【ジャンル】
リンク

2019年06月15日

千年先に残したい日本の美しい風景
『虫送り』

D10C49BB-E79F-4D40-9F28-AC7BCE3C078A.jpeg


山の神、海の神、火の神、川の神、田の神、竈の神、、、

日本には、実に色々の『神さま』がいて、日本人の生活の中に、深く関わっています

特に『年中行事』には、『神事』と呼ばれるものも多く、神仏の存在を、より身近に感じられるものが、全国各地で行われます

その中で、我々日本人に欠かす事のできない、『お米』を作る場である『田んぼ』で、昔から守り継がれてきた、行事があります

『虫送り』です

この、虫送りには『虫の神』が登場します

田んぼには、毎年夏頃になると、虫(害虫)が発生しますが、この虫達を、松明(たいまつ)や、太鼓や、人形などを使って、村外れまで送り出すというもの、それが『虫送り』です

害虫駆除などと、言ってしまえば、簡単でしょう。しかし、昔の人の心持ちというものは、今の人達とは、だいぶ違っていたのです

民俗学の第一人者である、柳田國男氏『火の昔』という、本の中で『虫送り』について、このように話しています

村に生まれた人達なら、今でも折おり見る事ができるタイマツ行列は『虫送り』であります。害虫が田畑に発生した時に、それを駆除するのは理屈に合ったことで、ただ以前は少し、おまじない(お呪禁)のような心持ちも交えて、それが実行されていたのであります。たとえば、ワラ(藁)で人形をこしらえて害虫の親方と見立てたり、これを馬に乗せ食べ物を持たせ、もしくは苞(つと(ワラの筒)や芋の葉の中へ害虫を集めて入れたものを、この人形に背負わせたりして、それを先頭に立てて松の火をたくさん灯し、時によって村じゅう総出で鉦太鼓(かねだいこ)を叩いて送っていき、しまいには村境の塚の上で燃やしたり、または海、川の中へその人形も松明(タイマツ)も、一切がっさい流してしまうのであります

mushiokuri1.jpg

『おまじない(お呪禁)』『害虫の親方』などという言葉が出てきます

ちょっと不思議な感じがしてきました

昭和10年に出版された『郷土史研究』という本には、こんな風にも書かれています

鉦太鼓(かねだいこ)の行列を仕立てて、また人形を作り、一村の者が松明(タイマツ)を照らして田の畦(あぜ)を巡って村境に行き、人形も松明も捨て去るので、夜の虫は人の声する方へ飛んで来て、松明(タイマツ)の中に入り焼け死ぬので、つまり虫を焼き殺すためであると近世の者は云っている。然し(しかし)、それは主眼でなく、かついで運ぶ人形を『虫の神』になぞらえて、村境に捨てるのが主眼である。これを人形送りと云う。鉦太鼓(かねだいこ)に合わせて歌を歌い、或(ある)いは念仏を唱えつつ踊りながらゆくのである。他にも、松明(タイマツ)で焼殺すのを少しも考えずに、まず氏神の境内で円形の舞踊を行い、その後で人形を送るので、これを虫送り踊りと云う。『神送り』というものの中の一つである虫送りは『虫の神』を送ることになる

虫を焼き殺すのが、主眼なのではなく、人形を『虫の神』に見立てて送るのが、主眼であると言っています

更には

昭和24年に出版された、研究書『稲の害虫(名和梅吉著)』には、虫送りについて、興味深い面白い事が、書かれています

或(ある)いは御幣をかつぐ者、奇怪な人形鳥獣虫魚に形どった造り物を、長い青竹の先にかけて持つ者、さては鉦(かね)を叩く者、太鼓を打つ者、ホラガイを吹く者など、数十人が行列を整えて、鎮守の社内をくり出し、田の間を隈なく巡り歩きながら、先頭に立つ者が、御幣を以って軽く稲の葉を撫でて通り過ぎます。これは何の意味かというに、鉦や太鼓やホラガイの音によって、悪虫の夢を覚まし、1匹残らず御幣の中に収めとろうとするのであります。こうして部落の田を一巡して後には、一定の場所 ーー例えば山の上とか川の中とかーー に、御幣や造り物を投げ捨てたまま、大急ぎで、逃げるが如くの帰ったもので、もしもこの場合に、まごまごしていたら、せっかく送った悪虫どもが、またもや後から追っかけて来るというので、さてこそ足早に逃げ帰ったのでありましょう。考えてみると、こっけいではありませんか。

