【ジャンル】
リンク

2019年11月04日

『夏子、永眠』【樋口一葉】

280F3D12-F241-4162-9B96-C9B6F7CC8878.jpeg


『たけくらべ』の発表

その後、「たけくらべ」「大つごもり」「にごりえ」「十三夜」などの傑作が発表されていく。「文学界」に七回に分けて発表された「たけくらべ」は、書き始めから一年半後、「文芸倶楽部」に一括掲載されて評判となった。夏子は有名になり、夏子の元を訪れる人は後を絶たなかった。泉鏡花、島崎藤村らもその中の一人だった。桃水とは二年の絶交状態を抜け、今は誰もが二人の付き合いを認めてくれている。


『突然の悲劇』

明治二十九年三月、肺結核という診断を受ける。しかもかなり進んでいるという。それから夏子は床にふして過ごす事が多くなった。襲ってくる激しい頭痛とだるさの中、筆も持てない歯がゆさとも闘っていた夏子。そんな中、平田禿木と戸川秋骨(とがわしゅうこつ)が、あるニュースを持ってやってきた。森鴎外(もりおうがい)、斎藤緑雨(さいとうりょくう)、幸田露伴(こうだろはん)、の三人が雑誌「めざまし草」の中で樋口一葉の「たけくらべ」を絶賛しているという。鴎外は「作者は今の文壇の神のような人だ」とまで言っている。禿木と秋骨は嬉しくてたまらなかった。夏子は二人の姿が嬉しかった。しかし反面、いつか自分の作品があきられるのでは?女の作品だから珍しくて一時的に盛り上がっているのではないか?と冷静に見つめる自分もいた。

その後、批評をした三人のうちの一人、緑雨が夏子の元を訪れた。世間から毒舌家と言われる緑雨は夏子の作品を一味違う観点から見ていた。それが夏子には新鮮だった。緑雨は夏子の元をしばしば訪れるようになり話しを重ねていった。桃水は緑雨には気をつけた方がいいと言っていたが、むしろ緑雨こそ自分の文学の第一の理解者であると考えるようにもなっていた。そんなやり取りを繰り返していくうち夏子は再び筆を取りたい、作品を書きたいと思うようになったが、身体はそれを許してはくれなかった。


『永眠』

その後、幸田露伴(こうだろはん)が「めざまし草」に夏子の作品を載せたいとやってきた。鴎外や緑雨との間に合作小説を作ろうという話しも出ていると伝えてきた。細かい設定なども説明して、明るく帰っていった。しかしその後、夏子の病状は悪化。その中でも夏子は萩の舎の歌会に出席、これが夏子が外出した最後となった。緑雨は鴎外を通し、青山胤通(あおやまたねみち)の往診を依頼した、が、胤通診断は「危篤に近い重病」であった。この事が読売新聞に報じられると、多くの人々が夏子の元にかけつけた。


死んだら、蝶になって、

あなた方の袖に戯れましょう


薄れていく意識の中、訪れる人々にそう言葉をかけた

そして明治二十九年十一月二十三日午前 『夏子、永眠

二十四日、秋骨、緑雨、眉山らの手でしめやかに通夜が行われた

二十五日、葬儀。参列者わずか数十人のさびしい葬列であった




法名「智相院釈妙葉信女」

〜おわり


参考引用資料
樋口一葉ものがたり
(日野多香子作・山本典子絵)
教育出版センター

画像
photographer『エリー
by ぱくたそ



樋口一葉』という女性について

この物語を読む前、樋口一葉という女性について、お札の人で女流小説家でとても慎ましやかに暮らしていた、という事くらいしか知らなかった。ところが話しを読み進めていくうちに『樋口一葉』は『活発で行動的で恋にも全力で生きた人なんだ』という女性像になっていた。慎ましやかに暮らし、困窮する生活状況にも耐えて耐えて一家の大黒柱となり奮闘しながらも、最後には誰もが認める女流小説家になる、これは日本のお札の顔になって当然だとも思った。ただ、半井桃水とのやり取りに心ときめかせ、かと思うと誰かが言った噂に腹を立てたり、それが勘違いや真実でないと知った時のハラハラしてる心の様子とか、それを想像しただけで可笑しくなったという方が自分には大きかった。時代が時代だけに心のうちを人にあれやこれや話すなんて事はできなかったし、そういう考えすらなかっただろうけど、樋口夏子が今の時代に生きていたら、いったいどんな女性になってどれほど周りの者に影響を与えただろうかと思うと、そういう夏子も見てみたかった。きっと周りは夏子の活発さ明るさひたむきさに勇気づけられ元気になって、会社のストレスなんて蹴っ飛ばすくらいの力をもらっていただろうなと。

