【ジャンル】
リンク

2017年12月27日

新しい年のはじめに贈りたい
『万葉集の最後を飾る歌』



今年もあとわずか

年賀状などすでに書き終え郵便に出した人も多いのではないでしょうか

新しい年のはじめ、元日に詠めば今年一年良いことが重なっていきそうな、そんな歌を紹介したいと思います



新しき 年の始の 初春の

今日降る雪の いや重け吉事


"あらたしき としのはじめの はつはるの
けふふるゆきの いやしけよごと"


歌の意味
「新年の元日のこの日、雪が降っている。
その降りつもる雪のように、ますます
今年もいいことが重なっておくれ」


この歌は今から遡ること千三百年前、万葉の時代に、歌人"大伴家持"が詠んだ歌です。そして万葉集二十巻(四千五百首)の最後を飾る歌でもあります

雪の降り積もるさまを見て、そのように吉事の重なりを願った歌なのです

千三百年前の万葉人(まんようびと)の心が、今に受け継がれていることがすでに奇跡のようなことですが、せっかくこのような素晴らしい歌があるのなら、新年を迎えたその日に読んでみる、想いを馳せる、それだけでも新しい年の初めに、どこか心が晴れ晴れとする気持ちになれることでしょう


この記事の参考にさせていただいた万葉のふるさと(清原和義著)は万葉集や万葉の時代背景、歌人のことなど、とても丁寧に誰にでもわかりやすく紐解いた本で、とてもおすすめです。図書館でも借りられますので、興味をもった方はこの機会に千三百年の時を超え、日本の雅な世界へ旅してみてはいかがでしょうか

D42E68A9-7A06-4347-9845-A01C06CD329B.jpeg

本を購入される場合はこちらにも出ています

万葉のふるさと (ポプラ・ブックス 29)

中古価格
¥131から
(2017/12/28 19:50時点)














posted by これいいよー at 15:07| 和歌の調べ

2018年01月06日

一千年の時を越える言の葉の響き
『言はで思ふぞ』


iwadeomouzo.jpg


現代では人へ想いを伝える時、その手段といい言葉といい実に様々なものがあります

電話やメールはもちろんLINEなど、いわゆるSNSと言われるものもその手段のひとつでしょう

使われる言葉も軽いものから深いものまで実に様々

ですが、言葉が溢れる今の世でもこう思う時はないでしょうか

とても大切に思っているけど言葉では言い尽くせない..

言葉にするよりその思いはもっと深く激しいのに

と思う時

この思いをいったいどうやって伝えよう
口にするより深く激しい想いを

今回は、今より遥か一千年も前にそんな『思い』のやり取りをしていた女性二人と一首の和歌をとりげたいと思います



その和歌とは


心には 下行く水のわきかへり

言はで思ふぞ 言ふにまされる



こころには したいくみずの わきかえり
いわでおもうぞ いうにまされる


これには


心に秘めた思いは口にするより ずっと深く激しい


という意味がこめられています


そしてこの歌をやり取りしていた女性、それは平安の世に生きた清少納言妃(きさき)定子(ていし)です

定子の父(藤原道隆)亡き後、新たに最高権力の座についた藤原道長
その道長のスパイではないかと疑惑を持たれた清少納言。それが原因で清少納言は宮中を離れ実家に戻ってしまいます。実家に戻った清少納言に対して妃(きさき)定子(ていし)は『もう一度自分に仕えて欲しい』とたびたび手紙を送ります。その送られてきた手紙の中にあったものが、くちなしの花びら一枚に書かれた一文

『言はで思ふぞ』

これを見た清少納言は定子の想いに心動かされ、もう一度宮中に戻り定子に仕えることになったのです(100分で名著より)

言葉では言い尽くせない言い表せられない程の想いも、この歌のように伝えられたらいいですね

















posted by これいいよー at 19:17| 和歌の調べ

2018年02月06日

『競技かるたの父』黒岩涙香

karuta.jpg

漫画や映画ちはやふるなど、それまで以上に多くの人の視線が注がれることになった『競技かるた』

今や日本のみならず海外にも多くのファンがいて、日本と外国との良い繋がりがまたひとつ増えている事にワクワクしている今日この頃

以前投稿した記事宮崎駿初監督作品”ルパン三世カリオストロの城”の元になった小説」の中で、小説【幽霊塔】を翻案小説にしたのが【黒岩涙香氏】だという話しをしたのだけど、実はその黒岩涙香氏こそ『競技かるたの父』と呼ばれる人だったのです


