を民族主義の改憲派にまとめ上げることは不可能である。

<人間なら立ち上がれ>

 この真の平和運動に立ち上がらない人間は、人間とはいえないだろう。
2015年2月22日記

<本澤二郎の「日本の風景」(1913) : 「ジャーナリスト同盟」通信より
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52096511.html
「私が責任者ですから」安倍首相と東条英機は口癖まで同じだった! 野中広務も「安倍は東条と全くかわらない」
【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

「自制心が利かない。だから議論ができない。反対されると、我一人それを突き破っていくのが信念だと思い込む。そういう錯誤のもとに、国益に対して軍事によって解決しようとする」

 これは、安倍晋三首相と東条英機の共通点だという。そう指摘するのは昭和史研究の第一人者である作家・保阪正康氏。「サンデー毎日」(毎日新聞社)2月14日号に掲載された半藤一利氏、青木理氏との座談会で、保阪氏は、"歴代の自民党政党と現政権を比べたときの差異は?"という質問に対して、"占領期、戦後の総理はバランスや自制をわきまえていた"、"二度と戦争を繰り返すまいという共通認識があった"とした上で、こう述べているのだ。

 戦前回帰的政策をつぎつぎと打ち出す安倍首相と、1941年に近衛内閣の後を継いで日米開戦に突っ込んだ"A級戦犯"の東条には、しばしば類似性を指摘する声があがってきたが、保阪氏によると、両者は言葉遣いまで似ているという。

 保阪氏は「日刊ゲンダイ」(2016年2月19日付)のインタビューでも、こう語っている。

「安倍さんは国会の答弁でよく"私が責任者ですから"と言うでしょう? あれは東条の言い方と同じなんですよ。政治権力の頂点にいる者が威張り散らすときの言葉で、東条は"俺に逆らうな"という恫喝の意味を込めてよく使いました。あんな言葉、普通の政治家は使いませんよ」

 たしかに、振り返っても見ると、安倍首相は国会で何度も「責任者は私です」と発言している。とりわけ、集団的自衛権など国の根幹を変更しようとするときに野党から追及されると、そう頑として突っぱねていた。

「最高の責任者は私です。私が責任者であって、政府の答弁に対しても私が責任を持って、その上において、私たちは選挙で国民から審判を受けるんですよ」(14年2月12日)
「憲法解釈については、三権分立、いわば私と法制局は同じ行政府でありますから、その責任者は私であるということを明確にしなければならない」(同20日)
「我々が提出する法律についての説明はまったく正しいと思いますよ。私は総理大臣なんですから」(15年5月20日)

 しかも、である。安倍首相と東条英機の言動の類似を指摘するのは、保阪氏だけではない。実は、首相時代の東条英機を知るあの自民党の重鎮も、そう証言しているのだ。それは野中広務・元官房長官。昨年、TBSの座談番組『時々放談』に出演した際、野中氏はこう語っていた。

「(安倍首相の)国会における施政方針演説で、私にしたら私が中学生のころ、昭和16年に東条英機首相が、大政翼賛会の国会で施政方針演説をやっている、あのラジオ放送を耳にしたときの感じと、まったくかわらないんじゃないかという心配を、私は感じました」
「(安倍首相は)重要な部分には触れないで、非常に勇ましいような感じで発言をされますと、国民はついそういう発言に十分な理解ができないまま、支持率に結びついたんじゃないかと考えております」

 これは、単に野中少年の印象にすぎないのだろうか。いや、事実として、安倍と東条の演説を比較してみると、そこにはいくつかの共通点がはっきりとあらわれていた。

 具体的に、東条の演説を東照二『歴代首相の言語力を診断する』(研究社)から、いくつか取り上げてみよう。たとえば、1941年11月17日、組閣後初の施策方針演説で、東条はこう述べている(なお、引用者の判断で旧字体等については改めた)。

「私がここに衷心より希望いたしますることは、全国民が、帝国は今や一大飛躍の秋に際会をし、前途に洋々たる発展を期待し得べきことを確信して、相共に今日の苦を分かち、国民一丸となって堅業の翼賛に邁進せんことであります」