夏子の、短い生涯を駆け抜けたある物語を読んで、自分ももっと力出さなきゃなと前向きにさせてくれた一冊でした










posted by これいいよー at 14:14| 樋口一葉

『半井桃水との別れ』【樋口一葉】

AAC2218C-DF07-4B3A-AE25-89BF2B700DF3.jpeg


噂、桃水との別れ

また噂が立った。

半井桃水とはもう縁を切れと伊藤夏子から言われた夏子。師、中島歌子に尋ねると桃水が周りの者に夏子を妻だと言っていると。つい最近、尾崎紅葉に紹介すると言ってくれた桃水。夏子は困ったが、噂を信じその話しを断る事にした。しかし桃水に直接会い真相を聞いてみると、桃水が雑談の中で話したことに尾ひれがついて噂として流れてしまったことを知る。桃水は人の噂は手に負えんと憤りを見せたが、噂とはいえ夏子のためにはならないと、しばらく会わない事を提案し、夏子もそれを了承した。夏子の試練の日々の始まりである。

その後、試練を振り切るように立て続けに作品を発表、連載など、夏子は筆を取り続けていく。だが、いくら作品を作り続けてもお金にはならず、どん底の暮らし、借金の生活は変わらなかった。


吉原の商人生活

明治二十六年七月、夏子たちは吉原へ移り荒物屋を開く。それは文学を捨てる覚悟を意味していた。せっけん、たわし、マッチ、磨き粉などで始めた荒物屋、子どもの喜びそうな駄菓子を仕入れればよく売れ、千足神社の大祭の時には景気付けにマッチをこれでもかと並べて盛り上げた。しかしその日を食べ繋ぐのにやっとのもうけには変わりない生活。そんな時、懐かしい人物、「文学界」の編集者 平田禿木(ひらたとくぼく)が夏子の前に現れた、夏子に文学界の原稿を書いてもらおうと尋ねて来たのだ。夏子は急なことに戸惑った、が、書きたいという直感が夏子を再び筆に向かわせた。そして二ヶ月後、久しぶりに夏子の作品「琴の音」が発表される。

〜つづく


参考引用資料
樋口一葉ものがたり
(日野多香子作・山本典子絵)
教育出版センター

画像
photographer『sasint
by pixabay


樋口一葉ものがたり (ジュニア・ノンフィクション)











posted by これいいよー at 12:12| 樋口一葉

2019年09月08日

2019年11月 1つのボールが世界を結ぶ
『おりひめJAPAN』出陣の時迫る!!

おりひめジャパン.jpg


Hand in Hand
1つのボールが世界を結ぶ


そんなキャッチフレーズで開催される『女子ハンドボール世界選手権』が今年11月30日(土)いよいよ熊本で開幕する

世界24カ国から女子ハンドボールの強者(ツワモノ)達が熊本に集結する。その中で我が日本の『おりひめ達』は更なる輝きを放つのだ



おりひめ2.jpg


大会公式マスコットの『くまモン』はフルパワーであっちでこっちで大会を盛り上げまくってくれているし、『Hand in Hand』でくまモンのデザインボールを皆んなで繋げていく動画も絶賛配信中だ。未来のおりひめ候補達や、可愛い天使のような子ども達からの応援メッセージ。優しそうな大人から恥ずかしげな大人、そしてインパクト大の方々が更に大会を盛り上げてくれている







また、『大会を通じて熊本地震からの復旧・復興を進める熊本の姿を国内外へ発信する 』ことを基本コンセプトとしたテーマソング『Hand in Hand 〜 つなぐ想い 〜』を、熊本県出身の国民的歌手であり、大会特別サポーターの八代亜紀さんが歌われています(視聴は大会公式サイトで)

2年に一度開催される女子ハンドボール世界選手権。前々回デンマーク大会では24カ国中19位、前回2017年ドイツ大会では24カ国中16位となり、ジワジワとその順位を高い位置へと上げている『おりひめJAPAN』。この熊本大会では日本サポーターの熱い熱い声援を受け、天高く輝く織姫星のように、更に高い高い場所へと舞い上がるだろう

日本の女子代表が母国日本で戦う女子ハンドボール世界選手権熊本大会。熊本に行ける人もそうでない人も、我が国のおりひめ達『おりひめJAPAN』を全力で応援しようではないか