明治期のジャーナリストだった黒岩涙香はそれまで統一したルールが存在していなかった「かるた競技」の競技方法統一を図るべく、明治37年(1904年)に「東京かるた会」を結成。自らが主催する新聞「萬朝報」に広告を出し選手を募り、同年2月11日日本橋常磐木倶楽部にて「第一回かるた大会」を開催する。その他、同新聞に 「小倉百人一首かるた早取り秘伝」を掲載したり、現在のかるた競技の基底となるもの「最も公平なる歌留多」を提唱している。
それ以前のかるた競技において、かるた札の並べ方は2段から4段と各自まちまちだったが、それを行儀上3段に統一。持ち札の枚数を各自25枚と定めたのも「東京かるた会」であった(ただし当時4開戦までは予選で予選での持ち札は16枚だった)。など
(競技かるたの夜明参照)


『競技かるた』についてより詳しく知りたい方は”たこるさん”のサイト競技かるたのページ(日本競技かるた史(2))で沢山学べます



第59期・60期【坪田 翼クイーン】
早すぎて手が見えない。。。
tubotatubasa.jpg

最新作映画【ちはやふる-結び-】が春に公開される事で更に注目度が上がりそうな『競技かるた』

その競技かるたには『競技かるたの父』と呼ばれる人がいて、それが「幽霊塔」に繋がる『黒岩涙香』氏だったというのが意外性特大で驚きました。幽霊塔を元に『カリオストロの城』が作られているなど、ひとつを深く掘り下げていくと、意外なものが意外な繋がりを見せてくれたりするので、そこがまた面白い所です

『競技かるたの父』についてはここまでですが、『競技かるた』に使われる『小倉百人一首』についてもまた別の機会に投稿できたらいいなと思います



「ちはやふる ー結びー」予告





<かるた関連サイト>
全日本かるた協会
小倉百人一首を見て聞いて遊べる百人一首



(クリックで応援お願いします)








posted by これいいよー at 11:10| 和歌の調べ

2019年07月01日

『七夕の恋の調べ』
雨は、彦星が漕ぐ船の水しぶき

tanabata.jpg



七月七日の『七夕の日』


晴れれば『織姫』『彦星』は、逢う事ができる

雨が降れば、逢う事はできない


そんな事を思い浮かべながら、空を見上げて、天の川の川向かいに光る二つの星を探す人、短冊に自分の思いを乗せて笹に結ぶ人

『七夕』は、幻想的であり、人の『思い』が、事更優しく現れる


それぞれの思いを馳せながら、楽しむ『七夕』ですが、雨の降る日、織姫と彦星は、逢えているのでしょうか?逢えていないのでしょうか?


有名な『かささぎ伝説』では、雨で水かさの増した川に、かささぎの群れがやって来て、翼を広げて橋を作り、織姫と彦星が逢えるようにしてくれたり

また、『催涙雨(さいるいう)』といって、七夕の日に降る雨は、織姫と彦星が、逢えた喜びに流す、『うれし涙』だ、というお話しもあります

どちらのお話しも、七夕の日に雨が降っても、『織姫と彦星は逢える』という、嬉しい内容です


そのような、有名なお話しがある中、それとはまた違う、全く別の解釈をしていた人達が、昔の日本にいました

『万葉人(まんようびと)』です

今から、約千三百年前の日本で、万葉人は『七夕』に独自の感性を取り入れ、それを『歌(和歌)』に詠んでいます

そこで、雨の日も含め、空の色々の様子を、広い心で詠んだ『七夕の歌』を、『万葉のふるさと(清原和義著)』の中で紹介されている歌の中から、三首あげたいと思います

まず初めに、気になる雨の日の歌を

続けて、『雲』、『霧』、と詠んでいきます




※織女(たなばたつめ)は、織姫の事を指します





このゆふべ 降り来る雨は 彦星の

早漕ぐ船の 櫂の散沫かも




"このゆうべ ふりくるあめは ひこぼしの
はやこぐふねの かいのちりかも"



歌の意味
一年に一度の、この夜に降ってくる雨は
彦星が織姫のもとへ、早く漕いでいる船の
櫂(かい)の上げる、水しぶきであろうか






秋風の 吹きただよわす 白雲は

織女の 天つ領布かも




"あきかぜの ふきただよわす しらくもは
たなばたつめの あまつひれかも"



歌の意味
この秋風に、吹き漂っているあの白雲は
織女の領布だろうか

※領布(ひれ)は、肩から掛ける
ショールの様なもの






牽牛の 嬬迎え船 漕ぎ出らし

天の河原に 霧の立てるは




"ひこぼしの つまむかえぶね こぎづらし
あまのかわらに きりのたてるは"