 おわかりのとおり、やたらとポジティブな言葉を使って国民に協力を要請しているわけだが、安倍首相の演説にも根拠不明の「発展への確信」や「国民一丸となって」というような表現が見られる。たとえば、野中氏が指摘した2015年2月の施政方針演説では、安倍首相は大好きな維新志士の弁を引用しながらこう語っている。

「明治国家の礎を築いた岩倉具視は、近代化が進んだ欧米列強の姿を目の当たりにした後、このように述べています。『日本は小さい国かもしれないが、国民みんなが心を一つにして、国力を盛んにするならば、世界で活躍する国になることも決して困難ではない』。明治の日本人に出来て、今の日本人に出来ない訳はありません。今こそ、国民と共に、この道を、前に向かって、再び歩み出す時です」

 驚くほど内容がない演説だが、さらに注目すべきは、さまざまな苦難や課題を前にした両者の演説内容だろう。以下に挙げるのは1944年1月、同盟国イタリアの降伏やカイロ宣言など日本に不利な戦況が続いた時期の東条の演説である。

「私の特に強調いたさんとするものは、われら一億国民に一貫して流るる必勝の信念であります、大東亜戦争の勝利獲得の確信であります、申すまでもなく戦争はひっきょう意志と意志との戦いであります」(1944年1月21日、東条総理施策方針演説)

 ようするに"苦境に瀕しているが精神でなんとかしろ"というアジテーションだ。そして、やはり安倍首相も同様に"強い「意志」で苦難を乗り越えよ"と号令をかけている。

「今の日本が直面している数々の課題。復興の加速化、長引くデフレからの脱却、経済の再生、財政の再建、社会保障制度の改革、教育の再生、災害に強く安全・安心な社会の構築、地域の活性化、そして、外交・安全保障政策の立て直し。これらも、『意志の力』さえあれば、必ず、乗り越えることができる。私は、そう確信しています」(2013年10月15日、安倍総理所信表明演説)

「やれば、できる。人口減少や超高齢化など、地方が直面する構造的な課題は深刻です。しかし、若者が、将来に夢や希望を抱き、その場所でチャレンジしたいと願う。そうした『若者』こそが、危機に歯止めをかける鍵であると、私は確信しています」(2014年9月29日、安倍総理所信表明演説)

「意志の力さえあれば」「やればできる」などという空虚な精神論は、一国の宰相として無能であることをさらけだすようなものである。しかし、これを自信満々で述べてしまうところが、まさに安倍氏の本質を表しているとも言えよう。

 そして、こうして両者の演説を比較してみると、やはり安倍晋三と東条英機はそっくりと言わざるを得ない。安倍首相が一貫してA級戦犯を擁護し続けてきたのも、自分と似ているからじゃないのか、と考えたくなるほどだ。

 しかも、この類似性が恐ろしいのは、たんに個人の考え方や口癖ではとどまらないことだ。

 前出の「サンデー毎日」の座談記事で保阪氏と半藤氏は、戦前・戦中日本と安倍政権下で進行していることを重ね合わせて、こう警鐘を鳴らしている。

「昭和18年1月1日、首相官邸で東條は『朝日新聞』朝刊で中野正剛の「戦時宰相論」を読んだ。戦時の宰相は強くあれと、東條を煽るようなことが書かれていた。東條は激高する。そして司法大臣に電話をかけ、中野の逮捕を命じる。しかし法的に該当する罪科がないため、中野は釈放される。すると東條お抱えの憲兵隊長である四方諒二が中野を脅す。中野は自殺してしまった。僕が許せないのは、内閣総理大臣が不愉快だからといって、司法大臣に逮捕を命じるというやり口です。資料によっては、命じたのは逮捕ではなく事情聴取だと書かれているものもあるが、いずれにせよ、いかに戦時下であれ、内閣総理大臣が司法大臣にそんなことを命じる権利などありはしない。行政が立法、司法と直結してしまったんです。さらに東條は、中野を釈放した判事たちまで懲罰召集した。こんなことが許されるものか。しかし安倍首相はやりかねない人物です」(保阪氏)