めっちゃカッコいいおりひめ1.jpg


女子ハンドボール世界選手権熊本大会公式サイト
公式twitter
公式Instagram

日本ハンドボール公式サイト『おりひめJAPAN』




頑張れ『おりひめJAPAN!』おりひめ3.jpg









posted by これいいよー at 23:00| スポーツ

2019年09月07日

『樋口一葉の誕生』【樋口一葉】

kaede.jpg


運命の出会い

明治二十四年四月五日、夏子はその後の人生に大きな影響を受ける人物に会う。半井桃水(なからいとうすい)だ。妹邦子の友人である野々宮きく子に紹介をしてもらい、弟子入りを決意しやって来た。

半井家には二度ほど訪れた事はあったが、いずれも頼まれた仕立物を届ける為の裏口からの出入りであったので、主人である桃水に会うのは三度目にして初めてのこと

ドキドキしながら待っていた夏子の前に現れたのは、すらっと背の高い、気品のある美しい顔立ちの中年の男。夏子のドキドキは消え落ち着きを取り戻す。桃水に自分の決意のほどを丁寧に話し、桃水もそれを真剣に受け止めた。が、桃水は夏子が小説家になることに反対する。何故なら、小説で身を立てていく大変さは桃水自身よくわかっていて、そのように厳しい道に若い夏子があえて入っていくという事に素直に賛成はできなかったからだ。『別の道を選ばれた方がいい』そう夏子に伝える桃水だった。しかし、夏子は諦めない。小さい頃から書くのが何よりも好きだった夏子。持って来たふろしきの中から、この日のために苦労して書き上げた新聞小説一回分の原稿を桃水に差し出した。『お恥ずかしいのですが読んでいただけますか?』桃水は手に取り興味深げに読み始めた。二枚三枚と読み進めるうち夏子のとてつもない才能を感じ取る。

読み終えた桃水は夏子の並外れた才能を感じながらも、よく書けているがこういうものは売れない、と厳しい批評をする。王朝文学の美しい流れと流麗な擬古文、これは今大衆が求めているものではないと夏子に語る。話し言葉のように書き、俗世間が好むものを書いた方が良いと。実は桃水自身、今新聞に載せている小説の稿料で家族を養っているが、その内容は決して桃水が目指す文学の形ではないのだと語る。生活の為に自分を曲げて書いているのだと

※擬古文・・古代の文体を真似て作った文

桃水は夏子がこれから小説を書く手がかりになる手助けをする為、今までに自分が書いた小説を数冊夏子に貸すことにした。夏子は自分が桃水が言うような大衆受けするものが書けるのだろうか?と不安に思うところがあったが、桃水の優しさが夏子の気持ちを軽くしていた。夏子はその日、桃水に晩御飯に呼ばれ、半井家家族と楽しいひと時を過ごすのだった。桃水との出会い、にぎやかな団欒、幸せに包まれた夏子。素晴らしい出来事を忘れない為にも、この日から夏子は日記をつけ始める。(この日記は終生書き続ける事になる)



恋心

それから原稿の続きを見てもらうためなど、桃水の元を度々訪れるようになった夏子は次第に桃水に恋心を抱くようになる。桃水の元から帰る時に感じる寂しさ、桃水を思い出す時に感じるときめきと切なさ。桃水が一人小説を書くために借りている下宿を訪ねる時などは『結婚前の自分が男の人一人の下宿を訪れるなんて』と迷う夏子の姿もあった。しかし、桃水はこの時夏子にこう話さねばならなかった『私は一度妻に死なれた三十二歳の中年男。あなたは嫁入り前のまだ若いお嬢さん。この二人がこれから先仕事なり相談なりお付き合いしていくためには、あなたは私を男としてではなく同性の友、女として見ていただきたい。私はあなたを女としてではなく青年として見ますので』と。夏子は『はい』と返事をするも、心の中では自分の恋心が届かぬのだと、もどかしさを募らせるのだった



作家『樋口一葉』の誕生

それから夏子と桃水は原稿のやり取りなどで会う事が多くなった。四月から十月までの間に十篇を書き上げた夏子。この頃初めて『一葉』というペンネームを使ったのだった。『一葉』の名の由来は、だるまが芦(あし)の一葉(ひとは)に乗ってやって来たという故事にちなんでいるもの。だるまには足が無い、自分にはお足(お金)が無い、そういう言葉のシャレから生まれたものだった

その後、桃水についての良くない噂に夏子の心は乱れる。
桃水の家に同居している女学生の鶴田たみ子がお産をし、その子の父親が桃水だと妹の邦子が野々宮きく子から聞き、それを夏子に話したのだ。夏子は一人泣いた。一番大切に思っていた人のふしだらも許せなかった。それから三ヶ月間、一度も桃水に会いに行かなったが、久しぶりに桃水の元を訪れた夏子は、その一件が間違いだったと直接桃水から聞くことになる。鶴田たみ子の相手は桃水の弟の浩(ひろし)だったのだ。疑っていた夏子の心、苦しい心、それが全て緩み涙がこみ上げる。桃水の家からの帰り道、夏子の胸にはまたあのしあわせの感覚が戻っていく

