【ジャンル】
リンク

2017年12月30日

【雪の女王】を20年前に語っていた宮崎駿監督

yukinojoou.jpg


ディズニーの大ヒット映画アナと雪の女王

その映画にインスピレーションを与えたものがハンス・クリスチャン・アンデルセン作の童話雪の女王という事を知っている人は多いかもしれない

しかし、宮崎駿監督にまつわる「雪の女王」の話しを知っている人は果たしてどれくらいいるだろう

「雪の女王」はソ連でアニメーション映画として1957年に発表されたのだが、これを観た宮崎駿監督が当時を振り返り


「これは良かった」

「これはまいった」

「胸を打つ」

「音楽がまた素晴らしいんですよね」


などと絶賛している

アニメ映画「雪の女王」を語る宮崎駿監督22分30秒から




若い時からディズニー作品を観ていたという宮崎駿監督。そのディズニーが2013年に公開し大ヒットしたアナと雪の女王

その元にもなった雪の女王の事を20年も前に語っていたとはなんという巡り合わせ

しかも宮崎駿監督がこの作品を観たのはアニメ制作会社に入社して1年ほどしてから(1963年入社)の事であり、ディズニー映画アナと雪の女王が発表される50年も前だったという事にただ驚くばかり


まだ23歳だった若いアニメーターが、その名を世界に轟かせるアニメーション映画監督「宮崎駿」となったのにはこうした時代背景もあったのだ


映画「雪の女王」新訳版公式サイト

スタジオジブリ公式サイト

三鷹の森ジブリ美術館














posted by これいいよー at 07:44| 宮崎駿監督

2018年01月01日

『子どもたちに伝えたいこと』
【宮崎駿監督】の其之二

kodomotatini.jpg


あの『風立ちぬ』から約4年

宮崎駿監督が引退を撤回し『君たちはどう生きるか』で再び長編アニメーションの制作に立つというニュースが飛び込んできた時は日本国民のみならず海外の宮崎駿ファンも両手を叩いて喜んだに違いない

その『風立ちぬ』公開後の2013年9月、「宮崎駿引退記者会見」で、記者からこんな質問が監督に投げかけられていた

「全ての作品を通して”こういうメッセージを入れよう”と意識してきた事があれば教えて下さい」

その質問に対し宮崎駿監督は

「自分は児童文学の多くの作品に影響を受けてこの世界に入った人間ですので…」

という話しから始まり

「子どもたちに『この世は生きるに値するんだ』ということを伝えるのが自分たちの仕事の『根幹』になければいけないと思ってきました。それは今も変わっていません」

と、静かながらも力強い、魂が込められた言葉で答えてくれた




この言葉を聞いて過去のジブリ作品を振り返ってみると確かに入っている。全てに入っているし感じられる

また他の番組内で宮崎駿監督が

「絵を描いて動かしていくというのは自分が体を使って体験したことが出てくるんです」

と言っていたことがある

ジブリ作品から感じる『あの感覚』は宮崎駿監督はじめ制作に関わる全ての人の体験や思いの伝わりであり、ジブリ作品を観ると、大人も子どもに戻ったような感覚になるのは『この世は生きるに値するんだ』という宮崎駿監督が”子ども達に伝えたいメッセージ”を、大人もその時だけは子どもに戻って受け取っているのだと改めて感じることができる

2018年、年明け早々にもテレビ(一部地域)でジブリ映画が放映されるが、何度となく観てきたジブリ作品を今回の宮崎駿監督の言葉を聴き改めて観て感じてみたい


ジブリ作品のTV放映はスタジオジブリ公式サイトの”最新情報”から

スタジオジブリ公式サイト

三鷹の森ジブリ美術館














posted by これいいよー at 08:44| 宮崎駿監督

2018年01月03日

『ルパン三世カリオストロの城と幽霊塔』
【宮崎駿監督】の其之三

kariostoro.jpg

宮崎駿劇場初監督作品としてルパン三世の新たな世界観を世に送り出した映画『カリオストロの城』

1979年の公開から30年以上経った今でも何度もテレビ放映され続ける日本人に親しまれ愛され続ける作品で、あのディズニーピクサーのジョン・ラセター監督が若き日に衝撃的な影響を受けた作品でもある