「同時に日本にも戦前の教訓がある。昭和13年の国家総動員体制です。昭和12年7月に日中戦争が始まり、翌年の1月には国家総動員法が提出される。先読みのしすぎではと思われるかもしれませんが、実は第一次世界大戦後の大正7年、永田鉄山を中心とするグループがすでに人事刷新などとともに、国家総動員法を具体的に練り始めていた。おそらく現政権はすでに準備を始めていると考えたほうがいい」(半藤氏)

 戦中に生まれ、軍部の内実を研究してきた半藤氏と保阪氏だが、ふたりは決して「左翼」ではなく、むしろ穏健保守派と評価されてきた知識人だ。そんな両氏の目からも、安倍首相は相当危険な存在として写っているのだ。

 1941年10月、軍人として総理に就任した東条英機は、同年12月1日の御前会議で英米蘭との開戦を提案、同8日に海軍は真珠湾を奇襲し、太平洋戦争が始まった。その約10日後、帝国議会は政府提出の「言論・出版・集会・結社臨時取締法」を成立。これは、国民やメディアの諸々の表現を官憲の許可制にし、自由な言論の一切を封じ込める目的でつくられたものだった。

 翻っていま、安倍政権は、この国の安全保障を180度転換する安保法制を、解釈改憲で強行可決させただけでなく、メディアへの圧力を強め、ついには国会でも高市早苗総務相が"政治的に公平ではない放送をするなら電波停止を行う"旨の発言を行うまでになった。もはや、ただの偶然ではないだろう。

"日本が自ら戦争をするわけがない""安倍首相が戦争指導者なんていうのは妄想だ"なんて楽観的に考えていると、あっという間に取り返しのつかないことになってしまうのではないか。
(小杉みすず)

 東条英機の罪状は、愚かさによる大量虐殺
taro606/e/9a0b0cdb325f2be32a3a97dbaf8a6780

東条英機とういのはどうにも「どうしようもない存在」だったらしい。アホな作戦指導で兵を虐殺(飢え死)させるわ、気に食わないやつは前線に送るわ。天皇のお気に入りなもんだからやりたいほうだい。しかも小泉氏と同じような幼稚な信念があった。

戦時中にも多少冷静な愛国心をもった人間がいたようで、「日本を壊滅から救うにはもう暗殺しかない」ということで、同時多発的に暗殺計画がたてられた。

このあたりは「東條英樹暗殺の夏」新潮社、吉松安弘に詳しいが、他にも小説じたてではない本も多くある。本当のことのようである。

結局暗殺の一歩手前でサイパンがおちて、失脚する。「東条を殺すしかない」ってとこまで、当時の有志は追いつめられていた。そこまでひどかったということさ。東条の愚劣な政治がね。「不敬罪」で捕まるとやなので小声だが、天皇にごく近い「宮さん」も参加の意志を表したらしい。お母さんに怒られてやめたそうだけどね。

東条らの作戦指導の本質的欠陥は精神力の過大重視による、補給の無視または軽視にある。

これは誰が見ても「自国兵の虐殺」ってことさ。

ガナルカナル島(だけでも)、死者は二万人。そのうち戦闘で死亡したものは5,6千人で、あとの1万5千ぐらいは「餓死と病死」なわけよ。補給しなくちゃ、そうなるわな。ガナルカナル島は当時「餓死の島」、「餓島」と呼ばれた。このあと同じような例が延々と続き、人が餓死し続ける。