明治二十五年二月四日
桃水に呼ばれた夏子は嬉しい話しを聞く事になる。桃水が仲間と共に『武蔵野』という同人誌を出す事になり、その同人誌に夏子の作品を載せましょうと声をかけてくれたのだ。更に、評判になればお金も入ってくる、そうなったら誰より先に夏子に稿料を払うと

そして四月二十七日、再び桃水の元を訪れた夏子に一冊の薄い雑誌が手渡される。
武蔵野 創刊号
ページをめくった目次にある『闇桜 樋口一葉』の文字。嬉しさと恥ずかしさが同時にこみ上げる。「作家樋口一葉の誕生です」桃水は夏子に穏やかな笑顔でそう言った。無限の夢を乗せた新たな船出となったこの日から、夏子は今まで以上に懸命な努力をするようになった。そこには仕立物や洗いはりなどを老眼の目を無理してやっているたきや、若いのに愚痴もこぼさず下駄の蝉表張りに精を出す妹邦子の姿も思い浮かんでいる。原稿料が貰えるようになれば、親孝行もでき、年頃の妹にも服など買ってやれる。こうして武蔵野二号、三号と続けて樋口一葉の小説が掲載されていくのだった

桃水に紹介された改進新聞にも『別れ霜』が連載され始める。ここではペンネームを『浅香のぬま子』としていたが、夏子が初めて原稿料を手にしたのは、この『浅香のぬま子』の時であった

〜つづく


参考引用資料
樋口一葉ものがたり
(日野多香子作・山本典子絵)
教育出版センター

画像
photographer『Rebekka D
by pixabay


樋口一葉ものがたり (ジュニア・ノンフィクション)










posted by これいいよー at 15:16| 樋口一葉

2019年08月18日

『喜び、悲劇、裏切り』【樋口一葉】(十五歳〜)

おぼろ月.jpg



喜び

『萩の舎』の新年発会の日

九段にある料亭『万源』に、艶やかな振袖を着こなした令嬢達が次々と到着する。夏子は、自分が着ている古びた黄八丈(きはちじょう)の着物と赤い帯が恥ずかしくなった。母が夏子の為に用意してくれた今まで着たどんな晴れ着より華やかで贅沢なものだったが、この上流社会の人々の中にあっては、その足元にも及ばないのだ

全ての人が揃い、にぎやかな昼食会が行われた。その後、いよいよ歌を競い合う事となる。本日のお題は『春の夜

夏子の頭の中に浮かぶ、おぼろにかすむ月、小川、そのほとりに立つ柳の木、揺れる葉、、、

集まった人々が息を潜めて見守る中、それは発表された



打ちなびく 柳を見ればのどかなる

おぼろ月夜も 風は在りけり


この歌は、この日の最高位となった。夏子はまるで夢の中にいるかのような気持ちになっていた、と同時にその胸には誇らしさが湧き上がり、令嬢達の華やかな振袖の事などはもう気にならなくなっていた。伊藤夏子も「おめでとう樋夏ちゃん!」と夏子を褒め称えてくれた

まもなく中島歌子は、夏子に随筆の書き方を教え始め、源氏物語や古今和歌集も教えていった。十五歳の少女の胸に王朝文学への憧れが膨らんでいった
(黄八丈・・・東京都の八丈島の特産)




悲劇

夏子十七歳。この年、父の則義が荷車請負業の事業にしくじり莫大な借金を抱えた直後、不治の病にかかってしまった。長兄の泉太郎(せんたろう)は一昨年病気で亡くなり、次兄の虎之助は数年前に勘当同様に家を出て行ったきり。夏子はそんな中、去年十六歳で樋口家の戸主となっていた。戸主となった時には、樋口の家が今日のように落ちぶれ果てるなど夢にも思っていなかっただろう

そこへ婚約者の三郎が、父に急用があると呼ばれてやって来た
「まったく困るよなおじさんにも」
三郎の言葉がするどいトゲとなって夏子の胸を突き刺す。父のいる部屋へ通された三郎を、不安になりながらも外でお茶など用意しながら待つ夏子。話しを終えた三郎は用意したお茶もそこそこに、あわただしく帰って行った。いったいどういう話しだったのか母に尋ねると、夏子の婚約の件をどうするのかハッキリ聞くために父は三郎を呼んだという事、そして三郎はその問いに対し、たしかに自分が夏子さんを幸せにすると答えたという事を夏子に話した。それを聞いた夏子は安心した。が、さっきの三郎のあのするどい言葉。その時の様子を思い出す夏子の胸の中に一抹の不安がよぎるのだった

