2018年08月31日

とってもキレイ♪ maprok のハーバリウム

今日は maprokハーバリウムをご紹介したいと思います。

DSC_2420.JPG

最近よく目にするハーバリウム

ハーバリウムとはもともとは「植物標本」という意味で、

研究のために植物を乾燥させた標本を表す言葉だそうです。

プリザーブドフラワーやドライフラワーをガラスのボトルに入れて

専用のオイルで満たしたハーバリウム

生花と違ってお水を換えたりしなくて良いですし、

何より長く楽しめます♪


今日ご紹介する maprok は高知県にあるお店です。

ハーバリウムに使用している花は地元高知のお花。

高知県の花卉農家と契約し、

収穫後短時間で加工処理できるよう製造・加工施設を整えているため、

生花のような仕上がりになるそうです。

そんな高品質のプリザーブドフラワーを使用した maprok のハーバリウム

色が鮮やかで見た目もとってもキレイ!!

今回はピンクが届きましたが、

カラーは他にもブルー系、オレンジ系、ライトグリーン系、レッド系、

とバリエーション豊かです。


うすいピンク色のお花はブルースターの八重だそうで、

淡い色合いがとっても優しく、

他の濃いピンク色のお花とのコントラストが素敵〜

他に白いかすみ草と、赤に近いほどの濃いピンク色のかすみ草が入っています。

DSC_2421.JPG


女の子らしい、可愛らしい感じのハーバリウムです。


ハーバリウムに使用するオイルには

ミネラルオイルとシリコンオイルの2種類あるようですが、

maprok で使用しているのはシリコンオイル。

こちらの方が価格は割高ですが、

お花が色落ちしにくく、見た目にもキレイ、

という特徴があるそうです。


ハーバリウムは日光に当たるととても綺麗なのですが、

長時間置くと紫外線により変色が早まるそうなので、要注意です。

我が家では日の当たらない玄関に置いています。

そしてたまにおトイレにお引っ越し。

DSC_2443.JPG
西日が入るので劣化が気になるところですが、

やっぱり日が当たる方が素敵〜

見ているだけで癒されます♪

これはちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうですよ〜♪



さて。気になるお値段は。。。

200ml サイズ 1本 税込み ¥2980

高知県産のお花、ということで普通のハーバリウムよりもお高いのだろうな…

と思っていましたら!

このお値段、とっても良心的なお値段かと思います。

花卉農家との直接契約で中間流通コストを削減しているそうですが、

だからこそのお値段なのですね。

DSC_2423.JPG

maprok はもともとプリザーブドフラワーのお店のようで、

様々な色の可愛らしいプリザーブドフラワーを扱っています。

お花を注文し、自分でオリジナルのハーバリウムを作ることもできます。

DSC_2424.JPG

見ていると自分で作りたくなってきます。

ブルースターがとっても可愛くて個人的に気に入りました♪

ハニーレモン色なんてあるんですね!

20輪入っていて¥4860。

とってもお得感があります。

ボトルも色々と取り揃えているようですが、

欲を言えば、ついでにオイルもあると嬉しいな〜と思いました。

興味のある方は是非のぞいてみてください♪




maprok ハーバリウム HP は こちら

モニターサイト ゲッティーズ は こちら







この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8040941
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
ぷちぷちさんの画像
ぷちぷち
プロフィール
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
ファン
最新コメント
写真ギャラリー
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