稲の葉を撫でるのは『悪虫の夢を覚ますため』で、送った虫が後から追っかけて来ないよう『急いで逃げ帰る』とか

その様子を想像してみると、なんとも不思議で、可笑しいやら、楽しいやら。それでいて、とても日本人らしい考え方だなと、妙に納得してしまいます。虫と人とが、同じように考えられている所は、西洋の人からしてみれば、ちょっと考え難いものかもしれません

更に、この本の著者は、『虫送りの由来』についての、面白い説も調べていて、少し長いですが紹介します

むかし、平家の大将に『斎藤別当実盛(さいとうべっとうさねもり』という人がありました。時は寿永の二年、平維盛(たいらのこれもり)に従って北国に出征し、木曾義仲の大軍と戦いましたが、不幸にも敵の矢に当たって花々しい戦死を遂げました。この実盛は当時七十あまりの老人で、今度の出征に際しても若い者に負けぬようにと、わざわざ白髪を黒く染めて大いに勇気を振るいましたが、その討死に際しても、髪を逆立て、目を怒らせて、ハタと木曾の軍勢をにらまえ、大声を張り上げて

『われ戦死の後は、亡霊必ず悪虫に変じ、行く末永く源氏の世を呪い、国中の五穀成就を妨げるであろう、思い知れや』

と、こう言い残して息を引取りました。
それより幾程もなく、さしも栄えた平家一門は、壇ノ浦の一戦に悉(ことごと)く滅亡して、天下は源氏の世となりましたが、かの実盛の遺言に違わず、果たしてその年には日本全国に稲の害虫がはびこり、中にもウンカとメイチュウの被害によって、収穫皆無という大惨事を招き、殊に源平合戦の四国、九州地方の農民は食う米もなく、餓死する者が続出しました。
思い浮かべて見ると、この惨状を来したのも、全く斎藤別当の怨霊の致すところであろうと、ここに気づいたこの地方の農民たちは、『虫送り』という新しい行事を始めて、斎藤別当の霊をなぐさめ、これを例年の催し事にしましたが、後には全国に広まって、あちらこちらで盛大に行われる事となりました。
こういうわけで、この虫送りは土地によっては『さいねんもり』とも云いますが、その字義については別に何かの意味があるようにも思われます。


A1E30F0D-93E2-42B4-B9F6-BD374C349673.jpeg
愛知県尾西市祖父江町の「さねもりさん」

虫は『斎藤別当実盛』の霊が変じたもので、その霊を慰めるための行事が『虫送り』というわけです

かの源平合戦が、虫送りに関わっているなんて、ちょっと驚きでした。何事も、由来を調べてみると、思わぬ話しに行き着いたりするので、そういう繋がりを、調べてみるのも結構面白いものです

この由来についての話しは、インターネットでも色々書かれています。下にリンクを貼っておくので、興味のある方は、そちらも見てみて下さいね


最後に

『虫送り』という行事は、単に害虫を追い払う(駆除する)、というものではなく、『この世の全てのものに神が宿っている』という、日本民族特有のものの捉え方が、『虫の神を送り出す』というものへと、昇華させているものだと感じました。日本人の、自然に対する感謝と、畏れ、というものが、ここにも出ているのだなと

400年以上前に始まったとされ、江戸時代には日本全国、各地で広く行われていた『虫送り』が、現代は廃れてしまった地域が、とても多いようです。このような、日本人特有の行事は、効率とか簡単とかいうのを抜きにして、日本民族だから行える『神事』として、子ども達に受け継いでいけたらなと強く思っています