戦争行動ってのはまず「兵站」、つまり補給を考えてからはじめるもので、江戸時代の長州軍や薩摩軍だってまず米の心配をした。竜馬あたりは米の手配に奔走した。

それもしないで戦線に送るのは、まあ完全な殺人行為だな。むろん当時の大本営の中心に東条英機はいた。あと、こういう殺人集団にいたのは杉山元帥とか嶋田軍令部総長とか。

上記のガナルカナルは一例で、戦争を通じて「その愚かさと兵の命への無関心」によって東条が何人殺したとおもってるんだ?小林よしのり。

極東裁判がどうだこうだに僕は興味はない。不当裁判、勝利儀式としての裁判。その通りでしょ。でもそれとは全然関係なく、誰がどう見ても大量虐殺者だよ。東条は。信じられないような愚かさと小泉ばりの幼稚な信念によって、自国兵とアジア兵、アジア住人を何十万、何百万、飢え死にまたは病死させた。小林よしのり様。くだらない本で子供騙して稼ぐのは罪ですよ。

東条は官僚である。官僚特有の愚かさで何十万、何百万の人間を殺した。「無能な作戦指導による人間の大量虐殺」が彼の罪状である。

無能な作戦で殺された兵の命を考えると、東条をかばう気持ちなど僕には少しも起きない。彼をかばうことは兵への冒涜だと思う。

ま、嘘だと思う「右かぶれさん」や「よしのり好きさん」は「児島襄」あたりの本で「しっかりと活字で」、本当のことを調べてください。児島襄はかなり右的な人だけど、それでも事実はあまりゆがめてはいない。主観はだいぶ入っているけれども。

「図説、太平洋戦争」あたりでも十分、僕の言ってることが事実であることはわかってもらえる。初歩の初歩だもの。別に納得しなくてもいい。ただ、補給しないで兵を殺した罪はどこにあるのか。何故暗殺計画まで立てられたのか。よく考えてみていただきたい。
私が責任者ですからは、東条英機氏の受け売り?
img_0.jpg

https://blogs.yahoo.co.jp/akaruria/34551657.html
「“私が責任者ですから”とは東條英機もよく言ったことです。昭和10年代にできた軍事独裁は行政独裁に始まっている。行政、立法、司法の三権分立が崩れ、行政が上に立つ。図式として今とまったく同じです」「そのうちに安倍首相は指揮権発動なんかをやるのではないかと、僕は危ぶんでいます」(作家・保阪正康氏『サンデー毎日』2016-2-14号「熱闘座談会・上」より)

歴史修正主義者であり反知性主義者でもある右翼小児病(=アジア諸国に対して排外主義を掲げながら、米国には極端に追従する妄信的な極右のこと;作家・宮崎学氏の評)の安倍晋三違憲状態首相は、国会を愚弄して、何の論理性もない滅茶苦茶な答弁をし、「国会審議には実質的には何の意味もなく、すべては官邸内部で決定されているのだ」と言わんばかりの姿勢を示しています。これは完全なる立法府無視です。

また、安倍晋三違憲状態首相が率いる自公ファッショ政権は、基本的人権を蹂躙する平成の治安維持法と言われる「特定秘密保護法」を成立させ、解釈改憲という反則技で「集団的自衛権行使容認」を決定し、「安保法制(=戦争法案)」を強行可決しました。これらは、日本国憲法を全く無視した蛮行です。

安倍晋三違憲状態首相は、日本を奈落の底に突き落とした東條英機首相に酷似してきたようです。

『サンデー毎日』(2016-2-14号)が「熱闘座談会・上」というタイトルで、作家の保阪正康氏、半藤一利氏、青木理氏の鼎談を掲載していますので、その一部を抜粋して御紹介します。

−以下、『サンデー毎日』の記事の抜粋です−

保阪正康氏;政治が微温的なことをやっていると軍事が強権を振りかざし始めるという教訓を継承しない人たちが出てきた。さらに安倍首相は教訓の考慮以前に、はなから軍事を前面に出す。「私が責任者ですから」とは東條英機もよく言ったことです。昭和10年代にできた軍事独裁は行政独裁に始まっている。行政、立法、司法の三権分立が崩れ、行政が上に立つ。図式として今とまったく同じです。

半藤一利氏;小選挙区制度について私は猛反対しました。ナチスドイツの台頭は小選挙区制を皮切りにしていましたから。少数政党を潰すには小選挙区制が持ってこいだった。その歴史がまさになぞられてしまいました。