この『カリオストロの城』
作品を作るきっかけになった小説があるらしい

江戸川乱歩著の『幽霊塔』

子どもの頃に『幽霊塔』を読んで面白いと感じ、いつかそれを作品にしたいと思っていた宮崎駿監督。それをルパンでやってしまったのが『カリオストロの城』なのだと


幽霊塔の話しをする宮崎駿監督(01:15〜)

『幽霊塔』
元はイギリスの小説家アリス・マリエル・ウィリアムソン氏が書いた小説『灰色の女』を基に黒岩涙香氏が題名を『幽霊塔』にして書いた翻案長編小説
黒岩涙香氏の『幽霊塔』を江戸川乱歩氏がリライトした

『子どもの頃受け取ったバトンを一度自分の体の中を通して次へ受け渡すのだ』と、あるインタビューで語ってくれた宮崎駿監督。『幽霊塔』『黒岩涙香氏』『江戸川乱歩氏』からもそのバトンを受け取っていたのですね。そして、映画『カリオストロの城』は宮崎駿監督から次の世代へと受け渡したバトンのひとつだったのではと今改めて感じます

『カリオストロの城』といえば、あの気持ち良いくらい愉快痛快なアクションと、やっぱりなんと言っても欠かせない銭形警部が放った最後のセリフ

あのセリフに心を鷲掴みにされた日本人がいったい何人いたか

何度観ても、あのセリフが出るのもわかっていても、あのシーンにはグッときてしまう。いや、もはやその時が来るのを待っていると言ってもいい

あれほど清々しい気持ちで見終える映画はなかなか無いと思う

『ルパン三世カリオストロの城』
宮崎駿初の劇場監督作品(1979年公開)


ちなみに、ヒロイン"クラリス"の声を演じたのはその後『風の谷のナウシカ』」の主人公ナウシカを演じる島本須美さんです


2017年に特別劇場公開された時の予告編


『ルパン三世 カリオストロの城』はTSUTAYAレンタルで30日間無料









posted by これいいよー at 00:05| 宮崎駿監督

2018年05月07日

『風の谷のナウシカの世界に入り込む』
宮崎駿監督の其之五


nausica3.jpg

「枕草子」「源氏物語」一千年受け継がれている。この「風の谷のナウシカ」もいくつもの時代を越えて受け継がれ残されていくだろう


1984年に公開された宮崎駿監督による長編アニメーション【風の谷のナウシカ】。公開から30年以上経っているこの作品は全く色あせない。色あせるどころか今観ると改めてその作りの深さに胸を打たれる

ナウシカはもちろん、その世界、暮らす人々、蟲たち、あらゆるものが確かにスクリーンの中に広くそして深く存在し、時間の流れさえもわかる。

驚くのはありとあらゆるものの速さ重さ大きさといったものが「衝撃的」に伝わってくるところだ



nausica4.jpg

現在CGなどを駆使したアニメなどを見慣れている人や「大人になってからナウシカ観てないな」という人に今改めて観て欲しい

その世界観の圧倒的な広さ深さと【風の谷のナウシカ】という作品を通して伝わってくるメッセージ

そのスケールの大きさは少なからず今の自分に何か気づきを与えてくれるのではないだろうか


この作品の魅力は描く世界や人物だけではない。流れる音楽効果音声、様々なものが全てこれ以上ないというくらい一体となっている所にある。メーヴェが雲から出てくるところなど鳥肌もの

圧倒的でありながら描かれた世界が自然に入ってくるこの作品は、世界のアニメーターと呼ばれる人達にしたらきっと教科書のようなものなのではないだろうか

子ども達に自然とは何故大切なのか何故怖いのかその奥にある本当の意味」など、どう教えようか悩んでいる大人たちがいたら、今一度この映画を観て、改めて自分たちが暮らしている世界に目を向けてみるのもいいのではないかなと思います。数年前に観た時と今では感じ方が全く変わっていて、モノの見方も広く深くなっていたりしますので

宮崎駿監督の作品は何度観ても面白いのは何故なんだろう?そう考えた時、宮崎駿監督がある番組で言っていた事がふと頭をよぎりました

『アニメーションは意思が筋肉なんです。運命があっても意思を表現するんです』

なるほど『意思』というものは普遍的なもの。あの絵の中に物語の中に、監督の『意思』がしっかり込められているからこそ、観ている人はその『意思』を余す事なく感じとり、あの不思議で楽しい世界の中に何度でも入り込む事ができるのだなと