歌の意味
織姫を迎えに行く、彦星の船が
漕ぎ出したらしい。天の川の河原に
霧が立っている




空を見上げ、秋風に吹き漂う白雲を見て、『あれは織姫の領布(ひれ)かも』と、想い描いてみたり

天の川に、が立っていれば、それは彦星が、織姫を迎える船を漕ぎ出した為に、立っているのだな、と想い

そしては、彦星が織姫に逢いたくて逢いたくて、早く船を漕ぐものだから、その櫂(かい)が水しぶきを上げて、それが降って来ているのだと、そんな風に、想いを馳せているのです

星は、遥か彼方にあるもの
雨が降っても、それが天の川に降るなどとは思いもせず、『七夕の日に降る雨は、きっと天の川から降ってきているのだ』。そう、万葉人は思い描いたのではないでしょうか



最後に

元々、中国から来た『七夕』
それを万葉人が、日本人ならではの解釈をし『歌(和歌)』に残してくれていた事で、今から千三百年前という遥か昔に、祖先が『七夕』へ馳せた想いというものを、感じる事ができます

そして、これからは、『七夕の日』に、もし雨が降ったとしても

あぁ、これは、彦星が織姫に早く逢いたくて、急いで船を漕いでいるんだなぁ


と、思う事ができそうです

更に、降る雨が激しければ激しいほど、彦星の織姫に対する想いが、より伝わってくる気がします


参考引用文献(図書館利用)
『万葉のふるさと』清原和義著
ポプラ・ブックス

画像
photographer『torstensimon
by pixabay




<追記>

記事にある『かささぎ伝説』は、中国の伝説にある「かささぎが翼を広げて作った橋」とか「宮中の階段」とかいう意味で、それが七夕に融合されたものだと思われるのですが、この中国の『かささぎ』の伝説を、見事に『和歌』に取り入れたものが、残されています

詠んだ人は『壬生忠岑(みぶのただみね)』古今集の四人の選者のうちの一人です

時の右大臣、藤原定国(ふじわらさだくに)に仕えていた忠岑。ある夜、酒に酔った勢いで、定国が左大臣藤原時平の屋敷へ押しかけました。酔った定国に対し、時平は「今頃、どこの帰りなのだ」と定国に問いただしました。その時、定国に代わって忠岑が、

かささぎの 渡せる橋の 霜の上を

夜半(よは)に踏み越え ことさらにこそ

「夜中に霜の降りた橋を踏み越えてわざわざやってきたのです」


という意味の歌を詠みました。それを聞いた時平はすっかり関心し、そのあと定国、忠岑、時平の三人で夜通し酒を飲んだという事です

古今集の選者でもあり、小倉百人一首にも歌が入っている壬生忠岑ですが、生まれた年も、亡くなった年もわかっていないという事です

(参考引用文献『百人一首物語(司代隆三著)』)















posted by これいいよー at 21:00| 和歌の調べ

令和元年
十二月【師走(しわす)】


【満月(望月)】十二日
【晦(つごもり)】二十五日
【新月(朔(さく)】二十六日

旧暦で十二月は『冬』
晦は月が隠れて見えなくなる月の最後の日(月籠り)


