【ジャンル】
リンク

2019年11月04日

『夏子、永眠』【樋口一葉】

280F3D12-F241-4162-9B96-C9B6F7CC8878.jpeg


『たけくらべ』の発表

その後、「たけくらべ」「大つごもり」「にごりえ」「十三夜」などの傑作が発表されていく。「文学界」に七回に分けて発表された「たけくらべ」は、書き始めから一年半後、「文芸倶楽部」に一括掲載されて評判となった。夏子は有名になり、夏子の元を訪れる人は後を絶たなかった。泉鏡花、島崎藤村らもその中の一人だった。桃水とは二年の絶交状態を抜け、今は誰もが二人の付き合いを認めてくれている。


『突然の悲劇』

明治二十九年三月、肺結核という診断を受ける。しかもかなり進んでいるという。それから夏子は床にふして過ごす事が多くなった。襲ってくる激しい頭痛とだるさの中、筆も持てない歯がゆさとも闘っていた夏子。そんな中、平田禿木と戸川秋骨(とがわしゅうこつ)が、あるニュースを持ってやってきた。森鴎外(もりおうがい)、斎藤緑雨(さいとうりょくう)、幸田露伴(こうだろはん)、の三人が雑誌「めざまし草」の中で樋口一葉の「たけくらべ」を絶賛しているという。鴎外は「作者は今の文壇の神のような人だ」とまで言っている。禿木と秋骨は嬉しくてたまらなかった。夏子は二人の姿が嬉しかった。しかし反面、いつか自分の作品があきられるのでは?女の作品だから珍しくて一時的に盛り上がっているのではないか?と冷静に見つめる自分もいた。

その後、批評をした三人のうちの一人、緑雨が夏子の元を訪れた。世間から毒舌家と言われる緑雨は夏子の作品を一味違う観点から見ていた。それが夏子には新鮮だった。緑雨は夏子の元をしばしば訪れるようになり話しを重ねていった。桃水は緑雨には気をつけた方がいいと言っていたが、むしろ緑雨こそ自分の文学の第一の理解者であると考えるようにもなっていた。そんなやり取りを繰り返していくうち夏子は再び筆を取りたい、作品を書きたいと思うようになったが、身体はそれを許してはくれなかった。


『永眠』

その後、幸田露伴(こうだろはん)が「めざまし草」に夏子の作品を載せたいとやってきた。鴎外や緑雨との間に合作小説を作ろうという話しも出ていると伝えてきた。細かい設定なども説明して、明るく帰っていった。しかしその後、夏子の病状は悪化。その中でも夏子は萩の舎の歌会に出席、これが夏子が外出した最後となった。緑雨は鴎外を通し、青山胤通(あおやまたねみち)の往診を依頼した、が、胤通診断は「危篤に近い重病」であった。この事が読売新聞に報じられると、多くの人々が夏子の元にかけつけた。


死んだら、蝶になって、

あなた方の袖に戯れましょう


薄れていく意識の中、訪れる人々にそう言葉をかけた

そして明治二十九年十一月二十三日午前 『夏子、永眠

二十四日、秋骨、緑雨、眉山らの手でしめやかに通夜が行われた

二十五日、葬儀。参列者わずか数十人のさびしい葬列であった




法名「智相院釈妙葉信女」

〜おわり


参考引用資料
樋口一葉ものがたり
(日野多香子作・山本典子絵)
教育出版センター

画像
photographer『エリー
by ぱくたそ



樋口一葉』という女性について

この物語を読む前、樋口一葉という女性について、お札の人で女流小説家でとても慎ましやかに暮らしていた、という事くらいしか知らなかった。ところが話しを読み進めていくうちに『樋口一葉』は『活発で行動的で恋にも全力で生きた人なんだ』という女性像になっていた。慎ましやかに暮らし、困窮する生活状況にも耐えて耐えて一家の大黒柱となり奮闘しながらも、最後には誰もが認める女流小説家になる、これは日本のお札の顔になって当然だとも思った。ただ、半井桃水とのやり取りに心ときめかせ、かと思うと誰かが言った噂に腹を立てたり、それが勘違いや真実でないと知った時のハラハラしてる心の様子とか、それを想像しただけで可笑しくなったという方が自分には大きかった。時代が時代だけに心のうちを人にあれやこれや話すなんて事はできなかったし、そういう考えすらなかっただろうけど、樋口夏子が今の時代に生きていたら、いったいどんな女性になってどれほど周りの者に影響を与えただろうかと思うと、そういう夏子も見てみたかった。きっと周りは夏子の活発さ明るさひたむきさに勇気づけられ元気になって、会社のストレスなんて蹴っ飛ばすくらいの力をもらっていただろうなと。

夏子の、短い生涯を駆け抜けたある物語を読んで、自分ももっと力出さなきゃなと前向きにさせてくれた一冊でした










posted by これいいよー at 14:14| 樋口一葉

令和元年
十二月【師走(しわす)】


【満月(望月)】十二日
【晦(つごもり)】二十五日
【新月(朔(さく)】二十六日

旧暦で十二月は『冬』
晦は月が隠れて見えなくなる月の最後の日(月籠り)