その受け取った意思をどう生かすかは自分次第。自分なりの形で次へ繋げていけたらいいなと改めて思います

制作秘話

『風の谷のナウシカ』劇場アニメ化の話しが持ち上がった時、はじめ宮崎駿監督は反対だったらしいです。でも、その当時アニメーション制作から離れていた為、アニメーション作りがしたいという思いから承諾したとか



ちなみに、
ナウシカの幼き日の回想シーンで繰り返し流れてくる「ラン、ランララランランラン」という歌を歌っているのは宮崎作品全ての長編映画の音楽を手がけている作曲家「久石譲」氏の娘さんである「麻衣」さん(当時4歳)

"巨神兵"を担当したのは、その後「新世紀エヴァンゲリオン」の監督で社会現象を引き起こした『庵野 秀明』氏です



スタジオジブリ公式サイト
三鷹の森ジブリ美術館


(クリックで応援お願いします)

『風の谷のナウシカ』はTSUTAYAレンタルで
30日間無料















posted by これいいよー at 00:00| 宮崎駿監督

2019年04月02日

『出会ったものはその時見る』
【宮崎駿監督】の其之四

23E46151-E206-4884-B43E-D4A0BB344F8C.png
youtube.com/watch?v=LLOYaZYmP2A&t=323s

『映画ってね、一回観りゃいいんですよ』

『一回しかこの世のものは出会わないんだと思った方がいいんですよ』

そうインタビューで語る宮崎駿監督

宮崎駿監督が子どもの頃に見ていた紙芝居は、続きモノのお話しであっても雨が降って紙芝居屋さんが来られなかったらその回は飛ばされてしまう

紙芝居屋さんは順繰りに『作品』を回して(受け渡して)いっている為、その時に見られなかったらもうその回は観られないのだと

『だから出会ったものはその時見る』

『映画館で観て、もしそれで何かを掻き立てられたら、もう一回観るんじゃなくて帰ってくる。そうしたら、こんな小さいもの(想像妄想)がこんなに大きく膨らむでしょ?それが映画的体験なんだと僕は思います』

感動する映画はつい間を空けず観てしまいがちだけど、こうする事で想像力や妄想力?インスピレーションは何かとてつもなく大きなものになりそう

こういう心構えで目の前のことに集中する事が出来たら、映画に限らず、仕事であれ学校であれ遊びであれ、今まで以上に新しいものに取り組めたり生み出したりできそうだ


映画って一回みりゃいいんですよ(00:35〜)

このインタビューで『映画は一回観りゃいいんです』と言っている宮崎駿監督。その後に『3回くらい観てくれればお金が入るのかもしれませんけど』と、興行としての面(映画に関わる全ての人の事)もちゃんと考えているところも見逃せません

『宮崎駿監督』ポニョ制作期
映画『崖の上のポニョ』(2008.7.19公開)












タグ:宮崎駿監督
posted by これいいよー at 19:45| 宮崎駿監督

令和元年
十二月【師走(しわす)】


【満月(望月)】十二日
【晦(つごもり)】二十五日
【新月(朔(さく)】二十六日

旧暦で十二月は『冬』
晦は月が隠れて見えなくなる月の最後の日(月籠り)