【タグで検索】
Clean Bandit GReeeN Pixar SF To Love You More WORLD ORDER ◯◯味 「Re:ゼロから始まる異世界生活」 あんこ いろはにほへと おさだめ おもてなし おりひめJAPAN おりひめジャパン お天気お姉さん お弁当箱のうた お笑い お酒 かささぎ くず餅 けやき坂46 こいのぼり こだわりの生協 こどもの日 これいいよーチャンネルについて さねもりさん すれ違い ちはやふる つばめ ぬか袋 はりま ひとかどの者 ひらがなけやき むくみ もののけ姫 りんごジュース りんたろう ろくろ首 アニメ アレンとトウヤ アントワネット アンパンマン アンパンマンたいそう イヌノフグリ ウインドウエアコン ウォルト・ディズニー エジソン オーラまでシビれる カッコいい カピバラ カリオストロの城 カンブリア宮殿 クールジャパン ケンカ ゲレンデ ゲームセンターの達人 コンビニ コンビニコーヒー サユリワールド サンタクロース シャイな人 シャボン ショッピングモールの歌姫 ジブリ ジョン万次郎 スキー スタジオジブリ スティーブ・ジョブズ スピリチュアル スポーツ セリーヌ・ディオン ダウンタウンDX ダンス テスラ ディズニー ディズニーランド デビッドブレイン トゥモローランド トウヤ誕生日 トリッキー ネガティブ ハジビロコウ ハナミズキ ハンドボール ハンドボール女子世界選手権大会2019 ハンドボール女子世界選手権大会in熊本 ハンドボール女子日本代表 バイオリン バスの運転手 パラレルワールド ビール ファッション フェイシャルヨガ フェニックス自然動物園 フクロテナガザルのパフォーマンス ブラジル ブータン王国 プロパガンダ プロフェッショナル仕事の流儀 ベルギービール ホイチョイムービー ボーカロイド マイケルジャクソン マジシャン マッサージ メッセンジャー メッセージ メリッサクニヨシ モアナと伝説の海 モノマネ ヤスミン山下 ユーチューバー ライオン ラフカディオハーン リラクゼーション ルパン三世 レインボー レッサーパンダ ワンコ 一千年 一廉の者 一青窈 丁寧 七夕 万葉の歌 万葉人 万葉集 世界から見たニッポン 世界大会 中山美穂 中島歌子 中野信子 久石譲 乾燥肌 人形送り 仏教 仕事考察 仲見世通り 佐佐木信綱 催涙雨 優しさ 優勝 元日 元気になる唄 冷え性 冷暖房兼用 切腹 初音ミク 前向き 勇気 動物の赤ちゃん 勝海舟 北野天満宮 千年先に残したい 千葉市動物公園 千葉県 千葉県LOVE 半井桃水 半崎美子 厄除け 原田知世 古(いにしえ)の魂 古今集 可愛い人 合気道 名和梅吉 名物 名言 君たちはどう生きるか 命の誕生 和歌 和菓子 咸臨丸 唱歌 図書館のすゝめ 国産 地震復興 坪田翼クイーン 壬生忠岑 外国人 外国人観光客 夢の国 大伴家持 大友克洋 大和撫子 大和言葉 大和魂 大地と繋がる 大東亜戦争 大納言あずき 天満宮 天然たい焼き 天皇陛下 天神 天神様 太宰府天満宮 女流小説家 女流歌人 子ども 季節限定 学問の神様 宇佐美里香選手 宇多天皇 安心な食 安心安全な食 定子 宮崎 宮崎駿 宮崎駿監督 小倉百人一首 小豆 峯岸みなみ 川崎大師 希望 平井和正 平安時代 年中行事 幸せの国 幻魔大戦 幽霊塔 庵野秀明 弘法大師空海 当たり前 彦星と織女 心に響く歌 心に響く歌声 心の声 思いやり 怪談 恋心 想いを乗せる 意識を変える映画 感動 斎藤別当実盛 新年 方略試 日々のおしえ 日本 日本て、いいな 日本てこんな国 日本代表 日本大好き 日本民族 日本語 日系 旭山動物園 明治時代 映像美 映画 暖房 書道の神様 最高の報酬 有機農業 未来 本当の強さ 東日本大震災 松ぼっくり 板画家 枕草子 柳田國男 梅鉢 棟方志功 植芝盛平 樋口一葉 樋口夏子 樽生 欅坂46 歌で泣く 歌人 歴史 民俗学 気づき 江戸川乱歩 江戸時代 波の数だけ抱きしめて 注目の芸人 洋楽 浅草 浅草寺 浅香のぬま子 海外 清少納言 渡辺直美 火の昔 無料 無添加 熊本地震 爆笑爆笑 父の日 版画家 甍の波 生活クラブ 田んぼ 発酵食品 目醒める 真実 瞑想 石けん 石ノ森章太郎 石油より電気 神武天皇 神送り 神風特別攻撃隊 福沢諭吉 空手道 立ち居振る舞い 童謡 端午の節句 競技かるた 競技かるたの父 笑い 第二次世界大戦 紅葉 純粋 素直 絶望 継続は力なり 織姫と彦星 織田裕二 脳科学 自分で取り付け 自分と向き合う 自動販売機 花唄 芸術家 茶の本 菅原道真 菅家廊下 萩の舎 葉加瀬太郎 薬を使わない医者 藤原定国 藤原時平 虫の神 虫送り 衝撃的 裏切り 触れ合い動物園 言葉にするよりもっと深い気持ち 誇り 誇りを取り戻す 超難関の試験 迷い 道に迷う人 邦楽 邦画 郷土史研究 雪の女王 須藤元気 風の谷のナウシカ 麻生大臣 黒岩涙香

TSUTAYAの映像サービス30日間無料お試し