保阪正康氏;そのうちに安倍首相は指揮権発動なんかをやるのではないかと、僕は危ぶんでいます。昭和18年1月1日、首相官邸で東條は『朝日新聞』朝刊で中野正剛の「戦時宰相論」を読んだ。戦時の宰相は強くあれと、東條を煽るようなことが書かれていた。東條は激高する。そして司法大臣に電話をかけ、中野の逮捕を命じる。しかし法的に該当する罪科がないため、中野は釈放される。すると東條お抱えの憲兵隊長である四方諒二が中野を脅す。中野は自殺してしまった。僕が許せないのは、内閣総理大臣が不愉快だからといって、司法大臣に逮捕を命じるというやり口です。資料によっては、命じたのは逮捕ではなく事情聴取だと書かれているものもあるが、いずれにせよ、いかに戦時下であれ、内閣総理大臣が司法大臣にそんなことを命じる権利などありはしない。行政が立法、司法と直結してしまったんです。さらに東條は、中野を釈放した判事まで懲罰召集した。こんなことが許されるものか。しかし安倍首相はやりかねない人物です。

青木理氏;当時は毎日新聞の記者らも東條に睨まれました。

保阪正康氏;竹槍事件ですね。1944年2月23日の『東京日日新聞』(現・『毎日新聞』)に、新名丈夫が「勝利か滅亡か 戦局はここまできた」「竹槍では間に合わぬ 飛行機だ、海洋航空機だ」と書き、日本の窮状と大本営作戦の内情について東條を批判した。

半藤一利氏;新名さんは懲罰召集されるわけですが、当時38歳でした。徴兵するには高齢です。その彼をたった一人徴兵するのはどういうわけかと海軍が抗議した。すると東條は何をしたか。30代後半の人たちを250人召集して、つじつまを合わせた。そのなかには松本清張もいたようです。その老兵の3分の2は硫黄島で戦死した。

保阪正康氏;対米戦争に懐疑的だった逓信省工務局長の松前重義も同様です。40代の松前を徴兵するために、1000人ほどが召集され、ほとんどが輸送船で死んだ。松前は戦後に『二等兵記』を書き、自分のために死んだ人がいるとして、罪の意識を吐露している。

保阪正康氏;軍というのは基本的には、国民の生命と財産を守るためのものです。政治がそれを守りきれなくなると、戦争という手段に訴える。ところが日本ははじめから国民の生命と財産をつぎ込んで、国益拡大のために戦争をした。するとどうなるか。勝つまでやろうとするんです。現政権はこの過去への反省もなしに、何が軍隊ですか。

−以上、『サンデー毎日』の記事の抜粋おわり−

私たちや私たちの子供や孫たちが毎日安心して楽しく暮らせる平和な社会を築くことは、私たち大人の責任です。次の国政選挙では、すべての「戦争推進議員」を落選させ、自公ファッショ政権を打倒しましょう。『ストップ・ザ・アベ!』『ストップ・ザ・極右!』です。

(註)添付写真は東條英機首相と岸信介商工大臣

hoopdescoop スレ主
11時間前の投稿
Who actually is "worse than Hitler?"
ガチで「 ヒトラーより悪い奴 」って誰さ?


umber_06
スターリン

  Iknowr1te
  共産主義の独裁者たちがいる限り
  毛沢東の方が遥かに有害だと思うわ。

   brotherjonathan
   毛沢東の方が多くの人間を殺してる。意図的でなくとも。

    RoboNinjaPirate
    良かれと思ってやった悪事だろうと
    悪いことは悪いんだ。

    Overclass
    力を持ちすぎだと人々はいつもアメリカを叩くが、
    中国は20世紀だけでアメリカがやった戦争全てを
    合わせたよりも自国民を殺してるってのは笑えるよ。

   Eddie_Hitler
   毛沢東は人々を強制収容して大虐殺してないから。
   彼はデタラメな農業改革をやって国民を飢えさせて
   後で謝罪してたけどなー。