【タグで検索】
Clean Bandit GReeeN Pixar SF To Love You More WORLD ORDER ◯◯味 「Re:ゼロから始まる異世界生活」 あんこ いろはにほへと おさだめ おもてなし おりひめJAPAN おりひめジャパン お天気お姉さん お弁当箱のうた お笑い お酒 かささぎ くず餅 けやき坂46 こいのぼり こだわりの生協 こどもの日 これいいよーチャンネルについて さねもりさん すれ違い ちはやふる つばめ ぬか袋 はりま ひとかどの者 ひらがなけやき むくみ もののけ姫 りんごジュース りんたろう ろくろ首 アニメ アレンとトウヤ アントワネット アンパンマン アンパンマンたいそう イヌノフグリ ウインドウエアコン ウォルト・ディズニー エジソン オーラまでシビれる カッコいい カピバラ カリオストロの城 カンブリア宮殿 クールジャパン ケンカ ゲレンデ ゲームセンターの達人 コンビニ コンビニコーヒー サユリワールド サンタクロース シャイな人 シャボン ショッピングモールの歌姫 ジブリ ジョン万次郎 スキー スタジオジブリ スティーブ・ジョブズ スピリチュアル スポーツ セリーヌ・ディオン ダウンタウンDX ダンス テスラ ディズニー ディズニーランド デビッドブレイン トゥモローランド トウヤ誕生日 トリッキー ネガティブ ハジビロコウ ハナミズキ ハンドボール ハンドボール女子世界選手権大会2019 ハンドボール女子世界選手権大会in熊本 ハンドボール女子日本代表 バイオリン バスの運転手 パラレルワールド ビール ファッション フェイシャルヨガ フェニックス自然動物園 フクロテナガザルのパフォーマンス ブラジル ブータン王国 プロパガンダ プロフェッショナル仕事の流儀 ベルギービール ホイチョイムービー ボーカロイド マイケルジャクソン マジシャン マッサージ メッセンジャー メッセージ メリッサクニヨシ モアナと伝説の海 モノマネ ヤスミン山下 ユーチューバー ライオン ラフカディオハーン リラクゼーション ルパン三世 レインボー レッサーパンダ ワンコ 一千年 一廉の者 一青窈 丁寧 七夕 万葉の歌 万葉人 万葉集 世界から見たニッポン 世界大会 中山美穂 中島歌子 中野信子 久石譲 乾燥肌 人形送り 仏教 仕事考察 仲見世通り 佐佐木信綱 催涙雨 優しさ 優勝 元日 元気になる唄 冷え性 冷暖房兼用 切腹 初音ミク 前向き 勇気 動物の赤ちゃん 勝海舟 北野天満宮 千年先に残したい 千葉市動物公園 千葉県 千葉県LOVE 半井桃水 半崎美子 厄除け 原田知世 古(いにしえ)の魂 古今集 可愛い人 合気道 名和梅吉 名物 名言 君たちはどう生きるか 命の誕生 和歌 和菓子 咸臨丸 唱歌 図書館のすゝめ 国産 地震復興 坪田翼クイーン 壬生忠岑 外国人 外国人観光客 夢の国 大伴家持 大友克洋 大和撫子 大和言葉 大和魂 大地と繋がる 大東亜戦争 大納言あずき 天満宮 天然たい焼き 天皇陛下 天神 天神様 太宰府天満宮 女流小説家 女流歌人 子ども 季節限定 学問の神様 宇佐美里香選手 宇多天皇 安心な食 安心安全な食 定子 宮崎 宮崎駿 宮崎駿監督 小倉百人一首 小豆 峯岸みなみ 川崎大師 希望 平井和正 平安時代 年中行事 幸せの国 幻魔大戦 幽霊塔 庵野秀明 弘法大師空海 当たり前 彦星と織女 心に響く歌 心に響く歌声 心の声 思いやり 怪談 恋心 想いを乗せる 意識を変える映画 感動 斎藤別当実盛 新年 方略試 日々のおしえ 日本 日本て、いいな 日本てこんな国 日本代表 日本大好き 日本民族 日本語 日系 旭山動物園 明治時代 映像美 映画 暖房 書道の神様 最高の報酬 有機農業 未来 本当の強さ 東日本大震災 松ぼっくり 板画家 枕草子 柳田國男 梅鉢 棟方志功 植芝盛平 樋口一葉 樋口夏子 樽生 欅坂46 歌で泣く 歌人 歴史 民俗学 気づき 江戸川乱歩 江戸時代 波の数だけ抱きしめて 注目の芸人 洋楽 浅草 浅草寺 浅香のぬま子 海外 清少納言 渡辺直美 火の昔 無料 無添加 熊本地震 爆笑爆笑 父の日 版画家 甍の波 生活クラブ 田んぼ 発酵食品 目醒める 真実 瞑想 石けん 石ノ森章太郎 石油より電気 神武天皇 神送り 神風特別攻撃隊 福沢諭吉 空手道 立ち居振る舞い 童謡 端午の節句 競技かるた 競技かるたの父 笑い 第二次世界大戦 紅葉 純粋 素直 絶望 継続は力なり 織姫と彦星 織田裕二 脳科学 自分で取り付け 自分と向き合う 自動販売機 花唄 芸術家 茶の本 菅原道真 菅家廊下 萩の舎 葉加瀬太郎 薬を使わない医者 藤原定国 藤原時平 虫の神 虫送り 衝撃的 裏切り 触れ合い動物園 言葉にするよりもっと深い気持ち 誇り 誇りを取り戻す 超難関の試験 迷い 道に迷う人 邦楽 邦画 郷土史研究 雪の女王 須藤元気 風の谷のナウシカ 麻生大臣 黒岩涙香

TSUTAYAの映像サービス30日間無料お試し