と、廃れてしまった地域が多い、と書きましたが、実は近年、この『虫送り』を復活させたという所が増えていってるようなのです。調べてみると、地元でも復活させた地域があり、見に行く事も出来そうです。一度廃れてしまったものを、『復活』させるという事は、容易な事ではないと思います。おそらく、古い書物なども、参考にしながらかもしれませんし、お年寄りの方達の『記憶』も、大いに参考にされた事だろうと、思います

このような、記憶に残る風景を、いつまでも受け継いで行きたい、そう改めて感じた行事です

私らの小さい頃は、夏も終わりに近くになる頃、どこの村でも、このタイマツ行列を代わり番こにしていました。真っ暗な晩だと、田舎ではことにそれが美しく感じられ、いつまでも人がよく覚えているのであります。(『火の昔』柳田國男著より)



下の動画は『虫送り』の美しい風景と音とが感じられる貴重なもので、YouTubeに投稿されていたOlivesimaさんのものをリンクさせていただいています。この風景がこの先、千年残りますように


小豆島土庄町肥土山地区の虫送り


参考引用文献(図書館利用)
『火の昔』(柳田國男著)
『夏をたのしむ祭り』(芳賀日出男著)
『郷土史研究』(出版雄山閣)
『稲の害虫』(名和梅吉著)

『虫送りと斎藤別当実盛の話し』リンク
虫送りとサネモリ(磯本宏紀のホームページ)
虫送り(いなかパイプ)
土用(どよう)と虫送り(ひょうごくらしの親子塾)

『虫送りの動画』リンク
2009虫送り(olivesimaさんのYouTubeチャンネル)









posted by これいいよー at 00:13| 美しい風景

令和元年
十二月【師走(しわす)】


【満月(望月)】十二日
【晦(つごもり)】二十五日
【新月(朔(さく)】二十六日

旧暦で十二月は『冬』
晦は月が隠れて見えなくなる月の最後の日(月籠り)