  Iknowr1te
  スターリンじゃなければ、その大粛清を執行した
  NKVD(秘密警察の)ラヴレンチー・ベリヤだな。


hutupredneckman
規模に依存すると俺は思うなぁ。
ヒトラーは明らかに他者にとって最悪な存在の一つだったけど、
それは彼にそれだけの権力があったからだ。
たとえば、連続児童強☆魔/殺人者のアルバート・フィッシュに方が
ヒトラー以上のモンスターだったかもしれないよ。
より人間性に欠けていたけど、単に数百万もの人々を苦しめるほどの権力が無かったってだけでね。


SomeRandomRedditor
チンギス・ハーン

  rcconde
  それだ。
  1000万〜1500万の人々が殺された。
  しかも1200年代だから銃なんてほとんどなかったのにだよ。

   hoopdescoop スレ主
   その死者の数はのソースってあるかい?

    lackofcommitme
    ヒストリーチャンネルによると、歴史家の大部分がその数を
    4000万(世界人口の11%)としてるね。

     Elijahryoung
     4000万・・・・・・を手で殺したのか・・・(ゴクリ

  LegendaryGinger
  ヒトラーは人類に対してほとんど貢献してないが、
  モンゴルは負の面と同じぐらいのポジティブな業績を
  たくさん残してるんだ。
  
   MT1982
   ヒトラーは糞ったれに間違いない。
   しかし、ナチはロケット工学や医療で貢献もしてるぞ。

    Eddie_Hitler
    喫煙と肺がんの関係を最初に証明したのは
    ナチの科学者だちだっんだよな。
    他の国では20年後にやっとそれを理解した。

   pigsicle
   ランチにジンギスカン料理が食べたくなってきたじゃないか。
   これもモンゴルのポジティブな遺産だな。


bigmikey69er
カンボジアの独裁者ポル・ポト。
200万以上の自国民を殺した男だ。

  canuckerlimey
  カンボジアの人口の四分の一を殺した。
  まだ読んでない者には『 最初に父が殺された 』を全力で推奨する。

   daswef
   その本の著者が俺の高校を訪問して話をしてくれたよ。
   確か5〜6年前のことだ。

  Shiera_Seastar
  カンボジアの首都の二大観光名所が
  キリングフィールドと虐殺博物館だっていうね。

   jeffwong
   アンコールワットはどうなんだ?

    dreiwmai
    それはシエムリアプにある。プノンペンじゃないんだ。


bigmikey69er
Nancy Grace. [ ナンシー・グレース ]

  pharmdcl
  ヒトラーにも公平にしてやろうよ・・・
  
   Eddiel
   それってナンシーの方が酷いってこと? 何がヒトラーに不公平なんだ?

    pharmdcl
    だってナンシー・グレースだもの・・・

  PattyCakes1
  こいつが鉛中毒で死ぬまで鉛筆を喰わせてやりたい。


bigmikey69er
レオポルド2世
<注: ベルギー王>

  PattyCakes1
  おかげでコンゴは未だに復興できずにいるよ。
  まぁモブツにも責任があるけどな。

  floodcontrol
  これは模範解答だよ。
  彼らはヒトラーよりも多くの人間を殺してる。

  getElephantById
  スターリンと毛沢東の方が酷いけど
  こいつもそれに迫ると思ってたよ。
  レオパルドは本物クソ野郎だ。


chinamanbilly
スターリン、毛沢東、ポルポト、チンギスハーン、
第二次世界大戦の日本軍、そしてナイフで隣人たち
100万人を殺したルワンダ虐殺。
スターリンの対日情報工作 クリヴィツキー・ゾルゲ・「エコノミスト」 (平凡社新書)


JK_SLY
ヒトラー以上に人の生き血を吸って来たのは・・・
蚊だな。

  redheadatheart14
  全くその通りだ。 マラリアで命を落とす人たちは
  ここで挙げられた独裁者たちが殺した数よりも多いんだ。


SUPERKAMIGURU
チンギスハーンは世界の人口の11%を殺し、
それがイスラム黄金時代の凋落の原因と言われてる。
その他では日本の731部隊かな。

  redheadatheart14
  731部隊の石井四郎と北野政次はヒトラーと同レベル。
  殺した数ではなくて、その残忍さにおいて。
  こいつらは研究成果と引換えにアメリカから罰を免除されてる。