【タグで検索】
Clean Bandit GReeeN Pixar SF To Love You More WORLD ORDER ◯◯味 「Re:ゼロから始まる異世界生活」 あんこ いろはにほへと おさだめ おもてなし おりひめJAPAN おりひめジャパン お天気お姉さん お弁当箱のうた お笑い お酒 かささぎ くず餅 けやき坂46 こいのぼり こだわりの生協 こどもの日 これいいよーチャンネルについて さねもりさん すれ違い ちはやふる つばめ ぬか袋 はりま ひとかどの者 ひらがなけやき むくみ もののけ姫 りんごジュース りんたろう ろくろ首 アニメ アレンとトウヤ アントワネット アンパンマン アンパンマンたいそう イヌノフグリ ウインドウエアコン ウォルト・ディズニー エジソン オーラまでシビれる カッコいい カピバラ カリオストロの城 カンブリア宮殿 クールジャパン ケンカ ゲレンデ ゲームセンターの達人 コンビニ コンビニコーヒー サユリワールド サンタクロース シャイな人 シャボン ショッピングモールの歌姫 ジブリ ジョン万次郎 スキー スタジオジブリ スティーブ・ジョブズ スピリチュアル スポーツ セリーヌ・ディオン ダウンタウンDX ダンス テスラ ディズニー ディズニーランド デビッドブレイン トゥモローランド トウヤ誕生日 トリッキー ネガティブ ハジビロコウ ハナミズキ ハンドボール ハンドボール女子世界選手権大会2019 ハンドボール女子世界選手権大会in熊本 ハンドボール女子日本代表 バイオリン バスの運転手 パラレルワールド ビール ファッション フェイシャルヨガ フェニックス自然動物園 フクロテナガザルのパフォーマンス ブラジル ブータン王国 プロパガンダ プロフェッショナル仕事の流儀 ベルギービール ホイチョイムービー ボーカロイド マイケルジャクソン マジシャン マッサージ メッセンジャー メッセージ メリッサクニヨシ モアナと伝説の海 モノマネ ヤスミン山下 ユーチューバー ライオン ラフカディオハーン リラクゼーション ルパン三世 レインボー レッサーパンダ ワンコ 一千年 一廉の者 一青窈 丁寧 七夕 万葉の歌 万葉人 万葉集 世界から見たニッポン 世界大会 中山美穂 中島歌子 中野信子 久石譲 乾燥肌 人形送り 仏教 仕事考察 仲見世通り 佐佐木信綱 催涙雨 優しさ 優勝 元日 元気になる唄 冷え性 冷暖房兼用 切腹 初音ミク 前向き 勇気 動物の赤ちゃん 勝海舟 北野天満宮 千年先に残したい 千葉市動物公園 千葉県 千葉県LOVE 半井桃水 半崎美子 厄除け 原田知世 古(いにしえ)の魂 古今集 可愛い人 合気道 名和梅吉 名物 名言 君たちはどう生きるか 命の誕生 和歌 和菓子 咸臨丸 唱歌 図書館のすゝめ 国産 地震復興 坪田翼クイーン 壬生忠岑 外国人 外国人観光客 夢の国 大伴家持 大友克洋 大和撫子 大和言葉 大和魂 大地と繋がる 大東亜戦争 大納言あずき 天満宮 天然たい焼き 天皇陛下 天神 天神様 太宰府天満宮 女流小説家 女流歌人 子ども 季節限定 学問の神様 宇佐美里香選手 宇多天皇 安心な食 安心安全な食 定子 宮崎 宮崎駿 宮崎駿監督 小倉百人一首 小豆 峯岸みなみ 川崎大師 希望 平井和正 平安時代 年中行事 幸せの国 幻魔大戦 幽霊塔 庵野秀明 弘法大師空海 当たり前 彦星と織女 心に響く歌 心に響く歌声 心の声 思いやり 怪談 恋心 想いを乗せる 意識を変える映画 感動 斎藤別当実盛 新年 方略試 日々のおしえ 日本 日本て、いいな 日本てこんな国 日本代表 日本大好き 日本民族 日本語 日系 旭山動物園 明治時代 映像美 映画 暖房 書道の神様 最高の報酬 有機農業 未来 本当の強さ 東日本大震災 松ぼっくり 板画家 枕草子 柳田國男 梅鉢 棟方志功 植芝盛平 樋口一葉 樋口夏子 樽生 欅坂46 歌で泣く 歌人 歴史 民俗学 気づき 江戸川乱歩 江戸時代 波の数だけ抱きしめて 注目の芸人 洋楽 浅草 浅草寺 浅香のぬま子 海外 清少納言 渡辺直美 火の昔 無料 無添加 熊本地震 爆笑爆笑 父の日 版画家 甍の波 生活クラブ 田んぼ 発酵食品 目醒める 真実 瞑想 石けん 石ノ森章太郎 石油より電気 神武天皇 神送り 神風特別攻撃隊 福沢諭吉 空手道 立ち居振る舞い 童謡 端午の節句 競技かるた 競技かるたの父 笑い 第二次世界大戦 紅葉 純粋 素直 絶望 継続は力なり 織姫と彦星 織田裕二 脳科学 自分で取り付け 自分と向き合う 自動販売機 花唄 芸術家 茶の本 菅原道真 菅家廊下 萩の舎 葉加瀬太郎 薬を使わない医者 藤原定国 藤原時平 虫の神 虫送り 衝撃的 裏切り 触れ合い動物園 言葉にするよりもっと深い気持ち 誇り 誇りを取り戻す 超難関の試験 迷い 道に迷う人 邦楽 邦画 郷土史研究 雪の女王 須藤元気 風の谷のナウシカ 麻生大臣 黒岩涙香

TSUTAYAの映像サービス30日間無料お試し