【タグで検索】
Clean Bandit GReeeN Pixar SF To Love You More WORLD ORDER ◯◯味 「Re:ゼロから始まる異世界生活」 あんこ いろはにほへと おさだめ おもてなし おりひめJAPAN おりひめジャパン お天気お姉さん お弁当箱のうた お笑い お酒 かささぎ くず餅 けやき坂46 こいのぼり こだわりの生協 こどもの日 これいいよーチャンネルについて さねもりさん すれ違い ちはやふる つばめ ぬか袋 はりま ひとかどの者 ひらがなけやき むくみ もののけ姫 りんごジュース りんたろう ろくろ首 アニメ アレンとトウヤ アントワネット アンパンマン アンパンマンたいそう イヌノフグリ ウインドウエアコン ウォルト・ディズニー エジソン オーラまでシビれる カッコいい カピバラ カリオストロの城 カンブリア宮殿 クールジャパン ケンカ ゲレンデ ゲームセンターの達人 コンビニ コンビニコーヒー サユリワールド サンタクロース シャイな人 シャボン ショッピングモールの歌姫 ジブリ ジョン万次郎 スキー スタジオジブリ スティーブ・ジョブズ スピリチュアル スポーツ セリーヌ・ディオン ダウンタウンDX ダンス テスラ ディズニー ディズニーランド デビッドブレイン トゥモローランド トウヤ誕生日 トリッキー ネガティブ ハジビロコウ ハナミズキ ハンドボール ハンドボール女子世界選手権大会2019 ハンドボール女子世界選手権大会in熊本 ハンドボール女子日本代表 バイオリン バスの運転手 パラレルワールド ビール ファッション フェイシャルヨガ フェニックス自然動物園 フクロテナガザルのパフォーマンス ブラジル ブータン王国 プロパガンダ プロフェッショナル仕事の流儀 ベルギービール ホイチョイムービー ボーカロイド マイケルジャクソン マジシャン マッサージ メッセンジャー メッセージ メリッサクニヨシ モアナと伝説の海 モノマネ ヤスミン山下 ユーチューバー ライオン ラフカディオハーン リラクゼーション ルパン三世 レインボー レッサーパンダ ワンコ 一千年 一廉の者 一青窈 丁寧 七夕 万葉の歌 万葉人 万葉集 世界から見たニッポン 世界大会 中山美穂 中島歌子 中野信子 久石譲 乾燥肌 人形送り 仏教 仕事考察 仲見世通り 佐佐木信綱 催涙雨 優しさ 優勝 元日 元気になる唄 冷え性 冷暖房兼用 切腹 初音ミク 前向き 勇気 動物の赤ちゃん 勝海舟 北野天満宮 千年先に残したい 千葉市動物公園 千葉県 千葉県LOVE 半井桃水 半崎美子 厄除け 原田知世 古(いにしえ)の魂 古今集 可愛い人 合気道 名和梅吉 名物 名言 君たちはどう生きるか 命の誕生 和歌 和菓子 咸臨丸 唱歌 図書館のすゝめ 国産 地震復興 坪田翼クイーン 壬生忠岑 外国人 外国人観光客 夢の国 大伴家持 大友克洋 大和撫子 大和言葉 大和魂 大地と繋がる 大東亜戦争 大納言あずき 天満宮 天然たい焼き 天皇陛下 天神 天神様 太宰府天満宮 女流小説家 女流歌人 子ども 季節限定 学問の神様 宇佐美里香選手 宇多天皇 安心な食 安心安全な食 定子 宮崎 宮崎駿 宮崎駿監督 小倉百人一首 小豆 峯岸みなみ 川崎大師 希望 平井和正 平安時代 年中行事 幸せの国 幻魔大戦 幽霊塔 庵野秀明 弘法大師空海 当たり前 彦星と織女 心に響く歌 心に響く歌声 心の声 思いやり 怪談 恋心 想いを乗せる 意識を変える映画 感動 斎藤別当実盛 新年 方略試 日々のおしえ 日本 日本て、いいな 日本てこんな国 日本代表 日本大好き 日本民族 日本語 日系 旭山動物園 明治時代 映像美 映画 暖房 書道の神様 最高の報酬 有機農業 未来 本当の強さ 東日本大震災 松ぼっくり 板画家 枕草子 柳田國男 梅鉢 棟方志功 植芝盛平 樋口一葉 樋口夏子 樽生 欅坂46 歌で泣く 歌人 歴史 民俗学 気づき 江戸川乱歩 江戸時代 波の数だけ抱きしめて 注目の芸人 洋楽 浅草 浅草寺 浅香のぬま子 海外 清少納言 渡辺直美 火の昔 無料 無添加 熊本地震 爆笑爆笑 父の日 版画家 甍の波 生活クラブ 田んぼ 発酵食品 目醒める 真実 瞑想 石けん 石ノ森章太郎 石油より電気 神武天皇 神送り 神風特別攻撃隊 福沢諭吉 空手道 立ち居振る舞い 童謡 端午の節句 競技かるた 競技かるたの父 笑い 第二次世界大戦 紅葉 純粋 素直 絶望 継続は力なり 織姫と彦星 織田裕二 脳科学 自分で取り付け 自分と向き合う 自動販売機 花唄 芸術家 茶の本 菅原道真 菅家廊下 萩の舎 葉加瀬太郎 薬を使わない医者 藤原定国 藤原時平 虫の神 虫送り 衝撃的 裏切り 触れ合い動物園 言葉にするよりもっと深い気持ち 誇り 誇りを取り戻す 超難関の試験 迷い 道に迷う人 邦楽 邦画 郷土史研究 雪の女王 須藤元気 風の谷のナウシカ 麻生大臣 黒岩涙香

TSUTAYAの映像サービス30日間無料お試し