Mahoon85
Mao Zedong [ 毛沢東 ]
waruiyatu1410_01.jpg
<大きな画像はコチラでどうぞ>

  LegendaryGinger
  大量虐殺の図解だというのになんてキュートな画風なんだ・・・

  zombieslayerzak
  ファック、こいつどんだけ・・・
  どうやったら一人でここまで殺せるんだ?

   mykingislonely
   飢餓で。
   彼の国民たちを飢えで殺した。
   彼にはそれでもなお多くの国民がいた。

  ltruisticnarcissist
  アホな経済計画を進めるおぞましいアイデア
  ● 大躍進政策

大躍進政策(だいやくしんせいさく、繁体字: 大躍進、簡体字: 大跃进、拼音: dàyuèjìn、英: Great Leap Forward)とは、1958年から1961年までの間、中華人民共和国が施行した農業と工業の大増産政策である。毛沢東は数年間で経済的にアメリカ合衆国やイギリスを追い越すことを夢見て実施した。しかし結果は、過大なノルマによる経済の大混乱と、推計1,000万人から4,000万人[1]の餓死者を出す大失敗に終わり、毛沢東は生涯でただ一度の自己批判を行って[2]、国家主席を辞任した。その後は中国共産党中央委員会主席毛沢東に代わって劉少奇国家主席・ケ小平総書記などが修正主義的路線による経済再建を目指す。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/大躍進政策
  ● 文化大革命 
文化大革命(ぶんかだいかくめい)は、中華人民共和国で1966年[1]から1976年まで続き、1977年に終結宣言がなされた社会的騒乱である。全称はプロレタリア文化大革命または無産階級文化大革命(簡体字: 无产阶级文化大革命, 繁体字: 無產階級文化大革命)、略称は文革(ぶんかく)。
種類 社会改革運動[要出典]
目的 名目上は中国で資本主義の復活を阻止する社会運動だが、実際は毛沢東が復権するための大規模な権力闘争
対象 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
結果 多数の人命が失われ、また国内の主要な文化の破壊と経済活動の長期停滞をもたらした。
発生現場 中華人民共和国の旗 中国
期間 1966年5月 - 1976年10月終結(1977年8月説もある)
指導者 毛沢東、林彪、四人組
関連団体 中国共産党
新文化運動(しんぶんかうんどう)とは、1910年代の中国で起こった文化運動を指す言葉である。また、五・四新文化運動、五・四文化革命という呼ばれ方もする。

概要 編集

その別称でも分かるように、この運動は、五四運動と不可分の関係にある。見方を変えれば、一連の新文化運動の中の最も重要な事件が五四運動であるとも言える。中心人物は、陳独秀であり、彼の創刊した「新青年」という啓蒙雑誌(白話運動を推進する文学革命の中心的雑誌)に寄稿した、魯迅・銭玄同・胡適・李大サ・呉虞・周作人などの人々が、運動の中心となった。

その主張するところは、

儒教批判
人道主義
文字改革
文学改革
などであった。礼教としての儒教に代表される旧道徳・旧文化を打破し、人道的で進歩的な新文化を樹立しようということを提唱し、学生・青年層に圧倒的な支持を受けた。

また、当時の中国をとりまく国際情勢の中では、この運動が、政治的な主張・要求へと直結するのは、必然的な結果であった。また、民主主義と科学を中心とした新文化の運動の過程において、マルクス主義運動が中国に芽生えることとなり、1921年の中国共産党結党へとつながっているのである 