その数日後、明治二十二年七月十二日。父、則義は五十八歳の生涯を閉じた。最愛の父を失った夏子は、その遺骸にすがりつきいつまでも泣き続けた。と同時に、その両肩には戸主という重荷が重くのしかかっているのを感じていた。とりあえず夏子は母と邦子と女三人で、虎之助を頼ってそこへ引き移って行くのだった



裏切り

それから間もなく、三郎が使いの者を通し信じられないほど高額な結納金を母に要求してきた。無一文の樋口家にとってとても出せるような金額ではない。それをわかっていて要求してきたのだ。たき(母)は怒りと共にその書状を破り捨てた。このような三郎の裏切りを夏子は腹わたの煮える思いで見ていたのだった

〜つづく


参考引用資料
樋口一葉ものがたり
(日野多香子作・山本典子絵)
教育出版センター

画像
photographer『GAHAG
by pixabay


樋口一葉ものがたり (ジュニア・ノンフィクション)








posted by これいいよー at 18:18| 樋口一葉

2019年08月12日

『一廉の者になる』【樋口一葉】(幼少期)

kimonomari.jpg

『一廉の者(ひとかどのもの)』・・・『ひときわ優れた人』


幼き日の一葉(夏子)

樋口夏子(本名は奈津)。明治五年三月二十五日、樋口家の次女としてこの世に生を受ける

小学校に通っていた七歳の夏子は、何もかもがズバ抜けて良くできると評判の少女。六歳の頃には屋敷の中の土蔵に籠り草双紙(くさぞうし)を読みふけるような女の子で、その物語に登場する宮本武蔵や佐々木小次郎に思いを馳せては、あのような華々しい人生を送りたいと、大きな夢を抱く少女でもあった
(草双紙・・女性や子ども向けの優しい読み物)

家に隣接している法真寺の『ぬれ仏』に向かって『ぬれ仏様、私は一廉の者になりたいのです』と手を合わせお祈りをする姿からも、その夢にかける思いが強く伝わってくる

夏子の父である則義(のりよし)は、一代で財を成した努力家だ。山梨県の山村からたき(妻)と二人江戸へかけおちをして来て、元は農家出身だったのが、苦労して東京府の役人にまでなった。高利貸しなどの事業も行うようになり、大きな屋敷にも住めるようになった。夏子は、そんな父が仕事から帰ってくると、妹の邦子と一緒に「今日のおみやげはなぁに?」と父の腕につかまり、おねだりをするというような、平和な日々を過ごしていた


夏子十三歳〜

樋口家とゆかりの深い松永家へ和裁を習いに行っていた時、東京専門学校に通う『渋谷三郎』を紹介された。三郎が祖父と同じ『運動家』だと知った夏子の心は動く。いつしか二人はほのかに惹かれ合い、恋仲となり、やがて許婚(いいなずけ)として親も認める仲になった。十三歳の夏子は、やがて夫になる三郎と幸せな日々を過ごしていた
(祖父・・幕末の百姓一揆首謀者)
(三郎・・自由民権運動家)

明治十九年八月。十四歳になった夏子は、新たに開かれようとしている学問の扉の前にいた。中島歌子の家塾『萩の舎(はぎのや)』だ

当時、中島歌子は女流歌人として著名であり、宮家や貴族、実業家の令嬢などがこぞって歌子に和歌の教えを受けに来ていた。その歌子に教えを受けるべく夏子も弟子入りをした

歌子の教え方は新鮮で、稽古を受ける夏子の内からは、次々と歌が生まれていった

萩の舎の門下生には、貴族の令嬢などがいるグループもあったが、夏子は同じ年の伊藤夏子と、三十歳を過ぎている未亡人の田中みの子と『平民組』なるものを結成し、月一回の例会の時には進んでお茶やお菓子運びを手伝い、手伝いが終わると小部屋でお菓子を食べながらおしゃべりをするという楽しい日々を過ごしていた。それまでは『ものつつみの君』とニックネームが付くほど静かな少女だった夏子が、平民組を結成してからは、明るい少女に全く変貌を遂げたのだった
(ものつつみの君・・古語の「物慎み」から来ていて、物事に遠慮深く、引っ込み思案な人)

数ヶ月後、萩の舎の門下生が一堂に集まる、新年の『発会の日』が来る

〜つづく

参考引用資料
樋口一葉ものがたり
(日野多香子作・山本典子絵)
教育出版センター

画像
photographer『Jason Robins
by pixabay


樋口一葉ものがたり (ジュニア・ノンフィクション)








posted by これいいよー at 11:53| 樋口一葉

2019年07月15日

『つばめ』を詠む
【樋口一葉】十三歳の歌

tsubame.jpg




いづこにか しるしの糸はつけぬらむ

年々来鳴く つばくらめかな




(いずこにか しるしのいとはつけぬらん
としどしきなく つばくらめかな)


『どこに目印になる糸をつけたのかしら
毎年毎年つばめが来て鳴いている』




この歌は、樋口一葉が十三の年に詠んだものです

毎年春になると、必ず同じ場所へやって来ては巣を作るつばめを見て、「どこかに目印になる糸でもつけてるのかな?」と、優しくも面白い想像をしている歌です

ちょうど今、自分の住んでいる町へつばめがやって来ていて、巣を作り、子を育てている姿を毎日のように楽しく静かに観察しているところですが、この歌を知ってからというもの、つばめの巣を見つける度に「どこかに目印の糸あるかな?」と、そーっと巣を覗いては、十三歳の『一葉』を頭に浮かべています

こんな風に、色々の事に想像を巡らせていくのは、普段何気なく見る景色を、全く違ったものにも変えてしまうので、想像遊びを意識した生活というのも、面白く生きていくための一種の知恵のような気にさえ感じます


この歌を詠んでいた十三歳の時には、すでに『許嫁者(いいなずけ)』がいた一葉。その波乱に満ちた人生は、今を生きる人達に『自分と向き合う』事の大切さを、改めて教えてくれるものだと思わせてくれます
(許嫁者・・親が結婚を認めた間柄の人「婚約者」)

慎ましくも、自分というものをしっかり持ち、強く生きた女性

お札の顔、女流小説家、また四千首余りの歌を残した歌人でもあるその女性の生涯を、優れた名著『樋口一葉ものがたり(日野多香子作○山本典子絵)』を元に、次回より少しだけ紹介していきたいと思います



参考引用資料
『和歌ものがたり』佐佐木信綱著
さ・え・ら書房

『樋口一葉ものがたり』
(日野多香子作・山本典子絵)
教育出版センター

画像
photographer『Joachim_Marian_Winkler
by pixabay















posted by これいいよー at 13:13| 樋口一葉

2019年07月01日

『七夕の恋の調べ』
雨は、彦星が漕ぐ船の水しぶき

tanabata.jpg



七月七日の『七夕の日』


晴れれば『織姫』『彦星』は、逢う事ができる

雨が降れば、逢う事はできない


そんな事を思い浮かべながら、空を見上げて、天の川の川向かいに光る二つの星を探す人、短冊に自分の思いを乗せて笹に結ぶ人

『七夕』は、幻想的であり、人の『思い』が、事更優しく現れる


それぞれの思いを馳せながら、楽しむ『七夕』ですが、雨の降る日、織姫と彦星は、逢えているのでしょうか?逢えていないのでしょうか?


有名な『かささぎ伝説』では、雨で水かさの増した川に、かささぎの群れがやって来て、翼を広げて橋を作り、織姫と彦星が逢えるようにしてくれたり

また、『催涙雨(さいるいう)』といって、七夕の日に降る雨は、織姫と彦星が、逢えた喜びに流す、『うれし涙』だ、というお話しもあります

どちらのお話しも、七夕の日に雨が降っても、『織姫と彦星は逢える』という、嬉しい内容です


そのような、有名なお話しがある中、それとはまた違う、全く別の解釈をしていた人達が、昔の日本にいました

『万葉人(まんようびと)』です

今から、約千三百年前の日本で、万葉人は『七夕』に独自の感性を取り入れ、それを『歌(和歌)』に詠んでいます

そこで、雨の日も含め、空の色々の様子を、広い心で詠んだ『七夕の歌』を、『万葉のふるさと(清原和義著)』の中で紹介されている歌の中から、三首あげたいと思います

まず初めに、気になる雨の日の歌を

続けて、『雲』、『霧』、と詠んでいきます




※織女(たなばたつめ)は、織姫の事を指します





このゆふべ 降り来る雨は 彦星の

早漕ぐ船の 櫂の散沫かも




"このゆうべ ふりくるあめは ひこぼしの
はやこぐふねの かいのちりかも"



歌の意味
一年に一度の、この夜に降ってくる雨は
彦星が織姫のもとへ、早く漕いでいる船の
櫂(かい)の上げる、水しぶきであろうか






秋風の 吹きただよわす 白雲は

織女の 天つ領布かも




"あきかぜの ふきただよわす しらくもは
たなばたつめの あまつひれかも"