  ThagaSa
  ヒトラーの数が正確じゃないぞ。
  軍人の死者も含めたらそんなもんじゃないし、
  一般人の死者だけでも1700万を上回ってるはずだ。

  gjd832hfhsd8923kjsdf
  胸糞悪くなるカンボジアの記事を読んだことあるんで
  数だけで悪さを図るのはどうかと思うわ。

  penguinsk
  畜生、中国人の俺の親父やその親族が生き延びたのは
  本当にもの凄いことだったんだ・・・
  彼はその話をいつもしてたのに俺は鼻ホジで聞いてた。orz


FroggiJoy87
クリストファー・コロンブスもたいがいだぞ。

  Scrappy_Larue
  俺もコロンブスと答えるつもりだったわ。
  語るのもおぞましいことを奴はやってやがった。

   drunz
   こいつが世界に革命をもたらしたと称賛されてるのが
   俺には本当に我慢ならないよ。
   しかも俺たちはこのクズのための祭日までありやがる。

  ShamelessDistraction
  俺の高校では、コロンブスの大量虐殺についての
  模擬裁判を2週間かけてやってるんだ。
  結果はコロンブスの勝訴。俺らの追及が甘かった・・・
  
  TeaDranks
  コロンブスはどうかなぁ。
  彼は現地住民を搾取したり売り払ったり殺したりするのが
  国民的娯楽だった時代の人間だから。
  ヒトラーは1930年代に生きたし。

それを言ったら、チンギス・カンもそうじゃないかい。
それに実際、コロンブスの悪行はドン引きレベルだし。
いくらそういう時代だったからって実際やれる神経が凄いわ。
<補足:「体内の血は青い」外国人が学校で教わった嘘をあげるスレ>
そうそう、日本も間接的に被害を受けてるんだった。
コロンブス・デーとかアメリカ原住民してみれば逆鱗ものかと。


毛沢東とスターリンを挙げる外国人が最も多かったね。
これはまぁ分かる気がする。
ただ、毛沢東は意図的に殺したわけじゃなく
うっかり無能で殺してしまっただけという妙な擁護もあったり。(笑)
しかし、2000万とも5000万とも言われる餓死者は堪らんよね。
天災とかじゃなくアホな政策で飢え死にさせられたら。
大躍進政策といい文革といい何でこの規模の大失敗が出来たのか不思議。
東条英機は独裁者とは違うだろ。
だけど、海外ではこういう認識が一般的なんだなぁ・・・
実際の東条英機はもっと可哀想な立場だったと思うんだけど。

【東條英機】
(一部を抜粋、全文はリンク先でどうぞ)

●A級戦犯の筆頭にあげられる東條英機が首相となったのは、戦争を回避するためだった。
《橋爪大三郎 諸君!2003/7月号》

●近衛は、後継首相には、この難局に国民の意思をまとめるには皇族しかないと、東久邇宮稔彦を強く推した。しかし、開戦に至った場合、皇族内閣だと責任が天皇に及ぶ可能性がある。貧乏くじは東條に押し付けようと、木戸幸一内大臣が東條を後継首相に推薦したのである。

●東條は戦争の途中で更迭された。このことだけでもヒトラーなどとは全く異なる。
東條の「独裁」とは、ルーズベルトやチャーチルにも見られた戦時体制の権力集中と大差ないものだった。
《小林よしのり 「いわゆるA級戦犯」》

●東條家の戦後十数年は大変なものだった。戦後の貧乏と食糧難は日本人ならみんな体験したことだが、民主主義になって解放された国民と違って、東條家は米軍からも日本人からも敵視され、解放どころか戦争中よりも悲惨であった。東條家には商品を売らないという食料店もあり、妻かつ子は庭を開墾して野菜も鶏も飼育して自給自足生活をした。それでも家族は東條の遺言「言い訳をしてはならない」という鉄則を守った。
《佐藤早苗 「東條英機 封印された真実」》

本人だけでなくその家族まで悲惨なことに。
ホント戦中に " 更迭 " される独裁者なんて聞いたことないよ。
独裁者というよりスケープゴート
という言葉が合うような感じじゃないだろうか。
こういう事実を知ってても海外は認識を改める気はないんだろうなぁ。
posted by koko at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 人権
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7220952
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。