歌の意味
この秋風に、吹き漂っているあの白雲は
織女の領布だろうか

※領布(ひれ)は、肩から掛ける
ショールの様なもの






牽牛の 嬬迎え船 漕ぎ出らし

天の河原に 霧の立てるは




"ひこぼしの つまむかえぶね こぎづらし
あまのかわらに きりのたてるは"



歌の意味
織姫を迎えに行く、彦星の船が
漕ぎ出したらしい。天の川の河原に
霧が立っている




空を見上げ、秋風に吹き漂う白雲を見て、『あれは織姫の領布(ひれ)かも』と、想い描いてみたり

天の川に、が立っていれば、それは彦星が、織姫を迎える船を漕ぎ出した為に、立っているのだな、と想い

そしては、彦星が織姫に逢いたくて逢いたくて、早く船を漕ぐものだから、その櫂(かい)が水しぶきを上げて、それが降って来ているのだと、そんな風に、想いを馳せているのです

星は、遥か彼方にあるもの
雨が降っても、それが天の川に降るなどとは思いもせず、『七夕の日に降る雨は、きっと天の川から降ってきているのだ』。そう、万葉人は思い描いたのではないでしょうか



最後に

元々、中国から来た『七夕』
それを万葉人が、日本人ならではの解釈をし『歌(和歌)』に残してくれていた事で、今から千三百年前という遥か昔に、祖先が『七夕』へ馳せた想いというものを、感じる事ができます

そして、これからは、『七夕の日』に、もし雨が降ったとしても

あぁ、これは、彦星が織姫に早く逢いたくて、急いで船を漕いでいるんだなぁ


と、思う事ができそうです

更に、降る雨が激しければ激しいほど、彦星の織姫に対する想いが、より伝わってくる気がします


参考引用文献(図書館利用)
『万葉のふるさと』清原和義著
ポプラ・ブックス

画像
photographer『torstensimon
by pixabay




<追記>

記事にある『かささぎ伝説』は、中国の伝説にある「かささぎが翼を広げて作った橋」とか「宮中の階段」とかいう意味で、それが七夕に融合されたものだと思われるのですが、この中国の『かささぎ』の伝説を、見事に『和歌』に取り入れたものが、残されています

詠んだ人は『壬生忠岑(みぶのただみね)』古今集の四人の選者のうちの一人です

時の右大臣、藤原定国(ふじわらさだくに)に仕えていた忠岑。ある夜、酒に酔った勢いで、定国が左大臣藤原時平の屋敷へ押しかけました。酔った定国に対し、時平は「今頃、どこの帰りなのだ」と定国に問いただしました。その時、定国に代わって忠岑が、

かささぎの 渡せる橋の 霜の上を

夜半(よは)に踏み越え ことさらにこそ

「夜中に霜の降りた橋を踏み越えてわざわざやってきたのです」


という意味の歌を詠みました。それを聞いた時平はすっかり関心し、そのあと定国、忠岑、時平の三人で夜通し酒を飲んだという事です

古今集の選者でもあり、小倉百人一首にも歌が入っている壬生忠岑ですが、生まれた年も、亡くなった年もわかっていないという事です

(参考引用文献『百人一首物語(司代隆三著)』)















posted by これいいよー at 21:00| 和歌の調べ

令和元年
十一月【霜月(しもつき)】
霜が降る寒い月というところから

【満月(望月)】十二日
【晦(つごもり)】二十六日
【新月(朔(さく)】二十七日

旧暦で十一月は『冬』
晦は月が隠れて見えなくなる月の最後の日(月籠り)

月の名の由来ついては諸説有ります

【タグで検索】
Clean Bandit GReeeN Pixar SF To Love You More WORLD ORDER ◯◯味 「Re:ゼロから始まる異世界生活」 あんこ いろはにほへと おさだめ おもてなし おりひめJAPAN おりひめジャパン お天気お姉さん お弁当箱のうた お笑い お酒 かささぎ くず餅 けやき坂46 こいのぼり こだわりの生協 こどもの日 これいいよーチャンネルについて さねもりさん すれ違い ちはやふる つばめ ぬか袋 はりま ひとかどの者 ひらがなけやき むくみ もののけ姫 りんごジュース りんたろう ろくろ首 アニメ アレンとトウヤ アントワネット アンパンマン アンパンマンたいそう イヌノフグリ ウインドウエアコン ウォルト・ディズニー エジソン オーラまでシビれる カッコいい カピバラ カリオストロの城 カンブリア宮殿 クールジャパン ケンカ ゲレンデ ゲームセンターの達人 コンビニ コンビニコーヒー サユリワールド サンタクロース シャイな人 シャボン ショッピングモールの歌姫 ジブリ ジョン万次郎 スキー スタジオジブリ スティーブ・ジョブズ スピリチュアル スポーツ セリーヌ・ディオン ダウンタウンDX ダンス テスラ ディズニー ディズニーランド デビッドブレイン トゥモローランド トウヤ誕生日 トリッキー ネガティブ ハジビロコウ ハナミズキ ハンドボール日本女子代表 バイオリン バスの運転手 パラレルワールド ビール ファッション フェイシャルヨガ フェニックス自然動物園 フクロテナガザルのパフォーマンス ブラジル ブータン王国 プロパガンダ プロフェッショナル仕事の流儀 ベルギービール ホイチョイムービー ボーカロイド マイケルジャクソン マジシャン マッサージ メッセンジャー メッセージ メリッサクニヨシ モアナと伝説の海 モノマネ ヤスミン山下 ユーチューバー ライオン ラフカディオハーン リラクゼーション ルパン三世 レインボー レッサーパンダ ワンコ 一千年 一廉の者 一青窈 丁寧 七夕 万葉の歌 万葉人 万葉集 世界から見たニッポン 世界大会 中山美穂 中島歌子 中野信子 久石譲 乾燥肌 人形送り 仏教 仕事考察 仲見世通り 佐佐木信綱 催涙雨 優しさ 優勝 元日 元気になる唄 冷え性 冷暖房兼用 切腹 初音ミク 前向き 勇気 動物の赤ちゃん 勝海舟 北野天満宮 千年先に残したい 千葉市動物公園 千葉県 千葉県LOVE 半井桃水 半崎美子 厄除け 原田知世 古(いにしえ)の魂 古今集 可愛い人 合気道 名和梅吉 名物 君たちはどう生きるか 命の誕生 和歌 和菓子 咸臨丸 唱歌 図書館のすゝめ 国産 地震復興 坪田翼クイーン 壬生忠岑 外国人 外国人観光客 夢の国 大伴家持 大友克洋 大和撫子 大和言葉 大和魂 大地と繋がる 大東亜戦争 大納言あずき 天満宮 天然たい焼き 天皇陛下 天神 天神様 太宰府天満宮 女流小説家 女流歌人 子ども 季節限定 学問の神様 宇佐美里香選手 宇多天皇 安心な食 安心安全な食 定子 宮崎 宮崎駿 宮崎駿監督 小倉百人一首 小豆 峯岸みなみ 川崎大師 希望 平井和正 平安時代 年中行事 幸せの国 幻魔大戦 幽霊塔 庵野秀明 弘法大師空海 当たり前 彦星と織女 心に響く歌 心に響く歌声 心の声 思いやり 怪談 恋心 想いを乗せる 意識を変える映画 感動 斎藤別当実盛 新年 方略試 日々のおしえ 日本 日本て、いいな 日本てこんな国 日本代表 日本大好き 日本女子ハンドボール世界選手権熊本大会 日本民族 日本語 日系 旭山動物園 明治時代 映像美 映画 暖房 書道の神様 最高の報酬 有機農業 未来 本当の強さ 東日本大震災 松ぼっくり 板画家 枕草子 柳田國男 梅鉢 棟方志功 植芝盛平 樋口一葉 樋口夏子 樽生 欅坂46 歌で泣く 歌人 歴史 民俗学 気づき 江戸川乱歩 江戸時代 波の数だけ抱きしめて 注目の芸人 洋楽 浅草 浅草寺 浅香のぬま子 海外 清少納言 渡辺直美 火の昔 無料 無添加 熊本地震 爆笑爆笑 父の日 版画家 甍の波 生活クラブ 田んぼ 発酵食品 目醒める 真実 瞑想 石けん 石ノ森章太郎 石油より電気 神武天皇 神送り 神風特別攻撃隊 福沢諭吉 空手道 立ち居振る舞い 童謡 端午の節句 競技かるた 競技かるたの父 笑い 第二次世界大戦 紅葉 純粋 素直 絶望 継続は力なり 織姫と彦星 織田裕二 脳科学 自分で取り付け 自分と向き合う 自動販売機 花唄 芸術家 茶の本 菅原道真 菅家廊下 萩の舎 葉加瀬太郎 薬を使わない医者 藤原定国 藤原時平 虫の神 虫送り 衝撃的 裏切り 触れ合い動物園 言葉にするよりもっと深い気持ち 誇り 誇りを取り戻す 超難関の試験 迷い 道に迷う人 邦楽 邦画 郷土史研究 雪の女王 須藤元気 風の谷のナウシカ 麻生大臣 黒岩涙香

TSUTAYAの映像サービス30日間無料お試し